春夏は攻めのスキンケア!美白化粧品の選び方とおすすめ商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
美白 化粧品

年齢を経るごとに気になる悩みのひとつ、シミは、放っておくと少しずつ濃くなり範囲も広がってしまいます。シミを食い止める、なかったことにするには、日ごろからのケアがとても大切。とくに美白に特化した化粧品なら、日々コツコツと確実に、安心してケアを続けていくことができます。少しでも大きな効果を手に入れたいなら、美白有効成分を使った医薬部外品の化粧品を選びましょう。それぞれの成分と、その成分を使った美白化粧品をご紹介していきます。

目次

1、シミ・そばかすが気になったら美白化粧品!
2、美白有効成分の主な種類と効果
3、美白有効成分が入ったおすすめの化粧品

1、シミ・そばかすが気になったら美白化粧品!

「シミは、紫外線を浴びるとできる」、「シミの元はメラニン」このふたつは、すでに多くのかたに知られていることと思います。紫外線は電磁波と同じ仲間で目には見えませんが、その波長は皮膚の奥まで届いてしまうそう。紫外線を多く浴びすぎると、免疫機能を衰えさせたり皮膚がんを起こさせたりと、健康を脅かす恐れがあるのです。そのような害から守るために、身体はメラニンを作り出してくれているのです。
参考:http://www.kao.com/jp/skincare/work_03.html

通常メラニンを作り出して黒くなった皮膚は、肌のターンオーバーによって自然に排出されて元の肌の色に戻ります。このとき戻れなかった部分がシミ。皮膚の奥深くでメラニンを作る信号が出されているので、次々に作り出されてしまいます。

美白化粧品のはたらき

美白を謳った化粧品は、シミ生成のパターンに着目して、どこかの時点にはたらかせるように作られています。大まかに分けると

①シミを作る信号の遮断
②メラニン生成を止める
③排出を促す

この3つ。どのようなはたらきをするのかにも注目して化粧品を選ぶと、効果的な使い方ができるでしょう。

化粧品でできる美白ケア

メラニンが元でできてしまうシミは、全く作らないようにすると健康に害を与えてしまいます。シミのない肌を作るためにできるのは、メラニンを過剰に作らせないことと皮膚から上手に排出させることが必要。美白化粧品は、そのような役割を促すよう、しっかり研究して作られています。とくに美白有効成分が入っている医薬部外品の化粧品は、その効果を厚生労働省が認めたもの。表示のない化粧品に比べ、効果的にはたらくといえます。

美白有効成分【びはくゆうこうせいぶん】

各メーカーが医薬部外品に配合する成分のうち、厚生労働省により「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」あるいはこれに類似した効能を表示することが認められた成分。

引用 https://www.shiseido.co.jp/haku/laboratory/dictionary/14.html

シミ、そばかす対策に美白化粧品をチョイスするときは、パッケージに書かれた成分を、ぜひチェックしてみてください。

2、美白有効成分の主な種類と効果

美白有効成分として認められている成分は多く存在します。
なかでも効果的といわれている成分をいくつかご紹介します。

ビタミンC誘導体:メラニン生成制御・還元

メラニンを作るためにはたらく活性酵素やチロシナーゼを抑えてくれる成分です。また、美白成分では唯一メラニン還元作用を持っているので、美白を求めるかたは積極的に使うとよいでしょう。ビタミンC誘導体自体はあまり刺激の強い成分ではありませんが、体質によっては気になることも。誘導体には種類が多くありますので、効果の強さや肌質にあわせてチョイスすることもできます。
参考:https://www.ci-labo.com/item/kisokeshouhin/keshousui/article/00000050/

アルブチン:チロシナーゼ活性阻害

ビタミンC誘導体同様、チロシナーゼを抑える効果のある成分。資生堂によって、開発されました。病院で処方される肌を白くする作用のあるハイドロキノンという薬品をヒントに作られたそうで、ハイドロキノン誘導体と呼ばれることもあります。ハイドロキノンは一部の病院でしか処方されませんが、アルブチンは医薬部外品なので手に入りやすく、一定の効果も期待できます。
参考:https://www.shiseido.co.jp/haku/laboratory/dictionary/1.html

トラネキサム酸:抗炎症・メラニン生成・指令阻止

元々はアレルギーの治療など、医薬品として使われていた成分。女性ホルモンが原因となる肝斑への効果が認められています。とはいえトラネキサム酸はホルモンにはたらきかけるのではなくメラニンを作り出そうとするときにはたらくのだそうですから、使い続けても安心です。
参考:http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/minamitouhoku/topnews/201208/tranexamic-acid.htm

カモミラET:抗炎症・メラニン生成・指令阻止

花王の開発した美白成分。ハーブの一種、カモミールから作られます。メラニンを作るよう促すエンドセリンを制御して、シミを作らせないようにはたらき、肌のターンオーバーを正常にしてくれます。
参考:http://www.sofina.co.jp/whitening/white/index.html

3、美白有効成分が入ったおすすめの化粧品

美白効果のあるおすすめの化粧水

アルビオン

エクサージュホワイト ホワイトアップ ローション II  (医薬部外品)
アルビオンエクサージュホワイト ホワイトアップ ローション II 
110ml
3,000円(税抜)
公式サイト
さらっとしたテクスチャー。乳液のあとに使うタイプなので、コスパ抜群。ビタミンC誘導体のなかでも刺激の少ないL-アスコルビン酸2グルコシドを使っているので、肌トラブルがあっても気になりません。

HAKU

アクティブメラノリリーサー (医薬部外品)
HAKUアクティブメラノリリーサー
4,500円(税抜)
公式サイト
美白有効成分(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)配合で、メラニンの生成を抑止。
とろっとしたテクスチャーで、角質層にまで潤いを与えて透明感のある肌へ導きます。

美白効果のあるおすすめの美容液

ソフィーナ

ホワイトプロフェッショナル薬用美白美容液 (医薬部外品)
ソフィーナ-ホワイトプロフェッショナル薬用美白美容液
35g
4,000円(税抜)
公式サイト
美白成分にローマカミツレエキス(カモミラET)を使った、さっぱりした使い心地の美容液。保湿効果のある白樺エキスも配合されています。

イプサ

ホワイトプロセス エッセンス EX (医薬部外品)
イプサホワイトプロセス-エッセンス-EX
50ml
12,000円(税抜)
公式サイト
メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸配合。伝統ハーブなどの保湿成分で肌環境を整えます。
とろみのあるテクスチャーで透明感のある肌へ。

美白効果のあるおすすめのクリーム

トランシーノ

薬用ホワイトニングリペアクリーム (医薬部外品)
トランシーノ薬用ホワイトニングリペアクリーム
35g
4,000円(税抜)
公式サイト
有効成分にトラネキサム酸を使った夜用クリーム。ジェル状のテクスチャで、乾燥も防いでくれます。医薬部外品ですが、添付文書のついているのが好印象。効果的なケア方法も知ることができます。

オルビスユー

ホワイト エキストラ クリーミーモイスチャー (医薬部外品)
オルビスユーホワイト エキストラ クリーミーモイスチャー
30g
3,500円(税抜)
公式サイト
メラニンの生成を抑えるアブルチンや肌のバリア機能を維持するW.H.アミノシールド配合で潤いと透明感のある肌へを導きます。美容パックのようなクリーミーな付け心地で寝ている間に潤いをたっぷりと与えてくれます。

美白効果のあるおすすめの日焼け止め

MiMC(エムアイエムシー)

ナチュラルホワイトニングミネラルパウダーサンスクリーン (医薬部外品) 2月7日発売
MiMC ナチュラルホワイトニングミネラルパウダーサンスクリーン
全2色 6g/ 6.2g SPF50 PA+++
6,300円(税抜)
公式サイト
肌にぽんぽんとのせるだけで紫外線ケアが完了する、パウダータイプの日焼け止め。ビタミンC誘導体配合で、できてしまったシミにも作られる前のシミにもはたらきかけてくれます。

美白効果のあるおすすめのファンデーション

オンリーミネラル

薬用美白ファンデーション (医薬部外品)
オンリーミネラル 薬用美白ファンデーション
7g  SPF50+
3,900円(税抜)
公式サイト
ビタミンC誘導体を使ったミネラル100%のファンデーション。長時間肌にのせておくから、その間ずっと美白対策できます。ノンケミカルで敏感肌さんも安心して使えるうえ、石鹸で落とせるのも魅力的。

美白効果のあるおすすめのコンシーラー

 

MiMC(エムアイエムシー)

ナチュラルホワイトニングコンシーラー (医薬部外品)
MiMC ナチュラルホワイトニングコンシーラー
SPF32 PA++
5,500円(税抜)
公式サイト
肌の色や、トラブル部分の色あいにも合わせられるパレットタイプのコンシーラー。ピンク系、オレンジ系、色調節用のベージュの3色セット。隠す以外にも紫外線カット、保湿、美白と使えるシーンも多機能。だから、とても使い勝手がいいのです。美白への成分には、ビタミンC誘導体を配合。刺激を与えることなく、できる前もできてしまってからにも対応してくれます。刺激の少ないこだわり成分を使っているから、肌荒れ部分に使っても安心なのも〇。

まとめ

できてしまったシミのケアは長い時間かかることが多く、途中で投げ出したくなるものです。ですが、まだ薄いうち、表面に出てくる前からケアを続ければ、大きく目立つ前に美肌を保つことができそう。まだ大丈夫、もう少し濃くなってからという考えは禁物です。気になった今こそ、すぐにケアをスタートしてください。数年後もきっと、白い肌を保っていられるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.

佐藤 優月

ライター/化粧品会社10年間勤務。マーケティング業務に携わる。結婚後しばらくして、美容を専門にしたライターに転身。 月に1,2回はエステに通い、スキンケアやメイクについて知識を深めている。いくつになっても若くいたい、キレイでいたいをモットーに美意識を高めることが趣味。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*