ファンデーション 色

自然でキレイなメイクをしたい。そんなとき、重要なのはファンデーションの色選び。いざ選んだら、顔だけ浮いてしまった!・・・そんな経験はありませんか?
今回は自分の肌の色に合ったベストなファンデーションの色選びと、肌の色に合ったおすすめのファンデーションについてご紹介します。

1、ファンデーションの色選びのコツ

ファンデーションの色を、首元やフェイスラインの色に合わせて選んでいる方が多いと思いますが、首元は顔の影になっているので、本来の地肌の色より少し暗く見えることがあります。目の下の三角ゾーンとデコルテの肌の色に合わせることで地肌となじみ、明るい印象の色を選ぶことができます。

ベストは太陽光

また、ファンデーションは、光の色や角度によっても色の見え方が違ってきます。ファンデーションを購入するときはなるべく明るい光で確認することが大切です。ベストは太陽光。自然光の下で確かめると、違和感がなくなります。また、時間が経つにつれて色や肌なじみが変化してきます。時間があれば、蛍光灯やオレンジ色の光、太陽光など様々な光の下で確認し、少し様子を見てから購入すると失敗がありません。

肌の色で見る、ファンデーションのカラーチャート

メーカーや商品によっても少々変わりますが、平均的なファンデーションのカラーチャートになります。実際の色みも商品によって変わってくるので、選ぶときにはカウンターでタッチアップをしてもらい、実際につけてみるとよいでしょう。

カラーチャート

メーカーや商品によっても少々変わりますが、平均的なファンデーションのカラーチャートになります。

イエベ、ブルべとは?

ファンデーションの色選びのときによく聞くのが、「イエベ」「ブルべ」という言葉。これは、肌のアンダートーンのことで、「イエローベース」と「ブルーベース」のふたつに分けられます。パーソナルカラーとも呼ばれ、正確にはさらにそれぞれ、春夏秋冬の色のグループに分けられます。

肌のアンダートーンは、血管や白目の色からセルフチェックして見分ける方法もありますが、正しく知るにはコスメカウンターなどで確かめてもらったほうがよいでしょう。一般に、イエローベースの人には、オレンジやブラウン系の色あい、ブルーベースの人は、ピンクやローズ系の色あいが似合うといわれています。

肌色別、ファンデカラーの選び方&ポイントメイクの色み

ファンデーションの色は、大きく区別すると、オークル系、ピンク系、ベージュ系の3種類に分けられます。アンダートーンがイエローベースの人はベージュ系、ブルーベースの方はオークル系がベストといわれていますが、数種類タッチアップしてからぴったりな色を決めるようにしましょう。

色白の人

色白の方のファンデーションは、明るめを選ぶ方が多いので、白浮きしがちになります。薄付きのファンデを選び、ナチュラルな仕上がりを目指しましょう。ファンデ前にコントロールカラーで補正するのもおすすめです。透明感を出したいときは紫を、くすみが気になるときはオレンジのコントロールカラーを選びます。

色黒の人

黒めカラーのファンデは少ないので、自分に合う色選びがたいへんなのが色黒の肌の人。数色試して選ぶのはもちろんですが、仕上がりがハーフマットやマットなタイプを選ぶと、しっくりします。白浮きしてしまう可能性が高いので、パールやラメ入りは選ばないほうが無難。また、明るく見せようと、肌より白い色のファンデを選ぶのも白浮きにつながってしまいます。色黒の人はくすみが出やすいので、みずみずしいリップメイクで視線を集めると、目立ちにくくなります。黄みの強いリップカラーが似合います。

中間色の人

中間とはいえ、ファンデーションの色はメーカーによって微妙に色みが異なります。各社の中間色とその前後の色を必ず試してから決めるようにすると、買ってから微妙に色が違った!ということを防げます。ポイントメイクには、イエベの方はオレンジやベージュ系、ブルべの方はレッドやピンク系の色をチョイスすると肌色に映えます。

赤みのある肌の人

赤みのある肌の方は、イエロー系の濃い目のファンデを選ぶと、自然な肌色が表現できます。グリーンやブルーのコントロールベースを使っても。赤みを抑え、均一な肌色にしてくれます。赤みが目立つからとチークを省く方が多いのですが、オレンジ系のチークを淡く使うことで、血色のよい自然な肌に仕上がります。

黄色みの強い人

黄色みの強い肌の方は、ピンク系のファンデーションを選びましょう。血色よく明るい肌に仕上がります。透明感を出したいときは、ベースにブルーやパープルのコントロールカラーを。部分ごとに使い分けてもよいでしょう。

2、カラバリ豊富でおすすめのファンデーション

ここからは、色のバリエーションが豊富なファンデーションを、種類別にご紹介していきます。

リキッドタイプのファンデーション

カバーマーク

モイスチュア ヴェール クリーミィ リキッド
カバーマークモイスチュア-ヴェール-クリーミィ-リキッド
全8色 25g SPF38・PA+++
5,500円(税抜)
公式サイト
カバー力が高く、肌の赤みをしっかり隠してくれるリキッドファンデーション。ベージュ・イエロー系の色みが多く、赤みをカバーしたい人にはぴったりです。
パールパウダーが配合されているため明るい仕上がりになります。赤みがひどい場合は、緑系の化粧下地で抑えてからファンデーションを重ねるのもありです。

RMK

リクイドファンデーション
RMK-リクイドファンデーション
全10色 30mL SPF14 PA++
4,500円(税抜)
公式サイト
のびがよく、薄く均一に広げられるリキッドファンデ。保湿効果が高く、みずみずしい仕上がりです。カラー展開が幅広いので、肌色に合った色がきっと見つかります。

パウダータイプのファンデーション

シャネル

ペルフェクシオン ルミエール エクストレム コンパクト
シャネル
全11色 12g SPF25・PA+++
7,000円(税抜)
公式サイト 
軽やかなつけ心地で、毛穴や赤みなどの肌悩みをしっかりとカバーしてくれます。
汗や皮脂を感知して吸収するパウダーが崩れを防ぎ、きめの細かなマットな仕上がりが続きます。カラーバリエーションも豊富で、とくに色白の方などは明るめの色味から選びやすいファンデーションになっています。

シュウウエムラ

ザ・ライトバルブ UV コンパクト ファンデーション
シュウウエムラザ・ライトバルブ UV コンパクト ファンデーション
全16色 SPF 30・PA+++
6,000円(税抜)
公式サイト
カラーバリエーション豊富で、どの肌色にも合う色が見つけられます。
重ねつけしても厚くならず、高いカバー力と自然なツヤ感が特徴です。

クリームタイプのファンデーション

ルナソル

スキンモデリングウォータークリームファンデーション
ルナソル_スキンモデリングウォータークリームファンデーション
全6色 30g SPF20・PA++
5,000円
公式サイト
軽い付け心地で、潤いのあるツヤ肌になれるクリームファンデ。オークル系、イエローオークル系のカラー展開なので、イエベカラーの方に。色黒の方、赤みのある肌の方にもおすすめです。

ボビイ ブラウン

スキン モイスチャライジング グロウ ファンデーション
ボビイ-ブラウン-スキン-モイスチャライジング-グロウ-ファンデーション-
全7色 30g
8,400円(税抜)
公式サイト
南極の微生物エキスを配合した、乾燥肌に悩む人にとくにおすすめのクリームファンデです。使い続けるほどに肌の基礎体力をアップさせます。カラーバリエーション豊富で特に色白の方に選びやすいカラーが豊富です。しっかり肌に密着し、自然なツヤ感のある肌に仕上がり、気になる毛穴などもしっかりとカバーしてくれるアイテムです。

クッションタイプのファンデーション

ランコム

ブラン エクスペール クッションコンパクト H
ランコム
全5色 15g SPF50+ PA+++
5,000円(税抜)
公式サイト
気になる毛穴や色ムラをしっかりカバーするのに、素肌のような仕上がりのクッションファンデーション。クッションファンデーションは色数がまだ少ないブランドが多い中、5色と豊富なカラーバリエーションで肌の色に合わせて選ぶことが可能。

ジルスチュアート

ピュアエッセンス クッションコンパクト
ジル・スチュアート
全5色 15g SPF40・PA+++
レフィル/2,800円(税抜き) コンパクト/1,200円(税抜き)
公式サイト
潤い成分をたっぷり使っているから、スキンケアも化粧下地もいらず、そのまま肌にのせられます。日本人に多いイエベ向きの色合いですが、少々白っぽいので、ワントーン下げると失敗が少ないようです。しっとりツヤ肌をキープしてくれます。

ミネラルタイプのファンデーション

ベアミネラル

オリジナル ファンデーション
ベアミネラル
全12色 8g SPF15・PA++
3,800円(税抜)
公式サイト
様々な肌に合わせやすいようにカラーバリエーションが豊富です。ミネラル100%で肌への負担も少ないのが特徴。暗めのトーンも4種類のカラーから選べるので、やや赤みがある肌の人から、黄色みの肌の人まで合わせることが可能です。

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルクリーミーファンデーション
MiMC_ミネラルクリーミーファンデーション
全7色 10g SPF20 PA++
6,500円(税抜)
公式サイト
美容成分とミネラル100%で潤いたっぷりのクリームファンデーション。ベージュ・ナチュラル系の色が多く、中間肌の方にとってはとくに選びやすいファンデーションです。明るめの色もあるので、中間色よりやや色白・・・という方にも。ミネラルファンデーションなので肌にも優しいのが嬉しいですね。

3、ワントーンアップや色補正に使えるアイテム紹介

肌を明るい印象に見せたい人は、ファンデーションの色を明るくするのではなく、ポイントメイクとして、顔の中心にハイライトをいれるのがおすすめです。自然に明るい印象を与えてくれます。白いものを選んでしまうと、浮いてしまうことがあるので、ハイライトを選ぶときは、ピンク系やベージュ系を選ぶとよいでしょう。

エトヴォス

ミネラルハイライトクリーム
エトヴォスハイライトクリーム
4g
3,500円(税抜)
公式サイト
最近口コミサイトなどでも評価の声が上がっている、クリームタイプのハイライトです。下地、リキッドファンデーション、パウダー等、あらゆるベースの上から使えます。
肌にのせるときは、顔の内側を中心に軽くポンポンとなじませていくだけ。顔のツヤ感をアップさせ、普段のメイクも明るい仕上がりになります。天然ミネラル、植物由来のオイルやワックスと美容成分のみで作られているので、肌への刺激が少なく、これだけでしたら、石鹸で簡単に落とすことができます。

ロレアル パリ

ルーセントマジック スカルプティング デザイナー
ロレアル-パリ
全3色 1.7ml
1,600円(税込)
公式サイト 
筆ペンタイプのポイント用リキッドファンデ。狙ったところにだけ使えます。01 コンシーリングワンドは、オレンジベージュ系。コンシーラーとして使うと、茶クマを目立たなくしてくれます。白すぎないベージュ系の02 ストロビングワンドは、ハイライトとして。ダイヤモンド粉末配合で、ツヤのある肌にしてくれます。

コスメデコルテ

AQ MW フェイスパウダー
AQ-MW-フェイスパウダー
全5色 20g
5,000円(税込)
公式サイト
きめ細かなパウダーで、毛穴を目立たなくするフェイスパウダー。5色展開で、肌色にぴったりな色を選べます。

M・A・C

ミネラライズ スキンフィニッシュ
M・A・C
全4色 8 g
4,500円(税込)
公式サイト 
ハイライトとしてもアイシャドウとしても使える万能アイテム。さっとひと塗りで、ゴージャスな肌に生まれ変わります。

まとめ

ファンデーションの色は、選ぶときの注意点と肌の色をしっかりと知ることで、自分に合ったものを選ぶことができます。なかなか肌にあった色を見つけられない…と悩んでいた方は、是非この記事を参考にして、今よりもっとメイクを楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る