敏感肌

【決定版】敏感肌でも安心して使える日焼け止め、厳選紹介

敏感肌日焼け止め

一年中気になる紫外線は、顔のシミの原因や肌荒れの原因を引き起こすお肌の大敵。しかし敏感肌の人は強い日焼け止めだと肌が荒れてしまう方が多いのではないでしょうか。今回はそんな敏感肌の方でも使える効果的なお顔用の日焼け止めをご紹介します。

目次

1、敏感肌の人の日焼け止め選びのポイント
2、日焼け止めの正しい使い方
3、敏感肌の人におすすめの日焼け止めを厳選紹介
4、夜、メイクを落とした後のスキンケア

1、敏感肌の人の日焼け止め選びのポイント

肌に優しいファンデーションの代表といえばミネラルファンデーションですが、日焼け止めもやはりミネラルタイプのものがおすすめです。まずは、日焼け止めの基礎知識からご紹介します。

1-1、日焼け止めで肌が荒れてしまうのはなぜ?

紫外線吸収剤の影響

紫外線を吸収する化学物質を使用しており、紫外線を吸収すると肌の上で化学変化を起こし紫外線の影響をやわらげる効果がありますが、その化学反応自体が、敏感肌の人にとっては肌への刺激となり、肌荒れを起こす原因と考えられます。

落とすときには強いクレンジングが必要となる

ケミカル成分の含んだ日焼け止めを使用した後は、しっかりと落とす必要があるため強いクレンジングが必要な場合があります。そのクレンジングの成分が敏感肌の人にとっては肌への刺激となり、肌荒れが起こる原因となります。

1-2、敏感肌の人はミネラルタイプの日焼け止めがおすすめ!

通常の紫外線吸収剤を配合した日焼け止めは、SPFが高くなるほど肌に負担がかかり、肌が乾燥しがちに。日焼け止めクリームやUVカット効果のある化粧下地やパウダーなどでも無香料・無着色で低刺激の紫外線吸収剤を使用していないノンケミカル・ミネラルコスメ系がおすすめです。

1-3、ミネラル成分が持つUVカット効果とは?

美肌のために毎日使う日焼け止め。数値が高いと「肌への負担が強いのでは?」と心配に思う方もいるかもしれませんが、ミネラルタイプの日焼け止めは、酸化チタンや酸化亜鉛などのミネラル(天然鉱物)成分が紫外線を乱反射させることで日焼けを防いでくれるので、数値が高くても肌への負担が少なく、安心して使うことが出来ます。

日焼け止めのパッケージに書かれているSPFとPAとは?

まず日焼け止めを選ぶ時に真っ先に知るべき情報SPFとPA。この2つは簡単に言ってしまうと紫外線をカットする力の基準値です。

■SPF
SPFの数値はサンバーン(肌が赤くなる日やけ)の原因になる紫外線B波(UVB)を防ぐ指標です。UVB波は肌の表面に影響を与え、細胞を傷つけてシミなどの原因に。SPFの数字が大きいほど日焼け止めの効果は高くなります。1~50+までの表記があります。

■PA
PAとはUVA波防止を表す指標です。UVA波は波長が長くエネルギーが弱い性質で、肌の奥深く(真皮層)まで達してコラーゲンやエラスチンなどの成分にダメージを与えてしまい、シワやたるみなどの原因になります。こちらはPAの後に着く+の数が多いほど効果が大きくなります。

1-4、紫外線対策は1年中!

夏は紫外線対策をしていても、冬はサボりがちな方も多いのでは?実は、一年を通して紫外線対策は必要なのです。

紫外線量は3月から9月まで多くなります。特に7月にピークを迎えますが、紫外線が一番強くなるのが、6月です。曇りの日でも晴れの日の60%ほど、雨の日でも30%ほどの紫外線量があるので、1年中紫外線対策はした方が良いと言えるでしょう。

紫外線が与える敏感肌の人への影響

紫外線はエネルギーが強く、浴びると日焼け、肌の老化、皮膚がんなど様々な悪影響を引き起こします。敏感肌の方だと更に悪化の原因となるので日々紫外線を浴びないようにすることが大切。

敏感肌の方は紫外線によって肌の水分が30パーセントほど少なくなりバリア機能が低下してしまうことも。そうなると紫外線の刺激をブロックする力が弱くなり、炎症が起こりやすくなる……と負の連鎖に陥りがちです。健康な肌に比べ、紫外線が内部まで届きやすい状態になるのでメラニン色素の沈着が起こりやすくなってしまい、くすみやシミの原因にもなります。

2、日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めは、正しい塗り方により紫外線防止の効果が発揮されます。ここでは正しい塗り方を紹介します。

2-1、こまめに塗り直す

日本化粧品工業連合会の紫外線防止のガイドラインには、2~3時間おきに塗り直すよう記載があります。日焼け止めは2~3時間ほどで効果が薄れてくるのでこまめな塗り直しを心がけましょう。その際には化粧の上からでも使えるUVパウダーなどがおすすめです。

2-2、ムラなく均一に

日焼け止めは重たいイメージがありがちです。だからと言って薄く塗ってしまうと効果が薄れてしまったり、ムラが出てしまうことも。顔全体に塗る場合液状タイプでは1円硬貨大2個分、クリームタイプではパール粒2個分程度を目安にするのが一般的。商品によっては適量が記載されているものもありますので、その場合は記載の量を守りましょう。

3、敏感肌の人におすすめの日焼け止めを厳選紹介

敏感肌な人にも使えるノンケミカルなシンプル処方の日焼け止め。沢山種類があってどれがいいのかわからない・・・そんな方におすすめの日焼け止めを厳選してご紹介します。

シンプルな処方の日焼け止めの紹介

ヴァントルテ

ミネラルUVクリーム

30g SPF50+PA++++
3,300円(税抜)
公式サイト

100パーセント自然素材で作られたリキッドタイプの日焼け止めベース。紫外線をしっかり防ぎ、エーデルワイスを中心とした6種類の植物エキスと3種の植物オイル(保湿成分)が、乾燥ダメージを受けた肌をしっとり包み、キメを整えてくれます。PM2.5などの大気汚染物質が影響してくる「環境ストレス」からも肌をガード。なめらかに伸びてべたつかず、顔全体をトーンアップさせ、ナチュラルなツヤを与えます。毛穴をふさがず、石けんで簡単にメイクオフできます。石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・シリコンなど肌に負担のかかる成分を使用していないので敏感肌の方でも安心して使えます。白っぽくならないのが嬉しい。30日間全額返金保証があるので、万が一肌に合わなかった時でも安心です。

グリーンノート

オーガニックUVミルク

30ml SPF30 PA++
2,800円(税抜)
公式サイト

エコサートオーガニック認証をうけた天然由来100%の日焼け止め乳液。赤ちゃんや敏感肌にもお使いいただけるよう上質なエコサート認証原料で作られた商品。エーデルワイス等の高山植物エキスと天然ミネラルが、紫外線から肌を守ります。紫外線吸収剤フリー・ノンケミカル処方。オーガニック美容液成分がベースなので、スーッと伸びるやさしい使い心地です。化粧下地にもOK。お顔は小豆大の量で十分。少量でしっかり伸びると口コミで話題の日焼け止め下地。

UVパウダー

MiMC(エムアイエムシー)

ナチュラルホワイトニングミネラルパウダー サンスクリーン
MIMC-ナチュラルホワイトニングミネラルパウダーサンスクリーン
全2色 クリアホワイト 6g、ピュアベージュ 6.2g SPF50 PA+++
6,300円(税抜)
公式サイト
UVカット、美白対策、日焼け後のケアと、欲しい機能をひとつにしたMIMCの日焼け止めパウダー。こだわりの成分は、肌に影響を与えず必要な効果を得られるよう工夫して使わ、医薬部外品としても認められています。有効成分は、ビタミンCリン酸Mg(ビタミンC誘導体)とグリチルレチン酸ステアリル。肌表面を守り紫外線をカットしてくれるミネラルパウダーは、保湿効果を高めるオリーブスクワランでコーティングされ、使い心地も申し分ありません。細かいパウダーで小さな凹凸まで隠すので、なめらかな仕上がりに。紫外線吸収剤不使用、石鹸洗顔で落とせます。

アクア・アクア

オーガニックフェイスパウダーUV
アクア・アクア オーガニックフェイスパウダーUV
全2色 7.5g SPF50 PA++++
2,600円(税抜)
公式サイト
保湿効果の高いフルーツエキス成分をたっぷり使ったアクアアクアのパウダータイプ日焼け止め。水分保持力の低い敏感肌さんに嬉しい仕様です。肌にのせると表面をさらりと整え、パールの働きが自然なツヤ肌も実現してくれます。長時間のせたままでも乾燥知らず、崩れ知らず。休日には、これひとつでのメイクもできそう。紫外線吸収剤を使わず石鹸洗顔で落とせる処方だから、クレンジングの影響も防げます。高品質なのにコスパ抜群。1日に何度も塗り直したい紫外線対策に最適です。

ボディ用の日焼け止めはパウダーがおすすめ

体につける日焼け止めも、できるだけ負担の少ないものを選ぶと◎。パウダータイプのものは肌への負担も少なく塗り直しも簡単なのでおすすめです

MiMC(エムアイエムシー)

ボディーパウダー サンスクリーン
MiMC ボディーパウダー-サンスクリーン
1色 8.5g SPF50+ PA++++
5,000円(税抜)
公式サイト
紫外線吸収剤不使用&パウダータイプの、肌に優しい日焼け止め。ポンポン式容器を採用しているから、狙ったところに手軽につけられます。顔の日焼け止めはメイク時に一緒につけてしまうので忘れませんが、ボディはつい忘れがち。パウダータイプなら手を洗う必要がないので、玄関先でも外出先でも、気がついたときにすぐに日焼け止め対策できます。シリコーンや合成ポリマーは使っていないので、シャワー時はいつもと同じように、ボディソープで洗うだけでOK。肌に負担がかかりません。

日焼け止め以外も、石けんだけで落とせるコスメにして肌を守る

敏感肌の方は、日焼け止めだけではなく、ファンデーションやポイントメイクもすべて石けんで落とせるミネラルコスメをおすすめします。
クレンジングを使わないことで、肌への負担を減らすことができます。

▼石けんオフメイクに関してはこちらの記事で詳しく紹介しています。
クレンジング不要のファンデで石けんオフメイク!おすすめ商品も紹介!

▼メイク直しもできて、こまめな塗りなおしもできるUVパウダーもおすすめです。
メイクの上からいつでも直せる日焼け止め!厳選おすすめUVパウダーを紹介

4、紫外線を浴びた後のスキンケア

敏感肌の方は乾燥でお肌のバリア機能が低下して刺激に弱い状態。メイクを落とした後のスキンケアとして化粧水・化粧水後の保湿ケアが大切になってきます。敏感肌の方は人により合わない化粧品がありますので、初めて使用する際は事前に腕の内側でパッチテストを行う事をおすすめします。

クレンジング

優しい成分の日焼け止めを使用していても、日焼け止めが完全に落としきれない状態になってしまうと、それが原因で肌荒れが起こってしまう事があります。優しい成分のクレンジングを選び肌への負担を減らしながら、落とすようにしましょう。

化粧水

化粧水を選ぶ際は高保湿な「セラミド配合」化粧水や、紫外線ケア効果のあるアロエなどのナチュラル成分配合の化粧水がおすすめ。刺激となる成分が少ないアイテムを選ぶのがベストです。洗顔後に素早くつけるのがポイントです。コットンを使用するよりも摩擦の少ない手を使って化粧水をあたため、なじませていきましょう。ゆっくりと顔に馴染ませたら再び化粧水を手に取り、乾燥しやすい部分に指で馴染ませ、手のひらが肌に吸い付くくらいに顔全体馴染んだら化粧水は完了です。

美容液・乳液

その後、普通は乳液を使うのがスタンダードではありますが、敏感肌の方は「セラミド配合」の美容液での保湿をおすすめします。セラミドとは人間の肌を潤す主成分。不足してしまうと肌はどんどんと乾燥し、刺激に弱くなることで敏感肌を作り上げてしまいます。そのためにも美容液で無くなってしまったセラミドをたっぷりと補給することが大切なんです。

化粧水と同じく手のひらであたためながらなじませると良いですよ。乾燥を感じる部分には部分的に美容液やセラミド配合クリームタイプの化粧品を重ねると効果的です。

まとめ

敏感肌の方が謙遜していた日焼け防止効果の強い日焼け止め。しかしミネラル成分でできた肌にやさしいノンケミカル処方の日焼け止めを使用することにより、肌をケアしながらも紫外線予防できる化粧品が多数あります。自分に合った使い方をして紫外線からお肌を守っていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【厳選】敏感肌でも安心して使える!肌負担の少ないおすすめファンデーション

敏感肌 ファンデーション

敏感肌用の化粧水やメイク用品はよく見かけると思いますが、自分が敏感肌かどうかに確信を持てないかたは多いもの。多くの女性は生理前だけ、また就職をきっかけに・・など、ライフスタイルの変化とともに敏感肌になっている可能性もあります。
そもそも敏感肌とは、どんな肌のことをいうのでしょうか。

目次

1、敏感肌の特徴とは
2、敏感肌になってしまう3つの原因とは
3、敏感肌をいたわるファンデーション、3つのポイント
4、敏感肌でも安心して使えるおすすめファンデーション

1、敏感肌の特徴とは

私たちの肌は、日頃からいろいろな物質によって刺激を受けています。この刺激から守ってくれるのが肌の表面にある薄い角質層の膜。約20層もの細胞がレンガの様に積み重なってできている肌の厚さは、0.02ミリほどといわれています。
この薄い膜が「肌のバリア機能」となって外からの刺激から皮膚を守り、さらに内部の水分が外へ蒸発しないように守る働きまでしているのです。

健康的な肌

健康な角質層は自分自身で保湿成分を作り出し、普段は30%ほどの水分を含んでいます。何らかの原因でこの水分量が低下したのが「乾燥肌」。乾燥肌になることで角質層が乱れ、「肌のバリア機能」も損なわれてしまいます。

不健康的な肌

バリア機能が失われると外からの刺激が入り込みやすくなり、髪の毛が触れたり化粧水がしみたりと小さな刺激にも反応するようになります。これが敏感肌の状態です。

2、敏感肌になってしまう3つの原因とは

 

1、乾燥によるもの

もともと人の肌には、潤いを守る保湿物質を肌内部に抱えています。角質のバリア機能が低下すると、肌内部の水分を抱えていられなくなり、肌が乾燥してしまいます。この角質のバリア機能は肌の中にある保湿物質である「セラミド」の量と関係していて、セラミドの量が減ることで角質細胞をつなぎとめられなくなります。

不健康的な肌_セラミド

そうなると、角質層の水分が蒸発し、肌内部の潤いまで失われてしまうのです。
正常なバリア機能を保つには肌内部でセラミドなどの保湿物質がきちんと働いていることが不可欠です。それには、正しい保湿ケアがとても重要となるのです。

出典:正しいスキンケア辞典/吉木伸子・岡部美代治・小田真規子
http://www.amazon.co.jp/dp/4471032143

2、クレンジングによるもの

強力なクレンジングを使用すると、クレンジングに含まれる界面活性剤により、肌にとって必要な皮脂まで取り去ってしまい、肌のバリア機能が奪われます。肌のバリア機能が失われると、外からの刺激が入りやすくなり、化粧水がしみたり、髪の毛が触れただけで痒くなったりと、小さな刺激にも反応してしまいます。コットンなどでゴシゴシふき取ることで肌に負担がかかり、状態を悪くしてしまうこともあるので注意が必要です。

穏やかな洗浄効果のクレンジング、あるいは洗顔料のみでメイクオフできるファンデーションを使うことで、肌への負担を減らすことができます。

3、ターンオーバーの乱れによるもの

表皮細胞が基底層のところで新しく生まれ、約28日かけて角化し角質細胞になり、最後は垢としてはがれていく、このサイクルがターンオーバーです。このターンオーバーによって、私たちの肌は日々生まれ変わっています。
しかし、睡眠不足やストレス、偏った食事などで、このターンオーバーの周期が遅れたり乱れたりすると、健康な肌が育まれないので、いつまでも肌が乾燥し、敏感肌が続くのです。質のよい睡眠をとる、入浴などでリラックスしてストレスを軽減するよう心がけることも大切です。
また、乾燥肌、敏感肌を防ぐには、積極的にビタミンAを含む食事をとることも効果的です。ビタミンAはターンオーバーを調整し、本来の健やかな状態で新しい肌に生まれるのをサポートしてくれる役割があります。

3、敏感肌をいたわるファンデーション、3つのポイント

敏感肌だからといって、メイクをしないわけにもいきません。トラブルなく使えるファンデーションを選ぶときのポイントを、見てみましょう。

3-1、パウダータイプを使う

リキッドファンデーションやクリーム系のファンデーションは油分が多く含まれているので、強いクレンジングが必要となってしまいます。カバー力はありますが、油分を保つために防腐剤や添加物が含まれているので、敏感肌のかたにとっては刺激に感じる場合もあります。

パウダータイプのファンデーションの中には、油分が含まれていないものが多くあります。油分が含まれていなければ、クレンジングを使わず洗顔料だけで落とせるため、肌への負担を少なくできます。クレンジング不要のファンデーションを選ぶときは、配合成分がシンプルなもの、石けんで落とせますなどの記載を確かめて選びましょう。

▼パウダーファンデーションに関してはこちらの記事で詳しく紹介しています。
パウダーファンデーションが人気の訳とは?使い方から人気商品まで徹底解剖!

また、暑い季節には必須の日焼け止めにも、パウダータイプのものが多く発売されています。肌への刺激が少ない成分で作られていますので、敏感肌の方でも安心して取り入れられます。

▼さらに、肌に負担をかけないUVパウダーもおすすめです。詳しくはこちら
メイクの上からいつでも直せる日焼け止め!厳選おすすめUVパウダーを紹介

3-2、ミネラルファンデーションを使う

“ミネラルファンデーション”とは、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、マイカなど天然の鉱物を主要成分として作られたファンデーションのこと。1970年ごろのアメリカの皮膚科で、手術後や火傷の後でも安心して使える化粧品として開発された商品です。
“ミネラルファンデーション”には、通常のファンデーションに含まれている界面活性剤やシリコンなどが含まれていないため、肌への刺激が少なく、強いクレンジングを使う必要がありません。負担を軽減できますから、敏感肌のかたでも快適に使える可能性が高いのです。

※現在の日本では、ミネラルの配合率に関係なくミネラル成分が入っていれば“ミネラルファンデーション”と言われているので、製品を選ぶ時はミネラル100%で出来ているかどうかを確認すると良いでしょう。

○アレルギーが原因の、敏感肌のかたの注意点
ミネラルファンデーションには「亜鉛・チタン・酸化鉄・マイカ」など水に溶けにくい金属が入っていますが、金属アレルギーの人が反応しやすいのは、水銀・ニッケルなど水に溶けやすい金属といわれているので、アレルギーには問題ない場合が多いと考えられます。
しかし個人差があるので、反応が感じられたら、すぐさま洗い流す方がよいでしょう。

▼ミネラルファンデーションについての詳しい記事はこちら
ミネラルファンデーションの人気を徹底解析!商品から使い方・選び方まで紹介!

ポイントメイクも石けんだけで落とせるメイクにする

ミネラルファンデーションのように、石けんだけで落とせるファンデーションを使うときは、スキンケアアイテムやポイントメイク用のアイテムも、石けんだけで落とせるタイプをチョイスしましょう。チークやアイカラーにも、石けんで落とせるアイテムが各社から販売されています。
化粧下地のかわりに保湿効果のある美容液やクリームを使うことで、肌に優しく、よりシンプルなベースメイクに仕上げることが可能ですが、ベースメイクアイテムには界面活性剤が使われているものが多いので、敏感肌のかたは注意が必要です。製品を選ぶときは成分をよく確認し、界面活性剤が使われていないものを選びましょう。

▼「石けんオフメイク」についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
クレンジング不要のファンデで石けんオフメイク!おすすめ商品も紹介!

▼ミネラルコスメに関してはこちらの記事も参考にしてみてください
ファンデーションだけじゃなかった!今注目されているミネラルコスメ!

下地にも使えるおすすめの美容クリーム

MiMC(エムアイエムシー)

エッセンスハーブバームクリーム
MIMC エッセンスハーブバームクリーム
8g
3,800円(税抜)
公式サイト
美容成分をたっぷり使ったクリーム。べたつくことなくすっとなじみ、潤いを抱きかかえ閉じ込めます。朝晩のスキンケアにはもちろんメイクアップベースとしても使えます。

アンブリオリス

モイスチャークリーム
アンブリオリス モイスチャークリーム
75ml
2,800円(税抜)
公式サイト
トリートメント効果と保湿効果の高いモイスチャークリーム。軽いつけ心地で、乾燥から肌を守ります。化粧水の後の保湿として、また、化粧下地がわりに使うと長時間潤いが持続します。

4、敏感肌でも安心して使えるおすすめファンデーション

ここからは、敏感肌でもトラブルを起こしにくい、おすすめのファンデーションをご紹介していきます。

オンリーミネラル

ファンデーション
オンリーミネラル
全18色 10g SPF17・PA++
3,800円(税抜)
https://www.onlyminerals.jp/?lisid=w_spo014
合成防腐剤、合成香料、合成着色料、タルクを使わず、ミネラルだけで作られたファンデーション。石けんだけで落とせます。“つけたまま眠れるほど優しい”のキャッチコピーを確かめるべく、落とさず眠ってみましたが、トラブルは起こしませんでした。

ヴァントルテ

ミネラルシルクパウダーファンデーション
ミネラルシルクパウダーファンデーション
全5色 6g SPF20・PA++
3,300円(税抜)
公式サイト
ヴァントルテのコスメは、肌に負担をかけるといわれる9つもの成分を排除して作られています。ファンデーションに配合されているのは、ピュアシルク。人の皮膚になじみやすいので、保湿効果に優れ、また外的刺激から守る効果も。敏感な肌でもストレスなく使えます。

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルエッセンスモイスト
MiMCミネラルエッセンスモイスト
全3色 10g、SPF40・PA+++
5,800円(税抜)
公式サイト
プレストタイプのファンデーションですが、化学成分を使わず植物美容液で固めているので、石けんオフ可能。伸びのよいテクスチャで、下地など使わずそのまま塗ることができます。軽いつけ心地で、使うほどに肌を元気にしてくれます。

エトヴォス

ディアミネラルファンデーション
エトヴォス_ディアミネラルファンデーション
5.5g SPF25 PA++
3,000円(税抜)
公式サイト
1970年代、手術や火傷の痕を安全に隠すことを考えて作られたエトヴォスのファンデーション。傷跡に影響を与えないよう、防腐剤・タルク・シリコン・香料・ワックス・合成着色料は使われていないから、敏感な肌にも問題なく使えます。石けんオフももちろんOKです。

アクア・アクア

オーガニックトリートメントヴェール40・50
アクア・アクア_オーガニックトリートメントヴェール
全2色 10g SPF40 PA+++(ナチュラルベージュ)、SPF50 PA+++(ライトベージュ)
3,000円
公式サイト
植物エキスをたっぷり使ったコスメがウリのアクア・アクア。ファンデーションにはアンズやオレンジ、グレープフルーツのエキスを取り入れています。下地なしで使えて美容効果あり、紫外線カットまでできると、好評のオーガニックコスメです。

ミネラルファンデーションは、本当にこれだけでカバーできるの?と初めは心配になる人も多いようですが、予想よりカバーしてくれることと、何よりクレンジングを使わず落とすことができるため、敏感な肌にとって大きなメリットとなってくれます。

▼MiMC(エムアイエムシー)のミネラルファンデーションのカバー力を紹介したページもあわせてチェックしてみてください。
MiMCのカバー力とは?3タイプのファンデーションを徹底解説

まとめ

敏感肌の原因はさまざまですが、原因をひとつにしぼれないことも多いもの。とはいえ女性にとってメイクは、なくてはならないものです。肌に優しい処方のミネラルコスメならトラブルを起こしにくいから、敏感肌のかたでも使えるものが多くあります。この機会にぜひ、試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

厳選!秋冬の敏感肌におすすめのスキンケア徹底紹介!

女性の肌はデリケートで、体調の変化やちょっとした刺激、化粧品で荒れてしまうこともあります。特に、肌が弱い敏感肌の人は、化粧品だけでなくふだんのスキンケアもままならないことも。敏感肌の人に適したスキンケアや負担の少ない化粧品もありますので、ご自分に合った方法やアイテムを選ぶようにしましょう。

1、季節の変わり目は敏感肌になりやすい!

まずは、よく耳にすることの多い「敏感肌」とはどういう状態なのか考えてみましょう。自覚がなくても敏感肌になっていることもありますので、ご自分の肌の状態と照らし合わせてみてください。

1-1、敏感肌はバリア機能が弱まった肌の状態の事

人の肌はいくつもの層が積み重なって構成されているのですが、その一番外側に当たるのが「角質層」という薄い膜になります。この膜は、外部からの刺激や乾燥から皮膚を守ったり内部の水分が蒸発しないように防いでいるバリア機能の役割を担っています。敏感肌はこの角質層が乱れたり、薄くなってしまっている状態であり、ちょっとした刺激にも敏感に反応して炎症を起こしたり痛みを感じるようになってしまいます。また、保湿力も落ちてしまうので乾燥しやすくなり、余計に肌が荒れやすくなっている状態にあります。

▼敏感肌についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
敏感肌の人におすすめのファンデーションを厳選紹介!

1-2冬にかけてとくに敏感肌になりやすい!その理由とは


バリア機能が低下して敏感肌になってしまうのにはいろいろな理由がありますが、寒くて乾燥しがちな冬にかけては特に注意が必要です。

乾燥すると敏感肌になりやすい

地域にもよりますが、日本の冬は夏に比べて湿度が低めです。気象庁の計測によると東京の夏の平均湿度は60%~70%程度ですが、冬になると50%以下、もっとも低い1月では36%まで落ちてしまいます。
参考:気象庁

暖房などで部屋を温めるとさらに乾燥してしまいますよね。
肌が乾燥して水分量が少なくなると、角質層の細胞同士をつなぐ役目のあるセラミドが減少してしまい、バリア機能が低下して敏感肌を引き起こしてしまうのです。敏感肌を防ぐためにも、乾燥しやすい冬には、肌を保湿してあげることが非常に大切だということです。

冷えから血行が悪くなる

女性にとって身体の冷えは健康の天敵ですが、美容の上でも同様で、冷えることによって血行が悪くなって肌にも悪影響を与えてしまいます。血行が悪くなると細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなったり、老廃物が溜まってしまって新陳代謝が悪くなります。新陳代謝が悪くなると肌のターンオーバーが乱れて、バリア機能が正常に働かなくなり敏感肌になってしまうのです。

年末年始にイベントが多く生活が乱れやすい

敏感肌を引き起こす大きな原因のひとつに、生活習慣の乱れがあります。冬はクリスマスや忘年会、新年会など年末年始にかけてイベントや飲み会などが多く、仕事も忙しくて生活習慣が乱れがちです。冬になるといつも肌が荒れてしまうという人は、こういった気候や生活サイクルによって、知らず知らずのうちに肌のバリア機能が低下して敏感肌になっているのかもしれません。

参考:
http://www.kao.co.jp/rd/binkanhada/ceramide/cer-02.html
http://www.zenyaku.co.jp/k-1ban/clip/fuyuskin/page03.html

2、敏感肌には刺激の少ないシンプルな処方のスキンケアを選ぶ事が大切

もしご自分が敏感肌の症状に当てはまっている場合は、スキンケアを見直してみることをおすすめします。敏感肌の人に適したスキンケアでは、肌に優しい低刺激のものや化学成分を含まないシンプルなものを選ぶ事が大切です。敏感肌の改善には、外側から保護するものばかりでなく、内側からもしっかりと保湿できるものが効果的です。

2-1、クレンジング:刺激の少ないクリームを

メイクをしたまま寝てしまうと肌が荒れてしまいますが、あまりにも洗浄力の強いクレンジングもよくありせん。肌に必要な皮脂まで落としてしまい、余計に肌を乾燥させてしまいます。できれば、クレンジング剤を必要としない、石鹸で落とせるミネラルコスメを使うのがおすすめです。クレンジングする場合は、比較的刺激の少ないクリームタイプや洗浄力が強すぎないものを選ぶようにしましょう。

2-2、洗顔:合成界面活性剤不使用のものを

クレンジングと同じように、毎日の洗顔もゴシゴシ洗いすぎない、洗浄力が強すぎず肌に優しいものを選ぶことが大切です。特に肌が敏感になっている時は、朝は洗顔料を使わずにぬるま湯で洗うのもいいですよ。洗顔料は合成界面活性剤などを使っていない、オーガニックのものがおすすめです。肌に負担をかけずに汚れを落とすには、泡立てネットなどを使用してしっかりと泡立てて、刺激を与えないように泡で優しく洗うようにしてみましょう。

2-3、化粧水:無香料、無着色、アルコールフリーで低刺激のものを

乾燥から肌を守って敏感肌を改善するには、しっかり保湿することが欠かせません。スキンケアのベースとなる化粧水は、低刺激で、無香料、無着色、アルコールフリーのものを選ぶようにしましょう。肌に付ける時はコットンではなく、手のひらで温めるようにして馴染ませると肌の調子も確認できますし、刺激も少なくてしっかり浸透させることができます。

2-4、クリーム:スキンケアの最後にフタをする

成分によって保湿することよりも、肌内部の水分を保持して蒸発を防ぐことが重要ですので、必ず最後に使用するようにしましょう。最後にクリームを塗ることで、肌に膜を作って外部刺激からも守ってくれるようになります。

3、敏感肌におすすめのスキンケア紹介

スキンケア用品は非常に多くの商品が販売されていますが、敏感肌の人は「敏感肌用」などの専用のアイテムを選ぶのが安全です。成分などによく注意しないと、洗浄力や効果が強すぎて肌に負担をかけてしまうこともあります。敏感肌の人でも安心して使える、おすすめのアイテムをご紹介します。

3-1、敏感肌におすすめのクレンジング

マルティナ

シアーナクレンジングミルク
マルティナシアーナクレンジングミルク
3,800円(税抜)
公式サイト
上質なシアバターが肌をやさしくいたわりながら過敏になっている肌を保護し
メイクや毛穴の奥の汚れを落とします。
シンプルな処方にこだわり、石油系合成界面活性剤を一切含まず、
植物由来のセチルアルコールが肌の負担を少なくしています。

HANAorganic

ピュアリクレンジング
HANAorganic ピュアリクレンジング
150g
3,334円(税抜)
公式サイト
石油系の界面活性剤を一切排除し、100%天然、オーガニック成分だけで、作られたクレンジングです。メイクや毛穴の汚れをしっかり落とし、肌への負担を減らしながらみずみずしい肌に仕上がります。

3-2、敏感肌におすすめの洗顔料

キュレル

泡洗顔料
キュレル 泡洗顔料
150ml
オープン価格
公式サイト
弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリー(エチルアルコール無添加)、アレルギーテスト済み。洗顔によって流れてしまうセラミドを守って優しく洗える洗顔料です。プッシュするだけできめ細かな泡が出てくるので、手軽に肌をこすらず洗えます。

MiMC(エムアイアムシー)

 
オメガフレッシュモイストソープ
MIMC オメガフレッシュモイストソープ
100g
2,800円(税抜)
公式サイト
肌細胞の素となる必須脂肪酸のオメガ3・オメガ6を含むヘンプオイル(アサ種子油)が配合された石鹸です。オメガ3・オメガ6は体内で作り出すことができず、肌のバリア機能を強化して保湿する効果が高いため、洗顔しながら乾燥を防ぐことができます。

3-3、敏感肌におすすめの化粧水

ファンケル

乾燥敏感肌ケア 化粧液
ファンケル無添加FDR 乾燥敏感肌ケア 化粧液
10ml×3本
1,700円(税抜)
公式サイト:http://www.fancl.co.jp/Items/Detail?category=01&item_code=3011a
防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤不使用。
10日~14日分の少量ごとに容器に入っているので、防腐剤不使用でもいつでもフレッシュな状態で使えて品質を保持できます。乾燥敏感肌のための化粧水で、バリア機能の低下した肌に潤いを与えて内側から保湿してくれます。

カルテクリニティ

 
モイスト ローション Ⅰ・Ⅱ
Ⅰ(しっとり)/ Ⅱ(とってもしっとり)

カルテ クリニティ モイスト ローションII
140ml
1,800円(税抜)
公式サイト
弱酸性、無香料・無着色、アルコール(エチルアルコール)・パラベン(防腐剤)フリー、
アレルギーテスト・パッチテスト・スティンギング(皮膚刺激感)テスト済み。
肌に優しい成分にこだわって作られた、低刺激の保湿化粧水です。消炎成分配合で肌荒れを防ぎ、敏感な肌の角質に浸透して潤いを与えます。

3-4、敏感肌におすすめの保湿クリーム

エトヴォス

モイスチャライジングクリーム
エトヴォス モイスチャライジングクリーム
30g
3,800円(税抜)
公式サイト
シリコン、パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料不使用。
5種類のヒト型セラミドや豊富なビタミンが配合されたリッチな使用感の保湿クリームです。人の肌にあるセラミドと同じ「ラメラ構造」で、肌なじみが良く浸透して潤いを保持してくれます。

ビーグレン

 
QuSomeモイスチャーリッチクリーム
ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリーム
30g
7,000円(税抜)
公式サイト
ビーグレン独自の浸透テクノロジー「QuSome(キューソーム)」を応用したクリームで、角質層の奥まで美容成分を浸透させ、化粧水や美容液の成分を閉じ込めてくれます。ハイビスカス花発酵液などの植物エキスがバリア機能を高めて肌を強くし、ハリのある肌に導きます。

3-5、肌に合うか心配な人は、トライアルセットもおすすめ

ご紹介したアイテムは、どれも敏感肌の人のために作られたもので、低刺激で安心して使えるものですが、今までなかなか合うものが見つからなかったという人は、少量タイプのトライアルセットから試すこともできます。スキンケアは成分だけではわからないことも多いので、使い心地や肌に合うかどうかを実際に確かめてから選ぶのが一番安全です。

d プログラム

トライアルセット
1,400円(税抜)
公式サイト
メイク落とし・洗顔料・化粧水・乳液が7日分たっぷり試せるトライアルセットです。低刺激設定で、敏感肌の人でも安心。肌のタイプに合わせて4種類から選べるので、本当に自分に合ったものを見つけることができます。

ファンケル

無添加FDRシリーズ 乾燥敏感肌ケア 10日間実感キット
1,700円(税抜)
公式サイト
乾燥敏感肌専用のシリーズが、洗顔リキッド・化粧液・クリーム・乳液・バリアジェルオイルのセットになったものです。バリア機能が低下して敏感になっている肌を守りながら保湿し、健康的な肌を目指せます。たっぷり10日分がお得な価格でお試しできます。

4、スキンケアを見直しても肌荒れや乾燥が治まらないときの対処法

4-1、出来るだけ肌に触れないようにすることも大事

肌が荒れたり乾燥している時は、なんとか改善しようとしていろいろなスキンケアに手を出しがちです。しかし、あまり肌に触ったり複数の成分を詰め込み過ぎると返って負担になってしまうこともあります。スキンケアをしっかりやっているのに改善できないという場合は、フェイスマスクや美容液などを控えるなど、一旦スキンケアをシンプルにしてみるのもひとつの手段です。お休みの日はメイクをしないようにする、何度も化粧直しをしないなども効果的です。

4-2、日々の生活習慣を見直してみる

肌を根本的に改善させるのは、やはり生活習慣を見直して体の内側から良くしてあげることが不可欠です。特に体が冷えてしまう冬場には、お風呂にゆっくり浸かって体を温め、ストレッチなどをして血行をよくして新陳代謝を高めることがおすすめです。部屋が乾燥している時は、加湿器などを使用して、湿度を保つようにしてみましょう。また、体質改善には食べ物から摂取する栄養素が重要です。暴飲暴食を控えて胃に優しいものを食べ、ビタミンやタンパク質などの栄養素をバランスよく取るようにしてください。また、お肌のバリア機能を司る細胞膜は脂質で出来ています。オメガ3などの良質な脂質を取ることも大切です。

4-3、シンプルな処方のメイク用品を選ぶ

外に出て働いたり人と会う予定がある時にメイクを休むことは難しいので、どうしても化粧品が肌に負担になったり、クレンジングが刺激になってしまうことは避けられません。
しかし、化粧品によってはその両方の負担を減らすことも可能です。それは、クレンジングが不要で石鹸だけで落とせるミネラルコスメを使うことです。化学成分が配合されておらず天然の植物エキスなどでできているので肌に優しく、落とす時も簡単なので敏感肌の人にとっては最適のアイテムです。

▼ミネラルファンデーションについて詳しくはこちらもご参照ください。
ミネラルファンデーションの人気を徹底解析!商品から使い方・選び方まで紹介!

5、敏感肌でもおすすめのファンデーション

敏感肌の状態だと、ふつうの化粧品では刺激が強く、長時間肌に乗せるファンデーションでさらに肌が荒れてしまうこともあります。そこでおすすめしたいのが、天然成分でできているミネラルファンデーションです。クレンジング不要で石鹸で落とせるので、洗うことによる刺激も減らせます。特に使いやすくて、きれいに仕上がるミネラルファンデーションをご紹介します。

オンリーミネラル

オンリーミネラル ミネラルモイストファンデーション
オンリーミネラル ミネラルモイストファンデーション
全5色 ケース・携帯ブラシ付
SPF35 PA+++
セット価格4,700円(税抜)
公式サイト
角質層に浸透するオイルと表面に残ってツヤを与えるオイルの、合計7種のオーガニックボタニカルオイルが配合されています。さらに、光を反射して輝くミネラルも入っているので、毛穴や小ジワを目立たなくさせ、艶やかで明るい肌に仕上がります。化学成分は無添加で石鹸でオフできます。

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルエッセンスモイスト(ミネラルプレストファンデーションB)
MIMC ミネラルエッセンスモイスト
全3色
SPF40 PA+++
セット価格5,800円(税抜)
公式サイト
ミネラルパウダーを植物美容液だけで固めた100%オーガニックのファンデーションで、石鹸だけで落とせます。これひとつで美容液(保湿+エイジングケア)、メイクアップベース、ファンデーション、フィニッシュパウダー、UVケアの5つの機能があるので、化粧水の後にさっと塗るだけでベースメイクが完成します。

まとめ

肌が弱く化粧品やちょっとした刺激で荒れていた方は、体質だと諦めていたかもしれませんが、こういったスキンケアの方法やアイテムを取り入れれば、確実に負担を減らすことができるでしょう。オーガニックコスメは、ファンデーション以外にも下地やアイメイク、リップなどのポイントメイクも肌に優しく石鹸で落とせるものがたくさんありますので、気兼ねなくメイクを楽しめるようになりますよ。肌荒れの原因がわからず、どう対処すればいいか悩んでいた方の参考になれれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

完全保存版!ファンデーションの選び方徹底解説!

ファンデーション 選び方

ファンデーション選びに悩んだことはありませんか?ファンデーションと言っても、パウダーファンデーション、リキッドファンデーション、水ファンデーションやクッションファンデーション…アイテムも種類も星の数ほどあり、その種類も様々です。どれを選んだらいいの?と右往左往してしまう方も多いはず。

そこで今回は、今まで自分に合ったファンデーションが分からなかった方も、自分にピッタリのファンデーションが見つかるように、肌質や年齢、仕上がり別に徹底解説していきます。

目次

1、ファンデーションの種類の説明

パウダーファンデーションの特徴
リキッドファンデーションの特徴
クリームファンデーションの特徴
クッションファンデーションの特徴

2、肌質別のファンデーションの選び方

乾燥肌のファンデーションの選び方
敏感肌のファンデーションの選び方
混合肌のファンデーションの選び方
オイリー肌のファンデーションの選び方

3、年代別のファンデーションの選び方

20代のファンデーションの選び方
30代のファンデーションの選び方
40代のファンデーションの選び方

4、肌悩み別ファンデーションの選び方

ニキビ肌が気になる人のファンデーションの選び方
肌荒れが気になる人のファンデーションの選び方
毛穴が気になる人のファンデーションの選び方

5、目的や仕上がり別のファンデーションの選び方

艶肌に見せるファンデーションの選び方
メイク崩れしにくいファンデーションの選び方
カバー力のあるファンデーションの選び方
時短でメイクをしたい人のファンデーションの選び方
肌に負担をかけないファンデーションの選び方

6、ファンデーションの色の選び方

1、 ファンデーションの種類の説明

ファンデーションには、主に4つの種類があります。まずは簡単にそれぞれのファンデーションの特徴をチェックしてみましょう。

パウダーファンデーションの特徴

パウダーファンデーションは、粉タイプのファンデーションで、最もメジャーです。持ち運びが便利で手軽な面も忙しい女性には嬉しいですよね。マシュマロのようなフォギーなやマットな質感になり、下地やルースパウダーと併用して使うのが一般的です。

こんな人におすすめ

□脂性肌・混合肌
□時短でメイクを仕上げたい人
□化粧直しを何度もする人
□可愛いコンパクトが好きな人

▼パウダーファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
パウダーファンデーションが人気の訳とは?使い方から人気商品まで徹底解剖!

リキッドファンデーションの特徴


リキッドファンデーションは、粉と油と水が、1:2:7で配合されており、水分が多いためうるおいがあります。カバー力と保湿力が高く、肌への密着度が高く伸びがいいのが特徴です。トレンドのツヤ肌を簡単に作れ、ルースパウダーなどを用いれば、マットな質感も表現できます。より自然な肌に見せたい、という方におすすめです。

こんな人におすすめ

□うるおいが欲しい人
□自然な素肌感を演出したい人

▼リキッドファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
リキッドファンデは乾燥知らず!ツヤ肌になれる塗り方と人気ランキングTOP5

クリームファンデーション


クリームファンデーションは、粉・油・水が2:2:6の割合で配合されている乳化したファンデーションを言います。
リキッドファンデーションより水分が少なく、粉が多めで、リキッドファンデーションと比較して硬めのテクスチャーのファンデーションです。

テクスチャーが硬い分、より肌に密着し、カバー力が強く、一度塗ると崩れにくいです。
シミやそばかすなどを隠したい、しっかりめのメイクをしたい方に向いています。

こんな人におすすめ

□カバー力重視の人
□長時間メイクが直せない人

クッションファンデーション


クッションファンデーションは、柔らかいスポンジにあらかじめファンデーションをしみこませている形状のファンデーションのことです。手を汚さずにツヤ肌が作ることができ、パウダーの手軽さとリキッドのカバー力を併せ持った新しいファンデーションです。

こんな人におすすめ

□乾燥肌・混合肌
□手軽に化粧直しがしたいけど、カバー力もほしい人
□下地やコンシーラーを塗るのが面倒な人

▼クッションファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
2017年のトレンドはツヤ肌!クッションファンデーションがおすすめ

2、肌質別のファンデーションの選び方

ファンデーションの種類が分かったところで、肌質別の選び方を見てみましょう。

乾燥肌のファンデーションの選び方


乾燥肌の人は、肌の水分が足りずに肌表面が乾いているため、ファンデーションを塗ってもカサカサしたり、皮がめくれてくるという場合もあります。そんな乾燥肌の人のファンデーション選びのキーワードは「保湿」です。

乾燥肌のファンデーション選びのポイント

□保湿成分がたくさん入っている
□ツヤのある仕上がりになる

ミネラルファンデーションのような、肌に優しいシンプル成分なのに、天然由来の保湿成分が入っているようなものもおすすめです。

▼乾燥肌のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
乾燥肌さん必見!安心して使えるファンデーションの選び方と使い方を伝授

敏感肌のファンデーションの選び方


敏感肌の人のファンデーション選びのキーワードは「クレンジング不要」です。
ちょっとしたケミカル成分で肌に炎症が起きたりしてしまうので、ナチュラルな成分でできた、シンプルな処方のミネラルファンデーションをおすすめします。
リキッドタイプのファンデーションより、パウダータイプの方がよりシンプルな成分で、さらにシンプルな処方なのはルースタイプのファンデーションです。

他にも、保湿効果のある美容液を下地の代わりに使ったり、皮膚科医のような専門家が監修したアイテムも安心感がありますね。

敏感肌のファンデーション選びのポイント

□シンプル成分
□ケミカル成分があまり入っていない
□ルースタイプのファンデーション
□皮膚科医監修のアイテムを使う

▼敏感肌の人のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
敏感肌の人におすすめのファンデーションを厳選紹介!

混合肌のファンデーションの選び方


混合肌の人は、Tゾーンと顎のラインなどの肌質が異なっており、どういうものを選べばいいのか迷うところ。ですが、脂性肌でも乾燥肌でも、大事なのは保湿です。保湿力の高いアイテムを使用しながらも、量をパーツごとに変えられるものを選べばテカリや乾燥が抑えられ、肌がキレイに見えます。

混合肌のファンデーション選びのポイント

□保湿効果の高いアイテムを選ぶ
□パフやブラシなど重ね付けに適しているものを選ぶ

▼混合肌の人のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
もう迷わない!混合肌のためのスキンケア&ファンデーション

オイリー肌のファンデーションの選び方


オイリー肌の人は、とにかく皮脂をこれ以上増やさない、ということが前提になります。
油分が多いリキッドファンデやクリームファンデだと、浮いてしまい化粧が崩れる原因になってしまいます。これを防ぐには、油分の少ないパウダーファンデーションか、ミネラルファンデーションのような肌に負担の少ないものが最適です。

オイリー肌のファンデーション選びのポイント

□油分が少ないパウダーファンデやミネラルファンデを選ぶ

▼オイリー肌の人のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
オイリー肌なら使いたい、おすすめファンデーションとスキンケアアイテム

3、年代別のファンデーションの選び方

年代別でも、ファンデーションの選び方は変わってきます。詳しく見てみましょう。

20代のファンデーションの選び方


20代は本格的に化粧をし始める時期。新陳代謝は比較的活発なものの、新しい環境になり肌へのストレスも増加する年代です。外部からの刺激を極力しないよう、なるべく肌に負担をかけず、忙しくてもさっとメイクできるようなファンデーションがいいでしょう。

20代に適したファンデーションのタイプ

□保湿もできるパウダーファンデーション
□肌ストレスを軽減するミネラルファンデーション

▼20代に人気のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
20代女子に人気の優秀ファンデーション、定番5選

30代のファンデーションの選び方


30代は20代で無理をした分だけ、肌の変化が感じられるようになります。毛穴の開きや、吹き出物ができたり、シミやそばかすが濃くなる、という現象が徐々に起こるようになってきます。これを防ぐには、少し上質なアイテムを使った紫外線対策や、毎日のスキンケアなどをこまめにやることです。ファンデーションも、UVカット対策ができたり、美容成分が配合されたりという機能的なものも取り入れていく必要があります。

30代に適したファンデーションのタイプ

□UV効果の高いリキッドファンデーション
□美容液成分配合のパウダー、あるいはミネラルファンデーション

▼30代に人気のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
30代の悩み別!結果の出やすいファンデーションのランキング

40代のファンデーションの選び方


40代の肌は、角質層の水分量の低下などによる、たるみやシワの増加、くすみなどの、今までにない悩みが出てきます。今までに使っていたファンデーションだと、乾燥が目立ったりするのも特徴です。対策としては、スキンケアから見直すとともに、より保湿力の高いファンデーションを使う必要があるでしょう。

40代に適したファンデーションのタイプ

□保湿力の高いクリームファンデーション
□高濃度美容液が配合されたクッションファンデーション

▼40代に人気のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
悩み別でみる! 40代の女性の為のファンデーションの選び方

4、肌悩み別ファンデーションの選び方

ニキビ肌が気になる人のファンデーション選び方


ニキビは、アクネ菌の増殖により起こります。そのアクネ菌のエサとなるのが油分ですので、ニキビ肌が気になる人はなるべく油分の少ないファンデーションを選びましょう。
もちろん、スキンケアと並行することが大事ですので、常に肌を清潔に保つように心掛けるといいですね。

ニキビの時のファンデーション選びのポイント

□油分が極力少ないこと
□石けんでオフ出来るような、肌負担が少ないこと

▼ニキビ肌が気になる人のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
ニキビがある時に使えるファンデーションって?おすすめをご紹介!

肌荒れが気になる人のファンデーション選び方


肌荒れが起こる原因は様々ですが、見落としがちなのが「クレンジングや洗顔による摩擦」です。摩擦があると肌に負担をかけ、それが炎症として肌表面に現れてきます。
どのような原因であっても、肌荒れをしているときは、「クレンジング不要」のファンデーションを選ぶことが必要になってきます。

肌荒れの時のファンデーション選びのポイント

□肌に負担のかかるクレンジングをしなくてもいいこと
□極力肌に優しい成分であること
□シンプルな処方であること

▼肌荒れの時のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
肌にやさしいファンデーションで肌荒れを防ぐ!選び方のポイント

毛穴が気になる人のファンデーション選び方


毛穴が詰まっていたり、黒ずんでいたり、その原因は角栓の酸化や色素沈着です。これを改善するには、皮脂をきちんと落とし、毛穴を引き締めることが大切。つまりファンデーションも、過剰な油分がなく、毛穴に詰まらずにさっと落とせる、ミネラルファンデーションのようなものが理想です。

毛穴が気になる人のファンデーション選びのポイント

□油分が少なく、肌に負担がかからない
□毛穴にたまる皮脂を吸着してくれるミネラルファンデ

▼毛穴が気になる人のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
毛穴の悩みを解決!とっておきのケアとファンデーションを紹介

5、目的や仕上がり別のファンデーションの選び方

次は、「こういう肌になりたい!」という仕上がり別のファンデーション選びについてみていきましょう。

艶肌に見せるファンデーションの選び方


トレンドの艶肌を作るには、まず大事なのはキレイな素肌作りです。丁寧なクレンジングやスキンケアを通して、なりたい肌に近づけていきましょう。
それに加えて、ファンデーションはツヤ感の出るものを、とにかく薄くつけるのがポイントです。出来る限り素肌に近づければ、キレイな艶肌が作れます。

艶肌を作れるファンデーション選びのポイント

□軽い付け心地のもの
□保湿力があり、シンプルな成分のもの

▼艶肌に見せるファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
艶肌でキレイに魅せる!ファンデーションの使い方

メイク崩れしにくいファンデーションの選び方


「メイク崩れがしやすい」とお悩みの方、その原因は皮脂の過剰分泌や、スキンケアの付け過ぎなど様々です。崩れないためには、塗り方も工夫する必要があります。下地とファンデーションを同じメーカーのものにしてなじみやすくしたり、ファンデーションをつけすぎないようにしたりすると、崩れにくくなってきます。

崩れないファンデーションの選び方

□肌に長時間密着してくれるものを選ぶ
□最後にフェイスパウダーをつける

▼メイク崩れしにくいファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
プロのメイクアップアーティストがアドバイス!崩れないファンデーションのためのコツ

カバー力のあるファンデーションの選び方


カバー力は、ファンデーションの種類によって異なります。

パウダーファンデーションのカバー力

パウダーファンデーションには、粉が多く配合され、他の3つのタイプに比べると、肌への密着力が弱く、カバー力は低いことが多いです。
ただ、肌色補正機能があり、赤みやそばかすのカバーをしてくれたり、脂浮きを防いでくれるので、脂性肌の方や赤みで悩んでいる方にはおすすめです。

リキッドファンデーションのカバー力

リキッドファンデーションは、水分が多く配合され、伸びが良く、カバー力は高めです。トリートメント性が高くみずみずしいので、カバー力は高くても、肌が呼吸していないかのような重い感触が苦手という方に向いています。

クリームファンデーションのカバー力

クリームファンデーションは、リキッドファンデーションより水分が少なく、粉が多いため、テクスチャーが重くて固く、肌への密着度が高いのでカバー力は抜群に高いです。
長時間メイク崩れを防ぐこともできるのですが、厚塗りになりやすく、いったん崩れるとメイク直しがしにくいというデメリットがあります。

クッションファンデーションのカバー力

クッションファンデーションは特徴として、パウダーの手軽さとリキッドのカバー力を併せ持ったファンデーションですので、カバー力は高いです。携帯性に優れているので、外出が多い、あるいは長時間メイクを直せない人にとっては、手軽にメイクや、メイク直しが出来るのでおすすめです。

▼カバー力のあるファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
もう迷わない!カバー力アップならこのファンデーション!

時短でメイクをしたい人のファンデーションの

忙しい朝など、少しでも時間が欲しい、メイクに時間をかけたくない、という人には、機能性ファンデーションをおすすめします。機能性ファンデーションとは、BBクリームやCCクリームのような、スキンケアも下地機能もUVケアもファンデーション機能もある、といった1つで複数の機能があるファンデーションのことです。
美容液成分も配合していて、下地もUVケアも、すべてそれで済むとなれば、別々にやる時間と手間、コストまで省けます。

▼時短でメイクをしたい人のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
時短でスキンケアも出来る!MiMCのミネラルエッセンスモイストを実際に使ってみた

コフレドールのファンデーションは時短でキレイ?忙しいママが使い心地をレポート!

6、肌に負担をかけないファンデーションの選び方


どんな年代でも、どんな肌質でも肌には負担をかけたくないもの。そんな時の強い味方が、ミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションって?

天然の鉱物、つまり酸化鉄や酸化チタン、マイカやシリカなどを主成分として作られているファンデーションをミネラルファンデーションといいます。日本においては明確な定義が無い為、製品によって品質にばらつきがあるのが実情です。ミネラルファンデーションを買う時には成分表示をしっかりと確認することをおすすめします

どんな肌質に合うの?

ミネラルファンデーションは、オールシーズン、どんな肌質の方でも合います。
シンプルな成分で、天然由来のものが多いので、肌に負担をかけずにメイクをすることが出来ます。皮膚科医が監修していたり、アレルギーテスト済みのものもありますので、敏感肌の方でも安心して使えるのが嬉しいですね。

▼ミネラルファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
ミネラルファンデーションの人気を徹底解析!商品から使い方・選び方まで紹介!

6、ファンデーションの色の選び方


ファンデーションを選ぶときに、最後に悩むのが色です。現品を試せる場合、手の甲に塗って試していませんか?手の甲の色は、当然ながら顔の色と異なっています。顔の色より暗かった、ということになりかねませんので、必ず顔で試します。

具体的には、次の点に注意して選びましょう。

色の選び方のポイント

□色は、手の甲ではなく目の下の三角ゾーンかデコルテと合わせる
□明るい場所で試す
□時間が経ってくすまないかを確認する

▼ファンデーションの色の選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
ファンデーションの色選びのコツと、色選びに困らないおすすめファンデーション紹介!

参考文献:「日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト コスメの教科書」小西 さやか (著), 日本化粧品検定協会® (監修)

まとめ

ファンデーションの選び方をいろいろな角度から紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ファンデーションを選ぶ際には、年齢や肌質だけではなく、理想の質感や仕上がりによって総合的に判断して決めていくのがよさそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ファンデーションだけじゃなかった!今注目されているミネラルコスメ!

ミネラルコスメ

敏感肌の人や肌を大切にしたい人にはもちろん、トレンドを気にする女性に人気が上がっているミネラルコスメ。今、ミネラルコスメが注目されている理由をご存知ですか?今回はミネラルコスメの魅力やおすすめの理由、人気のアイテムなどをご紹介します

目次

1、カラバリ豊富!ジュエリーを付ける感覚でメイクできるミネラル!
2、ミネラルコスメを使うと肌が綺麗になれる!?スキンケア効果あり!
3、おすすめのミネラルコスメ、種類別に紹介
4、ミネラルコスメが買える、おすすめのセレクトショップ!

1、カラバリ豊富!ジュエリーを付ける感覚でメイクできる!

ミネラルコスメの成分は「マイカ」「酸化チタン」「酸化亜鉛」「酸化鉄」「シリカ」などが含まれています。これらが「ミネラル(鉱物)」。酸化鉄などの色彩豊かな鉱物は「顔料」と呼ばれ、ファンデーションの色はこの鉱物によるもの。アイシャドウやチークなども原理は同じです。

1-1 ファンデーションだけではない!豊富な種類やカラーバリエーションも!

ミネラルコスメと聞いてまず浮かぶのはお肌に直接着けるファンデーションや下地。しかし、今ミネラルコスメのラインナップは種類が豊富。チークやアイシャドウ、口紅(リップ)、マスカラなどの商品もあります。ミネラルコスメに使われている鉱石と、ダイヤモンドやウルトラマリンなどの馴染みのある宝石は同じ鉱石の一種です。「ミネラル」という響きからなんとなく、ナチュラルな印象を持っている方もいるかもしれませんが、実はミネラルコスメはラメなどの輝きが特徴的で、本物志向の人に人気があります。メイクアップアーティストや、舞台のメイクなどにも使われている実績も!カラーバリエーションも豊富なところが注目を集めています。

そもそもミネラルコスメとは?

最初にミネラルファンデーションを提唱したDIANE RANGERは、合成着色料、タルク、賦形剤、鉱物油、合成香料の5つが入っていない定義を満たすものをミネラルコスメとしています。ただし日本においては明確な定義が存在していないため「ミネラル」と記載されているにも関わらず、それ以外の成分が入っている化粧品も少なくありませんので商品購入する際は、他の成分にも注目して購入すると良いでしょう。

ミネラルファンデーションについてもっと詳しく知りたい方はコチラの記事がおすすめ▼
ミネラルファンデーションの人気を徹底解析!商品から使い方・選び方まで紹介!

2、ミネラルコスメを使うと肌が綺麗になれる!?スキンケア効果あり!


もともとミネラルコスメは1970年代にレーザー治療やケミカルピーリングの後で炎症を起こした肌にも使えるコスメとして誕生し、ハリウッドセレブの間で話題となりました。
純度の高いミネラルコスメなら、肌への負担が少なく、成分である酸化亜鉛には消炎作用も。加えて、紫外線の散乱や反射による高い紫外線カット効果を持ちあわせているため、肌にとっては良いことだらけです。

ミネラルコスメをおすすめする理由は以下のとおり。

スキンケア効果やニキビや肌荒れを抑える効果がある

医療現場で傷口に塗る薬として使用され、消炎作用を持っている酸化亜鉛を使用していることからニキビや肌荒れを抑え、スキンケアをする効果が期待できる。

肌への負担が少なく、皮膚呼吸を妨げない

時間が経つにつれ皮脂と馴染みやすく、皮膚をラップの様に包み込むポリマー不使用の商品が多い為、皮膚呼吸を妨げにくく肌に負担がかかりにくい。

高い紫外線カット効果がある

紫外線反射剤ミネラル(酸化チタン、酸化亜鉛)は、UVA波(光老化の原因となる紫外線)、UVB(シミやソバカスの原因となる紫外線)ともに遮る効果が高い成分のため、紫外線カット効果がある。

時間が経つほど肌になじむ

ミネラルのパウダーはメイクをしてから時間が経つにつれてしっとり馴染む性質を持っているため、肌の表面が乾燥しにくい。

石鹸で洗顔が可能

石鹸で洗顔が可能なため必要な皮脂まで洗い流してしまうことを防ぎ、肌にもともと備わっているバリア機能守ることができる。

3、おすすめのミネラルコスメ、種類別に紹介

■アイシャドウ

オンリーミネラル

アイシャドウ

全17色 1g 2,500円(税抜)
公式サイト
濃い色合いのアクセントカラーと、淡い色合いのニュアンスカラーのバリエーションが豊富で
綺麗なグラデーションを作ることができます。ジュエリーの様に輝く発色で色を重ねても濁りません。石鹸で簡単に落とすことが可能。

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルカラーパウダー(ミネラルアイシャドウ)

全13色 0.6~0.9g
公式サイト

100%ピュアミネラルアイシャドウで、天然鉱石のジュエリーのような輝きが実現。カラーバリエーションも豊富で、マットなタイプからツヤ感のあるタイプ、パールやラメ感のあるタイプなど種類も豊富です。粒子が細かく、肌への馴染みや伸びに優れ、時間が経っても崩れません。

■チーク

エトヴォス

ポンポンミネラルチーク

全10色 2g
公式サイト
天然ミネラルで作られ、鮮やかな発色ながら。肌に自然に馴染み、華やかさを演出できます。防腐剤・香料・ワックス・オイルを含まないので、敏感肌やお子様にも使えます。天然のミネラルで出来ているのでクレンジングは不要で石鹸だけで簡単に落とすことが可能。

■口紅(リップ)

オンリーミネラル

ミネラルルージュ

全5色 4.4g
2,950円(税抜)
公式サイト

ミネラルのみで色付けした天然由来成分100%の美発色ルージュ。合成着色料を使用せず、色素沈着しにくい天然のミネラルのみで色付けしています。スクワラン、シアバター、はちみつなどの保湿成分も配合し、しっとり柔らかなツヤとハリのある大人の唇に。唇にやさしく肌なじみの良い色です。口コミでも「ふっくらと見えて唇のシワが目立ちにくくてとても良い!」と人気のリップ。

24h cosme

テイストミー リップ&チーク

全3色 2g
2,300円(税抜)
公式サイト

タール系色素不使用のリップ&チークです。天然ミネラルの鮮やかな発色はそのままに、ヒマワリ種子油、ツバキ油、ココナッツオイル、3種の美容オイルを加えて、グロスのようなぷるんとした艶やかな仕上がりに。シアーな質感と鮮やかな発色でクリームチークとしてもおすすめです。一度塗りで発色が綺麗、唇のくすみや血色の悪さもカバーしてくれるなど口コミでも評価の高いアイテムです。

■マスカラ

アクア・アクア

オーガニックロングマスカラ

全3色 6.5g
2,500円(税抜)
公式サイト

20種類以上のアミノ酸を含む真珠プロテインと天然ミネラルのコンビネーションで、ツヤのある漆黒まつ毛を演出するマスカラ。ブドウ種子エキス、ユズ果実エキス、ビワ葉エキスが繊細なまつ毛をパサつきからしっかり守ります。細かい毛もキャッチし、まつ毛を綺麗にセパレートしながらより長く美しい仕上がりへと導く、極細ブラシを採用。フィルムタイプなのでお湯&洗顔だけでオフできます。

マスカラでも珍しいネイビーブルーやブラウンカラーがあるのでメイクが楽しくなるアイテムです。塗り心地もよく、落とし具合もお湯でしっかりオフできて嬉しいとの声が多数。つけた後に若干乾くのに時間がかかるそうなので奥二重の方はよく乾かしてから瞼を上げるのが良いかもしれません。

エトヴォス

ミネラルロングラッシュマスカラ

全4色 9g
2,500円(税抜)
公式サイト

洗練されたカーブを描く“美フォルム”まつ毛を長時間キープ。フィルムタイプでにじみにくく、お湯と洗顔料で簡単にオフできます。美容液成分配合の目元にやさしいマスカラです。ダマになりにくく自然な仕上がりで、カールも長持ちします。

4、ミネラルコスメが買える、おすすめのセレクトショップ!

ミネラルコスメに特化したセレクトショップや通販サイトで気楽にお買い物。どこで購入できるのかをご紹介致します。

コスメキッチン

公式サイト

世界中の個性豊かなナチュラル&オーガニックコスメを中心にアロマやハーブティー、雑貨や洗剤など、ナチュラルアイテムをラインナップしているストア。
自社農園や契約農家などの生産者の顔や想いが見えるのが嬉しいポイント。安心・安全な原料や生産であることはもちろん、世界的なオーガニック認証機関から認められた製品や、フェアトレードの実践、動物実験の不実施、環境への配慮などの観点から独自にブランドをセレクトしています。

コスメキッチンについてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事がおすすめ▼▼▼
口コミから店員さんのおすすめまで紹介!コスメキッチンのファンデ徹底紹介!

ビューティアポセカリー(新宿伊勢丹)

公式サイト

世界中から集めたナチュラルブランドが常時200ブランド以上ならぶビューティアポセカリー。どのような基準でブランドやアイテムを選べば良いのか悩んでしまう方に対し、好みにあったブランドを紹介してくれます。実店舗は新宿店本館地下2階にて4月30日まで開催中。商品の一部は伊勢丹オンラインストアでもお求めいただけます。

BEAUTY LIBRARY(ビューティライブラリー)

公式サイト

図書館をイメージしたアカデミックな空間にオーガニックコスメ、パーソナルケア製品を豊富に取り揃えたセレクトショップです。最新のオーガニックコスメがトライできるワークショップなども随時開催して、自分らしい美と健康を求める方々にオーガニック&ナチュラルいっぱいのライフスタイルを提案しています。

ナチュラリー 松坂屋名古屋店

公式サイト

「ナチュラル&オーガニックコスメを知りたい・試したい・欲しい・使いたい!」を叶えてくれるというショップ。人気ミネラルメイクブランドのメイクアップショーなど様々なイベントも開催されています。

まとめ

ミネラルファンデーションの良さは知っていてもチークやアイシャドウ、リップなどにまだ挑戦したことがない方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介したミネラルコスメは発色やカラーバリエーションが豊富で石鹸で落とせる優れもの。ぜひお気に入りを見つけてみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る