その肌荒れは花粉症が原因かも!?負担の少ないスキンケアとメイクアイテムの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
花粉症 肌荒れ

冬の厳しい寒さがやわらいでくる頃、花粉症の人たちは一足先に春の気配を感じています。花粉によってアレルギー反応が出ると、目のかゆみや鼻水などの症状が表れるのですが、刺激に弱い肌にもいろいろとトラブルが起きやすいのです。この肌トラブルは「花粉症皮膚炎」とも呼ばれており、スキンケアやメイクにも大きな影響を及ぼすもの。そんな花粉の時期にはどういったスキンケアやメイクを選ぶべきか、花粉によって表れる肌トラブルと共にご紹介していきます。

目次

1、花粉症の季節に起きやすい肌トラブルは?
2、花粉症の季節に起こるメイクトラブルは?
3、花粉で肌が荒れている時のスキンケア&ファンデ選び
4、花粉症で肌が荒れている時におすすめの商品

1、花粉症の季節に起きやすい肌トラブルは?

一般的には春に多い花粉症ですが、人によっては秋や夏に花粉を飛ばす植物でアレルギー反応を起こすこともあります。花粉は目に見えないほど小さい粒子で、花粉症ではない人にとってはなかなか理解されませんが、重大な肌トラブルを引き起こすこともあるのです。

1-1、目のかゆみや鼻水だけじゃない!花粉による肌トラブル

花粉症の症状と言えば、目のかゆみや涙、くしゃみ、鼻づまりなどが思い浮かびますが、それ以外にも肌のかゆみや荒れ、乾燥などの肌トラブルを顕著に感じることもあります。花粉症の症状が目や鼻にだけ表れると思っている人は、肌トラブルの原因が花粉だとは思わないかもしれません。花粉による肌トラブルは、花粉が直接皮膚に付着することによって起こるのですが、目のかゆみや鼻づまりなどの症状がない人にも起こる可能性があり、花粉症の自覚がないため花粉が原因だと思い至らない人も多いのです。毎年同じ季節になると肌が荒れやすいという人は、「花粉症皮膚炎」の可能性がありますので、適切なケアをする必要があります。

1-2、肌トラブルを引き起こす花粉症皮膚炎

「花粉症皮膚炎」とは、花粉が原因で肌にかゆみや炎症が起きることで、症状の出方は人によって異なります。私も長年花粉症に悩まされていますが、顔の皮膚がかゆくなるといった症状が出たのはここ最近で、最初は花粉によるものだと気づきませんでした。花粉で肌に炎症が起こるのは、乾燥肌や敏感肌などで肌のバリア機能が低下している人に多く、直接花粉に触れることの多い露出した部分に起きやすくなります。つまり、もともと花粉症でアレルギー反応としてかゆみが出ることもあれば、ほかの症状がなくても肌に刺激が与えられて炎症が起きることもあるということです。花粉による肌トラブルは、花粉症ではない人にも影響があるので、注意が必要です。

1-3、鼻のかみすぎや目のこすりすぎでも肌を傷めやすい

花粉は直接肌に付着するだけでなく、体内に入り込んで目のかゆみや鼻づまりなどの症状も引き起こします。すると、ついつい目をこすってしまったり、鼻をかみすぎたりして、目の周りや鼻の周りの皮膚に負担をかけてしまいがち。ただでさえバリア機能が低下し、敏感になっている肌はますます荒れてしまいます。また、花粉を少しでも防ごうとマスクをすることで、摩擦によって肌が荒れることもあり、花粉症の時期は特にスキンケアを重点的に行わないといけません。

2、花粉症の季節に起こるメイクトラブルは?

花粉症の季節に起こる肌トラブルは、目元や頬、あご、首元など露出している顔全体に起こりやすく、突発的に起こる激しいかゆみについ掻きむしって肌を傷つけてしまうこともあります。こういった肌トラブルは、メイクをする時にも大きな影響が出てきます。

2-1、肌が乾燥してファンデーションの乗りが悪い

花粉症の時期は、季節の変わり目でただでさえ肌が乾燥しやすいのですが、花粉で肌が荒れると余計に乾燥して、ファンデーションが乗りにくくなったり、毛穴が目立ちやすくなります。なんとかカバーしようとして厚塗りすると、さらに肌を傷めてしまうので、花粉症の時期には肌に優しく保湿力の高いファンデーションを選んだほうがいいでしょう。

2-2、メイクをすると肌がピリピリして痛い

いつもと同じメイクをしているはずなのに、この時期にはピリピリ染みて痛みを感じるということはありませんか?普段は敏感肌でも乾燥肌でもないという人でも、花粉症の時期には肌バリアが低下して敏感になったり、花粉症皮膚炎で肌が荒れていることもあります。そんな時は、普段通りのメイクが負担になって痛みを感じたり炎症を起こしたりする可能性があるので、なるべく肌に負担のかからない化粧品に替えるか、メイクを薄くするなどの工夫が必要です。

2-3、メイクが崩れやすくなる

もともとの肌の状態が悪いと、化粧乗りが悪くてすぐに化粧崩れしてしまいますし、目薬を差したり鼻をかんだり、かゆみに耐えかねて掻いてしまうと、メイクが崩れたり落ちやすくなったりします。なるべく肌にさわらないことも大切ですが、メイク直ししやすい化粧品などを選ぶようにしたほうがいいでしょう。

3、花粉で肌が荒れている時のスキンケア&ファンデ選び

花粉症 スキンケア
花粉症の症状や、花粉が肌に触れることによって起こる肌荒れの時には、普段通りのスキンケアやメイクでは余計に肌を傷めてしまう可能性があります。花粉が飛んでいる時期は一時的ですので、その時期だけでも肌に優しく負担をかけない方法を選んでみましょう。

3-1、シンプルな処方で低刺激のスキンケア商品を選ぶ

花粉症の時期の肌は、季節の変わり目でもあることから、誰でもバリア機能が低下して敏感肌になりがち。なるべく添加物を含まないシンプルな処方の、敏感肌用のスキンケア商品がおすすめです。今までのスキンケアが染みる、ピリピリ感じるという時には、一旦使用を止めて低刺激のものを選んでみてください。化粧水を塗る摩擦ですら刺激になることもあるので、なるべく段階の少ないオールインワンゲルなどもおすすめです。

3-2、オーガニックなバームなど肌を保護してくれるものを選ぶ

敏感で乾燥しやすくなっている肌には、こまめに保湿をしてあげることも重要ですが、肌のバリア機能となるような仕上げも必要です。敏感肌は外部刺激に弱く炎症を起こしやすいので、オーガニックのバームなどで表面に膜を作ってあげるといいでしょう。外部刺激から守るだけでなく、肌に付着して炎症を起こす花粉を寄せ付けない効果も期待できます。

3-3、落としやすく負担にならないファンデーションを選ぶ

肌のバリア機能が低下している時には、普段のファンデーションでも負担になります。また、メイクを落とす時の洗浄力の強いクレンジングもNG!花粉の時期のファンデーションは、薄付きで刺激が少なく、お湯や石鹸だけで落とせるミネラルファンデーションがおすすめです。ファンデーションを塗る時にも刺激とならないよう、サラッとしたテクスチャーのものや、化粧下地と一体になったものなど、なるべく肌に塗る回数を減らせるものがいいでしょう。

▼石けんオフメイクについて詳しくはこちらの記事をご参照ください。
クレンジング不要のファンデで石けんオフメイク!おすすめ商品も紹介!

4、花粉症で肌が荒れている時におすすめの商品

花粉で肌が荒れる時期におすすめの、スキンケア商品とファンデーションをご紹介します。

おすすめのスキンケア商品

MiMC(エムアイエムシー)

エッセンスハーブバームクリーム
MiMC_エッセンスハーブバームクリーム
8g
3,800(税抜)
公式サイト

■特徴
・合成ポリマーや界面活性剤を一切使わず、シンプルな処方の美容成分
・目元やほほ、口元など乾燥しやすく敏感な部分にさっと塗れる
・ミネラルファンデーションの下地としても使える

オーガニックボタニクス

オーガニックバーム
オーガニックボタニクスオーガニックバーム
15g 
2,500円(税抜)
公式サイト

■特徴
・オーガニック原料使用、アトピーや乾燥で荒れた肌を優しく守る
・携帯しやすく使いやすい少量タイプで、花粉の時期だけ使うのに◎
・化粧水の後にこのバームを塗り込むだけでしっかり保湿できる

エトヴォス

モイストバリアケア
エトヴォスモイストバリアケア
30g
3,500円(税抜)
公式サイト

■特徴
・肌のバリア機能を整える保湿成分を多く配合
・空気中の花粉や、ハウスダスト、大気の汚れ、乾燥から肌を守る
・シリコン・石油系界面活性剤・鉱物油・パラベン・合成香料・着色料不使用で低刺激

資生堂

イハダ ドライキュア乳液
イハダ ドライキュア乳液
50g 第二類医薬品 
1,000円(税抜)
公式サイト

■特徴
・無香料無着色で赤ちゃんにも使える乳液タイプの乾燥肌の治療薬。
・高保湿でべたつかないので、洗顔後のスキンケアはこれ1本でOK。
・かゆみ抑制成分や組織修復成分配合で、バリア機能の低下した花粉症皮膚炎に最適。

花粉症で肌が荒れている時におすすめのファンデーション

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルエッセンス モイストEX 【春夏限定】2/7発売
ミネラルエッセンスモイストEX
全2色 10g SPF50+・PA++++ 
6,500円(税抜)
公式サイト

■特徴
・季節の変わり目でお肌のゆらぎやすい春夏のために考えられた処方
・紫外線にも負けない高SPF値で、潤いながらもサラサラの仕上がりに
・軽い付け心地でありながらカバー力も◎

ヴァントルテ

ミネラルシルクプレストファンデーション
ヴァントルテミネラルシルクプレストファンデーション
全3色 11g  SPF20・PA++
4,300円(税抜)
公式サイト

■特徴
・ヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、スクワランなど保湿成分が配合されており、乾燥を防いでくれる
・カバー力があるためテカリを抑えてくれる
・下地不要で時短メイクが可能

レイチェル ワイン

ミネラルファンデーション
レイチェルワインミネラルファンデーション
全12色 4.5g SPF27・PA+++ 
3,000円(税抜)
公式サイト

■特徴
・サラサラとしたつけ心地で軽い仕上がり
・マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Alのみのシンプルな成分構成
・下地が不要で肌に直接つけることができる

まとめ

花粉症皮膚炎はまだまだ認知度が低く、花粉によって肌トラブルが生じていることに気づいていない人が大半です。花粉症の人でも、肌トラブルの原因が花粉だと知らない人もいますし、花粉症でない人ではなおさらです。原因がわからないと効果的な対策ができませんので、まずは、肌荒れやかゆみの原因が花粉であるかもしれないと疑ってみてください。
なるべく花粉が触れないような対策をし、負担の少ないスキンケアやメイクを心がければ、少しずつ症状も緩和されていくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.

佐藤 優月

ライター/化粧品会社10年間勤務。マーケティング業務に携わる。結婚後しばらくして、美容を専門にしたライターに転身。 月に1,2回はエステに通い、スキンケアやメイクについて知識を深めている。いくつになっても若くいたい、キレイでいたいをモットーに美意識を高めることが趣味。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*