悪化させたくない大人ニキビにやっておきたい、おすすめケア徹底紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
大人ニキビ

年齢問わず、気になる肌の悩みのひとつがニキビ。特に女性は毎日メイクをするから、毎日の肌コンディションには敏感になるものです。特に今年社会人になった方は、生活ががらりと変わって、今までよりニキビのできる頻度が増えた方もいるかもしれません。
ニキビができてしまったとき、メイクはいつも通りでよいのでしょうか?早く治す方法はないのでしょうか?

1、大人ニキビの原因

10代にできる思春期ニキビと20歳以降にできる大人ニキビでは、ニキビの原因が違います。

1-1、思春期ニキビと大人ニキビ

思春期ニキビは、10代~20代前半にできるニキビです。Tゾーンにできやすく、皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まることが主な原因といわれています。

一方の大人ニキビは、20代以降にできるニキビ。Uゾーンと呼ばれる頬やフェイスライン、顎、口まわりなど、顔の半分より下にできることが多いようです。大人ニキビの原因には、ストレスや睡眠不足、不規則な生活が発端となり、免疫力が低下したりホルモンバランスが乱れたりなど、様々な要因が重なって起こることが多いそうです。また、古い角質が蓄積することも大人ニキビの原因のひとつとなるよう。

思春期ニキビより治りにくいのも、大人ニキビの特徴です。できたニキビがいつまでも治らないようなら、大人ニキビ対策をはじめましょう。また、肌の乾燥が続くとできやすくなるともいわれていますから、大人ニキビに気づいたら、スキンケアを見直してみるよい機会かもしれません。

2、大人ニキビの治し方 

大人ニキビ 治し方

2-1、スキンケアは低刺激のものを

一般的にニキビの原因は皮脂詰まりと考えられているせいか、ニキビができたときは普段以上に洗顔に力をいれてしまう方が多いよう。でもこの方法、大人ニキビのケアにはNGです。必要な皮脂まで落とし乾燥が進み、ニキビの状態を悪化させることにもつながりかねません。適度にやさしく、洗顔するようにしましょう。また、ニキビのできた部分はバリア機能が衰えていますから、肌の刺激にも気をつけます。洗顔するときは、しっかり泡立てた泡でこすらないようやさしく行います。洗顔後は、乾燥させないよう保湿もしっかりと行います。ニキビの悪化につながるので、油分はつけすぎないようにします。

2-2、メイクはミネラルコスメがおすすめ

ニキビができているときは、メイクを控えるのが最短でニキビを治す方法。ですが、仕事に行くとなるとそうはいきません。どうしても必要なときは、毛穴をふさがないメイクを心がけます。ファンデーションは、パウダータイプをチョイス。リキッドやクリーム状のものは油分が多いので控えます。化粧下地も油分が多いものが多いので、大人ニキビのあるときは使わないようにします。下地やスキンケアも一緒にできるオールインワンのミネラルファンデーションなどが特におすすめです。

2-3、生活改善で内側からのアプローチ

大人ニキビ 治し方

1:日常生活

大人ニキビの原因は、外的要因より内的要因が大きいもの。ストレスや疲れなどで質のよい睡眠をとれなくなったり食生活が乱れたりと生活習慣が発端になることもありますから、規則正しい生活を送りストレスを溜めないことが、ニキビを早く治し悪化させないことにつながります。

2:食生活

ニキビになるきっかけは、毛穴の角化異常といわれています。乾燥やバリア機能の低下、ターンオーバーの乱れなどで角質が厚くなり、毛穴をふさぐからニキビになるそう。
角質を溜まりにくくするには、肌の代謝をスムーズにするビタミンB類や血流を改善するビタミンE効果的とのことですから、ニキビができたときも予防としても、心がけて摂るとよいでしょう。古い角質が押し出されて新しい肌が生まれますから、美肌作りにもつながります。

 ビタミンB類が豊富な食材=レバー、豚肉、緑黄色野菜、納豆など
 ビタミンEが豊富な食材=アーモンド、うなぎ、大豆、かぼちゃ、アボカドなど

3:生活上で気をつけたいこと

ニキビができると、顔が見えなくなるようにマスクをしたり長い髪を下ろしたりして隠そうとします。実はこれも逆効果。下ろした髪が肌に触れると刺激となりますし、マスクの中は湿度が高いので、雑菌が増えたりマスクとニキビが摩擦を起こして刺激になったりします。より炎症を進めて治りにくくなりますから、おすすめできません。

3、大人ニキビがあるときにおすすめのスキンケア

大人ニキビがあるとき、保湿はしっかりと行います。ケアアイテムは、大人ニキビ用、敏感肌用と書かれているものをチョイスすると、ニキビがあるときでも比較的刺激になりにくいよう。注意したいのが、油分のつけすぎです。炎症を促進させることも考えられますからノンオイルのタイプを選ぶか、「ノンコメドジェニック」と書かれているものから、肌にあうものを使うとよいでしょう。
また、大人ニキビ用化粧品には角質を柔らかくしたり炎症を抑えたりする効果のあるアイテムがあり、ニキビの軽減につながります。

大人ニキビがあるときにおすすめの化粧水

小林製薬

オードムーゲ 薬用ローション
オードムーゲ
160ml
970円(税抜)
公式サイト
50年もの間使われ続けているふき取り化粧水。ニキビの一因となる不要な皮脂や古い角質を落とし、殺菌・炎症を抑える成分を使っています。ふき取るときの摩擦が肌に刺激になることも考えられるので、柔らかいコットンを使いやさしくたたくように使うといいでしょう。

ルナメアAC

アクネケアローション
ルナメア_アクネケアローション
2種 120mL
2200円(税抜)
公式サイト
保湿、ニキビ予防に効果的な化粧水。角質の詰まりと乾燥に効果を発揮してくれるアクネシューター(R)という独自成分が使われています。肌タイプに合わせて、ノーマル、しっとりから選べます。

大人ニキビがあるときにおすすめの石鹸

資生堂

dプログラムコンディショニングソープ
コンディショニングソープ
100g
1,500円(税抜)
公式サイト
敏感肌用に処方された、低刺激のスキンケアシリーズ。肌に刺激となる成分を省いているから、安心して使い続けられます。泡立ちはほどほど。泡立てネットを使い水分少なめで泡立てると、もこもこの泡ができます。洗い上がりはさっぱりなのに、かさつきなし。うるおいが留まっているのを感じられます。

大人ニキビがあるときに乳液

ルナメア

AC アクネケアモイスチャー
ルナメア_ アクネケアモイスチャー
60g
2298円 (税抜)
公式サイト
さらっとした使い心地のジェル状クリーム。べたつかないさらりとした仕上がりなのに、化粧水のあと、これひとつで潤いが続きます。肌荒れを防ぐグリチルレチン酸ステアリルを配合しています。

ノブ

AC モイスチュアジェル
ノブ_AC-モイスチュアジェル
40g
2500円(税抜)
公式サイト
大人ニキビ用のシリーズアイテム。ジェル状なので肌の上でなめらかにのび、潤いを閉じ込めてくれます。オイルフリーで、炎症を抑える成分や抗菌成分が配合されています

大人ニキビがあるときにおすすめの美容液

資生堂

dプログラム ACリセット
dプログラムACリセット
10g 
2,500円(税抜)
公式サイト
ニキビ予防用のアイテムですが、治りが早かったという口コミも。保湿力に優れていてニキビ跡改善にも役立ちますから、ニキビのあるときもないときも重宝します。

オルビス

薬用 クリアモイスチャー
オルビス薬用 クリアモイスチャー
ボトル入り 50g
1,700円(税抜)
公式サイト
オイル成分をカットした、ニキビ肌用美容液。肌のバリア機能を高め保湿する紫根エキスや肌荒れを防ぐ甘草エキスが使われています。肌タイプや使い心地で選べる、さっぱりタイプ、しっとりタイプの2種類があります。

4、大人ニキビがあるときにおすすめのメイク

ニキビができたときに使いたいのは、パウダーファンデーション。顔にのせるときはのばすように広げるのではなく、置くようにつけると肌への負担を最小限にできます。

このとき選ぶパウダーファンデは、ミネラルコスメがおすすめ。メイクをするとクレンジングが必要ですが、ニキビができた肌にクレンジングでの刺激を与えると、悪化の原因になることも。ミネラルコスメにはクレンジング不要で石鹸洗顔のみで落とせるタイプが多くあります。

ナチュラグラッセ

クリアパウダー ファンデーション
ナチュラグラッセ-クリアパウダー-ファンデーション
全6色 11g SPF40 PA++++
4,200円(税抜)
公式サイト
なめらかにのび、ふんわりツヤ肌にしてくれるパウダーファンデーション。化粧持ちがよく、塗りたての仕上がりが続きます。収斂作用でキメを整えてくれるタイム、乾燥から守ってくれるカシスの成分が使われています。石鹸洗顔で落とせるミネラル処方のファンデです。

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルエッセンスモイスト
MiMC_ミネラルエッセンスモイスト
3色10g SPF40 PA+++
5,800円(税抜)
公式サイト
ひと塗りで、美容液、下地、ファンデ、フィニッシュパウダー、UVケアの5役をこなすファンデーション。いくつも塗り重ねたくないニキビ肌にぴったりです。カバー力もあり、ニキビの赤みも自然に隠してくれます。クレンジング不要。石鹸のみでオフできます。

▼ニキビがあるときのファンデーション選びに関しては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。
ニキビがある時に使えるファンデーションって?おすすめをご紹介!

▼石けんオフメイクに関しては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。
クレンジング不要のファンデで石けんオフメイク!おすすめ商品も紹介!

ニキビはたびたびできるので、自己流の対処法で乗り切ってしまうことが多いですが、実は尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という立派な皮膚病です。炎症が進んでひどい状態になってしまったら、迷わず皮膚科を受診しましょう。

▼大人ニキビは皮膚科で早く確実に治したい!クリニック選びのポイント
https://nikipedia.jp/acne-clinic-9056

まとめ

ニキビは放っておいても自然に治ることもありますが、ケアを怠り悪化させてしまうと、色素沈着を起こしたりクレーター状の肌になってしまったりすることも。こうなるとスキンケアで元に戻すのはとても大変なことですから、できてしまったニキビには適切なケアを、ニキビのないときは予防を心がけて、いつまでも美肌を保っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.

佐藤 優月

ライター/化粧品会社10年間勤務。マーケティング業務に携わる。結婚後しばらくして、美容を専門にしたライターに転身。 月に1,2回はエステに通い、スキンケアやメイクについて知識を深めている。いくつになっても若くいたい、キレイでいたいをモットーに美意識を高めることが趣味。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*