50代におすすめのファンデーションはコレ!年代に合ったスキンケアをしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
50代ファンデーション

どの年代でも、女性の肌の悩みは尽きないものですが、50代になってくると20代や30代とはまた違った悩みが出てきます。年代によって異なる肌トラブルや肌悩みには、若い頃と同じアイテムを使っていてはなかなか解消されません。50代にはそれぞれの肌悩みに合ったスキンケアや化粧品を使うのがいいでしょう。

では、どういったファンデーションを選んでどんなスキンケアをすればいいのか、おすすめのファンデーションもあわせてご紹介していきます。

1、50代に多い肌悩みやその原因とは?

若い頃はとにかく皮脂が多くて、ニキビや毛穴の詰まりが気になっていたという人でも、50代になると皮脂の分泌量が減ってきて、代わりに別の肌悩みが増えてきます。
50代に多い肌トラブルや肌の悩み、その原因はどんなものなのでしょうか?

1-1、しわやたるみ、ほうれい線が気になる

一目で年齢を感じさせて老けさせてしまうのは、しわやたるみが増えて、ほうれい線が目立ってしまうことでしょう。加齢と共に肌のハリや弾力が失われていき、重力に負けた皮膚がたるんでしまい、深いしわができてしまうからです。

原因:女性ホルモンの減少で肌の水分量や皮脂量が激減

しわやたるみの原因は、女性ホルモンの減少により、肌の皮脂量や水分量、コラーゲンの生成が少なくなってしまうことです。
水分量・皮脂量の変化

女性ホルモンは20代~30代頃をピークにだんだん減少していき、45歳頃から急激に分泌量が少なくなります。そのため、更年期障害などの影響が出てしまうこともありますが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、肌の水分量を保ってハリを与える働きがあるので、肌にも大きな変化が出てきてしまうのです。

1-2、肌が乾燥する

元から乾燥肌の人もいますし、冬場や保湿不足で肌が乾燥してしまうこともありますが、50代になるとそれまで特に乾燥を感じなかった人でも乾燥しやすくなります。
肌の乾燥は、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまう原因にもなりますので、以前よりも入念に保湿をする必要が出てきます。

原因:肌間違ったスキンケアや生活習慣が原因のことも

50代になると女性ホルモンの減少により肌の水分量が保持できなくなり、乾燥しやすくなってしまいます。ただでさえ乾燥しがちになるので、これまであまり保湿に気を使っていなかった人でも、今まで通りのスキンケアではカバーできなくなってきます。

また、不規則な生活や睡眠不足、食生活の乱れなどを長期間続けていると、肌にきちんと栄養が行き届かなくて荒れがちになってしまいます。
50代になってから急に乾燥が気になってきたという人は、普段の生活習慣や食生活を見直してみる必要があるかもしれません。

1-3、シミ・くすみが増えてきた

50代になると、メイクをしても隠し切れないようなシミやくすみが増えてきます。
突然現れるものではないので、長い期間をかけてじわじわと目立つようになってきますが、気づいた時には「前にはシミなんてなかったのに!」と大きなショックを受けてしまうこともあります。

原因:蓄積された紫外線やターンオーバーの乱れが原因

紫外線はシミの元凶となるものですが、若い頃は紫外線を浴びても新陳代謝が活発で、ターンオーバーによって古い皮膚が剥がれ落ちていくので、シミになることがありません。
しかし、年齢を重ねるとターンオーバーの周期が遅くなり、紫外線によるメラニンが蓄積されていき、シミやくすみとして現れてしまうのです。

2、ファンデーションの選び方

50代になって、これまで使っていたファンデーションが合わなくなった、伸びが悪くなったと感じることもあります。これまで皮脂が多くてパウダーファンデーションを使っていた人なら、乾燥した肌に合わなくなってしまっているかもしれません。
また、薄付きのファンデーションでもカバーできていたのに、シミやくすみが目立つようになってきたのなら、カバー力が強めのファンデーションを選ぶようにしたほうがいいでしょう。

肌を「守る」紫外線対策がしっかりできるもの

カバー力が高いファンデーションはもちろんですが、これ以上シミやくすみを増やさないためには、SPFなどの紫外線対策ができるものを選ぶのがおすすめです。
最近のファンデーションはカバーするだけでなく、化粧下地や美容液、日焼け止めなどいろいろな役割を兼ね備えた多機能アイテムが増えてきていますので、機能についても注目して選んでみましょう。

保湿力が高いファンデーション

スキンケアでしっかり保湿をしても、メイクをするとだんだん乾燥してしまうという場合には、保湿力が高いファンデーションがおすすめです。
敏感肌の人はメイクをすると肌が荒れることもありますが、保湿成分や美容成分が配合されたファンデーションや、天然成分でできたナチュラルファンデなら、刺激が少なく肌を保湿しながらカバーできるので、乾燥しにくくなります。

3、おすすめのファンデーション

それでは、実際に50代におすすめしたいファンデーションを特徴別にご紹介します。

高保湿なファンデーション

ルナソル

スキンモデリングウォータークリームファンデーション
カネボウルナソル スキンモデリングウォータークリームファンデーション
全6色 30g SPF20 PA++
5,000円(税抜)
公式サイト
特徴:伸びが良く保湿力が高いクリーミーファンデーションです。
長時間潤いのある肌をキープして、肌に光を取り込んで透明感のあるツヤ肌に。乾燥しやすい肌もしっとりするのに、付け心地が軽くて崩れにくく、使いやすいアイテムです。

カバー力があるファンデーション

カバーマーク

モイスチュアヴェール クリーミィ リキッド
カバーマーク モイスチュアヴェール クリーミィ リキッド
全8色 SPF38 PA+++
5,500円(税抜)
公式サイト
特徴:カバー力の高さが特徴のブランドのファンデーション。純度の高いパールが配合されていて、潤いベールで内側から輝くようなツヤのある肌に仕上げます。
植物抽出エキスで保湿力が高く、紫外線からも守ってくれます。

肌に負担のないファンデーション

オンリーミネラル

プレミアムファンデーション
オンリーミネラル プレミアムファンデーション
全2色 SPF40 PA++++
4,500円(税抜)
公式サイト
特徴:100%ミネラルでできているファンデーションで、石鹸でオフできて肌に負担がかかりません。強力な日焼け止め効果と化粧下地、コンシーラー、フェイスパウダーなどの役割がこれひとつで可能な多機能ファンデです。ダイヤモンドとゴールドのパウダーが光を拡散してシミやしわ、くすみをカバーしてシルクのようななめらかな肌に仕上げます。

時短メイクができるファンデーション

MiMC(エムアイエムシー) グレース

リペアBBクリーム
MiMC-GRACE-リペアBBクリーム-
全1色 30g SPF23・PA++)
6,000円(税抜)
公式サイト

化粧下地、ファンデーション、日焼け止めの3つの機能に、保湿効果もプラス。
艶と潤い与える濃密BBクリーム。シミやくすみもしっかりカバーしつつ、潤いも与えてくれるので
メイク崩れも防ぎます。石けんだけでオフできるので、肌にも負担をかけず、時短メイクに最適。

4、50代のスキンケア

50代のスキンケア
カバー力のあるファンデーションでシミやくすみを隠しつつ、日ごろのスキンケアをしっかり行えば、肌の老化を遅くして若々しい肌に近づけることが可能です。
そのためには、今までやってこなかったような特別なスキンケアや、生活習慣の見直しも必要になってきます。

日中はしっかりと紫外線から肌を「守る」

シミやくすみを増やさないためには、何よりも紫外線から肌を守ることが欠かせません。
日差しの強い日中では、帽子や日傘などで直射日光を避け、外に出る時には必ず日焼け止めを塗ることを忘れないようにしましょう。
日焼け止めは朝塗るだけでなく、時々こまめに塗り直すことで効果を持続させることができます。

シミやくすみのために「美白美容液」を使う

普段は化粧水と乳液、保湿クリームだけというシンプルなスキンケアを続けている人でも、できてしまったシミやくすみを改善してこれ以上増えないようにするには、メラニンの生成を抑えるビタミンCが配合された美容液や、アスタキサンチンなどの美白成分が配合された美白美容液を使うといいでしょう。
コラーゲンやヒアルロン酸など保湿力の高い美容液を使えば、シミやたるみの改善にもなります。

週2回くらいの角質ケアでターンオーバーを促す

新陳代謝を活発にしてターンオーバーを促し、古い角質をはがして新しい肌に生まれ変わらせることができれば、シミやくすみを減らすことができます。
そのためには、古い角質を取り除いてくすみも解消できるピーリングという方法があります。ピーリングには病院で行うようなレーザーピーリングもありますが、自宅でできて刺激の少ないピーリングがおすすめです。
特別な方法ではなく、市販品でもフルーツ酸の配合されたピーリング石鹸やジェル、化粧水などがありますので、それを使って週に1~2回ケアするだけでOKです。

ただ、角質に働きかけるものなので、毎日使うのは厳禁です。肌に合わない場合もあるので、決められた使い方や頻度を守って、やり過ぎないように注意してください。

食事や生活習慣を見直して体の内側からもケア

スキンケアは外部から与えるだけでなく、体の内側から改善していくこともできます。
たとえば、不規則な生活や睡眠不足を改善して、質の良い睡眠が取れるように環境を整える、皮膚を作るたんぱく質やビタミンCが豊富でバランスの良い食生活を心掛ける、たばこやお酒は控えめにするといったように、できることから始めてみましょう。
よく眠れた次の日は、肌の調子が良いのを感じられると思いますので、まずはしっかり睡眠を取ってその効果を実感してみてはいかがでしょうか。

まとめ

女性にとって天敵の肌の老化は止められるものではありませんが、今の年代に合ったスキンケアやファンデーションを選ぶだけで、何もしないのとは段違いの若々しさを取り戻すことができます。シミやしわなどは、これまでの生活習慣や外部刺激などの積み重ねが原因になってきますので、今からでも正しいスキンケアをして肌を守るようにすれば、老化のスピードを緩めることができるのです。これまでのファンデーションが合わないと感じた時は、アイテムの選び方やスキンケアを見直すチャンスなのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.

佐藤 優月

ライター/化粧品会社10年間勤務。マーケティング業務に携わる。結婚後しばらくして、美容を専門にしたライターに転身。 月に1,2回はエステに通い、スキンケアやメイクについて知識を深めている。いくつになっても若くいたい、キレイでいたいをモットーに美意識を高めることが趣味。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*