潤う冬ファンデーションはこれ!トレンドセミマット肌に仕上げるアイテムを徹底紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
冬 ファンデーション

冬になると、空気は乾燥し、同様に私たちの肌も乾燥しやすくなります。乾燥は肌の水分量を奪い、吹き出物などの様々な肌トラブルを起きやすくなります。
乾燥対策に冬場は保湿成分が配合されたクリームなどを使用する方が多いと思いますが、ファンデーションも同じく、保湿成分が配合されたファンデーションを用いて、夏とは違う対策を立てることが必要になります。

そこで今回は、乾燥が本格化する冬におすすめの、肌トラブルを防ぎながらしっとりと上品に仕上がるファンデーションをご紹介します。

目次

1、冬はどんなファンデーションを選べばいい?
2、冬におすすめのファンデーション
3、崩れにくくなるファンデーションの使い方

1、冬はどんなファンデーションを選べばいい?

冬は保湿下地&クリーム系ファンデーションがおすすめ

冬場の肌は乾燥しがちで、メイクをしていても粉をふくことがよくありますよね。
粉をふくのは、角質水分量が減少している、つまり肌が乾燥している証拠です。

冬は外気が乾燥していることはもちろん、オフィスや家などで暖房をつけていると、部屋の空気も乾燥し、肌の水分が奪われ乾燥しやすくなると考えられますが、実はそれだけが原因ではありません。皮脂の量も関係しているのです。
冬は肌に必要な油分も少なくなります。皮脂が奪われると、肌表面の水分は蒸発しやすい環境となり、ますます乾燥肌が深刻化してしまうのです。冬のベースメイクは、保湿系下地でしっかり潤いを与えて、油分が多く含まれているクリーム系のファンデーションで、水分を逃さないようにすることがポイントとなります。

保湿成分の含まれているファンデを選ぶと◎

クリームファンデーション油分が他のタイプのファンデーションに比べて多く、中にはヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分もしっかりと入っているものが多いです。
付けている間は、ファンデーションに含まれている保湿成分や油分が水分の蒸発を防ぎ、肌を乾燥から守り、ファンデーションがきちんと肌に吸着するのを助けてくれるため、乾燥によるメイク崩れも抑えてくれるのです。

今冬はセミマット系ファンデーションがトレンド

夏までは輝くようなツヤ肌がブームだったのですが、冬場はファッションを深みのあるカラーでコーディネートすることも多く、ツヤ感を出し過ぎてしまうと浮いてしまって、冬ファッションに合わせにくくなってしまいます。

そこで注目したいのが、深みのあるカラーに合わせたナチュラルなセミマット系のファンデーション。カサカサ感を感じさせずに、適度にうるおっている上品さを与えられるため、冬に適したファンデーションとして今注目を集めています。

2、冬におすすめのファンデーション

冬には、保湿成分の入ったリキッド系のファンデーションがおすすめですが、深い色合いのファッションにはツヤ感を出し過ぎると浮いてしまいますよね。
せっかくなら、ファッションに合わせて上品な合わせたセミマット系肌感を取りいれたいところ。

そこで、保湿成分をきちんと配合し、セミマット系の上品肌になれる、冬におすすめのファンデーションを厳選してみました。

2-1、崩れを抑え、保湿が出来るリキッド系ファンデーション

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルクリーミーファンデーション
ミネラルクリーミーファンデーション
全6色 10g SPF20 PA++
6,500円(税抜)
公式サイト
パワフルな11種類の植物美容液エキスを配合し、肌なじみを第一に考えた美容液のようなファンデーション。ミネラル100%なので肌に優しいのに上品なセミマット肌に仕上げてくれます。石鹸でオフできるのも、出来るだけ肌への負担を減らしたい冬には嬉しい特徴です。

ルナソル

スキンモデリングウォータークリームファンデ
ルナソル スキンモデリングウォータークリームファンデーション
全6色 30g SPF20 PA++
5,000円(税抜)
公式サイト
みずみずしいテクスチャーが特徴のクリームファンデーション。厚ぼったくならず、肌そのものを美しく見せるナチュラル感がありながら、肌に光を取り込んで透明感あふれる仕上がりに。保湿力があり、化粧崩れもしにくいです。

RMK

クリーミィファンデーション N
RMK クリーミィファンデーション N
全7色 30g SPF28 PA++
5,000円(税抜)
公式サイト
自然なカバー力が人気のRMKから発売されているクリームファンデーション。
気になる毛穴や赤みなどはしっかりとカバーしてくれますがナチュナルな仕上がりに。
アルガンオイルやシアバターなどの保湿成分を配合し冬の乾燥から肌を守ります。

アルビオン

エクシア AL スーペリア クリームファンデーション EX
アルビオン エクシア AL スーペリア クリームファンデーション EX
全6色 SPF28・PA++
20,000円(税抜)
公式サイト
2017年9月にリニューアル。きめ細かくなめらか肌に仕上げるクリームタイプのファンデーションです。こっくりとしたテクスチャーで、肌に密着しトリートメント成分配合で潤いを与え日中の乾燥から肌を守ります。

2-2、秋冬の新作ファンデーション

RMK

3Dフィニッシュヌード F/P/C (レフィル)
RMK 3Dフィニッシュヌード
全4色 フルサイズ3g/ハーフサイズ1.5g SPF20 PA++
1セット・5,500円(税抜)
専用ケース別売り(ブラシ付き)1,500円
スポンジ(3D) 600円
公式サイト
ソフトフォーカス効果で、立体感を出しながら毛穴などの凹凸もカバーしてくれるファンデーション。ブラシでつけることを前提としているので、カバー力があるのにナチュラルなセミマット感を楽しめます。

NARS

アクアティックグロー クッションコンパクト
NARS アクアティックグロー クッションコンパクト
全6色 SPF23 PA++
5,400円(税抜)
公式サイト
NARSのトリプルフォースプロテクションコンプレックスで、紫外線やほこりなどのダメージから肌を守るファンデーション。軽くて薄いテクスチャーでありながら、よれずに肌の潤いを保ちます。手を汚すことなく、どこでも化粧直しができるのも嬉しいポイントです。

SUQQU(スック)

フレーム フィックス モイスチャライジング ソリッド ファンデーション
SUQQU(スック) フレーム フィックス モイスチャライジング ソリッド ファンデーション)
全7色SPF25・PA++
レフィル 6,500円(税抜) / コンパクト(スポンジ付)・2,000円(税抜)
公式サイト
濃厚かつ繊細な使い心地で、瞬時にしっとり感としなやかさのある肌へと導きます。3種の保湿成分(シアバター/マカダミアナッツオイル/アミノ酸系ペーストオイル)を配合。
きめ細やかでしっとりとした肌が持続、乾燥から肌をしっかり守ります。

2-3、保湿が出来る、おすすめの下地はコレ!

エトヴォス

アクアミネラルベース
エトヴォス アクアミネラルベース
SPF11PA++
2,800円(税抜)
公式サイト
角質層に浸透してうるおいを守る保湿成分や人の肌の保湿成分と同じアミノ酸の「天然保湿因子(NMF)」が、肌表面と角質層内をダブルで保湿し、お肌を乾燥から守ります。石鹸で落とせるミネラル成分で出来ているので肌への負担も軽減出来ます。

B.A

B.A デイセラムM シルキーグロー
B.A デイセラムM シルキーグロー
25g SPF20・PA+++
9000円(税抜)
公式サイト
化粧下地美容液で付けている間エイジングケアが可能。くすみを抑え、艶と血色感を与えます。肌の凹凸や毛穴もしっかりとカバーしてくれる優れもの。

3、崩れにくくなるファンデーションの使い方

スキンケア
冬は乾燥も手伝ってメイクも崩れやすくなりますが、同じファンデーションでも使い方一つで、崩れにくくすることが可能です。
具体的にどのようにすれば崩れにくくなるのか、冬の乾燥時でも崩れにくくなるファンデーションの使い方について紹介していきます。

3-1、保湿を意識したスキンケアを心がける

ファンデーションなどのベースメイクを崩れにくくするには、まずファンデーションを塗る前段階での準備が重要です。肌に水分を与えればいい、と思われるかもしれませんが、肌に与えた水分が維持できなければすぐに乾燥した肌に戻ってしまいますよね。

スキンケアのポイントは「水分を保持する」こと

肌の水分を維持するためには、水分をただ肌に与えればいいのではなく、水分保持力の高いセラミドやヒアルロン酸などの成分を補ってあげる必要があります。
このように保湿の中でも「水分をどれだけ保持できるか」ということを意識したスキンケアを心がければ、肌の水分量も多くなり、乾燥も和らぎますので、メイクノリもいい肌になってきます。

▼乾燥する肌に適したスキンケアの方法はこちらの記事で詳しく紹介しています
冬でも潤う!乾燥肌向け、スキンケアアイテムのおすすめ徹底紹介

3-2、ファンデーションは、薄くつけることがポイント

保湿を意識したスキンケアをして水分量が保持されても、ファンデーションの付け方に問題があると、メイクが崩れる原因になってしまいます。

リキッド系のファンデーションは、仕上がりはキレイで潤いがあるのですが、パウダーファンデーションと比べ水分が含まれている分、ファンデーションが重たいと感じることがあります。重たくならないようにするには、塗り重ねずに薄く伸ばして塗るようにします。
薄く伸ばすことで、仕上がりがよりナチュラルになるだけでなく、自分の好みの仕上がりに調整することが出来ますね。

まとめ

ファンデーションジプシーに陥りやすい冬ですが、リキッド系ファンデーションなら自分の好みに合わせて、重たくならずにナチュラルに使えます。乾燥を悪化させないためにもスキンケアには気を配った上で、保湿効果のある自分に合ったファンデーションを見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.

佐藤 優月

ライター/化粧品会社10年間勤務。マーケティング業務に携わる。結婚後しばらくして、美容を専門にしたライターに転身。 月に1,2回はエステに通い、スキンケアやメイクについて知識を深めている。いくつになっても若くいたい、キレイでいたいをモットーに美意識を高めることが趣味。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*