選び方

潤う冬ファンデーションはこれ!トレンドセミマット肌に仕上げるアイテムを徹底紹介

冬 ファンデーション

冬になると、空気は乾燥し、同様に私たちの肌も乾燥しやすくなります。乾燥は肌の水分量を奪い、吹き出物などの様々な肌トラブルを起きやすくなります。
乾燥対策に冬場は保湿成分が配合されたクリームなどを使用する方が多いと思いますが、ファンデーションも同じく、保湿成分が配合されたファンデーションを用いて、夏とは違う対策を立てることが必要になります。

そこで今回は、乾燥が本格化する冬におすすめの、肌トラブルを防ぎながらしっとりと上品に仕上がるファンデーションをご紹介します。

目次

1、冬はどんなファンデーションを選べばいい?
2、冬におすすめのファンデーション
3、崩れにくくなるファンデーションの使い方

1、冬はどんなファンデーションを選べばいい?

冬は保湿下地&クリーム系ファンデーションがおすすめ

冬場の肌は乾燥しがちで、メイクをしていても粉をふくことがよくありますよね。
粉をふくのは、角質水分量が減少している、つまり肌が乾燥している証拠です。

冬は外気が乾燥していることはもちろん、オフィスや家などで暖房をつけていると、部屋の空気も乾燥し、肌の水分が奪われ乾燥しやすくなると考えられますが、実はそれだけが原因ではありません。皮脂の量も関係しているのです。
冬は肌に必要な油分も少なくなります。皮脂が奪われると、肌表面の水分は蒸発しやすい環境となり、ますます乾燥肌が深刻化してしまうのです。冬のベースメイクは、保湿系下地でしっかり潤いを与えて、油分が多く含まれているクリーム系のファンデーションで、水分を逃さないようにすることがポイントとなります。

保湿成分の含まれているファンデを選ぶと◎

クリームファンデーション油分が他のタイプのファンデーションに比べて多く、中にはヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分もしっかりと入っているものが多いです。
付けている間は、ファンデーションに含まれている保湿成分や油分が水分の蒸発を防ぎ、肌を乾燥から守り、ファンデーションがきちんと肌に吸着するのを助けてくれるため、乾燥によるメイク崩れも抑えてくれるのです。

今冬はセミマット系ファンデーションがトレンド

夏までは輝くようなツヤ肌がブームだったのですが、冬場はファッションを深みのあるカラーでコーディネートすることも多く、ツヤ感を出し過ぎてしまうと浮いてしまって、冬ファッションに合わせにくくなってしまいます。

そこで注目したいのが、深みのあるカラーに合わせたナチュラルなセミマット系のファンデーション。カサカサ感を感じさせずに、適度にうるおっている上品さを与えられるため、冬に適したファンデーションとして今注目を集めています。

2、冬におすすめのファンデーション

冬には、保湿成分の入ったリキッド系のファンデーションがおすすめですが、深い色合いのファッションにはツヤ感を出し過ぎると浮いてしまいますよね。
せっかくなら、ファッションに合わせて上品な合わせたセミマット系肌感を取りいれたいところ。

そこで、保湿成分をきちんと配合し、セミマット系の上品肌になれる、冬におすすめのファンデーションを厳選してみました。

2-1、崩れを抑え、保湿が出来るリキッド系ファンデーション

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルクリーミーファンデーション
ミネラルクリーミーファンデーション
全6色 10g SPF20 PA++
6,500円(税抜)
公式サイト
パワフルな11種類の植物美容液エキスを配合し、肌なじみを第一に考えた美容液のようなファンデーション。ミネラル100%なので肌に優しいのに上品なセミマット肌に仕上げてくれます。石鹸でオフできるのも、出来るだけ肌への負担を減らしたい冬には嬉しい特徴です。

ルナソル

スキンモデリングウォータークリームファンデ
ルナソル スキンモデリングウォータークリームファンデーション
全6色 30g SPF20 PA++
5,000円(税抜)
公式サイト
みずみずしいテクスチャーが特徴のクリームファンデーション。厚ぼったくならず、肌そのものを美しく見せるナチュラル感がありながら、肌に光を取り込んで透明感あふれる仕上がりに。保湿力があり、化粧崩れもしにくいです。

RMK

クリーミィファンデーション N
RMK クリーミィファンデーション N
全7色 30g SPF28 PA++
5,000円(税抜)
公式サイト
自然なカバー力が人気のRMKから発売されているクリームファンデーション。
気になる毛穴や赤みなどはしっかりとカバーしてくれますがナチュナルな仕上がりに。
アルガンオイルやシアバターなどの保湿成分を配合し冬の乾燥から肌を守ります。

アルビオン

エクシア AL スーペリア クリームファンデーション EX
アルビオン エクシア AL スーペリア クリームファンデーション EX
全6色 SPF28・PA++
20,000円(税抜)
公式サイト
2017年9月にリニューアル。きめ細かくなめらか肌に仕上げるクリームタイプのファンデーションです。こっくりとしたテクスチャーで、肌に密着しトリートメント成分配合で潤いを与え日中の乾燥から肌を守ります。

2-2、秋冬の新作ファンデーション

RMK

3Dフィニッシュヌード F/P/C (レフィル)
RMK 3Dフィニッシュヌード
全4色 フルサイズ3g/ハーフサイズ1.5g SPF20 PA++
1セット・5,500円(税抜)
専用ケース別売り(ブラシ付き)1,500円
スポンジ(3D) 600円
公式サイト
ソフトフォーカス効果で、立体感を出しながら毛穴などの凹凸もカバーしてくれるファンデーション。ブラシでつけることを前提としているので、カバー力があるのにナチュラルなセミマット感を楽しめます。

NARS

アクアティックグロー クッションコンパクト
NARS アクアティックグロー クッションコンパクト
全6色 SPF23 PA++
5,400円(税抜)
公式サイト
NARSのトリプルフォースプロテクションコンプレックスで、紫外線やほこりなどのダメージから肌を守るファンデーション。軽くて薄いテクスチャーでありながら、よれずに肌の潤いを保ちます。手を汚すことなく、どこでも化粧直しができるのも嬉しいポイントです。

SUQQU(スック)

フレーム フィックス モイスチャライジング ソリッド ファンデーション
SUQQU(スック) フレーム フィックス モイスチャライジング ソリッド ファンデーション)
全7色SPF25・PA++
レフィル 6,500円(税抜) / コンパクト(スポンジ付)・2,000円(税抜)
公式サイト
濃厚かつ繊細な使い心地で、瞬時にしっとり感としなやかさのある肌へと導きます。3種の保湿成分(シアバター/マカダミアナッツオイル/アミノ酸系ペーストオイル)を配合。
きめ細やかでしっとりとした肌が持続、乾燥から肌をしっかり守ります。

2-3、保湿が出来る、おすすめの下地はコレ!

エトヴォス

アクアミネラルベース
エトヴォス アクアミネラルベース
SPF11PA++
2,800円(税抜)
公式サイト
角質層に浸透してうるおいを守る保湿成分や人の肌の保湿成分と同じアミノ酸の「天然保湿因子(NMF)」が、肌表面と角質層内をダブルで保湿し、お肌を乾燥から守ります。石鹸で落とせるミネラル成分で出来ているので肌への負担も軽減出来ます。

B.A

B.A デイセラムM シルキーグロー
B.A デイセラムM シルキーグロー
25g SPF20・PA+++
9000円(税抜)
公式サイト
化粧下地美容液で付けている間エイジングケアが可能。くすみを抑え、艶と血色感を与えます。肌の凹凸や毛穴もしっかりとカバーしてくれる優れもの。

3、崩れにくくなるファンデーションの使い方

スキンケア
冬は乾燥も手伝ってメイクも崩れやすくなりますが、同じファンデーションでも使い方一つで、崩れにくくすることが可能です。
具体的にどのようにすれば崩れにくくなるのか、冬の乾燥時でも崩れにくくなるファンデーションの使い方について紹介していきます。

3-1、保湿を意識したスキンケアを心がける

ファンデーションなどのベースメイクを崩れにくくするには、まずファンデーションを塗る前段階での準備が重要です。肌に水分を与えればいい、と思われるかもしれませんが、肌に与えた水分が維持できなければすぐに乾燥した肌に戻ってしまいますよね。

スキンケアのポイントは「水分を保持する」こと

肌の水分を維持するためには、水分をただ肌に与えればいいのではなく、水分保持力の高いセラミドやヒアルロン酸などの成分を補ってあげる必要があります。
このように保湿の中でも「水分をどれだけ保持できるか」ということを意識したスキンケアを心がければ、肌の水分量も多くなり、乾燥も和らぎますので、メイクノリもいい肌になってきます。

▼乾燥する肌に適したスキンケアの方法はこちらの記事で詳しく紹介しています
冬でも潤う!乾燥肌向け、スキンケアアイテムのおすすめ徹底紹介

3-2、ファンデーションは、薄くつけることがポイント

保湿を意識したスキンケアをして水分量が保持されても、ファンデーションの付け方に問題があると、メイクが崩れる原因になってしまいます。

リキッド系のファンデーションは、仕上がりはキレイで潤いがあるのですが、パウダーファンデーションと比べ水分が含まれている分、ファンデーションが重たいと感じることがあります。重たくならないようにするには、塗り重ねずに薄く伸ばして塗るようにします。
薄く伸ばすことで、仕上がりがよりナチュラルになるだけでなく、自分の好みの仕上がりに調整することが出来ますね。

まとめ

ファンデーションジプシーに陥りやすい冬ですが、リキッド系ファンデーションなら自分の好みに合わせて、重たくならずにナチュラルに使えます。乾燥を悪化させないためにもスキンケアには気を配った上で、保湿効果のある自分に合ったファンデーションを見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【2017年版!】夏のトレンドメイクと、崩れないメイク法や厳選アイテムを紹介

夏メイク

この夏注目したいのは、透明感あるツヤ肌ブームの再来と、濡れ感アイメイク、そしてスパイスの効いたピンクカラー。ベースメイクではじゅんわり潤う健康的な質感がカギになるでしょう。夏といえば、汗や皮脂のシーズン…今年らしいヘルシーツヤ肌メイクを目指すなら、「ツヤ」が「テカリ」にならないアイテム選び&テクニックも要チェックです。

ここでは、2017年の流行カラーなどを踏まえながら、夏の基本的なメイク術を紹介します。華やかで夏らしいトレンドを押さえて、今年風メイクのヒントに活かしてください。

目次

1、2017年夏はどんなメイクが流行る?
2、テカらない!崩れない!2017年夏メイクのコツ・メイク直し術
3、使いやすさとトレンドを両立!2017年の夏メイクにおすすめのアイテム紹介

1、2017年夏はどんなメイクが流行る?

1-1、2017年は、ヒトクセあるピンク系カラーが注目!

この夏チェックしておきたいのは、ナチュラル系よりもひとクセあるスパイシーなピンクメイク。開放的なイメージのネオンピンク、ヘルシーな印象を与えるベージュピンク、レディなダークピンク、肌の透明感をあげる青みピンクなどなど…。今シーズンは夏にぴったりな幅広い「ピンク」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

各ブランドの新作コスメも「ピンクカラー」に注目!

たとえば、今年20周年を迎えるRMKは、今年1月に春夏コレクション「COLORCHANGE」を発売。ポップなメイクが楽しめるピンクのアイシャドウパレットや、シルバーピンクやホットピンクなど4色の新作ピンクチークが登場しています。「カワイイ」から「オトナ」まで、シーンや気分にあわせて多様なピンクにトライできるラインナップが揃いました。

またミネラルファンデーションでおなじみの国産オーガニックブランドMiMC(エムアイエムシー)から2017年に登場した新作アイシャドウでは、ヘルシーな大人顔を印象つけるヴェールピンク(ピンクベージュ)が展開されています。乙女チックに収まらないヌーディーなカラーなので、これまでピンクに挑戦できなかった人でも失敗なくピンクデビューを果たすことができるのではないでしょうか。

1-2、透明感のあるナチュラルな「ツヤ肌」がトレンド!

2016年の秋〜冬にはマット肌メイクが注目されていましたが、気温の上昇とともに透明感のあるナチュラルなツヤ肌がトレンドに。この夏は内側から潤いを感じさせるヘルシーなベースメイクに人気が集まっています。

1-3、アイラインは控え目に、「塗れ感」のあるアイシャドウ

健康的なツヤ肌にプラスしたいのは、目元に濡れ感をもたらすグロッシーなポイントメイク。うるうるっと目元を引き立てセクシーな印象を与える「塗れ感」のあるアイシャドウは、この夏に向けてぜひゲットしておきたいアイテムの一つです。また、アイシャドウによる濡れ感を際立たせるせるために、アイラインを控えめに抑える引き算メイクが今年流。

2、テカらない!崩れない!2017年夏メイクのコツ・メイク直し術


ツヤ肌に仕上げたはずなのに、なぜか「ただテカっている人」になってしまう方は多いはず。夏場はただでさえメイク崩れやテカリに見舞われやすい季節です。以下では、夏でも長持ちするツヤ肌メイクのポイントや、メイク直し術について紹介します。

2-1、メイク崩れが起きる原因

■汗や皮脂

汗や皮脂は、夏のメイク崩れを引き起こしている大きな原因の一つです。皮脂によってメイクはゆるくなり、同時に分泌される汗によってメイクは洗い流されている様な状態に…。つまり言い換えれば、クレンジングオイル(皮脂)と水分(汗)がすでにお顔に共存してしまっているのです。

汗の分泌は体温調節のために行われているので、これを食い止めることはできません。夏場のメイク直しでは、もう一方の皮脂をいかにコントロールするかがポイントになってくるでしょう。

■紫外線や空調による乾燥

乾燥のシーズンと聞けば、多くの方は「秋・冬」をイメージするはず。ところが、夏にも、紫外線やエアコンの冷気によって引き起こされる水分の蒸発といった、肌を乾燥させる原因が潜んでいます。

■メイクの厚塗り

シミやくすみなど、お肌の気になる所を隠そうとファンデーションを厚く重ねつけすると、肌への密着度が弱まりメイクが崩れやすくなってしまいます。
また、厚く塗ることでメイク崩れをしたときに余計に目立ってしまうという事があります。

2-2、崩れにくい夏のメイクのポイント

メイク前の保湿がツヤ肌の仕上がりと持ちを左右する

内側からみずみすしさに満ちたツヤ肌を作るためには、メイク前の入念な保湿が不可欠。化粧水→美容液→乳液→クリーム…の順に、ハンドプレスでお肌へ潤いを閉じ込めてください。以外にも夏場は乾燥の季節。数時間後のメイク崩れを防ぐためにも、たっぷりと保湿を行いましょう。保湿した後、べたついたままファンデーションを塗ることはNGです。メイクが崩れやすくなるので、しっかりと肌を乾かしてサラサラの状態でベースメイクを始めましょう。時間が無い時などはティッシュオフがおすすめです。

下地をつけるときは量に注意すべし!

今年トレンドとなっているツヤ肌メイクでは、下地の段階でトラブルを隠して、その後のファンデーションを最小限に抑えることがポイントとなります。とはいえ多すぎる下地はメイクのヨレを引き起こす原因に…。少量の下地を指先に取り、肌の内側から外側の方へ軽く指で叩くように伸ばしましょう。完了したら両手で顔全体を優しくプレスして馴染ませます。 

保湿成分のあるベースメイク(ファンデーション)選びがポイント

乾燥による小ジワやテカリは、ツヤ肌にとって最大の敵だと言っても過言ではありません。そのため上記でも触れたとおり、今シーズンのベースメイクでは「保湿」がキーワードとなっています。

メイク前のケアはもちろん、使用するファンデーションも保湿成分のあるアイテムを選びたいところ。2017年の夏のトレンドメイクでは美容成分や保湿成分を配合させたタイプのアイテムがおすすめです。油分が多いものを選んでしまうと化粧崩れやテカリの原因となりますので気を付けましょう。

汗をかきやすい所のファンデは、小量に

額からTゾーンにかけての汗をかきやすい部分では、盛んに行われる分泌によってメイクのヨレや崩れ、テカリが頻発します。よりナチュラルに、そして崩れにくい仕上がりを目指すのであれば、薄く塗るのがルール。部分ごとに異なる肌の特徴を把握しながら、ナチュラルな仕上がりを目指してください。

Tゾーンやおでこなどのテカリやすいところはフェイスパウダーで仕上げる

リキッドファンデーションやクリームタイプのファンデーションを使用した場合、Tゾーン、おでこなどのテカリやすい部分は仕上げにフェイスパウダーを使って肌のキメやトーンを整えましょう。フェイスパウダーにはメイク崩れを食い止める役割があるので、夏場のナチュラルメイクを頼もしくサポートしてくれるはず。

アイメイクにはアイシャドウベースをプラス

汗や皮脂によってにヨレヨレになってしまう夏のアイメイク問題。そんなトラブルを防ぐためにおすすめなのは、アイメイクの前に使うアイシャドウベースです。ファンデーションを塗らずにアイシャドウベースをオンすることで、ヨレやパンダ目のリスクをより強力に予防できるでしょう。

2-3、夏のメイク直しのポイント

崩れにくい夏のメイクのカギを握るのは、「皮脂コントロール」と「保湿」!以下では、2つのバランスを保ちながら手軽に実践できるメイク直しのポイントを紹介します。

こまめなティッシュオフで、テカリ対策

メイク直しでは、お肌にとって大切なものを守りながら皮脂をおさえられるティッシュオフがおすすめです。あぶらとり紙には肌に浮いた皮脂をオフする効果がありますが、そもそも「皮脂=悪」ではありません。本来健康な素肌は皮脂によるバリアで覆われ、外界からの刺激や汚れから守られているもの。あぶらとり紙を使い過ぎると、必要な皮脂やうるおいまで奪われてしまうリスクがあるのです。

ティッシュオフの方法は、テカリの気になる部分をティッシュで軽く押さえるだけでOK。また、メイク完了後に行うティッシュオフの一手間で、1日のメイク持ちを改善させることもできます。

持ち運びのしやすいプレストタイプのファンデの使用がおすすめ

「プレストタイプ」とは、ファンデーションの粉が型押しされ固形状になっているタイプのこと。これに対して、ファンデーションが固まっていない粉状のタイプは「ルースタイプ」と呼ばれています。粉の飛び散らないプレストタイプは、メイク直し用としてポーチに入れるのにおすすめ。持ち運びにストレスが掛からないポイントも、夏場のコスメ選びでは重要なポイントなのではないでしょうか。

夏の部分的なお直しでは、乳液が活躍!

部分的にメイクが落ちたり崩れたりした時、その上から塗り直してしまうとムラになったり不自然な仕上がりに…。ピンポイントなメイク崩れが気になるシーンでは、乳液を活用した「一度落としてやり直す」応急処置がおすすめです。

乳液を染み込ませたコットンや綿棒でメイク崩れの気になる部分を優しくふき取ったら、
ファンデーションを薄く馴染ませていきましょう。

「メイクを落とすなら、乳液ではなくメイク落としシートでもいいのでは?」と感じるかもしれません。しかし、メイク直し後の仕上がりによりみずみずしいツヤ感を求めるのであれば、保湿成分や栄養を含む乳液の活用がベターです。

3、使いやすさとトレンドを両立!2017年の夏メイクにおすすめのアイテム紹介

今年の夏メイクでは、ヘルシーでみずみずしいツヤ肌と、濡れたようにきらめくギャラクシーな目元がポイントとなります。したがって、これまで以上に「保湿力」や「濡れ感」に着目したアイテム選びが、トレンドメイクへの分かれ道となりそう。

3-1、夏のメイクにおすすめの下地・UVケア

PAUL & JOE Beauté

プロテクティング ファンデーション プライマー S

全2色 30ml  SPF42 PA+++
¥3,500(税抜)
公式サイト
ポール & ジョー ボーテによる大人気アイテムのリニューアル版。上質なツヤと透明感をもたらす有能さはそのままに、保湿効果とUV効果がパワーアップ!エアコンや紫外線によるダメージから肌を守りながら、毛穴やくすみの目立たない美肌に仕上がります。まさにこの夏のツヤ肌メイクにピッタリな化粧下地だといえるでしょう。

NARS

ポア&シャインコントロールプライマー

30ml
4,000円(税抜)
公式サイト
オイルフリー処方で、つけた瞬間からテカリを抑え、時間が経っても毛穴を目立たせず、 ソフトフォーカスパウダーが美しいマット肌を持続させます。
ペプチド配合で肌バランスを調整します。

3-2、夏のメイクにおすすめのファンデーション

アクア・アクア

オーガニッククッションコンパクト

全3色 9.0g SPF35 PA+++
¥2,800(税抜)
公式サイト

保湿美容液と化粧下地、ファンデーションがひとつになった多機能なクッションファンデーション。いちご果汁配合で、みずみずしい軽い付け心地。肌トラブルをカバーする効果も高く、これ1つだけで今年らしいツヤ肌に仕上げることが可能です。また石鹸でオフできる点も評判が高く、お肌への負担を抑えたい方におすすめ。

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルリキッドリーファンデーション

全2色 13g SPF22 PA++
¥6,500(税抜)
公式サイト

MIMCが、5年もの開発を経て完成させたはじめてのリキッドファンデーション。紫外線やエアコンで乾燥しているにもかかわらず、同時に汗や皮脂で、ベタついてしまう夏場の肌を、みずみずしいツヤ肌に仕上げるバランス抜群のアイテムです。今年らしい透明感はもちろん、トラブルやコンプレックスのカバー力にも優れているポイントが好印象。エアレスポンプ容器なので衛生面も安心できます。

3-3、夏のメイクにおすすめのアイシャドウ

MAKE UP FOR EVER

メイクアップフォーエバー スターリットリキッド

全5色 4.5mL
¥3,300(税抜)
公式サイト

パリ生まれのプロフェッショナル・メイクアップ ブランドMAKE UP FOR EVERから、今年1月に登場したリキッドタイプのアイカラー。カラー展開はアークティックホワイト、ピンクベージュ、ゴールドシャンパーニュ、ゴールデンピーチ、シルバーダストと、いずれも肌馴染みのいいアイテムが揃っています。ジェル状ですが即効性に優れ、塗り重ねるごとに濡れ感もアップ。ボディにも使用OKなので、露出の多い夏のファッションをもっと楽しくしてくれそう。

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルリキッドリーアイシャドー

全2色 4.8mL
¥3,300(税抜)
公式サイト

MiMC(エムアイエムシー)からは、新作アイシャドウとしてヘルシーなヴェールピンク(ピンクベージュ)と鉄板のデイオブライト(ベージュゴールド)の2色が登場。2017年の夏らしい透明感と濡れ感をプラスするならぜひ入手しておきたいリキッドタイプのアイテムです。また保湿効果に長けた「目元専用美容液」設計で、デリケートな目元にも馴染みやすくヨレにくいと好評。

3-4、夏のメイクにおすすめのリップ

CLINIQE

クリニーク ポップ ラッカー

全8色 6ml
¥3,200(税抜)
公式サイト

クリニークによる下地機能付きのリキッドルージュです。その名の通りポップでクリアなカラーバリエーションが揃っているので、眺めているだけでもテンションが上がること間違い無し。ゴージャスなツヤ感が長時間保つポイントも嬉しいですね。これからの開放的なシーズンにぜひ挑戦してみては。

Dior

ディオール アディクト リップ ティント

全6色 6ml
¥3,600(税抜)
公式サイト
ディオールからは、今年5月に「”KISS”プルーフ(キスをしても落ちない)」まるでタトゥーのようなリップティントが登場。食事やおしゃべりに夢中になっても、自ら発色しているような健康的でみずみずしい血色感が10時間も持続すると話題です。リップの色落ち・色移りを気にせず、夏を存分に楽しみたい方におすすめ。

3-5、夏のメイクにおすすめのチーク

CLINIQE

クリニーク ポップ オイル

全4色
¥3,200(税抜)
公式サイト

クリニークから登場した、オイルタイプのリップグロス兼チーク。その名の通りポップで透明感のあるカラーバリエーションは発色もよく、くわえてリップにもチークとしても活用できる優れものです。ホホバ種子油やスクワラン、オリーブオイルなどのうるおい成分配合なので、肌をいたわりながら自然なツヤ感をもたらしてくれます。

3-6、夏のメイクにおすすめのアイライン

BOBBI BROWN(ボビイブラウン)

ロングウェア ジェルアイライナー

全10色 3g
¥2,900(税抜)
公式サイト

夏場のアイライナーに求めることといえば、なんと言ってもキープ力。ボビイブラウンのロングウェア ジェルアイライナーは、濃密な書き心地や発色の良さ、また落ちにくさが好評です。レジャーにフェスに…と、何かと汗ばむイベントの多いシーズンは、落ちにくいアイライナーで心置きなく楽しみたいですね。カラーバリエーションが豊富な点も楽しいアイテムです。

3-7、夏におすすめのスキンケア

ALBION

エクサージュホワイト ピュアホワイト ミルク II

110g ¥3,000(税抜)
200g ¥5,000(税抜)
公式サイト
高い保湿力が話題のノーマルスキン用薬用美白乳液。メラニンの生成を抑えシミやソバカスを予防するとともに、ぷるんと弾むコンプレックスのないツヤ肌作りをパワフルにサポートしてくれます。アルビオンの乳液は、お肌表面のうるおいに近い保湿バランスを保っていて、洗顔後の化粧水前に使用する「乳液先行型」であるポイントが特徴。その後使用する基礎化粧品をより馴染みやすくするメリットがあります。

RMK

スキンチューナー スムーサー(S)ライト

150ml
3,400円(税込)
公式サイト

肌を引きしめるエイジツエキスと、肌をやわらかくするアプリコットエキス、ハイビスカスエキスを配合し、肌を潤しながらキメを整えます。みずみずしいさわやかなテクスチャーでレモンやグレープフルーツにフランキンセンスなどをアクセントにした、リラックス感のある夏にぴったりの香りです。

まとめ

「保湿」がスキンケアやメイクアップでのテーマになることは、今年に限ったことではありません。いつの時代であっても、潤いに満ちたツヤ肌は女性たちの永遠の憧れ…。とはいえ、ベースメイクの「ツヤ感」とポイントメイクの「濡れ感」がトレンドとなる今年のメイクでは、これまで以上にシビアに「みずみずしさ」が注目されることになりそうですね。

「ツヤ肌を目指したはずなのに、いつの間にかテカリ肌…」という問題に毎年お悩みの方は、ぜひ今シーズンのトレンドを機に夏メイクのポイントを身につけてみてはいかがでしょうか?じゅんわり潤う今年顏で、出会いの季節を思いっきり楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2017年のトレンドはツヤ肌!クッションファンデーションがおすすめ

クッションファンデ

2017年のトレンドとなっているメイクは、ツヤや透明感のあるナチュラルな肌。
リキッドファンデーションやパウダーファンデーションでも作ることはできますが、「クッションファンデーション」だと時間もかからず、簡単にできる事で今注目を集めています。雑誌の特集でも取り上げられ、各メーカーも新作として売り出す中で、クッションファンデーションを使ってみたい!という方も多いはず。
そんな最新のマストアイテムとなっている、クッションファンデーションについて、おすすめのファンデーションから、その使い方までご紹介していきます。

目次

1、今、クッションファンデーションが注目される理由
2、おすすめクッションファンデーション徹底紹介
3、クッションファンデーションの上手な使い方

1、今、クッションファンデーションが注目される理由

クッションファンデーションとは、スポンジ状のクッションに、リキッドファンデーションのような液体のファンデーションを染み込ませたファンデーションのことを言います。
ファンデーションとしての機能はもちろん、BBクリームやCCクリームのようにスキンケア成分や美容成分も配合されているアイテムもあります。

カバー力があり、短時間で簡単につけられ、リキッドのカバー力とパウダーの手軽さをどちらも体感できるようにした新感覚のファンデーションです。

1-1、2017年のトレンド“ナチュラルなツヤ肌”

2017年の最新トレンドは、自然に輝くような、透明感のある肌です。
従来のリキッドファンデーションは、ツヤ感はありキレイな仕上がりになりますが、肌が呼吸できていないような重い感覚があります。対して、パウダーファンデーションだと軽い付け心地ではありますが、その分ツヤ感は出にくいのが特徴でした。

クッションファンデーションは、スポンジにファンデーションを染み込ませておくことで、リキッドファンデーションのツヤのあるカバー力と、パウダーファンデーションの軽い付け心地を実現したのです。リキッドファンデーションとパウダーファンデーションのいいとこ取り。これが、最新の「ナチュラルなツヤ肌」を実現するクッションファンデーションの強みなのです。

1-2、クッションファンデーションのスゴイところ

リキッドのカバー力とパウダーの軽い付け心地、というのがクッションファンデーションの最大の特徴ですが、他にも、家事に仕事にと、忙しく働く女性には嬉しい、様々な利点があります。

その1:1つで簡単にツヤ肌メイクが出来る

通常、ツヤ肌にするためには下地を塗って、その上からリキッドファンデーションを塗って、最後にルースパウダーやフィニッシュパウダーなどを仕上げにつけますが、この工程が、クッションファンデーションは1度塗るだけで完成します。1度塗るだけで、手をかけたようなメイクの仕上がりになります。

その2:手が汚れず時短でメイクが可能

クッションファンデーションには、予めUV効果や、スキンケア成分が入っているアイテムも多いです。いちいち別々につける必要がないので、時間がない時にも簡単にメイクができます。

その3:メイク直しも簡単

クッションファンデーションには専用のパフがついており、一般的なパフに比べて薄く作られています。しかしこの薄いパフが、軽い付け心地を実現してくれるので、メイク直しはこのパフをポンポンと肌に乗せるだけでいいので、簡単です。

2、おすすめクッションファンデーション徹底紹介

2-1、2017年注目のおすすめクッションファンデーション

アクア・アクア

オーガニッククッションコンパクト

全3色 9.0g SPF35PA+++
3,650円(税抜)
公式サイト
ミネラルや植物オイル、フレッシュフルーツなど天然由来成分のみで作られているオーガニックなクッションファンデーション。「あまおう」の成分を配合することにより、カバー力抜群なのにみずみずしいを実現してくれます。

気になる口コミ
・伸びがよく使いやすい。
・汚い崩れ方をしないので、メイク直しがやりやすい。
・カバー力があるのに石鹸で落ちるのがすごい!

SHISEIDO

シンクロスキン グロー クッションコンパクト

全3色 12g  SPF23・PA++
5,500円(税抜)
公式サイト
天然植物由来の成分を配合し、肌ダメージを防ぎながら、いつでも簡単にツヤ肌が実現できるクッションファンデーションです。

気になる口コミ
・すごくしっとりして乾燥知らず!
・敏感肌でも肌が荒れることなく使用できた。
・薄付きなのに、ツヤ感が出る!

クリニーク

スーパー シティ ブロック BB クッション コンパクト 50

全3色 12g SPF50・PA++++
5,800円(税抜)
公式サイト
素肌のようなナチュラルな仕上がりになるクッションファンデーション。
ムラなく美しいナチュラルフィニッシュが長時間続くロングウェアリング処方で、汗に強く重ね付けをしてもヨレない優れものです。

気になる口コミ
・下地いらずでとても楽!
・付け心地が軽くて、シミなども十分隠せる
・ムラなくキレイについてくれる

2-2、カバー力のあるおすすめクッションファンデーション

ランコム

ブラン エクスペール クッションコンパクト H

全5色 15g SPF50+ PA+++
5,000円(税抜)
公式サイト
素肌のような仕上がりを目指し、パフに適量をとれる独自のフィルターを使用。「ツヤ生肌」を実現し、肌そのものを美しくしてくれるクッションファンデーションです。リキッドファンデーションのお直しとしても使えます。

気になる口コミ
・上品なツヤ感で崩れにくく、日常使いに最適!
・セミマットに仕上がるからテカりすぎないのが嬉しい。
・カバー力抜群!肌の赤みも隠れた。

フローフシ

イオン デ クッション

全4色※Natural 2色(01ライトベージュ、02ベージュ)/Cover 2色(01ライトベージュ、02ベージュ) 20g Cover SPF32 PA+++/Natural SPF30 PA+++
3,200円(税抜)
公式サイト
なめらかな美容液ベースのリキッドが肌になじんでくれるクッションファンデーション。パラベンフリーやタルクフリーなど、肌に優しい処方になっているのに、これ一つで、乳液や化粧下地、UVカットやエイジングケアまで、6つの役割をこなしてくれます。coverタイプとnaturalタイプがあり、好みによって使い分けられます。

気になる口コミ
・これ一つでとてもキレイなツヤ肌になる!
・薄付きなのに、カバー力がある。
・ケースもかわいいから持っていて嬉しいアイテム。

IOPE(アイオペ)

エアクッション サンブロック EX

全1色 30g(15g×2個)  SPF50+ PA+++
4,000円(税抜)
公式サイト
薄付きで軽い付け心地なのに、肌の悩みをカバーしてくれるクッションファンデーション。多孔性のカバーパウダーが、光を乱反射させて、自然で美しい輝きを与えてくれます。

気になる口コミ
・エアクッションで付け心地が軽い!なのにカバー力もあり。
・乾燥肌でも、肌がきれいに見える
・下地もいらないし、手も汚れないから忙しい朝にはいい!

2-3、プチプラでおすすめのクッションファンデーション

MISSHA(ミシャ)

M クッション ファンデーション(モイスチャー)

全2色 15g SPF50+ PA+++
1,000円(税抜)
公式サイト
ハス花水などのフラワー水が肌に水分を与え、月見草などのフラワーオイルが油分バランスを整えて美しい肌に見せてくれるクッションファンデーション。
シワやシミをカバーし、みずみずしい透き通った肌を演出してくれます。

気になる口コミ
・保湿力があって、しっとりする
・叩き込むだけで楽にカバーしてくれるので使いやすい
・うるおいがあり、化粧直しにちょうどいい!

メイベリン ニューヨーク

ピュアミネラル BB フレッシュクッション

全2色 14g SPF29 PA+++
2,400円(税抜)
公式サイト
化粧水由来のクッションファンデーションで、みずみずしい肌を演出してくれます。洗顔後に専用のパフでポンポンするだけでいいので、テクいらずで軽い付け心地が嬉しい。

気になる口コミ
・カバー力があり、手軽に使える
・パフとファンデが別々になっているから、手が汚れず楽
・程良いツヤ感で崩れにくい。

ロレアル パリ

ルーセントマジック クッションルミエール

全2色 14g SPF29 PA+++
2,200円(税抜)
公式サイト
タップするだけでナチュラルなツヤを作り、パール成分配合で、どの角度からでもみずみずしい、立体的なヌーディ―スキンを目指したクッションファンデーション。ひんやりパフもついて、新感覚の付け心地を体験できるアイテムです。

気になる口コミ
・ツヤが出て、時間がたってもカサつかない。
・透明感が出て、コスパがいい。
・クッションスポンジのシュワシュワ感が新しい!

口コミに関して:株式会社d-topia調べ

3、クッションファンデーションの上手な使い方

3-1、クッションファンデーションの使い方は?

クッションファンデーションには、予めパフがついています。使う時はこのパフを肌に乗せて、ポンポンと軽く叩くように塗っていきましょう。
リキッドやパウダーは、薄く伸ばすように塗っていくことが多いと思いますが、クッションファンデーションの場合は、肌に極力摩擦がないように、肌の皮脂を抑えるように塗るのがコツです。

3-2、パフはどうやって洗ったらいい?

パフは、放っておくと何億個もの雑菌がはびこり、肌荒れの原因になりますので、こまめに洗うことをおすすめします。

洗う時は、市販の洗剤でも洗えますが、敏感肌の方は肌荒れが起こることもありますので、パフ専用クリーナーを使いましょう。一度の使用でも驚くほどキレイになります。

DHC

メークアップ スポンジクリーナー

80ml
600円(税抜)
公式サイト

まとめ

バツグンの手軽さとカバー力で話題になっているクッションファンデーションですが、その機能や価格など、アイテムによって特徴があります。何が自分に合っているかどうかは、実際に手に取って確かめてみるのが一番です。ご自分の肌質や予算と相談しながら、クッションファンデーションデビューで、今年大注目のツヤ肌を手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

完全保存版!ファンデーションの選び方徹底解説!

ファンデーション 選び方

ファンデーション選びに悩んだことはありませんか?ファンデーションと言っても、パウダーファンデーション、リキッドファンデーション、水ファンデーションやクッションファンデーション…アイテムも種類も星の数ほどあり、その種類も様々です。どれを選んだらいいの?と右往左往してしまう方も多いはず。

そこで今回は、今まで自分に合ったファンデーションが分からなかった方も、自分にピッタリのファンデーションが見つかるように、肌質や年齢、仕上がり別に徹底解説していきます。

目次

1、ファンデーションの種類の説明

パウダーファンデーションの特徴
リキッドファンデーションの特徴
クリームファンデーションの特徴
クッションファンデーションの特徴

2、肌質別のファンデーションの選び方

乾燥肌のファンデーションの選び方
敏感肌のファンデーションの選び方
混合肌のファンデーションの選び方
オイリー肌のファンデーションの選び方

3、年代別のファンデーションの選び方

20代のファンデーションの選び方
30代のファンデーションの選び方
40代のファンデーションの選び方

4、肌悩み別ファンデーションの選び方

ニキビ肌が気になる人のファンデーションの選び方
肌荒れが気になる人のファンデーションの選び方
毛穴が気になる人のファンデーションの選び方

5、目的や仕上がり別のファンデーションの選び方

艶肌に見せるファンデーションの選び方
メイク崩れしにくいファンデーションの選び方
カバー力のあるファンデーションの選び方
時短でメイクをしたい人のファンデーションの選び方
肌に負担をかけないファンデーションの選び方

6、ファンデーションの色の選び方

1、 ファンデーションの種類の説明

ファンデーションには、主に4つの種類があります。まずは簡単にそれぞれのファンデーションの特徴をチェックしてみましょう。

パウダーファンデーションの特徴

パウダーファンデーションは、粉タイプのファンデーションで、最もメジャーです。持ち運びが便利で手軽な面も忙しい女性には嬉しいですよね。マシュマロのようなフォギーなやマットな質感になり、下地やルースパウダーと併用して使うのが一般的です。

こんな人におすすめ

□脂性肌・混合肌
□時短でメイクを仕上げたい人
□化粧直しを何度もする人
□可愛いコンパクトが好きな人

▼パウダーファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
パウダーファンデーションが人気の訳とは?使い方から人気商品まで徹底解剖!

リキッドファンデーションの特徴


リキッドファンデーションは、粉と油と水が、1:2:7で配合されており、水分が多いためうるおいがあります。カバー力と保湿力が高く、肌への密着度が高く伸びがいいのが特徴です。トレンドのツヤ肌を簡単に作れ、ルースパウダーなどを用いれば、マットな質感も表現できます。より自然な肌に見せたい、という方におすすめです。

こんな人におすすめ

□うるおいが欲しい人
□自然な素肌感を演出したい人

▼リキッドファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
リキッドファンデは乾燥知らず!ツヤ肌になれる塗り方と人気ランキングTOP5

クリームファンデーション


クリームファンデーションは、粉・油・水が2:2:6の割合で配合されている乳化したファンデーションを言います。
リキッドファンデーションより水分が少なく、粉が多めで、リキッドファンデーションと比較して硬めのテクスチャーのファンデーションです。

テクスチャーが硬い分、より肌に密着し、カバー力が強く、一度塗ると崩れにくいです。
シミやそばかすなどを隠したい、しっかりめのメイクをしたい方に向いています。

こんな人におすすめ

□カバー力重視の人
□長時間メイクが直せない人

クッションファンデーション


クッションファンデーションは、柔らかいスポンジにあらかじめファンデーションをしみこませている形状のファンデーションのことです。手を汚さずにツヤ肌が作ることができ、パウダーの手軽さとリキッドのカバー力を併せ持った新しいファンデーションです。

こんな人におすすめ

□乾燥肌・混合肌
□手軽に化粧直しがしたいけど、カバー力もほしい人
□下地やコンシーラーを塗るのが面倒な人

▼クッションファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
2017年のトレンドはツヤ肌!クッションファンデーションがおすすめ

2、肌質別のファンデーションの選び方

ファンデーションの種類が分かったところで、肌質別の選び方を見てみましょう。

乾燥肌のファンデーションの選び方


乾燥肌の人は、肌の水分が足りずに肌表面が乾いているため、ファンデーションを塗ってもカサカサしたり、皮がめくれてくるという場合もあります。そんな乾燥肌の人のファンデーション選びのキーワードは「保湿」です。

乾燥肌のファンデーション選びのポイント

□保湿成分がたくさん入っている
□ツヤのある仕上がりになる

ミネラルファンデーションのような、肌に優しいシンプル成分なのに、天然由来の保湿成分が入っているようなものもおすすめです。

▼乾燥肌のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
乾燥肌さん必見!安心して使えるファンデーションの選び方と使い方を伝授

敏感肌のファンデーションの選び方


敏感肌の人のファンデーション選びのキーワードは「クレンジング不要」です。
ちょっとしたケミカル成分で肌に炎症が起きたりしてしまうので、ナチュラルな成分でできた、シンプルな処方のミネラルファンデーションをおすすめします。
リキッドタイプのファンデーションより、パウダータイプの方がよりシンプルな成分で、さらにシンプルな処方なのはルースタイプのファンデーションです。

他にも、保湿効果のある美容液を下地の代わりに使ったり、皮膚科医のような専門家が監修したアイテムも安心感がありますね。

敏感肌のファンデーション選びのポイント

□シンプル成分
□ケミカル成分があまり入っていない
□ルースタイプのファンデーション
□皮膚科医監修のアイテムを使う

▼敏感肌の人のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
敏感肌の人におすすめのファンデーションを厳選紹介!

混合肌のファンデーションの選び方


混合肌の人は、Tゾーンと顎のラインなどの肌質が異なっており、どういうものを選べばいいのか迷うところ。ですが、脂性肌でも乾燥肌でも、大事なのは保湿です。保湿力の高いアイテムを使用しながらも、量をパーツごとに変えられるものを選べばテカリや乾燥が抑えられ、肌がキレイに見えます。

混合肌のファンデーション選びのポイント

□保湿効果の高いアイテムを選ぶ
□パフやブラシなど重ね付けに適しているものを選ぶ

▼混合肌の人のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
もう迷わない!混合肌のためのスキンケア&ファンデーション

オイリー肌のファンデーションの選び方


オイリー肌の人は、とにかく皮脂をこれ以上増やさない、ということが前提になります。
油分が多いリキッドファンデやクリームファンデだと、浮いてしまい化粧が崩れる原因になってしまいます。これを防ぐには、油分の少ないパウダーファンデーションか、ミネラルファンデーションのような肌に負担の少ないものが最適です。

オイリー肌のファンデーション選びのポイント

□油分が少ないパウダーファンデやミネラルファンデを選ぶ

▼オイリー肌の人のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
オイリー肌必見!最適なファンデーション選びとスキンケアのコツは?

3、年代別のファンデーションの選び方

年代別でも、ファンデーションの選び方は変わってきます。詳しく見てみましょう。

20代のファンデーションの選び方


20代は本格的に化粧をし始める時期。新陳代謝は比較的活発なものの、新しい環境になり肌へのストレスも増加する年代です。外部からの刺激を極力しないよう、なるべく肌に負担をかけず、忙しくてもさっとメイクできるようなファンデーションがいいでしょう。

20代に適したファンデーションのタイプ

□保湿もできるパウダーファンデーション
□肌ストレスを軽減するミネラルファンデーション

▼20代に人気のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
20代女子に人気の優秀ファンデーション、定番5選

30代のファンデーションの選び方


30代は20代で無理をした分だけ、肌の変化が感じられるようになります。毛穴の開きや、吹き出物ができたり、シミやそばかすが濃くなる、という現象が徐々に起こるようになってきます。これを防ぐには、少し上質なアイテムを使った紫外線対策や、毎日のスキンケアなどをこまめにやることです。ファンデーションも、UVカット対策ができたり、美容成分が配合されたりという機能的なものも取り入れていく必要があります。

30代に適したファンデーションのタイプ

□UV効果の高いリキッドファンデーション
□美容液成分配合のパウダー、あるいはミネラルファンデーション

▼30代に人気のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
30代の悩み別!結果の出やすいファンデーションのランキング

40代のファンデーションの選び方


40代の肌は、角質層の水分量の低下などによる、たるみやシワの増加、くすみなどの、今までにない悩みが出てきます。今までに使っていたファンデーションだと、乾燥が目立ったりするのも特徴です。対策としては、スキンケアから見直すとともに、より保湿力の高いファンデーションを使う必要があるでしょう。

40代に適したファンデーションのタイプ

□保湿力の高いクリームファンデーション
□高濃度美容液が配合されたクッションファンデーション

▼40代に人気のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
悩み別でみる! 40代の女性の為のファンデーションの選び方

4、肌悩み別ファンデーションの選び方

ニキビ肌が気になる人のファンデーション選び方


ニキビは、アクネ菌の増殖により起こります。そのアクネ菌のエサとなるのが油分ですので、ニキビ肌が気になる人はなるべく油分の少ないファンデーションを選びましょう。
もちろん、スキンケアと並行することが大事ですので、常に肌を清潔に保つように心掛けるといいですね。

ニキビの時のファンデーション選びのポイント

□油分が極力少ないこと
□石けんでオフ出来るような、肌負担が少ないこと

▼ニキビ肌が気になる人のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
ニキビがある時に使えるファンデーションって?おすすめをご紹介!

肌荒れが気になる人のファンデーション選び方


肌荒れが起こる原因は様々ですが、見落としがちなのが「クレンジングや洗顔による摩擦」です。摩擦があると肌に負担をかけ、それが炎症として肌表面に現れてきます。
どのような原因であっても、肌荒れをしているときは、「クレンジング不要」のファンデーションを選ぶことが必要になってきます。

肌荒れの時のファンデーション選びのポイント

□肌に負担のかかるクレンジングをしなくてもいいこと
□極力肌に優しい成分であること
□シンプルな処方であること

▼肌荒れの時のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
肌にやさしいファンデーションで肌荒れを防ぐ!選び方のポイント

毛穴が気になる人のファンデーション選び方


毛穴が詰まっていたり、黒ずんでいたり、その原因は角栓の酸化や色素沈着です。これを改善するには、皮脂をきちんと落とし、毛穴を引き締めることが大切。つまりファンデーションも、過剰な油分がなく、毛穴に詰まらずにさっと落とせる、ミネラルファンデーションのようなものが理想です。

毛穴が気になる人のファンデーション選びのポイント

□油分が少なく、肌に負担がかからない
□毛穴にたまる皮脂を吸着してくれるミネラルファンデ

▼毛穴が気になる人のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
毛穴の悩みを解決!とっておきのケアとファンデーションを紹介

5、目的や仕上がり別のファンデーションの選び方

次は、「こういう肌になりたい!」という仕上がり別のファンデーション選びについてみていきましょう。

艶肌に見せるファンデーションの選び方


トレンドの艶肌を作るには、まず大事なのはキレイな素肌作りです。丁寧なクレンジングやスキンケアを通して、なりたい肌に近づけていきましょう。
それに加えて、ファンデーションはツヤ感の出るものを、とにかく薄くつけるのがポイントです。出来る限り素肌に近づければ、キレイな艶肌が作れます。

艶肌を作れるファンデーション選びのポイント

□軽い付け心地のもの
□保湿力があり、シンプルな成分のもの

▼艶肌に見せるファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
艶肌でキレイに魅せる!ファンデーションの使い方

メイク崩れしにくいファンデーションの選び方


「メイク崩れがしやすい」とお悩みの方、その原因は皮脂の過剰分泌や、スキンケアの付け過ぎなど様々です。崩れないためには、塗り方も工夫する必要があります。下地とファンデーションを同じメーカーのものにしてなじみやすくしたり、ファンデーションをつけすぎないようにしたりすると、崩れにくくなってきます。

崩れないファンデーションの選び方

□肌に長時間密着してくれるものを選ぶ
□最後にフェイスパウダーをつける

▼メイク崩れしにくいファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
プロのメイクアップアーティストがアドバイス!崩れないファンデーションのためのコツ

カバー力のあるファンデーションの選び方


カバー力は、ファンデーションの種類によって異なります。

パウダーファンデーションのカバー力

パウダーファンデーションには、粉が多く配合され、他の3つのタイプに比べると、肌への密着力が弱く、カバー力は低いことが多いです。
ただ、肌色補正機能があり、赤みやそばかすのカバーをしてくれたり、脂浮きを防いでくれるので、脂性肌の方や赤みで悩んでいる方にはおすすめです。

リキッドファンデーションのカバー力

リキッドファンデーションは、水分が多く配合され、伸びが良く、カバー力は高めです。トリートメント性が高くみずみずしいので、カバー力は高くても、肌が呼吸していないかのような重い感触が苦手という方に向いています。

クリームファンデーションのカバー力

クリームファンデーションは、リキッドファンデーションより水分が少なく、粉が多いため、テクスチャーが重くて固く、肌への密着度が高いのでカバー力は抜群に高いです。
長時間メイク崩れを防ぐこともできるのですが、厚塗りになりやすく、いったん崩れるとメイク直しがしにくいというデメリットがあります。

クッションファンデーションのカバー力

クッションファンデーションは特徴として、パウダーの手軽さとリキッドのカバー力を併せ持ったファンデーションですので、カバー力は高いです。携帯性に優れているので、外出が多い、あるいは長時間メイクを直せない人にとっては、手軽にメイクや、メイク直しが出来るのでおすすめです。

▼カバー力のあるファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
もう迷わない!カバー力アップならこのファンデーション!

時短でメイクをしたい人のファンデーションの

忙しい朝など、少しでも時間が欲しい、メイクに時間をかけたくない、という人には、機能性ファンデーションをおすすめします。機能性ファンデーションとは、BBクリームやCCクリームのような、スキンケアも下地機能もUVケアもファンデーション機能もある、といった1つで複数の機能があるファンデーションのことです。
美容液成分も配合していて、下地もUVケアも、すべてそれで済むとなれば、別々にやる時間と手間、コストまで省けます。

▼時短でメイクをしたい人のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
時短でスキンケアも出来る!MiMCのミネラルエッセンスモイストを実際に使ってみた

コフレドールのファンデーションは時短でキレイ?忙しいママが使い心地をレポート!

6、肌に負担をかけないファンデーションの選び方


どんな年代でも、どんな肌質でも肌には負担をかけたくないもの。そんな時の強い味方が、ミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションって?

天然の鉱物、つまり酸化鉄や酸化チタン、マイカやシリカなどを主成分として作られているファンデーションをミネラルファンデーションといいます。日本においては明確な定義が無い為、製品によって品質にばらつきがあるのが実情です。ミネラルファンデーションを買う時には成分表示をしっかりと確認することをおすすめします

どんな肌質に合うの?

ミネラルファンデーションは、オールシーズン、どんな肌質の方でも合います。
シンプルな成分で、天然由来のものが多いので、肌に負担をかけずにメイクをすることが出来ます。皮膚科医が監修していたり、アレルギーテスト済みのものもありますので、敏感肌の方でも安心して使えるのが嬉しいですね。

▼ミネラルファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
ミネラルファンデーションの人気を徹底解析!商品から使い方・選び方まで紹介!

6、ファンデーションの色の選び方


ファンデーションを選ぶときに、最後に悩むのが色です。現品を試せる場合、手の甲に塗って試していませんか?手の甲の色は、当然ながら顔の色と異なっています。顔の色より暗かった、ということになりかねませんので、必ず顔で試します。

具体的には、次の点に注意して選びましょう。

色の選び方のポイント

□色は、手の甲ではなく目の下の三角ゾーンかデコルテと合わせる
□明るい場所で試す
□時間が経ってくすまないかを確認する

▼ファンデーションの色の選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
素肌が美しく見える!プロが教えるファンデーションの色選び

参考文献:「日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト コスメの教科書」小西 さやか (著), 日本化粧品検定協会® (監修)

まとめ

ファンデーションの選び方をいろいろな角度から紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ファンデーションを選ぶ際には、年齢や肌質だけではなく、理想の質感や仕上がりによって総合的に判断して決めていくのがよさそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

保存版!年齢・肌質・テクスチャ別ミネラルファンデーションランキング

ミネラルファンデーション

近年ではたくさんのミネラルファンデーションが販売されています。もともとは米国発のものですが、国産のミネラルコスメの種類も増えてきました。しかし選択肢が多いぶん、「どれにしたらいいの?」と悩んでしまうこともありますよね。ここでは間違えないミネラルファンデーションの選び方と、肌質や年齢、タイプ別のミネラルファンデーションなどランキング形式でご紹介します!

目次

  1. ミネラルファンデーションについて
  2. ミネラルファンデーションの選び方
  3. ミネラルファンデーションの口コミランキング
  4. 年代別ファンデーションのランキング
  5. 肌質別ミネラルファンデーションのランキング
  6. リキッドタイプでおすすめのミネラルファンデーションランキング
  7. パウダータイプでおすすめのミネラルファンデーションランキング

1.ミネラルファンデーションについて


ミネラルファンデーションとはマイカ(雲母)、酸化チタン(二酸化チタン)、酸化亜鉛、酸化鉄といったミネラル(天然鉱物)成分を主成分として作られたファンデーションのこと。米国で生まれ、医療現場にも採用されるほどの肌への優しさからハリウッドセレブを中心に人気を博し、日本でも販売されるようになりました。しかし、米国と違い日本ではミネラルファンデーションには明確な定義が存在していません。ミネラルが数%しか含まれておらず、ほとんどがケミカルな成分であってもミネラルファンデーションと謳えるため、商品により品質に大きな差があります。

2.ミネラルファンデーションの選び方

前途で説明したように、ミネラルファンデーションの品質には大きく差があります。ここでは、どのように商品を選ぶとよいか、ポイントをご紹介します。

ミネラルファンデーションを選ぶ時のポイント


ひとつの目安となるのが「石鹸で落とせるかどうか」。ミネラル100%の製品は石鹸で落とすことができる分、通常の化粧品に比べて落ちやすく、またナチュラルな仕上がりになります。ケミカル成分は化粧品の密着力や持ちなどを良くするために配合されているためその分カバー力が高く、持ちがよいという利点があります。ただしクレンジングでお肌に必要な皮脂まで落としてしまう結果、お肌には負担になることも。
ミネラルファンデーションを選ぶときは成分、カバー力などを踏まえ、自分の肌や理想の仕上がりに合ったものを選びましょう!

カバー力で選ぶ

カバー力を求めるなら、肌との密着力が高い、クリームタイプやリキッドタイプがおすすめです。しかし通常リキッドファンデーションには、乳化剤や防腐剤が含まれている場合が多く、落とす際にも「合成界面活性剤」を用いて溶かさなくてはなりません。
最近ではミネラルのリキッドタイプ、クリームタイプも販売されています。こちらは上記のようなケミカル成分が含まれているもののほか、美容液成分や植物エキスなどの成分だけを用いて肌への負担を減らしているものなどさまざまな種類があります。
もちろんケミカル成分が含まれているもののほうがカバー力は高い傾向にありますが、そうなると石鹸オフが難しいこと場合が多いです。カバー力を取るか、肌への優しさを取るかは自分のお肌と要相談ということになります。

3.ミネラルファンデーションの口コミランキング

ミネラルファンデーションにはブランドや商品によって特徴や機能が違います。ここでは、口コミで人気のある商品をそれぞれランキングにまとめました。

トライアルセットのおすすめランキング

トライアルセットは、初めて使う人や、買うのを迷っている人にとって手軽な値段でお得に使うことが出来るのでおすすめです。

1位
ヴァントルテ
ミネラルシルクファンデーション デビューセット


セット内容

  • ミネラルシルクファンデーション
  • エアリーパフ

約2ヶ月分
3,300円(税抜)
クレンジング:不要
公式サイト
たっぷり使えるのが嬉しいミネラルファンデーション本体のほか、ふわふわした本格的なパフがセットになったトライアルセットです。

2位
オンリーミネラル
薬用ホワイトニングファンデーション デビューセット


セット内容

  • 薬用ホワイトニングファンデーション
  • デビューブラシ
  • フォーミングソープ
  • コスメポーチ

約2週間分
クレンジング:不要
1,900円(税抜)
公式サイト
4つのアイテムが入ったデビューセット。内容量が少ないため、まずはミネラルファンデーション自体のお試しという方にもおすすめ。

実際に使ってみた体験レポートはこちら▼▼▼
検証!オンリーミネラルのファンデーションの実際の使い心地は?!

3位
レイチェルワイン
ミネラルメイクアップ トライアルセット


セット内容

  • ミネラルファンデーションお試しサイズ(0.5g)×2色
  • 本格ブラシ
  • アクセントパウダー(0.3g)

1,833円(税抜)
クレンジング:不要
30日間返金保証あり
公式サイト
「自分に合ったファンデーションの色選びが難しい」というかたに嬉しい2色入ったトライアルセット。いまなら+500円でさらに4色試すことができるのでとてもお得です。(2017年1月23日現在)。

カバー力のあるミネラルファンデーションのおすすめランキング

ここではカバー力がありつつも、「石鹸で落とせる」肌にやさしいミネラルファンデーションを紹介します。

1位
MiMC(エムアイエムシー)
ミネラルクリーミーファンデーション


全6色 10g SPF20 PA++ 
6,500円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
水を使わず、10種類の天然美容成分を濃縮した美容液に、ナチュラルミネラルパウダーを溶け込ませた、スキンケア効果の高いミネラルファンデーションです。カバー力は高いが、ケミカル成分を使用していないので、クリームタイプながらも石鹸でオフができます。

2位
ヴァントルテ
ミネラルシルクプレストファンデーション


全3色 11g  SPF20・PA++
4,300円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
ヒアルロン酸をはじめとする保湿成分を配合したつけ心地の軽いミネラルファンデーション。マットな仕上がりでカバー力があります。

3位
エトヴォス
ディアミネラルファンデーション


全5色 5.5g SPF25・PA++
3,000円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
薄づきながらもニキビやシミ、毛穴といった肌のトラブルをカバーしてくれるミネラルファンデーション。トーンアップ効果が高くつけると肌がキレイに見えます。

プチプラで市販で買えるミネラルファンデーションランキング

「ミネラルファンデーションは通常のファンデーションに比べて高い」「ドラッグストアにはなかなか置いていない」というイメージがある方も多いと思いますが、中にはプチプラ・市販で購入しやすいミネラルファンデーションもあります。

1位
アクア・アクア
オーガニックトリートメントヴェール


全3色 10g  SPF50+・PA+++
2,800円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
アクア・アクアは2014年にデビューした国産オーガニック化粧品ブランド。ミネラルパウダーを植物オイルでプレスし、天然由来成分にこだわって作られています。石鹸オフできることもあり、プチプラミネラルファンデーションの中では評価が高い製品。ナチュラルローソンや東急ハンズなどで購入可能です。

2位
モイストラボ
BBミネラルファンデーション


全2色 10g  SPF50・PA++++
1,200円(税抜)
公式サイト
クレンジング:必要
ミネラル100%でとても安価なミネラルファンデーションです。メーカーに問い合わせたところミネラル100%ではあるものの、肌への密着度やカバー力を特徴とした商品となるので、クレンジングが必要とのこと。そのせいか、敏感肌には向かないという口コミも。ドラッグストアで購入可能です。

3位
インテグレート
ビューティーフィルター ファンデーション


全2色 9g SPF15・PA++
1,600円(税込)
公式サイト
クレンジング:必要
ニキビのもとになりにくい処方。アレルギーテスト済みのミネラルファンデーションです。現在ドラッグストアで一番手に入れやすいプチプラのミネラルファンデーションかもしれません。ただし合成ポリマーが含まれているためクレンジングは必要です。肌トラブルがなく、「たしなみとしてミネラルファンデーションを使いたい」という方におすすめ。

年代別ミネラルファンデーションのランキング

ここでは、20代、30代、40代の年代別に人気のミネラルファンデーションをランキングで紹介いたします。

20代におすすめのミネラルファンデーションランキング

1位
ビューティフルスキン
ミネラルファンデーション


全5色 8g SPF15・PA++
3,800円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
ビューティフルスキンは、皮膚科医が考案した、肌のことを本当に考えて作られたミネラルコスメブランドです。全成分は、マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、グンジョウ、ととてもシンプルな処方でニキビや敏感肌にも安心して使えるミネラルファンデーションです。

2位
オンリーミネラル
リッチモイストプレストファンデーション


全2 色 10g SPF50・PA++++
4,700円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
ミネラル100% のパウダーを天然由来100% の美容保湿成分でプレストした高保湿ファンデーションです。保湿ケア、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーの5役をこれ1つで済ませることができ、持ち運びやメイク直しにもピッタリです。

3位
MiMC (エムアイエムシー)
ミネラルモイストパウダーファンデーション


全4色 6g SPF19・PA++
5,500円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
とてもシンプルな処方で、スキンケアミネラル(酸化亜鉛)高配合なので乾燥肌や敏感肌や肌荒れに悩んでいるひとにはとてもおすすめです。シミやくすみも自然にカバーし、とてもナチュラルな仕上がりにしてくれます。

30代におすすめのミネラルファンデーションランキング

1位
MiMC (エムアイエムシー)
ミネラルクリーミーファンデーション


全6色 10g SPF20 PA++ 
6,500円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
10種類の天然美容成分を濃縮した美容液を使っているので、乾燥が気になり始める30代の肌にぴったりのミネラルファンデーションです。

2位
ビューティフルスキン
ミネラルファンデーション


全5色 8g SPF15・PA++
3,800円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
シンプルな処方で、クレンジングも不要なので敏感肌や乾燥肌による肌荒れが気になる人におすすめです。

3位
エトヴォス
ディアミネラルファンデーション


全5色 5.5g SPF25・PA++
3,000円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
天然ミネラル100%。防腐剤・タルク・香料・ワックス・合成着色料などを含んでおらず,
クレンジングが不要で肌への負担がありません。よれにくく崩れにくい、艶のある仕上がりに。

40代におすすめのミネラルファンデーションランキング

1位
MiMC GRACE(エムアイエムシーグレース)
リペアBBクリーム


30g SPF23 PA++ 
6,000円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
国産の良質なミネラルで作られていることで定評のあるMiMC(エムアイエムシー)から、新しく誕生した40代の肌悩みに応えるMiMC GRACE(エムアイエムシーグレース)。
極度の乾燥、肌全体の黄ぐすみ、ほてりによるメイク崩れなど、急激に肌の変化が起こる40代。45歳から気になりだす「黄ぐすみ」を研究し、肌を自然に明るく演出する肌なじみのよいベージュカラーのBBクリームです。ポリマー不使用で、石鹸でメイクオフが可能。

2位
VIRCHE(ヴァーチェ)
ミネラルリキッドファンデーション


全2色 30g  SPF23・PA++ 
4,200円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
美容液成分81.6%でセラミドやヒアルロン酸、アロエベラなどの植物エキスを配合したエイジングケアファンデ。化粧下地も不要です。

3位
エトヴォス
マットスムースミネラルファンデーション


全4色 4g SPF30・PA++
3,000円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
ミネラルが主成分。防腐剤・タルク・香料・ワックス・合成着色料などは不使用で肌への負担がありません。粒子がフィットし凸凹やくすみを目立たなくし、自然なカバー力があるのでおすすめです。

5.肌質別ミネラルファンデーションのランキング

乾燥肌におすすめのミネラルファンデーションランキング

1位
MiMC (エムアイエムシー)
ミネラルクリーミーファンデーション


全6色 10g SPF20 PA++ 
6,500円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
美容液成分にミネラルパウダーを溶け込ませたファンデーション。ミネラルの質が高く、クリームタイプなので乾燥肌の方でも安心して使用できます。

2位
トゥヴェール
ミネラルパウダリーファンデーション


全6色 12g SPF30 PA++
2,838円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
下地不要で使えるプレストタイプのミネラルファンデーション。17種類の美容成分配合で、保湿効果も高い。微粒子パウダーによるトーンアップ効果もあり。

3位
エトヴォス
クリーミィタップミネラルファンデーション


全3色 7g SPF25 PA++
専用パフ付 5,500円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
カバー力があるのに厚塗り感がない素肌のような仕上がりを実現。美容液成分70%以上を配合。ハリやツヤを与えて、肌疲れをおさえます。シリコン・紫外線吸収剤・石油系合成界面活性剤・ナノ粒子・タルク・合成香料不使用。

敏感肌におすすめのミネラルファンデーションランキング

1位
ヴァントルテ
ミネラルシルクパウダーファンデーション


全6色 6g SPF20 PA++ 
3,300円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
ナノ粒子、タルク、パラベン、防腐剤、紫外線吸収剤、界面活性剤、アルコール、オイル、シリコン、香料不使用。さらに肌触りのよいパフで敏感肌にも優しいです。

2位
エトヴォス
ディアミネラルファンデーション


全5色 5.5g SPF25・PA++
3,000円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
美容皮膚科でも使用されている、マイカ、シリカ、酸化亜鉛、ステアリン酸、酸化チタン、水酸化Al、酸化鉄とシンプルな構成のミネラルファンデーション。ブラシが柔らかく低刺激。

トゥヴェール
ミネラルパウダリーファンデーション


全6色 12g SPF30 PA++
2,838円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
下地不要で使えるプレストタイプのミネラルファンデーション。17種類の美容成分配合で、保湿効果も高い。「敏感肌でも使えた」という口コミ多数。

混合肌におすすめのミネラルファンデーションランキング

1位:
ヴァントルテ
ミネラルシルクプレストファンデーション


全3色 11g  SPF20・PA++
4,300円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
ヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、スクワランなどの保湿成分を配合し、しっとりしながらもつけ心地の軽いミネラルファンデーション。ふんわりマットな仕上がり。

2位
MiMC(エムアイエムシー)
ミネラルエッセンスモイスト


全3色 10g SPF40 PA+++ 
5,800円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
ミネラルと植物美容液成分だけで出来ているファンデーション。保湿力に優れているうえ、SPF40、PA+++で混合肌の大敵、紫外線もきっちりカット。下地やフィニッシュパウダーの役割も果たしてくれるので、時短でのメイクや、日中のメイク直しも簡単に出来るところがおすすめです。

3位
トゥヴェール
ミネラルパウダリーファンデーション


全6色 12g SPF30 PA++
2,838円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、フィニッシングパウダーがひとつになって手軽に使えるプレストタイプ。17種類の美容成分配合で、保湿効果も高い。

脂性肌におすすめのミネラルファンデーションランキング

1位
オンリーミネラル
ファンデーション


全18色 10g  SPF17・PA++
3,800円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
成分はマイカ、酸化チタン、酸化鉄、酸化亜鉛のみ。オイルフリーでなおかつ乾燥しづらいため顔がテカリにくい。

2位
レイチェル ワイン
ミネラルファンデーション


全12色 4.5g SPF27・PA+++ 
3,000円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
つけ心地が軽くさっぱりとした仕上がり。皮脂崩れを防いでくれるため、ドロドロに崩れにくい。成分もマイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Alとシンプルな処方で肌への負担が少ないです。

3位
エトヴォス
ディアミネラルファンデーション


全5色 5.5g SPF25・PA++
3,000円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
マイカ、シリカ、酸化亜鉛、ステアリン酸、酸化チタン、水酸化Al、酸化鉄とシンプルな構成のミネラルファンデーション。オイルフリーで軽いつけ心地です。

リキッド・クリームタイプでおすすめのミネラルファンデーションランキング

1位
MiMC (エムアイエムシー)
ミネラルクリーミーファンデーション


全6色 10g SPF20 PA++ 
6,500円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
美容液成分にミネラルパウダーを溶け込ませたファンデーション。ケミカル成分が一切入っておらず、石鹸だけでメイクオフが可能にもかかわらず、高いカバー力があり口コミサイトなどでは常に話題のミネラルファンデーションです。

2位
ヴァントルテ
美容液ミネラルリキッドファンデーション


全4色 35g SPF25・PA++
3,800円(税抜)
公式サイト
美容液成分60%以上配合の美容液リキッドファンデーション。コラーゲン、ヒアルロン酸、スクワラン配合で、メイクしながらスキンケアができます。肌に負担のかかるタルクや石油系界面活性剤・紫外線吸収剤などは不使用。クレンジングは不要で石鹸だけでメイクオフが出来ます。乾燥肌や年齢肌に悩んでいる人におすすめです。

3位
エトヴォス
ミネラルリキッドファンデーション


全2色 30g  SPF18・PA++
4,200円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
肌のバリア機能を整える人型セラミド、アミノ酸にツヤを与える植物オイルやハリを与えるヒアルロン酸を配合。乾燥肌を防ぎ美容液のようなファンデーションです。シリコン、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤、タルク、ナノ粒子、合成香料不使用なので石鹸で簡単にメイクオフすることが可能です。

パウダータイプでおすすめのミネラルファンデーションランキング

1位
ビューティフルスキン
ミネラルファンデーション


全5色 8g SPF15・PA++
3,800円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
シンプルな処方で、クレンジングも不要なので敏感肌や乾燥肌にもおすすめ。肌に負担を与えないだけでなく、肌にしっかりと密着するのでメイク崩れも抑えてくれます。紫外線もカットしてくれるので、下地や日焼け止めクリームも不要で時短メイクにもとてもお勧めです。

2位
エトヴォス
マットスムースミネラルファンデーション


全4色 4g SPF30・PA++
3,000円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
ミネラルが主成分。防腐剤・タルク・香料・ワックス・合成着色料などは不使用で肌への負担がありません。パウダーでありながらも細かな粒子がフィットし凸凹やくすみを目立たなくし、自然なカバー力があるのが魅力。ニキビや肌荒れなど肌をいたわりたいけれどカバー力も欲しいという方にもおすすめです。

実際に使ってみた体験レポートはこちら
検証!肌にやさしいエトヴォスのファンデーションの実際の使い心地はいかに!

3位
レイチェル ワイン
ミネラルファンデーション


全12色 4.5g SPF27・PA+++ 
3,000円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要
全12色という豊富なカラーバリエーションが特徴です。下地も不要で時短メイクにも。パウダーが皮脂を吸着して馴染むので化粧崩れがしにくいです。成分もマイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Alとシンプルな処方で肌への負担が少ないです。

まとめ

たくさんの種類があるミネラルファンデーション。ひとつの基準としてはやはり石鹸オフができるかできないかでしょう。石鹸オフができるものは肌に優しく肌トラブルなどの心配が少ない分、できないものに比べてナチュラルな仕上がりになります。カバー力、密着性において「ちょっと物足りない」と感じる可能性も。また安価なものはケミカルが含まれていて石鹸オフができない製品が多く、ミネラル自体の品質としても「値段相応」と感じる方も多いよう。
成分を確認し、自分のお肌と相談して、自分に合ったミネラルファンデーションを選んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

乾燥肌さん必見!安心して使えるファンデーションの選び方と使い方を伝授

乾燥肌 ファンデーション

メイクを毎日していると、気になるのはお肌本来の調子。乾燥肌はメイクのノリが悪くなるだけではなく、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因となります。乾燥肌になってしまう原因は、間違ったスキンケアや、加齢、ターンオーバーの乱れなどさまざま。今回は乾燥肌になってしまう原因から、乾燥肌のかたに適したファンデーションの紹介。乾燥肌を防ぐための正しいケアを、紹介していきたいと思います。

目次

1、乾燥肌になってしまう原因とは?
2、乾燥肌の人におすすめのファンデーションのタイプ
3.乾燥肌におすすめしたいのはミネラルファンデーション!
4、乾燥肌はメイクの前が重要!化粧下地の塗り方のポイント
5、乾燥肌の人のスキンケアのポイント

1、乾燥肌になってしまう原因とは?


はじめに、乾燥肌とはどんな状態か、乾燥肌になってしまう原因を知っていきましょう。

1-1、肌の保湿物質がうまく働かず、水分が不足すると乾燥肌になる

わたしたちの肌には、もともと潤いを守る保湿物質があります。それは、「角質細胞間脂質」とよばれる角質細胞の働きを支える物質。角質細胞と角質細胞の隙間を埋めることで外部からの刺激や水分の蒸発を防いでいるのです。
%e4%b9%be%e7%87%a5%e8%82%8c%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf

角質細胞間脂質は約40%がセラミドで構成されています。セラミドが少なくなると、角質細胞間脂質に隙間ができ、肌のバリア機能が低下。肌内部の水分がその隙間から必要以上に逃げてしまうことによって、乾燥を引き起こしてしまうのです。

1-2、乾燥肌の主な4つの原因とは

4

間違ったスキンケア
「乾燥するから…」と化粧水を大量につけることは、実は逆効果。化粧水を過剰につけると肌は水分と油分のバランスを保とうと水分を蒸発させますが、その際に浸透した化粧水が肌内部の水分と一緒に蒸発してしまいます。また何度も化粧水を重ねてつけることで肌本来の保湿機能が低下。かえって乾燥を引き起こしてしまいます。
また、強いクレンジングで必要な油分(皮脂)まで落としてしまったり、化粧水をつける際や洗顔時の「こすりすぎ」も外部からの刺激となり、肌にダメージを与えます。

加齢によるもの
角質細胞間脂質の主成分であるセラミドは、年齢とともに減ってしまい、同時に肌内部の水分量も減ってゆきます。そのため歳を重ねるごとに肌は乾燥しやすくなってしまうのです。

季節による空気の乾燥
冬は外気が乾燥しているため、肌の水分が奪われ乾燥の原因に。また夏でも冷房の効いた部屋にいると肌の内部から水分が奪われて行きます。汗をかいて、そのままエアコンを浴びることにより乾燥も加速します。

ターンオーバーの乱れ
ターンオーバーとは肌の細胞が新しく生まれ、約28日かけて角化、角質細胞となって垢としてはがれていく働きのこと。肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れてしまうと、肌が健康な状態を保てなくなり、乾燥の原因となります。

2、乾燥肌の人におすすめのファンデーションのタイプ

2

ファンデーションには様々な種類がありますが、ここでは乾燥肌の人に適したファンデーションのタイプを紹介します。

乾燥を防ぐ、保湿成分の多く含むファンデーション

セラミドやヒアルロン酸など保湿成分を含むファンデーションは、化粧をしていても肌の潤いを保つことができます。とくに加齢によって減ってしまうセラミドが含まれていることは必須といっても過言ではないかもしれません。

メイク中に肌に負担をかけないファンデーション

化粧の持ちを良くしたり、製品を長持ちさせるために配合される合成界面活性剤やシリコン、防腐剤などは肌のバリア機能を低下させ、乾燥や炎症などを引き起こす可能性が高い成分。これらが配合されていない、肌に優しい成分で構成されたファンデーションを使いましょう。

クレンジングを必要としないファンデーション

洗浄力が強いクレンジングは肌のバリア機能を持つ角質層を保護する「皮脂膜」を破壊してしまいます。皮脂膜は油分(皮脂)と汗(水分)で構成されていますが、過剰なクレンジングにより必要な油分(皮脂)も落としてしまい、肌の乾燥のもとに。クレンジングを必要としないものであれば肌ダメージを減らすことができます。

では、この条件を満たしてくれるファンデーションがどのようなものでしょうか。それはずばり“ミネラルファンデーション”です。乾燥肌で悩んでいるかたにはミネラルファンデーションを選ぶ事をおすすめします。

3.乾燥肌におすすめしたいのはミネラルファンデーション!

3-1、ミネラルファンデーションとはどんなもの?

3
ミネラルファンデーションは1970年代にアメリカで誕生。もともと美容医療の手術あとや、ヤケド・傷あとにも使えるメイクアップアイテムとして、医療現場を中心に開発されてきました。日本では2007年~2008年頃に複数の国産ミネラルファンデーションブランドが誕生し、日本人の肌色に合う商品が開発されました。海外セレブが使用したことによる自然派化粧品ブームとともに、「肌にやさしい」点が注目され、日本でも人気を博しています。

ミネラルファンデーションについての詳しい記事はこちら
ミネラルファンデーションの人気を徹底解析!商品から使い方・選び方まで紹介!

3-2、一般的なファンデーションとの違い

普通のファンデーションの大きな違いは、主にその“成分”にあります。使われている原料は4〜6種類のミネラル(鉱物)。肌に刺激を与える添加物が入っていないため、「肌にやさしい」のが特長です。合成界面活性剤やシリコン類、水などが使用されていないため、防腐剤なども使われていません。

3-3、ミネラルファンデーションの主な4つの成分の効果

ミネラルファンデーションに使われているミネラル(鉱物)は主にマイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄という4つの種類があります。

マイカ
ファンデーションや白粉に使われる成分。キラキラした輝きを持ち、艶や透明感を演出します。

酸化亜鉛
白色の顔料となる成分です。肌のひきしめ効果、消炎効果のほか紫外線防止効果もあります。医薬品などにも使われています。

酸化チタン
こちらも白色の顔料となる成分。紫外線を遮断する効果を持っています。肌によく密着し、カバー力も高いのが特長です。

酸化鉄
黄色・赤色・黒など顔料として使われており、化粧品に色をつける成分。肌色を作る効果があります。

ミネラルファンデーションのメリットとデメリット
メリットは、肌への負担が少ないこと。クレンジング不要で石鹸だけで落とせるため、肌への負担を減らすことができます。肌に悪い成分が含まれていないため、つけている間も普通のファンデーションに比べ肌への負担は軽くなります。

デメリットは、日本では、ミネラルファンデーションの明確な定義や承認機関がないために、ミネラルが1種類でも配合されていれば“ミネラルファンデーション”を名乗ることができてしまっているのが現状。ミネラルファンデーションと表記していても、実はしっかりとクレンジングをしなければならない…といった商品もあります。選ぶ時にはきちんと成分を確認し、“石鹸で落とせる”かどうかを基準にしましょう。

3-4、乾燥肌だけでなく、敏感肌や肌トラブルのある人にも向いている

ニキビなどの肌トラブルを抱えている人や、乾燥肌・敏感肌の人にはとくにミネラルファンデーションをおすすめします。肌への負担が減らせるので「肌が荒れてしまうため、メイクができない…」といったかたでも安心して使える可能性が高いです。
現在ではミネラルコスメのメーカーから、ミネラル100%で作られた下地やコンシーラーも出ているので、カバー力が気になる場合はあわせて使用しましょう。

3-5、乾燥肌におすすめのミネラルファンデーションを種類ごとにご紹介

ミネラルファンデーションといえばパウダータイプをイメージする方も多いと思いますが、普通のファンデーションと同じようにリキッドタイプやクリームタイプのラインナップもあります。

各タイプごとにおすすめの商品をご紹介しますので、ご自身にあったものを選んでみてください。

リキッドファンデーション

ナチュラグラッセ

ファンデーション ピュレ
%e3%83%8a%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%bb_%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3
全3色 20ml SPF25・PA++
3,800円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

リキッドタイプのミネラルファンデーション。1日中しっとりと潤った肌を保つことができます。やわらかいテクスチャーで薄づきのため高いカバー力は期待できませんが、ツヤが出るためお肌をキレイに見せることができます。トーンアップ効果がほしいかた、お肌を若々しく見せたいかたにおすすめ。

エトヴォス

ミネラルリキッドファンデーション
%e3%82%a8%e3%83%88%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%82%b9
全2色 30g SPF18・PA++
4,200円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

シリコン、紫外線吸収剤、石油由来界面活性剤、タルク、ナノ粒子、タール系色素、合成香料不使用。石鹸オフのファンデーションのなかでも落としやすいのが特長です。ナチュラルな仕上がりになりますが、カバー力は低め。カバー力よりも落としやすさや仕上がりの自然さを重視するかたにおすすめです。

パウダーファンデーション

ヴァントルテ

ミネラルシルクプレストファンデーション
%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%86
全3色 11g SPF20・PA++
4,300円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

下地クリーム不要で使えるファンデーション。ヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、スクワランなどの保湿成分が配合されています。さらさらとした軽いつけ心地ですが適度なカバー力があり、厚塗りにならずマットな肌に仕上がります。重ね付けやこまめに化粧直しをしたいかたにおすすめ。

24h cosme

シルキーエアヴェールミネラルファンデーション
24h-cosm
全5色 11g SPF30・PA+++
3,609円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

天然由来成分100%。さらっとした軽いつけ心地で肌が苦しくなりません。マットな仕上がりで毛穴やシミなども自然にカバーしてくれ、崩れにくいのが特長。ただし、とくに乾燥がひどいかたには向かないことも。乾燥に対するお悩みよりもカバー力や崩れにくさを重視するかたにおすすめです。

クリームファンデーション

MiMC

ミネラルクリーミーファンデーション
%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3
全6色 10g SPF20・PA++
6,500円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

豊富なカラーバリエーションで、自分の肌にあった色を見つけることができます。成分は11種類もの植物美容液成分とミネラルで100%と肌への優しさ・保湿効果が高く、1日中しっとりとした肌に。カバー力があるので毛穴・シミなどもキレイに隠してくれます。とくに乾燥肌にお悩みで、カバー力もほしいかたにおすすめ。

Tv&Movie

10min ミネラルクリームファンデ
tv%ef%bc%86movie
全3色 4g SPF50+・PA++++
5,500円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

厳選された天然ミネラル&天然美容成分を使用したミネラルファンデーション。伸びはあまりよくありませんが、その分くすみや毛穴をしっかりカバーしてくれます。肌馴染みがよく、ナチュラルながらも適度なツヤ感がある仕上がり。素肌感のあるメイクをしたいかたにおすすめです。

3-6、乾燥肌の人必見!注目のミネラルコスメブランドMiMCとは

mimc%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8
筆者が特におすすめしたい、国産のミネラルコスメブランドはMiMCです。
「使えば使うほど肌が美しくなる、メイクでスキンケア」
そんなテーマを創業時から一貫してコンセプトに掲げるMiMCは、国産のミネラルコスメブランドの中でも注目されています。MiMCの天然鉱物と植物美容液成分だけで作られたファンデーションは、ほかのブランドの製品と比べてもとくに肌にやさしい処方になっています。それというのも、MiMCを立ち上げた代表 兼 開発者の北島寿さんが自身の肌トラブルをきっかけとして生み出したブランドだから。MiMCは乾燥肌などに悩む女性に寄り添ったミネラルコスメブランドなのです。

MiMCの3つのミネラルファンデーションを紹介

■乾燥肌+肌荒れなどの肌トラブルがある人

ミネラルモイストパウダーファンデーション
%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%a6%e3%83%80%e3%83%bc
全4色 6g  SPF19・PA++
5,500円(税抜)
公式サイト
スキンケアミネラル(酸化亜鉛)高配合で、肌の持つ回復力を助けてくれるファンデーション。とても軽いつけ心地ですがしっとり仕上がります。

■乾燥肌+時短で手軽に使いたい人

ミネラルエッセンスモイスト
%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%88
全2色 10g  SPF40・PA+++
5,800円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

5つ(美容液、メイクアップベース、ファンデーション、フィニッシュパウダー、UVケア)の機能が1つになったBBファンデーションで、忙しい朝にも手軽に、キレイに塗れるのでとてもおすすめです。

実際にミネラルエッセンスモイストを使ったレポートも是非チェックしてみてください。
時短でスキンケアも出来る!MiMCのミネラルエッセンスモイストを実際に使ってみた

■乾燥肌+カバー力も欲しい人

ミネラルクリーミーファンデーション
%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3
全6色 10g SPF20・PA++
6,500円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

水を1滴も使用しない濃縮美容液バームにミネラルパウダーを配合したファンデーション。潤いたっぷりのツヤツヤとした肌を1日中保つことができます。毛穴やシミ、そばかすまでしっかり隠してくれるカバー力が魅力。

実際にミネラルクリーミーファンデーションを使ったレポートも是非チェックしてみてください。
MiMCの人気NO1!クリーミーファンデーションを実際につかってみた

4、乾燥肌はメイクの前が重要!化粧下地の塗り方のポイント

化粧下地はファンデーションをより密着させる効果があり、化粧崩れ防止の強い味方となります。また地肌に塗ることで、ファンデーションの成分の刺激から肌を守る役割もあります。せっかく肌にやさしいファンデーションを使っても、地肌に接する化粧下地にケミカルが入っていては元も子もありませんから、化粧下地も肌に優しいものを選びましょう。

下地は薄く、ムラなく塗ることが大切!化粧下地の塗り方

まずは、手の甲にパール粒大の量の下地をだし、指などでなじませてから塗りましょう。

%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9
1、おでこ、頬、顎の広いパーツから
化粧下地は洗顔・スキンケアのあと、日焼け止めやファンデーションを重ねる前に塗りましょう。まずは手の甲に適量を出し、両頬、額の顔の広いパーツから塗っていきます
2、次に、目、鼻、口の小さなパーツを塗っていきます

塗る時のポイント
中指と薬指の2本の指を使って、内側から外側に向かって均一に伸ばしていきましょう。
強くこすってしまうと肌にダメージを与えますので、薄くやさしく伸ばすことを意識してくださいね。

クレンジング不要のオススメの化粧下地

ナチュラグラッセ

オイルコントロール ミルク 30ml
%e3%83%8a%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%bb_%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af
30ml SPF23・PA++
2,800円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

100%天然由来で肌にやさしい化粧下地。オーガニック植物エキスなどの保湿成分を配合し、しっとりとした肌を保ってくれます。

化粧持ちを良くするために下地として美容液バームを使うことも◎

MiMC

エッセンスハーブバームクリーム
%e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0
8g 
3,800円(税抜)
公式サイト

化粧水の上から使用することで、肌表面に蓋をし水分の蒸発を防いでくれる美容液バーム。11種類の美容成分が配合されています。バーム単体をスキンケアとしても、化粧下地としても使えます。とくに同じMiMCのミネラルクリーミーファンデーション(リンク)と親和性があるので、あわせて使うことで化粧下地としての効果が高まります。

5、乾燥肌の人のスキンケアのポイント

5
肌の潤いを左右するのは“保湿物質”の働きです。角質の水分を守っている保湿物質には“セラミドなどの角質細胞脂質”“天然保湿因子(NMF)”“皮脂”の3つがあり、セラミドなどの角質細胞脂質が80%、天然保湿因子(NMF)が16〜17%、残りの3%が皮脂。これらが助け合いながら、肌内部の水分をキープしているのです。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95
乾燥に対するスキンケアですから、基本は“保湿”です。保湿とは文字通り、“湿気を保つ”こと。ただし、化粧水をたっぷりつければよいというわけではありません。化粧水だけをつけていてもすぐに乾燥してしまうので、与えた水分を逃がさない保湿ケアが必要になるのです。またファンデーションが崩れやすいと感じている人も、化粧をする前にしっかりとスキンケアをして地肌を整えることによってファンデーションの馴染みがよくなり、メイクをキレイに保つことが出来ます。
参考文献:正しいスキンケア辞典 吉木伸子著

化粧水を多くつけるより“保湿成分”を与えることが大切。

化粧水をたっぷりつけることで潤いを与えようとしても、水分が過剰に蒸発したり、肌本来の機能が低下することでかえって乾燥を引き起こしてしまうこともあるので逆効果になりがち。正しい“保湿ケア”とは化粧水で適度に水分を与えながら、油分のある乳液やクリームで水分の蒸発を防ぎ、肌をしっかりと守ることなのです。

保湿の決め手は【セラミド】配合の化粧品

6
セラミドは角質細胞脂質を構成する成分のひとつで、角質層の中では水分を保持する力が高い、非常に大切な成分です。しかし年齢とともに減少してしまうため、歳を重ねるごとに肌内部の水分は不足しがちに。セラミドが配合された化粧品を使うことが保湿には有効です。

クレンジングが乾燥肌の引き金になる事も。使うならクリームタイプを

%ef%bc%97
クレンジングなど洗浄のしすぎで、必要な油分までも落としすぎてしまうと肌の水分と油分のバランスが崩れ乾燥肌の原因になります。前途で紹介したように、出来るだけ石鹸だけでメイクオフできるファンデーションを選ぶことが大切です。万が一クレンジングを必要とするファンデーションを使った場合は、肌にやさしいクリームタイプのクレンジングがおすすめ。適度な油分を含むため、肌への優しさとメイクオフ力を兼ね備えています。テクスチャは固めのものを選びましょう。

乾燥肌を食事でも改善!食肌の潤いをアップさせる食事

%ef%bc%98
肌の乾燥が気になるときは、積極的にビタミン類を摂取しましょう。とくにビタミンAはターンオーバーを調整し、新しい肌が生まれるのをサポートしてくれる肌に優しい成分です。ビタミンAが含まれる食品としてはレバーが有名。また血行不良になるとターンオーバーが乱れて乾燥が進んでしまう場合もあるため鉄分も有効。また緑黄色野菜にもβカロテンやβクリプトキサンチンなどの「カロテノイド」というビタミンAのもととなる成分が豊富に含まれています。カロテノイドは体内で必要量のみがビタミンAに変換されるため上限値が設定されておらず、摂りすぎの心配も少ないのでおすすめです。

まとめ

乾燥肌の原因は、間違ったスキンケア、加齢、季節による空気の乾燥、ターンオーバーの乱れなどによるものです。食生活やスキンケアの見直しなど生活習慣の見直しをするとともに、ファンデーションを肌への刺激が少ないものにすることが大切です。今回は強いクレンジングを必要としないミネラルファンデーションを中心に紹介しました。乾燥肌でもキレイにメイクが出来るよう、今行っているスキンケアや、使っているファンデーションを是非見直してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

もう迷わない!混合肌のためのスキンケア&ファンデーション

混合肌 ファンデーション

「他の部位に比べてTゾーンや顎先がベタついてしまう」あるいは、「Tゾーンはノーマルなのに、その他の部分はカサつく」といったように、肌の皮脂バランスがパーツによって異なる「混合肌」。そのお手入れや使うべきファンデーションに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?今回は、混合肌の特徴やその原因、お手入れ方法について紐解きます。もちろん、おすすめ製品もご紹介します!

1、 混合肌の特徴と、その原因は?

混合肌には、「普通肌+脂性肌」「普通肌+乾燥肌」「脂性肌+乾燥肌」という、3つのタイプに分けることができます。いずれも、額~鼻~顎にかけてのTゾーンとその他の部分で、状態が異なる肌を指します。
では、このような混合肌は、どんな原因で起こるのでしょうか?
まず挙げられるのが、紫外線や空調などの外的要因です。紫外線を浴びすぎたり空調が効いた部屋に長時間いることで、肌の乾燥を招いてしまいます。それにより、肌に水分が足りない状態を引き起こし、Tゾーンの皮脂が過剰に分泌されたり、頬だけが特に乾燥してしまったりという結果を招きます。また、強いクレンジングを使って肌を洗いすぎてしまった時も、同じような症状が出やすくなります。さらに、ストレスやホルモンバランスにも肌は影響を受けやすく、特に生理前後などは皮脂が過剰に分泌されるので注意が必要です。

顔

2.混合肌を改善するためのスキンケア術

部位によって肌の状態が異なるため、スキンケアでも悩みが多い混合肌。肌のバランスを整えていくためにはどんなお手入れをしていけばいいのでしょう?

どのタイプの混合肌でも、大事なのは「保湿」!

3つのタイプに分かれる混合肌ですが、どのタイプにも共通する重要なケアは、ズバリ「保湿」。肌に水分をしっかりと与え、その水分を逃さないようにカバーしてあげることが大切です。Tゾーンは脂っぽくなってしまっているタイプの人こそ、肌にしっかり「水分」を補いましょう。なぜなら、その過剰な皮脂も、実は乾燥が原因で引き起こされている可能性があるからです。オイリーなゾーンだからといって、油取り紙などで皮脂を取りすぎたり、保湿をしなかったりすると、肌は内部の水分を守ろうとして、さらに皮脂を分泌してしまいます。また、化粧水や保水力のある美容液などでケアした後は、バリアとなる乳液やクリームを。この時、乳液やクリームは、油分が少ないタイプを選びましょう。油分が多すぎると、ニキビや黒ずみを引き起こす可能性があります。

パーツによって、スキンケアの量を調節しよう!

肌の角質層にしっかり水分を与えつつ、同時に行いたいのが、パーツによってスキンケアの量を変えること。シンプルですが、重要なケアです。
例えば、最も多いと思われるTゾーンがオイリーで頬が普通~乾燥というタイプの方だったら、Tゾーンには、乳液やクリームは少ない目に。その他の部位にはたっぷりと使用してください。さらに徹底したければ、皮脂が出やすい部分はさっぱりタイプを化粧品を使用し、頬など乾燥しやすい部分にはしっとりタイプのラインを使うといった方法も。

3.混合肌のためのファンデーションの選び方&使い方

ファンデーションはスキンケア効果が高いものを

保湿が鍵を握る混合肌。乾燥が過剰な皮脂分泌を引き起こすのを防ぐためにも、ファンデーションは保湿効果が高いものを選びましょう。美容液成分配合のものなどが特におすすめです。また、メイク崩れが気になる場合は、保湿効果のあるパウダーファンデーションを使ってみて。

下地やファンデーションの付け過ぎに要注意

下地やファンデーションも、スキンケア同様、塗る量をパーツによって変えましょう。皮脂量が多いTゾーンは薄めに、皮脂量が少ないUゾーンはしっかりと。ちょっとした工夫で、メイクを崩れにくくすることができます。また、Tゾーンにはオイルコントロール機能のある下地を使うのもおすすめです。

皮脂分泌が多い場所にはフェイスパウダーを

ファンデーションの後に、フェイスパウダーをつけるだけでメイクが崩れにくくなりますが、混合肌の場合は、やはりパーツによってフェイスパウダーの量も変えましょう。余分な皮脂を吸収してくれるタイプのフェイパウダーを選び、頬には薄めに、Tゾーンには多めに使うようにしましょう。

肌にもこまめな水分補給を

乾燥が大敵な混同肌は、こまめな水分補給もポイント。メイクの上からミストタイプ化粧水やミネラルウォーターなどを吹きかけ保湿して。また、皮脂が気になったら、柔らかいティッシュなどでオフしてあげることも重要です。

4.混合肌のためのおすすめなファンデーションとプラスアイテム

保湿効果の高い美容液配合ファンデーション

MiMC

ミネラルエッセンスモイスト
mimc

全3色 10g SPF40 PA+++ 
5,800円(税抜)
公式サイト 
ミネラルと植物美容液成分だけで出来ているファンデーション。保湿力に優れているうえ、エイジングケアまでできるスグレモノです。SPF40、PA+++で混合肌の大敵、紫外線もきっちりカット。下地やフィニッシュパウダーの役割も果たしてくれます。

「MiMC ミネラルエッセンスモイスト」を実際に使ってみた記事はこちら

皮脂を抑えてくれるパウダーファンデーション

エトヴォス

ディアミネラルファンデーション

etvos

全5色 5.5g SPF25 PA++
3,000円(税抜)
公式サイト
ミネラル100%で毛穴をふさがず、軽い付け心地のファンデーション。精製度の高いマイカを使用しており崩れにくく、メイクしたてのようなサラサラの肌を長時間キープしてくれます。

混合肌におすすめの下地&フェイスパウダー

MiMC

モイスチュアシルク

モイスチュアシルク

8g 
5,200円(税抜)
公式サイト
天然シルク100%のパウダー。肌に近い構成で、18種類のアミノ酸を含むシルクは、肌の水分を油分のバランスを整えてくれるため、まさに混合肌にぴったり。スキンケアの後に下地として使用するのはもちろん、フィニッシュパウダーにも適しています。乾燥しやすい部分の水分をしっかり保ちつつ、Tゾーンなどの余分な皮脂を抑えて、メイクの崩れを防ぎます。

肌表面の潤いを保つミスト化粧水

アベンヌ

アベンヌウォーター

アベンヌ

150g 
1,500円(税抜)
公式サイト
敏感な肌を落ち着かせ、皮膚バランスを整える温泉水100%スプレー。無菌室製造、無香料、無着色、アルコール(エタノール)フリー、防腐剤フリーなので、肌が敏感な人でも安心。細かいミストが肌に素早く潤いをあたえてくれます。

まとめ

スキンケアやファンデーションを悩みがちな混合肌も、原因と対策をおさえればバランスを整えていくことが可能です。さっそく今日から実行して、ワンランク上の肌を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第一印象が変わる!4タイプのコンシーラーの上手な選び方

コンシーラー 選び方

シミやニキビ跡、色むらなど、年齢とともに増えてくる肌悩み。気になる部分をすべでファンデーションで隠そうとすると、厚塗りに見えてしまって老けた印象に感じたことはありませんか?そこで活躍するのがコンシーラーです。コンシーラーはファンデーションと違い、隠したい場所だけをカバーできるので、厚塗りにならずナチュラルメイクに仕上げることが出来、第一印象をアップしてくれます。 でも、コンシーラーとひとくちにいっても、リキッド、パレット、ペンシルなど、そのタイプは様々。どれをどの肌悩みに合わせて使ったらいいのか分からないという方も多いのでは?そこで今回は、コンシーラーをタイプ別に紹介し、あなたにぴったりの一品を見つけるためのノウハウをお伝えします。

コンシーラーは大きく4タイプ

シミ、そばかす、ニキビ跡、色むら、クマなどのトラブルをカバーし、キレイな肌を演出してくれるコンシーラー。ファンデーションで全てのトラブルを隠そうとすると、厚塗りになり老けた印象に見えてしまいます。また、コンシーラーにはトラブルのカバーの他に、顔の中の影を消したり、小鼻の赤みや口角を整えたりといったベースメイクの調整の役割もあります。
今回はその中でも代表的な4タイプのコンシーラーを紹介します。

悩みに合わせてコンシーラーのタイプを選ぶ!

4タイプのコンシーラーにはそれぞれに特徴が違います。シミやくま、ニキビ・吹き出物など悩みに適したタイプを選ぶ事が大切です。
相性チャート

【パレットコンシーラー】シミ、くまをしっかりカバー

複数の色が一つのパレットに収まったパレットコンシーラーは、異なるカラーやテクスチャーを組み合せて、肌色や悩みに対応できるのが魅力。トラブルを隠したい時はファンデーションを塗る前に、ハイライトとして使用したい時にはファンデーションの後に使用します。色の濃いシミにはオレンジ系の色を、クマやハイライトにはピンク系、ベースの調整にはベージュ系がおすすめです。パレットの色を混ぜて使えば、悩みにぴったりの色を作り出すこともできます。

こんな悩みにおすすめ
シミ、そばかす、クマ、ニキビ跡、ベース調整

パレットコンシーラーのおすすめ製品

MiMC

ナチュラルホワイトニングコンシーラーSPF32 PA++

ナチュラルホワイトニングコンシーラー

¥5,500(税抜)
公式サイト

誰でも簡単にプロの技を再現できる、3色パレットコンシーラー。植物成分で美白・肌荒れケア・UVカットまで。ニキビやシミなど敏感になりやすいトラブル箇所にも安心して使えます。トラブルはしっかりカバーしながら、ベース調整や美白&スキンケアまでできる頼もしい一品です。

【リキッドコンシーラー】目元のくまを隠すのにぴったり

筆ペンやチップのようなタイプの、柔らかいテクスチャーのコンシーラーです。パレットタイプ同様、トラブルにはファンデーション前、ハイライトにはファンデーション後に使用。伸びがよく、保湿力が高いので、メイクがヨレやすく敏感な目もとのカバーなどにおすすめのタイプです。ごく少量を指にとって塗るようにすると厚塗りにならずキレイに仕上がります。

こんな悩みにおすすめ
シミ、そばかす、ニキビ跡、クマ、ベース調整

リキッドコンシーラーのおすすめ製品

資生堂

シアー アイゾーン コレクター
資生堂 メーキャップ

全4色 4.1g 
3,600(税抜)
公式サイト

目元のクマに特におすすめのアイテム。クマを消すために開発された特別な色と素肌感を引き出す極薄フォーミュラが自然に輝くような目もとを演出。乾燥が気になる目もとにみずみずしくなじみます。

【パウダーコンシーラー】シミ・ニキビなどの肌トラブル

その名の通りパウダー状のコンシーラーで、容器はメーカーによって様々あります。シミ、ニキビ跡などをピンポイントで隠すのが得意なパウダーコンシーラー。ファンデーションを塗った後に、気になる部分に使用します。メイクの上からカバーできるのでお化粧直しにもオススメです。しっかりカバーできる分、目の下のクマなど、皮膚が薄く乾燥しやすいところには向いていません。

こんな悩みにおすすめ
シミ、そばかす、ニキビ跡

パウダーコンシーラーのおすすめ製品

ベアミネラル

コンシーラー 
ベアミネラル

全1色 0.75g  SPF20・PA++
2,500円(税抜)
公式サイト

肌の悩みを自然にカバーしてくれるパウダータイプのコンシーラー。気になる場所に筆で重ねるだけで濃さの調節も簡単。日本人になじみやすいイエローベースのカラー。紫外線からも肌を守ります。

【ペンシルコンシーラー】ピンポイントなシミのカバー

ペンシル状のコンシーラーです。リップの輪郭を整えたり、眉山のハイライトにぴったり。色鉛筆のように描きやすいのが良い点ですが、テクスチャーが硬いので、ニキビやニキビ跡などのトラブル部分や、目もとなど皮膚が薄い部分は避けましょう。

こんな悩みにおすすめ
リップの輪郭補正、眉山のハイライト補正、シミ、そばかす

ペンシルコンシーラーのおすすめ製品

RMK

ペンシルコンシーラー
rmk

全4色 0.2g 
2,500(税抜)
公式サイト

極細タイプのペンシルコンシーラーは、ピンポイントカバーやリップラインの補整や小鼻のくすみのカバーに最適。長時間よれにくいウォータープルーフタイプです。

まとめ

タイプ別コンシーラーの特徴、おわかりいただけたでしょうか?
ナチュラル感あふれる美肌演出には、コンシーラー使いがマスト。コンシーラーを選ぶ時には、使いやすさ、どんな部分にどんな風に使いたいのか、カバー力やカラー、テクスチャーなどを吟味して選んでみてください。また、トラブル部分に使用することが多いため、成分も重要なポイントです。ニキビや肌荒れなどのケアまでしてくれたり、シミやそばかすを刺激しないよう紫外線対策ができるものを選びましょう。スキンケア効果まであれば言うことなし。コンシーラーを味方に、肌美人を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る