クリームファンデーション

クリームファンデというと、保湿力には優れているけど、何となく夏に使うには重そう、というイメージを持っている方も多いですよね。でも実は、クリームファンデは6割が「水分」で出来ており、肌への密着力が高いことから、崩れにくく、カバー力があり、紫外線の多い夏場でもかなり使えるファンデなのです。そこで今回は、「重い」「冬用」と誤解されがちな、クリームファンデの特徴や使い方、使ったらどのような仕上がりになるのかなどを、ご紹介していきます。

目次

1、クリームファンデの特徴とは
2、クリームファンデを使う時の注意点と選び方
3、クリームファンデのおすすめ商品
4、クリームファンデの使い方のコツ

1、クリームファンデの特徴とは

クリームファンデとは

クリームファンデとは、粉と油と水を、2:2:6の割合で含んでいる、乳化タイプのファンデを言います。水分を多く含むWater in oil型で、伸びがよく、適度に油分を含むことで保湿効果があり、トリートメント性が高いのが特徴です。

リキッドファンデとの違い

リキッドファンデは、粉と油と水を、1:2:7の割合でふくんでいます。クリームファンデと比べ、水分を多く含むことから、通常、みずみずしくツヤのある仕上がりになります。

しかし、リキッドファンデはクリームファンデと比べ、粉の割合が少ないため、肌への密着力に関しては、クリームファンデの方が優れています。肌への密着力が高いということは、その分乾燥も防ぐことになりますから、保湿効果もあるということになります。

参考文献:日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト

クリームファンデは夏も冬も使える

夏場も実は肌は乾燥しがちです。クーラーの良く効いたオフィスなどは空気がとても乾燥しているため、肌の水分は奪われ肌が乾燥した状態に。なので、保湿力の高いクリームファンデがおすすめです。クリームファンデは、粉の割合は少ないものの、油分の配合がパウダーファンデよりあることで、肌になじみやすく、密着力に優れています。パウダーファンデは汗や皮脂でヨレやすいですが、クリームファンデは肌に密着している分汗や皮脂で化粧が崩れるのを抑えてくれます。
保湿力もあり、乾燥を防ぎますので、インナードライになりやすい夏も、空気が乾燥しやすい冬も使用できます。

2、クリームファンデの選び方

クリームファンデはこんな人におすすめ

クリームファンデは、肌への密着力と保湿力に優れています。
また、1度塗ると崩れにくいという特性もあり、以下のような人に向いています。

□乾燥肌の人
□夏場、空調の効いた部屋にいる人
□なかなかメイク直しができない人
□カバー力が高い方が良い人

クリームファンデは、夏でも冬でもオールマイティに使用できますが、どんな方に向いているのか、説明しますね。クリームファンデは、まず、肌質に合わせて選びましょう。

乾燥肌の方

乾燥肌の方は、肌内部の水分量が少ない肌ですので、少しでも肌内部の水分量をキープすることが必要です。そのために、スクワランなど出来るだけ保湿成分を配合しているものを選びましょう。

敏感肌の方

クリームファンデは肌への密着力が高いので、しっかりと落とすためにはクレンジングが必要です。敏感肌の方は、強いクレンジングで肌が荒れてしまう事もありますので、石鹸だけで落とすことができるミネラルタイプのクリームファンデがおすすめ。出来るだけシンプルな処方のものを選ぶようにしましょう。

オイリー肌の方

クリームファンデは油分が多く含まれているため、オイリー肌の方には不向きな場合もあります。もし、クリームファンデを使うのであれば、保湿成分が多く含まれ、さらっとしたテクスチャーのものを出来るだけ薄く伸ばすように、カバーしたい部分だけ重ねづけするようにしましょう。Tゾーンなどのテカリやすい部分はパウダーなどで抑えるとよいでしょう。

混合肌の方

過剰な皮脂分泌は、肌の水分量の低下を補うために皮脂を出して水分の蒸発を防いでいる場合が多いです。なので、乾燥肌の対策と同じく、ファンデもなるべく保湿成分が入ったものが望ましいです。

個人の肌質の悩みに合う配合成分で、さらにツヤ肌やマット肌など、なりたい仕上がりとかけ合わせ、最適なものを選ぶのがいいですね。

クリームファンデを夏に使う時の注意点

クリームファンデは元々カバー力が高い為、付けすぎてしまうと厚塗り感が出てしまうので注意が必要です。出来るだけ、少量を薄くのばすとナチュラルな仕上がりに。また薄く塗ることでメイク崩れを防ぐことにもつながります。油成分が多いので、ニキビができやすい肌の人には不向きな場合があるので、自分の肌質を確認してから使いましょう。

3、クリームファンデのおすすめ商品

ここでは、カバー力や肌に負担が少ないなど、特徴別にクリームファンデのおすすめ商品をまとめてみました。どんな仕上がりになるかも調べましたので、参考にしてくださいね。

2017年最新おすすめのクリームファンデのおすすめ商品

RMK

クリーミィファンデーション N(リニューアル)
RMK クリーミィファンデーション N クリームファンデーション
全7色 30g SPF28・PA++
5,000円(税抜)
公式サイト
口コミサイトのクリームファンデ部門で堂々の1位を獲得したクリームファンデ。うるおい効果のあるシアバタ―やアルガンオイルなどの保湿成分を配合し、しっとり艶めく肌に整えてくれます。

■こんな仕上がりに
・カバー力がありながらも、薄付きでナチュラル肌に
・顔の赤みやくすみなどの、色ムラをカバーしてくれる

ボビイ ブラウン

スキン モイスチャライジング グロウ ファンデーション
ボビイ ブラウン スキン モイスチャライジング グロウ ファンデーション クリームファンデーション
全10色 30g
8,400円(税抜)
公式サイト
重度の乾燥肌にもおすすめできる、南極の微生物エキスを配合したクリームファンデ。伸びの良いテクスチャーで、乾燥した肌を瞬時に包み込みます。カラーが豊富で、使い続けるほどに肌の基礎体力をアップさせます。

■こんな仕上がりに
・しっかり肌に密着し、自然なツヤ感のある肌に
・粉で抑えると毛穴レスのマット肌にもなる

カバー力のあるクリームファンデのおすすめ商品

クレ・ド・ポー ボーテ

タンクレームエクラ
クレ・ド・ポー ボーテ タンクレームエクラ
全8色 25g SPF25・PA++
12,000円(税抜)
公式サイト
なめらかな艶が満ち溢れてくるような、美しい肌に導くトリートメントクリームファンデ。コクのあるこってりとしたクリームで、日中の肌変化にも対応し、くすみや化粧崩れを防ぎます。

■こんな仕上がりに
・素肌感を残しながらも、輝くようなツヤ肌になる。
・少量でも伸びて毛穴が隠れ、しっかりしたカバー力が持続。

カバーマーク

<ジャスミーカラー>エッセンスファンデーション
カバーマーク<ジャスミーカラー>エッセンスファンデーシ クリームファンデーション
全8色 30g  SPF18 PA++
5,000円(税抜)
公式サイト
数種類の植物抽出エキス配合で、保湿力に優れ、肌荒れにも優しい処方のクリームファンデ。肌にぴったりとフィットし、みずみずしい潤いを保ちます。

■こんな仕上がりに
・自然なカバー力で厚塗り感がなく、ナチュラル肌に。
・乾燥を防ぎ、夜まで肌のしっとり感が持続

肌に負担の少ないクリームファンデのおすすめ商品

rms beauty

アンカバーアップ
rms beauty アンカバーアップ クリームファンデーション
全4色 5ml
4,800円(税抜)
公式サイト
非常にシンプルな成分で肌に優しい処方が特徴のクリームファンデ。コンシーラーとしても使用でき、毛穴や赤みをカバーして、うるおいのある自然な肌へ導きます。

■こんな仕上がりに
・非常に薄付きで、素肌感を残した自然な仕上がりになる
・硬めのテクスチャーで、薄付きだけど時間が経ってもよれない

トゥヴェール

ミネラルクリーミーファンデーション
トゥヴェール クリームファンデーション
全4色 9g SPF30・PA++
2,500円(税抜)
公式サイト
スクワランやホホバ種子などの厳選した美容液成分を配合した、ミネラルクリームファンデ。光の拡散効果で、シミ、シワ、毛穴などのサインを自然にカバー。石鹸でオフできるのも嬉しい。

■こんな仕上がりに
・ヴェールをまとった薄付きで、時間が経つほどにツヤ肌へ近づく。
・肌に負担がない、柔らかな付け心地なのに赤みや毛穴をカバーできる

プチプラクリームファンデのおすすめ商品

メディア

クリームファンデーション
メディア クリームファンデーション
全4色 25g  SPF25・PA++
1,100円(税抜)
公式サイト
のびよくしっかりフィットし、ハリのあるツヤ肌に導いてくれるクリームファンデ。
乾燥しがちな肌に潤いを与え、オールシーズン使用できます。

■こんな仕上がりに
・さらっとした塗り心地でツヤ感がある肌に。
・カバー力があり、毛穴レスな肌に見せてくれる

インテグレート

グレイシィ モイストクリーム ファンデーション
インテグレート クリームファンデーション
全4色 25g SPF22・PA++
1,200円(税抜)
公式サイト
肌にぴったりフィットし、美しい仕上がりをキープしてくれるクリームファンデ。コスパに優れていて厚塗りにならず、自然な仕上がりでくすみや毛穴もカバーしてくれます。

■こんな仕上がりに
・適度なツヤ感があり、肌が均一に見える
・毛穴落ちもなく、汚い崩れ方をしない

クレンジング不要のクリームファンデーション

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルクリーミーファンデーション
MiMC_ミネラルクリーミーファンデーション クリームファンデーション
全6色 10g SPF20 PA++
6,500円(税抜)
公式サイト
口コミサイトのランキング1位を獲得した、高いカバー力とスキンケア効果で売れ続けているクリームファンデ。パワフルな11種類の美容液エキスの力で1日中メイクしても、まるで美容液を付けているように、明るくうるおいのある肌に導きます。石鹸でオフできます。

■こんな仕上がりに
・ほのかなツヤ感で、厚塗り感がなく自然な仕上がりに。
・ハーブのいい香りで、重ね付けしてもヨレない

▼MiMCのミネラルクリーミーファンデーションを実際に使ってみたレポートはこちら
MiMCの人気NO1!クリーミーファンデーションを実際につかってみた

ナチュラルな仕上がりになるクリームファンデーション

ルナソル

スキンモデリングウォータークリームファンデーション
ルナソル スキンモデリングウォータークリームファンデーション クリームファンデーション
全6色 30g  SPF20・PA++ 
5,000円(税抜)
公式サイト
スキンケア成分を配合し。みずみずしい感触で軽やかに伸びるクリームファンデ。ウォーターキーピングフォーミュラにより、うるおいをキープし、透明感あふれる艶肌へ導きます。

■こんな仕上がりに
・重くならず、軽い付け心地でナチュラルな仕上がりに。
・薄付きなのにクマやシミをカバーしてくれる

イプサ

クリーム ファウンデイション
イプサ クリーム ファウンデイション クリームファンデーション
全6色 25g  SPF15 PA++
4,000円(税抜)
公式サイト
どんな光の下でも美しく見せるパール入りで、ツヤのある透明肌へ導くクリームファンデ。ノンコメドジェニック処方で肌にも優しく、うるおいを与えながら、カサつきをカバーします。

■こんな仕上がりに
・ナチュラルなツヤ感で、肌を綺麗に見せてくれる
・クマやくすみがこれだけで隠れるので、時短になる

4、クリームファンデの使い方のコツ

では、実際にクリームファンデを使用するときに、どのように使用すればいいのでしょうか。
クリームファンデの使い方 クリームファンデーション
まずクリームファンデを、おでこ、両頬、顎の4ヶ所に少量ずつ乗せます。クリームファンデは元とカバー力が高いので、付けすぎると厚塗り感が出てしまうので、少量を薄く伸ばすことで、化粧崩れを防ぐことが出来ます。

① 頬に乗せたファンデを中指と薬指の腹を使って軽く叩くように中央部分にのばす。
② 頬の中央部分から外側に向けて中指と薬指の腹を滑らせながらのばす。
③ あごにのせたファンデを中指と薬指の腹を使ってあごから左右の口の周りにのばす。
④ 薬指に少しファンデが残ってる状態で目の周りへ移動。目尻側から目頭側へ叩くようにのばす。
⑤ おでこに乗せたファンデを中指と薬指の腹をすべらせながら下から上へのばし、生え際は左右へのばす
⑥ フェイスラインは手のひら全体で包むようにしながら内側から外側へ向けてのばす

仕上げのポイント

クリームファンデの仕上げに、ルースパウダーを用いることで、崩れやヨレを防止することが出来ます。

仕上げのパウダーは、内側から外側に円を描くようにさっと乗せます。
パフではなく、ブラシでふんわりと乗せるようにすると均一でムラがない綺麗な仕上がりになります。

エトヴォス

カブキブラシ
エトボス カブキブラシ クリームファンデーション
2,400円(税抜)
素材:高級タクロン
全長:約7.5cm
公式サイト
このエトヴォスのブラシのように、幅があることで肌へ乗せる回数が減り、摩擦を少なくすることが出来ますので、なるべく大きめのものを選びましょう。

▼ブラシの使い方に関して、詳しくはこちらの記事をご覧ください
時短で綺麗!ファンデーションブラシのおすすめ商品・使い方を徹底解説

■メイク直しの方法

クリームファンデは、付け過ぎるとヨレの原因になってしまいます。崩れ方が少量の場合は、以下のように直しましょう。

1、軽くティッシュオフする
2、クリームファンデを付けたスポンジやパフで皮脂を抑える
3、ルースパウダーを軽く乗せる

クリームファンデ自体を重ねずに、まずは皮脂や汗などの汚れをオフしてあげるようにしましょう。

▼メイク直しに関して、詳しくはこちらの記事をご覧ください
簡単!メイク直しに役立つ、とっておきのアイテム徹底紹介!

まとめ

クリームファンデは保湿力、カバー力に優れており、付け方を間違えなければ夏でも使用できるアイテムです。夏のインナードライに悩む人も、カバー力の高いファンデを探している人も、現在の肌の悩みと、なりたい肌に合わせてクリームファンデを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る