乾燥肌

冬でも潤う!乾燥肌向け、スキンケアアイテムのおすすめ徹底紹介

乾燥肌 スキンケア

秋から冬にかけての時期、季節の変わり目とともに訪れるカサつきに悩む方も多いのではないでしょうか。夏のダメージ、秋からの水分不足、冬の乾燥による肌荒れをケアするためにも、秋から冬にかけての時期に乾燥対策をすることが、非常に重要です。
今回は、秋から冬にかけての肌の変化に負けないようなスキンケアの方法やアイテムをご紹介します。

目次

1、乾燥肌のおすすめのスキンケア
2、保湿力で選ぶ!秋冬の新作スキンケアアイテム3選
3、秋冬の乾燥肌におすすめのメイクアイテム紹介!

1、乾燥肌のおすすめのスキンケア

夏は、水分蒸発量が少なく、潤い不足はあまり感じない方が多いのですが、夏以降、肌の水分蒸発量は増え、皮脂の量も減ってきます。

乾燥肌 皮脂量 グラフ

秋は夏の紫外線などによるダメージを引きずっている状態で肌がストレスを感じて弱っています。肌の水分蒸発量が増えると同時に、皮脂の量も減ってくるので、目元や口元などがカサつき始めるのです。冬、ますます空気が乾燥するようになれば、肌荒れや肌表面の乾燥による小じわも目立つようになってきます。

水分チャージと水分を保持するケアが重要!

乾燥肌 スキンケア
秋から冬にかけての乾燥肌は、水分蒸発量が多くなり、肌が乾燥しやすくなるので、肌の水分を補ってあげるための保湿をすることが第一。
夏の紫外線のダメージで砂漠の様な状態の肌に水分をチャージすることと、その水分を逃さないように保持するケアを行うことが大切です。

そこで、どのように保湿ケアを行ったらいいのかを、詳しく見てみましょう。

水分をチャージする

私たちの肌の水分量は、

□皮脂(皮脂膜)
□天然保湿因子
□細胞間脂質

肌の水分量 スキンケア

3つの成分がバランスを保つことによって成り立っています。

加齢や一時的な過剰洗顔で天然保湿因子や細胞間脂質などの油分が減少すると、肌が潤いを保てなくなり、乾燥を引き起こしてしまうのです。ですから、天然保湿因子に似た成分であるアミノ酸、細胞間脂質に似たセラミドなどを与えて肌の“保水力”を高める事が大切です。

セラミドは速効性があり、継続して使用することで肌の水分量を増やすことができるので、乾きにくい肌をつくることが出来ますね。

与えた水分を保持する

潤いを与えた後は、肌に入れた水分を蒸発させないように、水分を保持するケアが大切です。スクワランやホホバオイルなどの潤った肌にフタをする成分が含まれた美容オイルなどを使って水分をキープしましょう。

肌の奥までうるおう保湿パックで集中ケア

スキンケア パック

化粧水や乳液、クリームをやっても乾燥を感じることがあります。そのように特に乾燥がひどい場合は、保湿パックを使ってじっくり時間をかけて角質層に保湿成分を浸透させ、肌の潤いを保つようにしましょう。

2、保湿力で選ぶ!秋冬の新作スキンケアアイテム3選

乾燥対策のスキンケア方法が分かったところで、少しでも肌の水分保持力を高められるような成分が配合されたスキンケアをご紹介します。

エスト

エスト ザ ローション
エスト ザローション
140ml 
6,000円(税抜)
公式サイト
砂漠の塩湖でも水分を逃さない生物が生み出す成分「エストイン」がもつ保水力に着目し、角質細胞内のケラチン繊維にうるおいを維持できるように水分を抱え込ませたローション。ヒバマタエキスやユーカリエキスなどの保湿成分も加え、いつまでもみずみずしい肌に導きます。

アルビオン

エクシア アンベアージュ ル セラム
アルビオン エクシア アンベアージュ ル セラム
40ml 
38,000円(税抜)
公式サイト
きめ細かい肌に整える、コクのある美容液。とろりとした付け心地でも、すっと肌になじみながら浸透していくので、水分不足の角質層にまで浸透している滑らかな肌感が味わえます。

THREE

エミング ローション
THREE エミング ローション
140ml 
7,800円(税抜)
公式サイト
ローズ油やゼラニウム油など天然由来成分96%で、保湿成分をたっぷり配合したローション。肌を整えるとともに、乾燥による様々な肌トラブルをガードできるようにサポートしてくれます。

イプサ

バリアセラム
イプサ バリアセラム
50g
5,000円(税抜)
公式サイト
2017年の7月にイプサから新発売しました。みずみずしいジェルが、角質層にバリアを形成し、潤いやスキンケア効果を肌にとどめます。肌のお手入れの一番、最後に使うことで、先に塗った化粧水やクリームの効果をさらに高め、みずみずしくもちもちとした肌へと導いてくれます。

3、秋冬の乾燥肌におすすめのメイクアイテム紹介!

乾燥肌には保湿を中心とした正しいスキンケアももちろん大切ですが、メイクアップアイテムも保湿が出来れば乾燥に負けない肌に近づくはず。

そんな願いをかなえてくれるアイテムを集めてみました。

3-1、おすすめのファンデーション

肌に優しい!ミネラルファンデーション

MiMC(エムアイエムシー)
ミネラルクリーミーファンデーション
MiMC ミネラルクリーミーファンデーション
全6色 SPF20 PA+++ 10g 
6,500円(税抜)
公式サイト
11種類の天然美容成分を濃縮した美容液バームにミネラルパウダーを溶け込ませ、スキンケア効果とファンデーションのカバー力を合わせたようなミネラルファンデーション。合成界面活性剤や合成防腐剤を使用せず、厳選した植物美容液エキスの力で、うるおいのある肌を実現し、まるでパックしているようなみずみずしい心地よさを味わえます。クレンジング不要で石鹸だけでメイクオフ出来るので、肌への負担も軽減できます。

エトヴォス
クリーミィタップミネラルファンデーション
エトヴォス クリーミィタップミネラルファンデーション
全3色 SPF42 PA+++ 7g 
5,600円(税抜)
公式サイト
グルコシルセラミドやアルガンオイルなどの保湿成分が乾燥からしっかり肌をガードし、まるで美容液のようにうるおうファンデーション。下地不要で、タップするだけで肌のキメを簡単に整えてくれます。

美容成分で潤う!ファンデーション

シュウ ウエムラ
ザ・ライトバルブ エッセンシャルオイルインファンデーション
シュウ ウエムラ ザ・ライトバルブ エッセンシャルオイルインファンデーション
全12色
6,000円(税抜)
公式サイト
エッセンシャルオイル配合で、乾燥を感じさせないツヤ肌に仕上げてくれるうるおいファンデーション。とろみのあるテクスチャーが肌になじむだけでなく、ナチュラルな植物の香りでリラックス効果もあるので、普段使いにもぴったりですね。

マキアレイベル
薬用クリアエステヴェール(医薬部外品)
Macchia Label(マキアレイベル) 薬用クリアエステヴェール
全5色 25ml 
4,216円(税込)
公式サイト
スクワランやコラーゲンなど、68種類もの美容液成分を配合した、美容液ファンデーション。カプセルに閉じ込められた美容成分が時間差で溶けだし、メイク中にも潤いが持続するので、みずみずしい肌を長時間キープできます。

3-2、おすすめのフェイスパウダー

コスメデコルテ

AQ MW フェイスパウダー
コスメデコルテ AQ MW フェイスパウダー
全5色 20g 
5,000円(税抜)
公式サイト
オーガニックシルクパウダーを保湿成分であるアミノ酸でコーディングしたフェイスパウダー。肌にしっとりと吸い付き、かさつかず、乾燥肌でも使いやすい処方。ふんわりと滑らかな質感を表現してくれます。

3-3、おすすめのフェイスミスト

ルナソル

スキンコントロールミストN (リフレッシュ)
ルナソル スキンコントロールミストN
全3色 SPF42 PA+++ 7g 
5,600円(税抜)
公式サイト
水分と油分のバランスを絶妙に整えてくれるミスト状ローション。シュッとメイクの上からひとふきするだけで、手軽に外出先でも潤いを補給できちゃうアイテムです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
秋から冬にかけては、肌も敏感になりますが、季節の乾燥は日常的なお手入れにより最小限に食い止められるもの。こまめな手入れを心がけて、乾燥知らずの冬を迎えられるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

完全保存版!ファンデーションの選び方徹底解説!

ファンデーション 選び方

ファンデーション選びに悩んだことはありませんか?ファンデーションと言っても、パウダーファンデーション、リキッドファンデーション、水ファンデーションやクッションファンデーション…アイテムも種類も星の数ほどあり、その種類も様々です。どれを選んだらいいの?と右往左往してしまう方も多いはず。

そこで今回は、今まで自分に合ったファンデーションが分からなかった方も、自分にピッタリのファンデーションが見つかるように、肌質や年齢、仕上がり別に徹底解説していきます。

目次

1、ファンデーションの種類の説明

パウダーファンデーションの特徴
リキッドファンデーションの特徴
クリームファンデーションの特徴
クッションファンデーションの特徴

2、肌質別のファンデーションの選び方

乾燥肌のファンデーションの選び方
敏感肌のファンデーションの選び方
混合肌のファンデーションの選び方
オイリー肌のファンデーションの選び方

3、年代別のファンデーションの選び方

20代のファンデーションの選び方
30代のファンデーションの選び方
40代のファンデーションの選び方

4、肌悩み別ファンデーションの選び方

ニキビ肌が気になる人のファンデーションの選び方
肌荒れが気になる人のファンデーションの選び方
毛穴が気になる人のファンデーションの選び方

5、目的や仕上がり別のファンデーションの選び方

艶肌に見せるファンデーションの選び方
メイク崩れしにくいファンデーションの選び方
カバー力のあるファンデーションの選び方
時短でメイクをしたい人のファンデーションの選び方
肌に負担をかけないファンデーションの選び方

6、ファンデーションの色の選び方

1、 ファンデーションの種類の説明

ファンデーションには、主に4つの種類があります。まずは簡単にそれぞれのファンデーションの特徴をチェックしてみましょう。

パウダーファンデーションの特徴

パウダーファンデーションは、粉タイプのファンデーションで、最もメジャーです。持ち運びが便利で手軽な面も忙しい女性には嬉しいですよね。マシュマロのようなフォギーなやマットな質感になり、下地やルースパウダーと併用して使うのが一般的です。

こんな人におすすめ

□脂性肌・混合肌
□時短でメイクを仕上げたい人
□化粧直しを何度もする人
□可愛いコンパクトが好きな人

▼パウダーファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
パウダーファンデーションが人気の訳とは?使い方から人気商品まで徹底解剖!

リキッドファンデーションの特徴


リキッドファンデーションは、粉と油と水が、1:2:7で配合されており、水分が多いためうるおいがあります。カバー力と保湿力が高く、肌への密着度が高く伸びがいいのが特徴です。トレンドのツヤ肌を簡単に作れ、ルースパウダーなどを用いれば、マットな質感も表現できます。より自然な肌に見せたい、という方におすすめです。

こんな人におすすめ

□うるおいが欲しい人
□自然な素肌感を演出したい人

▼リキッドファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
リキッドファンデは乾燥知らず!ツヤ肌になれる塗り方と人気ランキングTOP5

クリームファンデーション


クリームファンデーションは、粉・油・水が2:2:6の割合で配合されている乳化したファンデーションを言います。
リキッドファンデーションより水分が少なく、粉が多めで、リキッドファンデーションと比較して硬めのテクスチャーのファンデーションです。

テクスチャーが硬い分、より肌に密着し、カバー力が強く、一度塗ると崩れにくいです。
シミやそばかすなどを隠したい、しっかりめのメイクをしたい方に向いています。

こんな人におすすめ

□カバー力重視の人
□長時間メイクが直せない人

クッションファンデーション


クッションファンデーションは、柔らかいスポンジにあらかじめファンデーションをしみこませている形状のファンデーションのことです。手を汚さずにツヤ肌が作ることができ、パウダーの手軽さとリキッドのカバー力を併せ持った新しいファンデーションです。

こんな人におすすめ

□乾燥肌・混合肌
□手軽に化粧直しがしたいけど、カバー力もほしい人
□下地やコンシーラーを塗るのが面倒な人

▼クッションファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
2017年のトレンドはツヤ肌!クッションファンデーションがおすすめ

2、肌質別のファンデーションの選び方

ファンデーションの種類が分かったところで、肌質別の選び方を見てみましょう。

乾燥肌のファンデーションの選び方


乾燥肌の人は、肌の水分が足りずに肌表面が乾いているため、ファンデーションを塗ってもカサカサしたり、皮がめくれてくるという場合もあります。そんな乾燥肌の人のファンデーション選びのキーワードは「保湿」です。

乾燥肌のファンデーション選びのポイント

□保湿成分がたくさん入っている
□ツヤのある仕上がりになる

ミネラルファンデーションのような、肌に優しいシンプル成分なのに、天然由来の保湿成分が入っているようなものもおすすめです。

▼乾燥肌のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
乾燥肌さん必見!安心して使えるファンデーションの選び方と使い方を伝授

敏感肌のファンデーションの選び方


敏感肌の人のファンデーション選びのキーワードは「クレンジング不要」です。
ちょっとしたケミカル成分で肌に炎症が起きたりしてしまうので、ナチュラルな成分でできた、シンプルな処方のミネラルファンデーションをおすすめします。
リキッドタイプのファンデーションより、パウダータイプの方がよりシンプルな成分で、さらにシンプルな処方なのはルースタイプのファンデーションです。

他にも、保湿効果のある美容液を下地の代わりに使ったり、皮膚科医のような専門家が監修したアイテムも安心感がありますね。

敏感肌のファンデーション選びのポイント

□シンプル成分
□ケミカル成分があまり入っていない
□ルースタイプのファンデーション
□皮膚科医監修のアイテムを使う

▼敏感肌の人のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
敏感肌の人におすすめのファンデーションを厳選紹介!

混合肌のファンデーションの選び方


混合肌の人は、Tゾーンと顎のラインなどの肌質が異なっており、どういうものを選べばいいのか迷うところ。ですが、脂性肌でも乾燥肌でも、大事なのは保湿です。保湿力の高いアイテムを使用しながらも、量をパーツごとに変えられるものを選べばテカリや乾燥が抑えられ、肌がキレイに見えます。

混合肌のファンデーション選びのポイント

□保湿効果の高いアイテムを選ぶ
□パフやブラシなど重ね付けに適しているものを選ぶ

▼混合肌の人のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
もう迷わない!混合肌のためのスキンケア&ファンデーション

オイリー肌のファンデーションの選び方


オイリー肌の人は、とにかく皮脂をこれ以上増やさない、ということが前提になります。
油分が多いリキッドファンデやクリームファンデだと、浮いてしまい化粧が崩れる原因になってしまいます。これを防ぐには、油分の少ないパウダーファンデーションか、ミネラルファンデーションのような肌に負担の少ないものが最適です。

オイリー肌のファンデーション選びのポイント

□油分が少ないパウダーファンデやミネラルファンデを選ぶ

▼オイリー肌の人のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
オイリー肌必見!最適なファンデーション選びとスキンケアのコツは?

3、年代別のファンデーションの選び方

年代別でも、ファンデーションの選び方は変わってきます。詳しく見てみましょう。

20代のファンデーションの選び方


20代は本格的に化粧をし始める時期。新陳代謝は比較的活発なものの、新しい環境になり肌へのストレスも増加する年代です。外部からの刺激を極力しないよう、なるべく肌に負担をかけず、忙しくてもさっとメイクできるようなファンデーションがいいでしょう。

20代に適したファンデーションのタイプ

□保湿もできるパウダーファンデーション
□肌ストレスを軽減するミネラルファンデーション

▼20代に人気のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
20代女子に人気の優秀ファンデーション、定番5選

30代のファンデーションの選び方


30代は20代で無理をした分だけ、肌の変化が感じられるようになります。毛穴の開きや、吹き出物ができたり、シミやそばかすが濃くなる、という現象が徐々に起こるようになってきます。これを防ぐには、少し上質なアイテムを使った紫外線対策や、毎日のスキンケアなどをこまめにやることです。ファンデーションも、UVカット対策ができたり、美容成分が配合されたりという機能的なものも取り入れていく必要があります。

30代に適したファンデーションのタイプ

□UV効果の高いリキッドファンデーション
□美容液成分配合のパウダー、あるいはミネラルファンデーション

▼30代に人気のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
30代の悩み別!結果の出やすいファンデーションのランキング

40代のファンデーションの選び方


40代の肌は、角質層の水分量の低下などによる、たるみやシワの増加、くすみなどの、今までにない悩みが出てきます。今までに使っていたファンデーションだと、乾燥が目立ったりするのも特徴です。対策としては、スキンケアから見直すとともに、より保湿力の高いファンデーションを使う必要があるでしょう。

40代に適したファンデーションのタイプ

□保湿力の高いクリームファンデーション
□高濃度美容液が配合されたクッションファンデーション

▼40代に人気のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
悩み別でみる! 40代の女性の為のファンデーションの選び方

4、肌悩み別ファンデーションの選び方

ニキビ肌が気になる人のファンデーション選び方


ニキビは、アクネ菌の増殖により起こります。そのアクネ菌のエサとなるのが油分ですので、ニキビ肌が気になる人はなるべく油分の少ないファンデーションを選びましょう。
もちろん、スキンケアと並行することが大事ですので、常に肌を清潔に保つように心掛けるといいですね。

ニキビの時のファンデーション選びのポイント

□油分が極力少ないこと
□石けんでオフ出来るような、肌負担が少ないこと

▼ニキビ肌が気になる人のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
ニキビがある時に使えるファンデーションって?おすすめをご紹介!

肌荒れが気になる人のファンデーション選び方


肌荒れが起こる原因は様々ですが、見落としがちなのが「クレンジングや洗顔による摩擦」です。摩擦があると肌に負担をかけ、それが炎症として肌表面に現れてきます。
どのような原因であっても、肌荒れをしているときは、「クレンジング不要」のファンデーションを選ぶことが必要になってきます。

肌荒れの時のファンデーション選びのポイント

□肌に負担のかかるクレンジングをしなくてもいいこと
□極力肌に優しい成分であること
□シンプルな処方であること

▼肌荒れの時のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
肌にやさしいファンデーションで肌荒れを防ぐ!選び方のポイント

毛穴が気になる人のファンデーション選び方


毛穴が詰まっていたり、黒ずんでいたり、その原因は角栓の酸化や色素沈着です。これを改善するには、皮脂をきちんと落とし、毛穴を引き締めることが大切。つまりファンデーションも、過剰な油分がなく、毛穴に詰まらずにさっと落とせる、ミネラルファンデーションのようなものが理想です。

毛穴が気になる人のファンデーション選びのポイント

□油分が少なく、肌に負担がかからない
□毛穴にたまる皮脂を吸着してくれるミネラルファンデ

▼毛穴が気になる人のファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
毛穴の悩みを解決!とっておきのケアとファンデーションを紹介

5、目的や仕上がり別のファンデーションの選び方

次は、「こういう肌になりたい!」という仕上がり別のファンデーション選びについてみていきましょう。

艶肌に見せるファンデーションの選び方


トレンドの艶肌を作るには、まず大事なのはキレイな素肌作りです。丁寧なクレンジングやスキンケアを通して、なりたい肌に近づけていきましょう。
それに加えて、ファンデーションはツヤ感の出るものを、とにかく薄くつけるのがポイントです。出来る限り素肌に近づければ、キレイな艶肌が作れます。

艶肌を作れるファンデーション選びのポイント

□軽い付け心地のもの
□保湿力があり、シンプルな成分のもの

▼艶肌に見せるファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
艶肌でキレイに魅せる!ファンデーションの使い方

メイク崩れしにくいファンデーションの選び方


「メイク崩れがしやすい」とお悩みの方、その原因は皮脂の過剰分泌や、スキンケアの付け過ぎなど様々です。崩れないためには、塗り方も工夫する必要があります。下地とファンデーションを同じメーカーのものにしてなじみやすくしたり、ファンデーションをつけすぎないようにしたりすると、崩れにくくなってきます。

崩れないファンデーションの選び方

□肌に長時間密着してくれるものを選ぶ
□最後にフェイスパウダーをつける

▼メイク崩れしにくいファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
プロのメイクアップアーティストがアドバイス!崩れないファンデーションのためのコツ

カバー力のあるファンデーションの選び方


カバー力は、ファンデーションの種類によって異なります。

パウダーファンデーションのカバー力

パウダーファンデーションには、粉が多く配合され、他の3つのタイプに比べると、肌への密着力が弱く、カバー力は低いことが多いです。
ただ、肌色補正機能があり、赤みやそばかすのカバーをしてくれたり、脂浮きを防いでくれるので、脂性肌の方や赤みで悩んでいる方にはおすすめです。

リキッドファンデーションのカバー力

リキッドファンデーションは、水分が多く配合され、伸びが良く、カバー力は高めです。トリートメント性が高くみずみずしいので、カバー力は高くても、肌が呼吸していないかのような重い感触が苦手という方に向いています。

クリームファンデーションのカバー力

クリームファンデーションは、リキッドファンデーションより水分が少なく、粉が多いため、テクスチャーが重くて固く、肌への密着度が高いのでカバー力は抜群に高いです。
長時間メイク崩れを防ぐこともできるのですが、厚塗りになりやすく、いったん崩れるとメイク直しがしにくいというデメリットがあります。

クッションファンデーションのカバー力

クッションファンデーションは特徴として、パウダーの手軽さとリキッドのカバー力を併せ持ったファンデーションですので、カバー力は高いです。携帯性に優れているので、外出が多い、あるいは長時間メイクを直せない人にとっては、手軽にメイクや、メイク直しが出来るのでおすすめです。

▼カバー力のあるファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
もう迷わない!カバー力アップならこのファンデーション!

時短でメイクをしたい人のファンデーションの

忙しい朝など、少しでも時間が欲しい、メイクに時間をかけたくない、という人には、機能性ファンデーションをおすすめします。機能性ファンデーションとは、BBクリームやCCクリームのような、スキンケアも下地機能もUVケアもファンデーション機能もある、といった1つで複数の機能があるファンデーションのことです。
美容液成分も配合していて、下地もUVケアも、すべてそれで済むとなれば、別々にやる時間と手間、コストまで省けます。

▼時短でメイクをしたい人のファンデーションの選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
時短でスキンケアも出来る!MiMCのミネラルエッセンスモイストを実際に使ってみた

コフレドールのファンデーションは時短でキレイ?忙しいママが使い心地をレポート!

6、肌に負担をかけないファンデーションの選び方


どんな年代でも、どんな肌質でも肌には負担をかけたくないもの。そんな時の強い味方が、ミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションって?

天然の鉱物、つまり酸化鉄や酸化チタン、マイカやシリカなどを主成分として作られているファンデーションをミネラルファンデーションといいます。日本においては明確な定義が無い為、製品によって品質にばらつきがあるのが実情です。ミネラルファンデーションを買う時には成分表示をしっかりと確認することをおすすめします

どんな肌質に合うの?

ミネラルファンデーションは、オールシーズン、どんな肌質の方でも合います。
シンプルな成分で、天然由来のものが多いので、肌に負担をかけずにメイクをすることが出来ます。皮膚科医が監修していたり、アレルギーテスト済みのものもありますので、敏感肌の方でも安心して使えるのが嬉しいですね。

▼ミネラルファンデーションについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください
ミネラルファンデーションの人気を徹底解析!商品から使い方・選び方まで紹介!

6、ファンデーションの色の選び方


ファンデーションを選ぶときに、最後に悩むのが色です。現品を試せる場合、手の甲に塗って試していませんか?手の甲の色は、当然ながら顔の色と異なっています。顔の色より暗かった、ということになりかねませんので、必ず顔で試します。

具体的には、次の点に注意して選びましょう。

色の選び方のポイント

□色は、手の甲ではなく目の下の三角ゾーンかデコルテと合わせる
□明るい場所で試す
□時間が経ってくすまないかを確認する

▼ファンデーションの色の選び方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください
素肌が美しく見える!プロが教えるファンデーションの色選び

参考文献:「日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト コスメの教科書」小西 さやか (著), 日本化粧品検定協会® (監修)

まとめ

ファンデーションの選び方をいろいろな角度から紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ファンデーションを選ぶ際には、年齢や肌質だけではなく、理想の質感や仕上がりによって総合的に判断して決めていくのがよさそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ファンデーションだけじゃなかった!今注目されているミネラルコスメ!

ミネラルコスメ

敏感肌の人や肌を大切にしたい人にはもちろん、トレンドを気にする女性に人気が上がっているミネラルコスメ。今、ミネラルコスメが注目されている理由をご存知ですか?今回はミネラルコスメの魅力やおすすめの理由、人気のアイテムなどをご紹介します

目次

1、カラバリ豊富!ジュエリーを付ける感覚でメイクできるミネラル!
2、ミネラルコスメを使うと肌が綺麗になれる!?スキンケア効果あり!
3、おすすめのミネラルコスメ、種類別に紹介
4、ミネラルコスメが買える、おすすめのセレクトショップ!

1、カラバリ豊富!ジュエリーを付ける感覚でメイクできる!

ミネラルコスメの成分は「マイカ」「酸化チタン」「酸化亜鉛」「酸化鉄」「シリカ」などが含まれています。これらが「ミネラル(鉱物)」。酸化鉄などの色彩豊かな鉱物は「顔料」と呼ばれ、ファンデーションの色はこの鉱物によるもの。アイシャドウやチークなども原理は同じです。

1-1 ファンデーションだけではない!豊富な種類やカラーバリエーションも!

ミネラルコスメと聞いてまず浮かぶのはお肌に直接着けるファンデーションや下地。しかし、今ミネラルコスメのラインナップは種類が豊富。チークやアイシャドウ、口紅(リップ)、マスカラなどの商品もあります。ミネラルコスメに使われている鉱石と、ダイヤモンドやウルトラマリンなどの馴染みのある宝石は同じ鉱石の一種です。「ミネラル」という響きからなんとなく、ナチュラルな印象を持っている方もいるかもしれませんが、実はミネラルコスメはラメなどの輝きが特徴的で、本物志向の人に人気があります。メイクアップアーティストや、舞台のメイクなどにも使われている実績も!カラーバリエーションも豊富なところが注目を集めています。

そもそもミネラルコスメとは?

最初にミネラルファンデーションを提唱したDIANE RANGERは、合成着色料、タルク、賦形剤、鉱物油、合成香料の5つが入っていない定義を満たすものをミネラルコスメとしています。ただし日本においては明確な定義が存在していないため「ミネラル」と記載されているにも関わらず、それ以外の成分が入っている化粧品も少なくありませんので商品購入する際は、他の成分にも注目して購入すると良いでしょう。

ミネラルファンデーションについてもっと詳しく知りたい方はコチラの記事がおすすめ▼
ミネラルファンデーションの人気を徹底解析!商品から使い方・選び方まで紹介!

2、ミネラルコスメを使うと肌が綺麗になれる!?スキンケア効果あり!


もともとミネラルコスメは1970年代にレーザー治療やケミカルピーリングの後で炎症を起こした肌にも使えるコスメとして誕生し、ハリウッドセレブの間で話題となりました。
純度の高いミネラルコスメなら、肌への負担が少なく、成分である酸化亜鉛には消炎作用も。加えて、紫外線の散乱や反射による高い紫外線カット効果を持ちあわせているため、肌にとっては良いことだらけです。

ミネラルコスメをおすすめする理由は以下のとおり。

スキンケア効果やニキビや肌荒れを抑える効果がある

医療現場で傷口に塗る薬として使用され、消炎作用を持っている酸化亜鉛を使用していることからニキビや肌荒れを抑え、スキンケアをする効果が期待できる。

肌への負担が少なく、皮膚呼吸を妨げない

時間が経つにつれ皮脂と馴染みやすく、皮膚をラップの様に包み込むポリマー不使用の商品が多い為、皮膚呼吸を妨げにくく肌に負担がかかりにくい。

高い紫外線カット効果がある

紫外線反射剤ミネラル(酸化チタン、酸化亜鉛)は、UVA波(光老化の原因となる紫外線)、UVB(シミやソバカスの原因となる紫外線)ともに遮る効果が高い成分のため、紫外線カット効果がある。

時間が経つほど肌になじむ

ミネラルのパウダーはメイクをしてから時間が経つにつれてしっとり馴染む性質を持っているため、肌の表面が乾燥しにくい。

石鹸で洗顔が可能

石鹸で洗顔が可能なため必要な皮脂まで洗い流してしまうことを防ぎ、肌にもともと備わっているバリア機能守ることができる。

3、おすすめのミネラルコスメ、種類別に紹介

■アイシャドウ

オンリーミネラル

アイシャドウ

全17色 1g 2,500円(税抜)
公式サイト
濃い色合いのアクセントカラーと、淡い色合いのニュアンスカラーのバリエーションが豊富で
綺麗なグラデーションを作ることができます。ジュエリーの様に輝く発色で色を重ねても濁りません。石鹸で簡単に落とすことが可能。

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルカラーパウダー(ミネラルアイシャドウ)

全13色 0.6~0.9g
公式サイト

100%ピュアミネラルアイシャドウで、天然鉱石のジュエリーのような輝きが実現。カラーバリエーションも豊富で、マットなタイプからツヤ感のあるタイプ、パールやラメ感のあるタイプなど種類も豊富です。粒子が細かく、肌への馴染みや伸びに優れ、時間が経っても崩れません。

■チーク

エトヴォス

ポンポンミネラルチーク

全10色 2g
公式サイト
天然ミネラルで作られ、鮮やかな発色ながら。肌に自然に馴染み、華やかさを演出できます。防腐剤・香料・ワックス・オイルを含まないので、敏感肌やお子様にも使えます。天然のミネラルで出来ているのでクレンジングは不要で石鹸だけで簡単に落とすことが可能。

■口紅(リップ)

オンリーミネラル

ミネラルルージュ

全5色 4.4g
2,950円(税抜)
公式サイト

ミネラルのみで色付けした天然由来成分100%の美発色ルージュ。合成着色料を使用せず、色素沈着しにくい天然のミネラルのみで色付けしています。スクワラン、シアバター、はちみつなどの保湿成分も配合し、しっとり柔らかなツヤとハリのある大人の唇に。唇にやさしく肌なじみの良い色です。口コミでも「ふっくらと見えて唇のシワが目立ちにくくてとても良い!」と人気のリップ。

24h cosme

テイストミー リップ&チーク

全3色 2g
2,300円(税抜)
公式サイト

タール系色素不使用のリップ&チークです。天然ミネラルの鮮やかな発色はそのままに、ヒマワリ種子油、ツバキ油、ココナッツオイル、3種の美容オイルを加えて、グロスのようなぷるんとした艶やかな仕上がりに。シアーな質感と鮮やかな発色でクリームチークとしてもおすすめです。一度塗りで発色が綺麗、唇のくすみや血色の悪さもカバーしてくれるなど口コミでも評価の高いアイテムです。

■マスカラ

アクア・アクア

オーガニックロングマスカラ

全3色 6.5g
2,500円(税抜)
公式サイト

20種類以上のアミノ酸を含む真珠プロテインと天然ミネラルのコンビネーションで、ツヤのある漆黒まつ毛を演出するマスカラ。ブドウ種子エキス、ユズ果実エキス、ビワ葉エキスが繊細なまつ毛をパサつきからしっかり守ります。細かい毛もキャッチし、まつ毛を綺麗にセパレートしながらより長く美しい仕上がりへと導く、極細ブラシを採用。フィルムタイプなのでお湯&洗顔だけでオフできます。

マスカラでも珍しいネイビーブルーやブラウンカラーがあるのでメイクが楽しくなるアイテムです。塗り心地もよく、落とし具合もお湯でしっかりオフできて嬉しいとの声が多数。つけた後に若干乾くのに時間がかかるそうなので奥二重の方はよく乾かしてから瞼を上げるのが良いかもしれません。

エトヴォス

ミネラルロングラッシュマスカラ

全4色 9g
2,500円(税抜)
公式サイト

洗練されたカーブを描く“美フォルム”まつ毛を長時間キープ。フィルムタイプでにじみにくく、お湯と洗顔料で簡単にオフできます。美容液成分配合の目元にやさしいマスカラです。ダマになりにくく自然な仕上がりで、カールも長持ちします。

4、ミネラルコスメが買える、おすすめのセレクトショップ!

ミネラルコスメに特化したセレクトショップや通販サイトで気楽にお買い物。どこで購入できるのかをご紹介致します。

コスメキッチン

公式サイト

世界中の個性豊かなナチュラル&オーガニックコスメを中心にアロマやハーブティー、雑貨や洗剤など、ナチュラルアイテムをラインナップしているストア。
自社農園や契約農家などの生産者の顔や想いが見えるのが嬉しいポイント。安心・安全な原料や生産であることはもちろん、世界的なオーガニック認証機関から認められた製品や、フェアトレードの実践、動物実験の不実施、環境への配慮などの観点から独自にブランドをセレクトしています。

コスメキッチンについてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事がおすすめ▼▼▼
口コミから店員さんのおすすめまで紹介!コスメキッチンのファンデ徹底紹介!

ビューティアポセカリー(新宿伊勢丹)

公式サイト

世界中から集めたナチュラルブランドが常時200ブランド以上ならぶビューティアポセカリー。どのような基準でブランドやアイテムを選べば良いのか悩んでしまう方に対し、好みにあったブランドを紹介してくれます。実店舗は新宿店本館地下2階にて4月30日まで開催中。商品の一部は伊勢丹オンラインストアでもお求めいただけます。

BEAUTY LIBRARY(ビューティライブラリー)

公式サイト

図書館をイメージしたアカデミックな空間にオーガニックコスメ、パーソナルケア製品を豊富に取り揃えたセレクトショップです。最新のオーガニックコスメがトライできるワークショップなども随時開催して、自分らしい美と健康を求める方々にオーガニック&ナチュラルいっぱいのライフスタイルを提案しています。

ナチュラリー 松坂屋名古屋店

公式サイト

「ナチュラル&オーガニックコスメを知りたい・試したい・欲しい・使いたい!」を叶えてくれるというショップ。人気ミネラルメイクブランドのメイクアップショーなど様々なイベントも開催されています。

まとめ

ミネラルファンデーションの良さは知っていてもチークやアイシャドウ、リップなどにまだ挑戦したことがない方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介したミネラルコスメは発色やカラーバリエーションが豊富で石鹸で落とせる優れもの。ぜひお気に入りを見つけてみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

乾燥肌さん必見!安心して使えるファンデーションの選び方と使い方を伝授

乾燥肌 ファンデーション

メイクを毎日していると、気になるのはお肌本来の調子。乾燥肌はメイクのノリが悪くなるだけではなく、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因となります。乾燥肌になってしまう原因は、間違ったスキンケアや、加齢、ターンオーバーの乱れなどさまざま。今回は乾燥肌になってしまう原因から、乾燥肌のかたに適したファンデーションの紹介。乾燥肌を防ぐための正しいケアを、紹介していきたいと思います。

目次

1、乾燥肌になってしまう原因とは?
2、乾燥肌の人におすすめのファンデーションのタイプ
3.乾燥肌におすすめしたいのはミネラルファンデーション!
4、乾燥肌はメイクの前が重要!化粧下地の塗り方のポイント
5、乾燥肌の人のスキンケアのポイント

1、乾燥肌になってしまう原因とは?


はじめに、乾燥肌とはどんな状態か、乾燥肌になってしまう原因を知っていきましょう。

1-1、肌の保湿物質がうまく働かず、水分が不足すると乾燥肌になる

わたしたちの肌には、もともと潤いを守る保湿物質があります。それは、「角質細胞間脂質」とよばれる角質細胞の働きを支える物質。角質細胞と角質細胞の隙間を埋めることで外部からの刺激や水分の蒸発を防いでいるのです。
%e4%b9%be%e7%87%a5%e8%82%8c%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf

角質細胞間脂質は約40%がセラミドで構成されています。セラミドが少なくなると、角質細胞間脂質に隙間ができ、肌のバリア機能が低下。肌内部の水分がその隙間から必要以上に逃げてしまうことによって、乾燥を引き起こしてしまうのです。

1-2、乾燥肌の主な4つの原因とは

4

間違ったスキンケア
「乾燥するから…」と化粧水を大量につけることは、実は逆効果。化粧水を過剰につけると肌は水分と油分のバランスを保とうと水分を蒸発させますが、その際に浸透した化粧水が肌内部の水分と一緒に蒸発してしまいます。また何度も化粧水を重ねてつけることで肌本来の保湿機能が低下。かえって乾燥を引き起こしてしまいます。
また、強いクレンジングで必要な油分(皮脂)まで落としてしまったり、化粧水をつける際や洗顔時の「こすりすぎ」も外部からの刺激となり、肌にダメージを与えます。

加齢によるもの
角質細胞間脂質の主成分であるセラミドは、年齢とともに減ってしまい、同時に肌内部の水分量も減ってゆきます。そのため歳を重ねるごとに肌は乾燥しやすくなってしまうのです。

季節による空気の乾燥
冬は外気が乾燥しているため、肌の水分が奪われ乾燥の原因に。また夏でも冷房の効いた部屋にいると肌の内部から水分が奪われて行きます。汗をかいて、そのままエアコンを浴びることにより乾燥も加速します。

ターンオーバーの乱れ
ターンオーバーとは肌の細胞が新しく生まれ、約28日かけて角化、角質細胞となって垢としてはがれていく働きのこと。肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れてしまうと、肌が健康な状態を保てなくなり、乾燥の原因となります。

2、乾燥肌の人におすすめのファンデーションのタイプ

2

ファンデーションには様々な種類がありますが、ここでは乾燥肌の人に適したファンデーションのタイプを紹介します。

乾燥を防ぐ、保湿成分の多く含むファンデーション

セラミドやヒアルロン酸など保湿成分を含むファンデーションは、化粧をしていても肌の潤いを保つことができます。とくに加齢によって減ってしまうセラミドが含まれていることは必須といっても過言ではないかもしれません。

メイク中に肌に負担をかけないファンデーション

化粧の持ちを良くしたり、製品を長持ちさせるために配合される合成界面活性剤やシリコン、防腐剤などは肌のバリア機能を低下させ、乾燥や炎症などを引き起こす可能性が高い成分。これらが配合されていない、肌に優しい成分で構成されたファンデーションを使いましょう。

クレンジングを必要としないファンデーション

洗浄力が強いクレンジングは肌のバリア機能を持つ角質層を保護する「皮脂膜」を破壊してしまいます。皮脂膜は油分(皮脂)と汗(水分)で構成されていますが、過剰なクレンジングにより必要な油分(皮脂)も落としてしまい、肌の乾燥のもとに。クレンジングを必要としないものであれば肌ダメージを減らすことができます。

では、この条件を満たしてくれるファンデーションがどのようなものでしょうか。それはずばり“ミネラルファンデーション”です。乾燥肌で悩んでいるかたにはミネラルファンデーションを選ぶ事をおすすめします。

3.乾燥肌におすすめしたいのはミネラルファンデーション!

3-1、ミネラルファンデーションとはどんなもの?

3
ミネラルファンデーションは1970年代にアメリカで誕生。もともと美容医療の手術あとや、ヤケド・傷あとにも使えるメイクアップアイテムとして、医療現場を中心に開発されてきました。日本では2007年~2008年頃に複数の国産ミネラルファンデーションブランドが誕生し、日本人の肌色に合う商品が開発されました。海外セレブが使用したことによる自然派化粧品ブームとともに、「肌にやさしい」点が注目され、日本でも人気を博しています。

ミネラルファンデーションについての詳しい記事はこちら
ミネラルファンデーションの人気を徹底解析!商品から使い方・選び方まで紹介!

3-2、一般的なファンデーションとの違い

普通のファンデーションの大きな違いは、主にその“成分”にあります。使われている原料は4〜6種類のミネラル(鉱物)。肌に刺激を与える添加物が入っていないため、「肌にやさしい」のが特長です。合成界面活性剤やシリコン類、水などが使用されていないため、防腐剤なども使われていません。

3-3、ミネラルファンデーションの主な4つの成分の効果

ミネラルファンデーションに使われているミネラル(鉱物)は主にマイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄という4つの種類があります。

マイカ
ファンデーションや白粉に使われる成分。キラキラした輝きを持ち、艶や透明感を演出します。

酸化亜鉛
白色の顔料となる成分です。肌のひきしめ効果、消炎効果のほか紫外線防止効果もあります。医薬品などにも使われています。

酸化チタン
こちらも白色の顔料となる成分。紫外線を遮断する効果を持っています。肌によく密着し、カバー力も高いのが特長です。

酸化鉄
黄色・赤色・黒など顔料として使われており、化粧品に色をつける成分。肌色を作る効果があります。

ミネラルファンデーションのメリットとデメリット
メリットは、肌への負担が少ないこと。クレンジング不要で石鹸だけで落とせるため、肌への負担を減らすことができます。肌に悪い成分が含まれていないため、つけている間も普通のファンデーションに比べ肌への負担は軽くなります。

デメリットは、日本では、ミネラルファンデーションの明確な定義や承認機関がないために、ミネラルが1種類でも配合されていれば“ミネラルファンデーション”を名乗ることができてしまっているのが現状。ミネラルファンデーションと表記していても、実はしっかりとクレンジングをしなければならない…といった商品もあります。選ぶ時にはきちんと成分を確認し、“石鹸で落とせる”かどうかを基準にしましょう。

3-4、乾燥肌だけでなく、敏感肌や肌トラブルのある人にも向いている

ニキビなどの肌トラブルを抱えている人や、乾燥肌・敏感肌の人にはとくにミネラルファンデーションをおすすめします。肌への負担が減らせるので「肌が荒れてしまうため、メイクができない…」といったかたでも安心して使える可能性が高いです。
現在ではミネラルコスメのメーカーから、ミネラル100%で作られた下地やコンシーラーも出ているので、カバー力が気になる場合はあわせて使用しましょう。

3-5、乾燥肌におすすめのミネラルファンデーションを種類ごとにご紹介

ミネラルファンデーションといえばパウダータイプをイメージする方も多いと思いますが、普通のファンデーションと同じようにリキッドタイプやクリームタイプのラインナップもあります。

各タイプごとにおすすめの商品をご紹介しますので、ご自身にあったものを選んでみてください。

リキッドファンデーション

ナチュラグラッセ

ファンデーション ピュレ
%e3%83%8a%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%bb_%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3
全3色 20ml SPF25・PA++
3,800円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

リキッドタイプのミネラルファンデーション。1日中しっとりと潤った肌を保つことができます。やわらかいテクスチャーで薄づきのため高いカバー力は期待できませんが、ツヤが出るためお肌をキレイに見せることができます。トーンアップ効果がほしいかた、お肌を若々しく見せたいかたにおすすめ。

エトヴォス

ミネラルリキッドファンデーション
%e3%82%a8%e3%83%88%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%82%b9
全2色 30g SPF18・PA++
4,200円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

シリコン、紫外線吸収剤、石油由来界面活性剤、タルク、ナノ粒子、タール系色素、合成香料不使用。石鹸オフのファンデーションのなかでも落としやすいのが特長です。ナチュラルな仕上がりになりますが、カバー力は低め。カバー力よりも落としやすさや仕上がりの自然さを重視するかたにおすすめです。

パウダーファンデーション

ヴァントルテ

ミネラルシルクプレストファンデーション
%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%86
全3色 11g SPF20・PA++
4,300円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

下地クリーム不要で使えるファンデーション。ヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、スクワランなどの保湿成分が配合されています。さらさらとした軽いつけ心地ですが適度なカバー力があり、厚塗りにならずマットな肌に仕上がります。重ね付けやこまめに化粧直しをしたいかたにおすすめ。

24h cosme

シルキーエアヴェールミネラルファンデーション
24h-cosm
全5色 11g SPF30・PA+++
3,609円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

天然由来成分100%。さらっとした軽いつけ心地で肌が苦しくなりません。マットな仕上がりで毛穴やシミなども自然にカバーしてくれ、崩れにくいのが特長。ただし、とくに乾燥がひどいかたには向かないことも。乾燥に対するお悩みよりもカバー力や崩れにくさを重視するかたにおすすめです。

クリームファンデーション

MiMC

ミネラルクリーミーファンデーション
%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3
全6色 10g SPF20・PA++
6,500円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

豊富なカラーバリエーションで、自分の肌にあった色を見つけることができます。成分は11種類もの植物美容液成分とミネラルで100%と肌への優しさ・保湿効果が高く、1日中しっとりとした肌に。カバー力があるので毛穴・シミなどもキレイに隠してくれます。とくに乾燥肌にお悩みで、カバー力もほしいかたにおすすめ。

Tv&Movie

10min ミネラルクリームファンデ
tv%ef%bc%86movie
全3色 4g SPF50+・PA++++
5,500円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

厳選された天然ミネラル&天然美容成分を使用したミネラルファンデーション。伸びはあまりよくありませんが、その分くすみや毛穴をしっかりカバーしてくれます。肌馴染みがよく、ナチュラルながらも適度なツヤ感がある仕上がり。素肌感のあるメイクをしたいかたにおすすめです。

3-6、乾燥肌の人必見!注目のミネラルコスメブランドMiMCとは

mimc%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8
筆者が特におすすめしたい、国産のミネラルコスメブランドはMiMCです。
「使えば使うほど肌が美しくなる、メイクでスキンケア」
そんなテーマを創業時から一貫してコンセプトに掲げるMiMCは、国産のミネラルコスメブランドの中でも注目されています。MiMCの天然鉱物と植物美容液成分だけで作られたファンデーションは、ほかのブランドの製品と比べてもとくに肌にやさしい処方になっています。それというのも、MiMCを立ち上げた代表 兼 開発者の北島寿さんが自身の肌トラブルをきっかけとして生み出したブランドだから。MiMCは乾燥肌などに悩む女性に寄り添ったミネラルコスメブランドなのです。

MiMCの3つのミネラルファンデーションを紹介

■乾燥肌+肌荒れなどの肌トラブルがある人

ミネラルモイストパウダーファンデーション
%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%91%e3%82%a6%e3%83%80%e3%83%bc
全4色 6g  SPF19・PA++
5,500円(税抜)
公式サイト
スキンケアミネラル(酸化亜鉛)高配合で、肌の持つ回復力を助けてくれるファンデーション。とても軽いつけ心地ですがしっとり仕上がります。

■乾燥肌+時短で手軽に使いたい人

ミネラルエッセンスモイスト
%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%88
全2色 10g  SPF40・PA+++
5,800円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

5つ(美容液、メイクアップベース、ファンデーション、フィニッシュパウダー、UVケア)の機能が1つになったBBファンデーションで、忙しい朝にも手軽に、キレイに塗れるのでとてもおすすめです。

実際にミネラルエッセンスモイストを使ったレポートも是非チェックしてみてください。
時短でスキンケアも出来る!MiMCのミネラルエッセンスモイストを実際に使ってみた

■乾燥肌+カバー力も欲しい人

ミネラルクリーミーファンデーション
%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3
全6色 10g SPF20・PA++
6,500円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

水を1滴も使用しない濃縮美容液バームにミネラルパウダーを配合したファンデーション。潤いたっぷりのツヤツヤとした肌を1日中保つことができます。毛穴やシミ、そばかすまでしっかり隠してくれるカバー力が魅力。

実際にミネラルクリーミーファンデーションを使ったレポートも是非チェックしてみてください。
MiMCの人気NO1!クリーミーファンデーションを実際につかってみた

4、乾燥肌はメイクの前が重要!化粧下地の塗り方のポイント

化粧下地はファンデーションをより密着させる効果があり、化粧崩れ防止の強い味方となります。また地肌に塗ることで、ファンデーションの成分の刺激から肌を守る役割もあります。せっかく肌にやさしいファンデーションを使っても、地肌に接する化粧下地にケミカルが入っていては元も子もありませんから、化粧下地も肌に優しいものを選びましょう。

下地は薄く、ムラなく塗ることが大切!化粧下地の塗り方

まずは、手の甲にパール粒大の量の下地をだし、指などでなじませてから塗りましょう。

%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9
1、おでこ、頬、顎の広いパーツから
化粧下地は洗顔・スキンケアのあと、日焼け止めやファンデーションを重ねる前に塗りましょう。まずは手の甲に適量を出し、両頬、額の顔の広いパーツから塗っていきます
2、次に、目、鼻、口の小さなパーツを塗っていきます

塗る時のポイント
中指と薬指の2本の指を使って、内側から外側に向かって均一に伸ばしていきましょう。
強くこすってしまうと肌にダメージを与えますので、薄くやさしく伸ばすことを意識してくださいね。

クレンジング不要のオススメの化粧下地

ナチュラグラッセ

オイルコントロール ミルク 30ml
%e3%83%8a%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%bb_%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af
30ml SPF23・PA++
2,800円(税抜)
公式サイト
クレンジング:不要

100%天然由来で肌にやさしい化粧下地。オーガニック植物エキスなどの保湿成分を配合し、しっとりとした肌を保ってくれます。

化粧持ちを良くするために下地として美容液バームを使うことも◎

MiMC

エッセンスハーブバームクリーム
%e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0
8g 
3,800円(税抜)
公式サイト

化粧水の上から使用することで、肌表面に蓋をし水分の蒸発を防いでくれる美容液バーム。11種類の美容成分が配合されています。バーム単体をスキンケアとしても、化粧下地としても使えます。とくに同じMiMCのミネラルクリーミーファンデーション(リンク)と親和性があるので、あわせて使うことで化粧下地としての効果が高まります。

5、乾燥肌の人のスキンケアのポイント

5
肌の潤いを左右するのは“保湿物質”の働きです。角質の水分を守っている保湿物質には“セラミドなどの角質細胞脂質”“天然保湿因子(NMF)”“皮脂”の3つがあり、セラミドなどの角質細胞脂質が80%、天然保湿因子(NMF)が16〜17%、残りの3%が皮脂。これらが助け合いながら、肌内部の水分をキープしているのです。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95
乾燥に対するスキンケアですから、基本は“保湿”です。保湿とは文字通り、“湿気を保つ”こと。ただし、化粧水をたっぷりつければよいというわけではありません。化粧水だけをつけていてもすぐに乾燥してしまうので、与えた水分を逃がさない保湿ケアが必要になるのです。またファンデーションが崩れやすいと感じている人も、化粧をする前にしっかりとスキンケアをして地肌を整えることによってファンデーションの馴染みがよくなり、メイクをキレイに保つことが出来ます。
参考文献:正しいスキンケア辞典 吉木伸子著

化粧水を多くつけるより“保湿成分”を与えることが大切。

化粧水をたっぷりつけることで潤いを与えようとしても、水分が過剰に蒸発したり、肌本来の機能が低下することでかえって乾燥を引き起こしてしまうこともあるので逆効果になりがち。正しい“保湿ケア”とは化粧水で適度に水分を与えながら、油分のある乳液やクリームで水分の蒸発を防ぎ、肌をしっかりと守ることなのです。

保湿の決め手は【セラミド】配合の化粧品

6
セラミドは角質細胞脂質を構成する成分のひとつで、角質層の中では水分を保持する力が高い、非常に大切な成分です。しかし年齢とともに減少してしまうため、歳を重ねるごとに肌内部の水分は不足しがちに。セラミドが配合された化粧品を使うことが保湿には有効です。

クレンジングが乾燥肌の引き金になる事も。使うならクリームタイプを

%ef%bc%97
クレンジングなど洗浄のしすぎで、必要な油分までも落としすぎてしまうと肌の水分と油分のバランスが崩れ乾燥肌の原因になります。前途で紹介したように、出来るだけ石鹸だけでメイクオフできるファンデーションを選ぶことが大切です。万が一クレンジングを必要とするファンデーションを使った場合は、肌にやさしいクリームタイプのクレンジングがおすすめ。適度な油分を含むため、肌への優しさとメイクオフ力を兼ね備えています。テクスチャは固めのものを選びましょう。

乾燥肌を食事でも改善!食肌の潤いをアップさせる食事

%ef%bc%98
肌の乾燥が気になるときは、積極的にビタミン類を摂取しましょう。とくにビタミンAはターンオーバーを調整し、新しい肌が生まれるのをサポートしてくれる肌に優しい成分です。ビタミンAが含まれる食品としてはレバーが有名。また血行不良になるとターンオーバーが乱れて乾燥が進んでしまう場合もあるため鉄分も有効。また緑黄色野菜にもβカロテンやβクリプトキサンチンなどの「カロテノイド」というビタミンAのもととなる成分が豊富に含まれています。カロテノイドは体内で必要量のみがビタミンAに変換されるため上限値が設定されておらず、摂りすぎの心配も少ないのでおすすめです。

まとめ

乾燥肌の原因は、間違ったスキンケア、加齢、季節による空気の乾燥、ターンオーバーの乱れなどによるものです。食生活やスキンケアの見直しなど生活習慣の見直しをするとともに、ファンデーションを肌への刺激が少ないものにすることが大切です。今回は強いクレンジングを必要としないミネラルファンデーションを中心に紹介しました。乾燥肌でもキレイにメイクが出来るよう、今行っているスキンケアや、使っているファンデーションを是非見直してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

肌の乾燥を潤いで守る!寒い季節のマストアイテム「美容オイル」の正しい使い方

美容オイル

寒い季節に気なるのが、お肌の乾燥。気温が低いと発汗しにくく、新陳代謝も悪くなるため、ケアを怠ると、角質が溜まりゴワゴワとした肌触りに。しかし、お風呂上がりに化粧水やボディクリーム、美容液などでしっかりケアをしても、翌朝にはカサカサとしてしまうもの。なかなか乾燥対策ができず、あきらめモードの人も多いのでは? そこで今回は、冬のお肌におすすめのスキンケアアイテム「美容オイル」を紹介します。

美容オイルは、あまりなじみがなく抵抗がある方も多いかもしれませんが、ここ数年、海外セレブが火付け役となり注目を集めているアイテム。オイル=「油」のため、確かに潤いそうだけど、塗りすぎるとニキビができてしまうのでは? どのタイミングで塗るの? べたつきそう……など不安や使い方が分からないことも多く、一歩踏み出す勇気がなかなか持てないのも事実でしょう。

その心配事や使用方法などの疑問を取り除き、つやつやの肌をゲットすべく、美容オイルの正しい使い方をレクチャーします。

ボディクリームや化粧水に比べてあまりなじみのない美容オイル――その効果は?

肌をつくっているのは、水分と油分、そしてMSM(メチルサルフォニルメタン)という成分。油分の量をサポートするが、美容オイルの働きです。「油分」と聞くと、べたつくイメージがありますが、健康的な肌を作るには欠かせないもの。化粧水で取り入れた水分を逃げないように、肌に膜を張る役目を担います。

また、美容オイルは普通の油と違い肌によくなじむように作られているのが特徴。含まれている成分には、ヒトの皮膚に似ているものも多く、保湿しながら肌の皮脂バランスを整える作用があるのも嬉しいポイントです。

肌の角質層は、ターンオーバーした細胞がレンガのように並んでおり、その間を脂質が埋めて細胞同士を繋げている状態です。この脂質は、「細胞間脂質」と呼ばれ、油性のものと親和性が高いため、美容オイルは細胞の細部まで浸透することができます。そのうえ、美容オイルにはビタミンやミネラル、必須脂肪酸などの美容成分をたっぷり配合。外部の刺激から肌を守り、肌の角質層に含まれている水分を閉じ込めてくれる美容オイルは美肌作りに欠かせないアイテムです。

また、MSMを補うことも、肌を乾燥させない大切なケア。体内から逃がさないあらゆる生物の体内に存在する有機硫黄化合物で、筋肉や爪にも含まれています。たんぱく質やコラーゲンの働きをサポートする作用があり、ハリのある肌や健康的な体を維持するのに役立っています。

美容オイル+ボディクリーム=混ぜて使っても◎ 美容オイルを賢く選ぶポイント

顔周りの保湿アイテムは、乳液や化粧水、クリームなどこだわりを持って選んでいても、ボディケアとなると「ボディクリームだけで十分」と、あまり美容アイテムを手に取らないケースが多いのではないでしょうか。しかし、クリームと同じくらい保湿力は高いのです。むしろ、美容オイルのほうが、液状なので浸透力が高く、すべりもいいため、肌なじみが抜群。マッサージをしながらなじませることで、お肌が徐々に柔らかくなります。

もちろん、ボディクリームと美容オイルを両方使うのも効果的。クリームにオイルを1~2滴垂らすことで、クリームがやわらかくなり伸びが良くなります。保湿力も高くなるので、乾燥がひどい場合は、ぜひ取り入れてみてください。

美容オイルのなかでもおすすめなのが、バリア力の高いオメガ3が配合されているもの。特に、敏感肌の場合は、ちょっとした刺激で荒れてしまうため、積極的にセレクトしほうがよいでしょう。逆に、ゼラチンやヒアルロン酸、キサンタンガムなど多様な成分を混合させた「水溶性ポリマー」が入っていると、肌への浸透率がぐっと下がるので避けたほうがよいでしょう。

また、種類により効能や使用感、酸化の速度に違いがあります。特に、フェイス用とマッサージ用のオイルでは、成分が全く異なります。酸化したオイルは肌トラブルの原因になるので、大変危険。使用方法と保管法をしっかり守りましょう。

季節や年齢によって、肌質は変化! 美容オイルを上手に使い分けることが美肌への近道

同じ美容オイルを使い続けるよりも、年齢や季節によって変えていくほうが、より高い保湿力を望めます。冬は、乾燥しがちなので肌にふたをするようにしっかりと顔や体に塗りましょう。一方、温度の高い夏場は汗でべたつきが強くなるため、気になる部分に1適だけ塗るのでも◎。蒸し蒸しとした暑い季節には、ついさっぱりとしたスキンケアアイテムを選びがちですが、肌の水分量は常に不足しがち。1年中、乾燥から守ってあげることが美肌づくりのポイントです。

また、年齢を重ねるによって、肌の油分量が減るうえに、質までも変化していきます。そのメカニズムについて、説明していきましょう。

肌のほとんどは、「脂肪酸由来成分」でできています。さらにそれは粘り気のある「飽和脂肪酸」と粘り気の低い「不飽和脂肪酸」の2つに分かれており、両方のバランスを整えてこそ、健康的な美肌がキープされます。しかし、年を重ねるにつれて、飽和脂肪酸の量が増えて、べたついた肌質に変化。これが、しみやしわ、肌の劣化につながります。そのため、同じ美容アイテムを使い続けるのではなく、自分の肌状態と相談をして上手に付き合っていくことが大切です。

季節や年齢に合わせて美容オイルを使うことで、肌状態が一変するかも……! 顔周りも、ボディも、自分の肌とじっくり向き合い、ぴったり合った保湿ケアをしてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る