ファンデーション

第一印象が変わる!4タイプのコンシーラーの上手な選び方

コンシーラー 選び方

シミやニキビ跡、色むらなど、年齢とともに増えてくる肌悩み。気になる部分をすべでファンデーションで隠そうとすると、厚塗りに見えてしまって老けた印象に感じたことはありませんか?そこで活躍するのがコンシーラーです。コンシーラーはファンデーションと違い、隠したい場所だけをカバーできるので、厚塗りにならずナチュラルメイクに仕上げることが出来、第一印象をアップしてくれます。 でも、コンシーラーとひとくちにいっても、リキッド、パレット、ペンシルなど、そのタイプは様々。どれをどの肌悩みに合わせて使ったらいいのか分からないという方も多いのでは?そこで今回は、コンシーラーをタイプ別に紹介し、あなたにぴったりの一品を見つけるためのノウハウをお伝えします。

コンシーラーは大きく4タイプ

シミ、そばかす、ニキビ跡、色むら、クマなどのトラブルをカバーし、キレイな肌を演出してくれるコンシーラー。ファンデーションで全てのトラブルを隠そうとすると、厚塗りになり老けた印象に見えてしまいます。また、コンシーラーにはトラブルのカバーの他に、顔の中の影を消したり、小鼻の赤みや口角を整えたりといったベースメイクの調整の役割もあります。
今回はその中でも代表的な4タイプのコンシーラーを紹介します。

悩みに合わせてコンシーラーのタイプを選ぶ!

4タイプのコンシーラーにはそれぞれに特徴が違います。シミやくま、ニキビ・吹き出物など悩みに適したタイプを選ぶ事が大切です。
相性チャート

【パレットコンシーラー】シミ、くまをしっかりカバー

複数の色が一つのパレットに収まったパレットコンシーラーは、異なるカラーやテクスチャーを組み合せて、肌色や悩みに対応できるのが魅力。トラブルを隠したい時はファンデーションを塗る前に、ハイライトとして使用したい時にはファンデーションの後に使用します。色の濃いシミにはオレンジ系の色を、クマやハイライトにはピンク系、ベースの調整にはベージュ系がおすすめです。パレットの色を混ぜて使えば、悩みにぴったりの色を作り出すこともできます。

こんな悩みにおすすめ
シミ、そばかす、クマ、ニキビ跡、ベース調整

パレットコンシーラーのおすすめ製品

MiMC

ナチュラルホワイトニングコンシーラーSPF32 PA++

ナチュラルホワイトニングコンシーラー

¥5,500(税抜)
公式サイト

誰でも簡単にプロの技を再現できる、3色パレットコンシーラー。植物成分で美白・肌荒れケア・UVカットまで。ニキビやシミなど敏感になりやすいトラブル箇所にも安心して使えます。トラブルはしっかりカバーしながら、ベース調整や美白&スキンケアまでできる頼もしい一品です。

【リキッドコンシーラー】目元のくまを隠すのにぴったり

筆ペンやチップのようなタイプの、柔らかいテクスチャーのコンシーラーです。パレットタイプ同様、トラブルにはファンデーション前、ハイライトにはファンデーション後に使用。伸びがよく、保湿力が高いので、メイクがヨレやすく敏感な目もとのカバーなどにおすすめのタイプです。ごく少量を指にとって塗るようにすると厚塗りにならずキレイに仕上がります。

こんな悩みにおすすめ
シミ、そばかす、ニキビ跡、クマ、ベース調整

リキッドコンシーラーのおすすめ製品

資生堂

シアー アイゾーン コレクター
資生堂 メーキャップ

全4色 4.1g 
3,600(税抜)
公式サイト

目元のクマに特におすすめのアイテム。クマを消すために開発された特別な色と素肌感を引き出す極薄フォーミュラが自然に輝くような目もとを演出。乾燥が気になる目もとにみずみずしくなじみます。

【パウダーコンシーラー】シミ・ニキビなどの肌トラブル

その名の通りパウダー状のコンシーラーで、容器はメーカーによって様々あります。シミ、ニキビ跡などをピンポイントで隠すのが得意なパウダーコンシーラー。ファンデーションを塗った後に、気になる部分に使用します。メイクの上からカバーできるのでお化粧直しにもオススメです。しっかりカバーできる分、目の下のクマなど、皮膚が薄く乾燥しやすいところには向いていません。

こんな悩みにおすすめ
シミ、そばかす、ニキビ跡

パウダーコンシーラーのおすすめ製品

ベアミネラル

コンシーラー 
ベアミネラル

全1色 0.75g  SPF20・PA++
2,500円(税抜)
公式サイト

肌の悩みを自然にカバーしてくれるパウダータイプのコンシーラー。気になる場所に筆で重ねるだけで濃さの調節も簡単。日本人になじみやすいイエローベースのカラー。紫外線からも肌を守ります。

【ペンシルコンシーラー】ピンポイントなシミのカバー

ペンシル状のコンシーラーです。リップの輪郭を整えたり、眉山のハイライトにぴったり。色鉛筆のように描きやすいのが良い点ですが、テクスチャーが硬いので、ニキビやニキビ跡などのトラブル部分や、目もとなど皮膚が薄い部分は避けましょう。

こんな悩みにおすすめ
リップの輪郭補正、眉山のハイライト補正、シミ、そばかす

ペンシルコンシーラーのおすすめ製品

RMK

ペンシルコンシーラー
rmk

全4色 0.2g 
2,500(税抜)
公式サイト

極細タイプのペンシルコンシーラーは、ピンポイントカバーやリップラインの補整や小鼻のくすみのカバーに最適。長時間よれにくいウォータープルーフタイプです。

まとめ

タイプ別コンシーラーの特徴、おわかりいただけたでしょうか?
ナチュラル感あふれる美肌演出には、コンシーラー使いがマスト。コンシーラーを選ぶ時には、使いやすさ、どんな部分にどんな風に使いたいのか、カバー力やカラー、テクスチャーなどを吟味して選んでみてください。また、トラブル部分に使用することが多いため、成分も重要なポイントです。ニキビや肌荒れなどのケアまでしてくれたり、シミやそばかすを刺激しないよう紫外線対策ができるものを選びましょう。スキンケア効果まであれば言うことなし。コンシーラーを味方に、肌美人を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

敏感肌の人におすすめのファンデーションを厳選紹介!

敏感肌 ファンデーション

敏感肌用の化粧水やメイク用品はよく見かけると思いますが、自分が敏感肌かどうかわかりますか?多くの女性は生理前だけ敏感肌であったり、また就職をきっかけに・・などライフスタイルの変化と共に敏感肌になった人もいるかもしれません。
そもそも敏感肌とは、どんな肌のことを言うのでしょうか。

1、敏感肌の特徴とは

私たちの肌は日頃から肌の表面にある薄い角質層の膜で、外部からの刺激から肌を守っています。約20層もの細胞がレンガの様に積み重なって出来ていて厚さは0.02ミリほど。
この薄い膜が「肌のバリア機能」となって、外からの刺激から皮膚を守り、内部の水分が外へ蒸発しないように守る働きをしています。

健康的な肌

健康な角質層は自分自身で保湿成分を作りだしているため、普段は30%ほどの水分を含んでいますが、この水分量が低下していくと、「乾燥肌」となります。乾燥肌になる事によって角質層が乱れ「肌のバリア機能」も損なわれます。

不健康的な肌

バリア機能が失われると外からの刺激が入り込みやすくなり、髪の毛が触れたり化粧水がしみたりと小さな刺激にも反応するようになります。これが敏感肌の状態です。

2、敏感肌になってしまう3つの原因とは

1、 乾燥

もともと人の肌には、潤いを守る保湿物質を肌内部に抱健康的な肌_セラミドえています。角質のバリア機能が低下すると、肌内部の水分を抱えていられなくなり、肌が乾燥してしまいます。この角質のバリア機能は肌の中にある保湿物質である「セラミド」の量と関係していて、セラミドの量が減ることで角質細胞をつなぎとめられなくなります。

不健康的な肌_セラミド

そうなると、角質層の水分が蒸発し、肌内部の潤いまで失われてしまうのです。
正常なバリア機能を保つには肌内部でセラミドなどの保湿物質がきちんと働いている事が不可欠です。それには、正しい保湿ケアがとても重要となるのです。

出典:正しいスキンケア辞典/吉木伸子・岡部美代治・小田真規子
(http://www.amazon.co.jp/dp/4471032143)

2、クレンジング

強力なクレンジングを使用すると、クレンジングに含まれる界面活性剤により、肌にとって必要な皮脂まで取り去ってしまい、肌のバリア機能が奪われます。肌のバリア機能が失われると、外からの刺激が入りやすくなり、化粧水がしみたり、髪の毛が触れただけで痒くなったりと、小さな刺激にも反応してしまいます。
コットンなどでゴシゴシふき取ることで、肌に負担がかかり状態を悪くしてしまうこともあるので注意が必要です。穏やかな洗浄効果のクレンジング、あるいは洗顔料のみでメイクオフできるファンデーションを使うことで肌への負担を減らすことが出来ます。

3、 ターンオーバーの乱れ

表皮細胞が基底層のところで新しく生まれ、約28日かけて角化し、角質細胞になり、最後は垢としてはがれていく、このサイクルがターンオーバーです。ターンオーバーによって、私たちの日々生まれ変わっています。しかし、睡眠不足やストレス偏った食事などで、このターンオーバーの周期が遅れたり、乱れることで乾燥肌が悪化してしまったり、肌トラブルがなかなか治らなかったりするのです。質の良い睡眠を取るように心がけたり、入浴などでリラックスさせ、ストレスを軽減することが大切です。また、乾燥肌、敏感肌を防ぐには積極的にビタミンAの含む食事をとるようにしましょう。ビタミンAはターンオーバーを調整し本来の健やかな状態で新しい肌に生まれるのをサポートしてくれる役割があります。

3.敏感肌をいたわるための、3つのポイント

敏感肌の原因となる乾燥を防ぐことは、肌を健康な状態へ導くことにもなるでしょう。

1、フェイスパウダーを使う

フェイスパウダーは油分が含まれていないので、クレンジングを使わず洗顔料だけで落とすことができます。肌への負担をファンデーションより減らすことができるので、肌が敏感な時は、フェイスパウダーのみのメイクにすることがおすすめです。
逆に、リキッドファンデーションやクリーム系のファンデーションは。油分が多く含まれているので、強いクレンジングが必要となることが多いです。また油分を保つための防腐剤や添加物が含まれているので、カバー力はありますが、人によっては、刺激に感じる場合もあります。

2、ミネラルファンデーションを使う

酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、マイカなど天然の鉱物を主要成分として作られたファンデーションを“ミネラルファンデーション”と呼んでいます。
1970年ごろのアメリカの皮膚科で、手術後や火傷の後でも使える化粧品として開発されました。通常のファンデーションに含まれている界面活性剤やシリコンなどが含まれていないため、肌への刺激が少なく強いクレンジングをする必要がないので、クレンジングによる負担を軽減することが出来ます。またこのミネラルファンデーションに含まれているスキンケアミネラルの酸化亜鉛には、肌の引き締め効果やキメを整える効果、消炎効果などがあります。選ぶ時に注意したいのは、現在の日本では、ミネラルの配合率に関係なくミネラル成分が入っていれば“ミネラルファンデーション”と言われているので、製品を選ぶ時はミネラル100%で出来ているかどうかを確認すると良いでしょう。

○アレルギーが原因の場合の注意点
アレルギーが原因で敏感肌になっている人もいることを説明しました。ミネラルファンデーションには「亜鉛・チタン・酸化鉄・マイカ」など水に溶けにくい金属が入っていますが、金属アレルギーの人が反応しやすいのは、水銀・ニッケルなど水に溶けやすい金属と言われているので、アレルギーには問題ない場合が多いと考えられます。
しかし人によって個人差があるので、反応が感じられたら、すぐさま洗い流す方がよいで
しょう。

ミネラルファンデーションについての詳しい記事はこちら
ミネラルファンデーションの人気を徹底解析!商品から使い方・選び方まで紹介!

3保湿効果のある美容液を下地のかわりに使う

化粧下地のかわりに保湿効果のある美容液やクリームを使うことで、よりシンプルなベースメイクに仕上げることが可能です。しかし、スキンケアアイテムでも界面活性剤が使われているものも多いので、敏感肌の方は注意が必要です。製品を選ぶ時は成分を良く確認し、界面活性剤が使われていないものを選ぶようにしましょう。

下地にも使えるおすすめの美容クリーム

MiMC

エッセンスハーブバームクリーム

エッセンスハーブバームクリーム

8g
3,800円(税抜)

べたつくことなくすっとなじみ、潤いを抱きかかえ閉じ込めます。朝晩のスキンケアにはもちろんメイクアップベースとしても使えます

公式サイト

アンブリオリス

モイスチャークリーム

アンブリオリス モイスチャークリーム

75ml
2,800円(税抜)

1950年頃、パリの皮膚科専門病院に勤める医師が作ったクリームが原型となっています。
トリートメント効果と保湿効果の高いモイスチャークリーム。軽い付け心地で、乾燥から肌を守ります。化粧水の後の保湿として、また、化粧下地代わりに使うと長時間潤いが持続します。
公式サイト

4.敏感肌でも安心して使えるおすすめファンデーション

敏感肌の人も、やっぱりメイクをしてお出かけをしたいものでしょう。
そんな時におすすめのクレンジングを使わずせっけんでも落とすことができるファンデーションをご紹介します。

オンリーミネラル

ファンデーション

オンリーミネラル

全18色 10g SPF17・PA++
3,800円(税抜)

成分はミネラル100%でつけたまま眠れるほど、肌にやさしいミネラルファンデーションです。カラーは18色もの中から選べるので、肌に合ったカラーを見つけやすいところともおすすめです。
公式サイト

ヴァントルテ

ミネラルシルクパウダーファンデーション

ミネラルシルクパウダーファンデーション
全5色 6g SPF20・PA++
3,300円(税抜)

こちらのファンデーションは人の肌と同じタンパク質で形成されたシルクが配合されています。シルクが透明感を引き出し、キメ細かい素肌に仕上げてくれます。他のミネラルファンデーションに比べて保湿効果が高いのも特徴です。
フワフワのパフが付いているので、ブラシの刺激が気になる超敏感肌の人でも安心です。
公式サイト

MiMC

ミネラルエッセンスモイスト
ミネラルエッセンスモイスト

全3色 10g、SPF40・PA+++
5,800円(税抜)

100%植物美容成分とミネラルパウダーが配合され、透明感のある仕上がりになります。美容液、メイクアップベース、ファンデーション、フィニッシュパウダー、UV機能が一つになったBBファンデーションです。

公式サイト

ミネラルファンデーションは、本当にこれだけでカバーできるの?と初めは心配になる人も多いようですが、予想よりカバーしてくれることと、何よりクレンジングを使わず落とすことができることが、肌にとって大きなメリットとなるんです。

MiMCのミネラルファンデーションのカバー力を紹介したページも
あわせてチェックしてみてください
MiMCのカバー力とは?3タイプのファンデーションを徹底解説

まとめ

敏感肌は乾燥や紫外線による影響、また強いクレンジングによって、肌のバリア機能が低下してしまうことで起こります。スキンケアの見直しや、食事や睡眠などの生活改善、マイクの仕方で、敏感肌でも安心してメイクが出来るように、是非参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ファンデーションおすすめ6選!美容部員調べ

ァンデーション おすすめ

現役のBA(ビューティーアドバイザー)さんからおすすめのファンデーションを教えてもらいたいけれど、デパートの化粧品売り場に行っても、他社製品のおすすめ商品はちょっと聞きづらいですよね。ネットの口コミを見て買ってはいるけど、できれば化粧品への知識が豊富なBAさんがおすすめするファンデーションを聞いてみたい!そんなかたに朗報です。今回は、美容部員11人に、自身でも普段使っているおすすめのファンデーションについてアンケートを実施。おすすめコメントを交えてファンデーションのタイプ別にご紹介します。

1、美容部員おすすめのパウダーファンデーション

ザ・ボディショップ

クリエイトミーパクト パウダータイプ
クリエイトミーパクト パウダータイプ      
全6色 SPF15 PA++
¥2,700(税込) 
公式サイト
さらりとした軽い着け心地がおすすめのパウダーファンデーション。

美容部員のおすすめポイント:
・カバー力が高いのに、ナチュラルなメイクが可能です。時間が経ってもくすむことがないですし、肌に馴染む仕上がりになるのでおすすめです。

RMK

エアリーパウダーファンデーション
エアリーパウダーファンデーション
全9色 10.5g SPF25・PA++
\5,000円(税抜)(レフィル・ケースのみ)
公式サイト
ふんわりした着け心地なのに艶っぽい仕上がりのパウダーファンデーション。

おすすめPOINT:
・プレストパウダーのように軽いのに、粉っぽくありません。シフォン肌のような仕上がりが嬉しいです。

2、美容部員おすすめのリキッドファンデーション

カバーマーク

ジャスミーカラーエッセンスファンデーション リキッド

ジャスミーカラーエッセンスファンデーション

全4色 25ml SPF30・PA++
\5,000円(税抜)
公式サイト
ベタつきがなくさらさらとした着け心地のリキッドファンデーション。ナチュラルな仕上がりになります。

美容部員のおすすめポイント:
・とにかくカバー力の高さからこれを選びました。

ディオール

カプチュール トータル セラム ファンデーション

カプチュール トータル セラム ファンデーション

全3色 30ml SPF15
\9,500円(税抜)
公式サイト
スキンケア効果もあり、伸びのよいリキッドファンデーションです。

美容部員のおすすめポイント:
・薄づきなのに肌がきれいに見えます。ツヤがあり、乾燥で肌がめくれていてもしっとりするので皮めくれが目立ちにくいんです。万が一崩れてしまっても、崩れ方がとてもキレイで気になりません。少量で伸びるので値段は高いのですがコストパフォーマンスは抜群。乾燥で肌がピリピリしている状態でも使えました。

3、美容部員おすすめのクリーム・エマルジョンファンデーション

MiMC

ミネラルクリーミーファンデーション
ミネラルクリーミーファンデーション
全7色 10g SPF20 PA++
¥6,500(税抜) 
公式サイト
11人中、5人のBAさんがイチオシと答えたのがこちら。美容液から作られた、肌に優しいミネラルファンデーションです。肌へのケアもできるのに、UVカット効果もあります。

美容部員のおすすめポイント:
・ 保湿、ツヤがとにかく違います!
・ ツヤとカバー力が両立できるので、至近距離で人と会うときも、自信の持てる肌でいることができます。肌がしっかり呼吸できている感じも両立できてびっくり。     
・ 敏感肌でも使用できるので安心して使えます。少量でもカバーできるのでコストパフォーマンスも抜群です。
・ ツヤが出ますし、カバーも出来ます。つけ心地が軽いのも魅力です。
・ 保湿力、カバー力、ツヤ、崩れにくさ…どれをとっても申し分なしです。

クレ・ド・ポー ボーテ

タンナチュレールプードルクレーム
タンナチュレールプードルクレーム

全8色 SPF18・PA++
¥11,500(税抜) 
公式サイト
ツヤのある仕上がりが評判のエマルジョンファンデーション。

美容部員のおすすめポイント:
・ とにかくカバー力が高いです。色ムラやしみ、赤味、毛穴凹凸まで全て隠してくれます。カバー力を重視するかたにおすすめです。

まとめ
いかがでしたか?化粧品のプロフェッショナルである美容部員のコメントとなるとやっぱり説得力が違います。おすすめの声が非常に多かったMiMCのミネラルクリーミーファンデーションは筆者も使っています。ファンデーションへの欲求を全て叶えてくれるので愛用中です。いつもと違うファンデーションの購入を検討しているかたは、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今すぐできる!プロが教える、手持ちのファンデーションだけでシミを隠す方法

ファンデーション シミ隠し

ニキビ跡や紫外線、ホルモンバランスの乱れによってできるシミ。
女性ならどうにかして隠したい、と思うのが本音ですよね。
そうは思うものの、ファンデーションでシミを隠そうとすると、どうしても厚塗りになってしまったり、薄塗りではうまく隠れなかったり、悩みは尽きません。
今回は、手持ちのファンデーションでの上手なシミ隠しのテクニックをご紹介します。

1、自分はどのタイプ?まずはシミの種類を知ろう

シミにもさまざまなタイプがあります。シミを隠す前に、まずは自分のシミの種類を知っておきましょう。シミには様々なタイプがありますが、中にはホクロやアザ、ウイルス性のイボなどがある場合があるので、判断が難しい時は美容皮膚科に相談してみると良いでしょう。

・紫外線によってできるシミ

老人性色素斑とも言い、紫外線によってできるもっとも一般的なシミの種類です。凹凸はなく、境界がはっきりしています。初めは薄い茶色ですが、次第に濃くはっきりとしてきます。

・小さく点々とできるシミ

一般的には、「そばかす」といわれるのがこちらのシミ。頬や鼻の周りなどによく出ます。遺伝性のものが多いと言われています。

・色素沈着

ニキビや肌荒れなどの炎症が治った後にできる色素沈着によるシミです。凹凸があったり、色も薄いものから濃いものまで、炎症の種類によってでき方が違います。
ファンデーションを塗る際には凹凸が浮いてしまい、苦戦を強いられることも。

・肝斑(かんぱん)

目の下、頬の上あたりに左右対称に出るのがこの肝斑です。30〜40代にかけてできることが多く、色は薄いものから濃いものまでさまざまです。女性ホルモンのバランスが崩れた時にできると言われています。

2ファンデーションだけでもシミが隠せる!プロが教えるポイントは?

シミを隠したい、と思った時にまず思い浮かぶのはコンシーラーではないでしょうか。しかし、コンシーラーを使って、厚塗りっぽく見えてしまったり、化粧が崩れてしまったり、今まで使ったことのない人は手が出しにくいと思う人もいるのではないでしょうか。今回はコンシーラーを使わなくても、今持っているファンデーションだけでシミを上手に隠す方法を、MiMCの専属メイクアップアーティストの中西貴也さんより伝授していただきました。

①ファンデーションはリキッドタイプかクリームタイプを選ぶ

パウダリーファンデーションは、肌への負担が少なく、付け心地の軽いですが、カバー力に少々欠ける面があります。それに比べてリキッドファンデーションやクリームファンデーションはパウダーよりもカバー力があり、テクスチャーが重く、肌に密着するように伸ばすことが出来ます。シミを気にする人は、まず、ファンデーションをリキッドかクリームタイプのものを選ぶようにしましょう。

◆おすすめのファンデーション

タンミラク リキッド

ランコム

2

全7色 30ml SPF15
6,000円(税抜)

シミでくすみがちな肌に、光輝くツヤと透明感を与えてくれます。
みずみずしく緩めのテクスチャーは広範囲のシミにぴったり。カバー力も高めなので、薄いシミはこのファンデーションだけで隠れてしまうかも。ヒアルロン酸配合で肌が乾燥しがちな方でも安心して使えます。
公式サイト

カバーマーク

モイスチュア ヴェール クリーミィ リキッド

5

全8色 25g SPF38・PA+++
5,500円(税抜)
伸びがよく、軽い付け心地ながらしっかりと気になる部分を隠してくれる、カバー力があるファンデーションです。保湿力も高く、明るく潤った肌に見せてくれます。
公式サイト

②ファンデーションの色味は肌と同じ色のものか、暗めの色を選ぶ

シミは地肌よりも暗い色をしているので、ついついワントーン明るめの色を選んでしまいがち。しかし、それは間違いです。逆にシミが隠れにくくなってしまうからです。ファンデーションは肌と同じ色のものを選ぶようにしましょう。
シミが濃い場合は、肌よりも暗い色を選ぶことでシミと地肌の差を少なくし、シミを目立たなくしてくれます。暗めの色のファンデーションを使う場合、肌が暗く見えるのが気になるという方は、ファンデーションブラシを使って塗ると、ツヤが出て明るく見えます。

3.実践!手持ちのファンデーションでシミを隠す方法を伝授

ファンデーションだけでシミを隠す手順を写真でご紹介したいと思います。シミの部分は、正常な肌の部分よりつるつるとしていて、ファンデーションが留まりにくいのです。シミを隠そうと、ファンデーションを重ね付けしてしまうと、厚塗りになってしまううえに、シミが隠れない、なんてことも起こるので注意が必要です。

①まず全体的にファンデーションを塗りましょう。この時量を取りすぎないように、注意して広げるのがポイントです。
その後、隠しきれなかったシミの部分のみに、ファンデーションを重ねていきます。ファンデーションは指で少量ずつ取りましょう。

1

②気になるシミ部分に指で少しずつ叩くようにのせていきます。

2

自然な仕上がりになりました。コツは一気に多くの量を乗せないこと。少量をポンポンと指で少しずつ重ねていきましょう。

3 (2)

まとめ

いかがでしたか?シミを隠そうとすると、コンプレックスもありついファンデーションを厚く塗りがちですが、手持ちのファンデーションをうまく使いこなすことが出来ればシミも隠すことができます。
ポイントを押さえて早速実践してみてください。シミ隠しをマスターして自信のあるメイクを楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

決定版!30代の人気ファンデーション、定番5選

30代 人気 ファンデーション

30代は結婚や出産などを経験する女性が多く、まさに変化の年代と言えるのでないでしょうか。また仕事をしている女性も、育児をしている女性も、やらなければならないことがあり割と忙しい年代であることが多いでしょう。
肌質も、20代のことから比べて、乾燥しやすくなったり、荒れやすくなったり、変化を感じている人もいるのではないでしょうか。ファンデーションを新しくしたい!と思った時に、どのファンデーションを選べばいいか、迷ってはいませんか?今回は様々ある美容雑誌や口コミサイトを独自で徹底調査し、30代の女性に長く愛されている定番の人気商品を、5タイプのファンデーションごとに厳選した商品を紹介したいと思います!

1.30代女性の肌と選ばれるファンデーションの傾向

30代の女性の肌は、20代の頃とは違い少しずつ、くすみやたるみ、毛穴の悩みなどが増えてきて、年齢肌を感じるようになってくる人が多いかと思います。
確かに何もしなくても、キレイな肌を保てていた20代とは異なり、血行の悪さや肌荒れなども肌に表れやすくなるでしょう。
やはり、選ばれている人気商品も「保湿効果」が高いものや、「崩れにくさ」などがキーワードになっているようです。
スキンケアをしっかりとした分、効果を実感出来る年代でもあります。スキンケアを意識するかしないかで大きな差が出てくるので、今すぐチェックしてみましょう。

30代に人気のファンデーションの定番商品5選を紹介

今回はパウダータイプ、リキッドタイプ、クリームフタイプ、ミネラルファンデーション、その他にエマルジョンタイプ、ジェルタイプなどの種類別に、それぞれの人気商品を紹介したいと思います。

1、パウダータイプの人気のファンデーション

ランコム

タンミラク コンパクト
1
全7色 10g SPF20・PA+++
6,900円(税抜)
公式サイト

30代前半、後半のどちらの女性にも人気のランコムのパウダーファンデーションです。独自のユニバーサルライトテクノロジーを搭載した、光に包まれたツヤと透明感のある肌を演出してくれます。植物性オイルを配合しているので、しっとりとした潤いが持続し、軽い付け心地で崩れにくさが人気の要素のようです。さらに、化粧のもちを良くするためには保湿が大切です。UV エクスペールXL BBとの兼用で乾燥を防ぎ、メイク崩れを抑えられるのでおすすめです。

■こんな人におすすめ
□普通肌
□ツヤが欲しい
□崩れにくいものが欲しい
□透明感を出したい

2、リキッドタイプの人気ファンデーション

アディクション

スキンケア ファンデーション
2
全5色 30ml SPF30・PA+++
4,500円(税抜)
公式サイト

10種の潤いエキスを配合し、高い保湿力で、まるで美容液のようなファンデーションです。乾燥などの肌トラブルで悩む人も、保湿成分配合なので肌に負担をかけずにメイクが出来、肌の変化を感じてアンチエイジングなどを気にするようになってくる年代に注目されているようです。下地や仕上げのパウダーなども不要でこれ1本で完結できるもの、時短でメイクが出来るので、忙しい女性にとっても嬉しいですよね。肌に輝きや、ちょっと特別感を出したい時は、最近アディクションから発売したばかりの新商品スパークリング ヴェール パウダーがおすすめ。透明感ときらめきをプラスしてくれます。デコルテやボディにも使えるので、パーティーやデートの時に併せて使ってみてはいかがでしょう。

■こんな人におすすめ
□敏感肌・乾燥肌
□肌荒れが気になる
□時短でメイクがしたい
□保湿効果が欲しい

3、クリームタイプの人気のファンデーション

カバーマーク

フローレス フィット
3
全8色 SPF35・PA+++
7,000円(税抜)
公式サイト

特に30代後半の女性に高い支持を受けているファンデーションです。30代の悩みである、シミやくすみといった肌トラブルも、キレイにカバーしてくれると好評です。肌にのばすと同時に、クリームがとろけてリキッドのようになり、肌に馴染みやすく、また、保湿成分配合で、肌の水分が蒸発するのを防いでくれます。マット目の仕上がり。カバー力がしっかりとある為、厚塗りに見せないコツとして注意したいことは、クリームを取りすぎない事。少量を薄くキレイに延ばすようにしましょう。また、下地のコネクティング ベースを一緒に使うことでさらにメイクの持ちを良くしてくれます。

■こんな人におすすめ
□乾燥肌
□シミやくすみが気になる
□マットな仕上がりが好み
□カバー力が欲しい

4、ミネラルタイプの人気ファンデーション

MiMC

クリーミーファンデーション
4
全7色 10g SPF20 PA++
6,500円(税抜)
公式サイト

乾燥が気になりだす30代の注目を集めているのがミネラルファンデーション。
その中でも、上質な美容液成分とミネラル100%で作られているMiMCのファンデーションが口コミサイトなどで上位にランクイン。MiMCのファンデーションはパウダータイプ、プレストタイプ、クリームタイプの3タイプありますが、特にカバー力に優れているということで評価を得ているのがこのクリーミーファンデーションです。美容液成分がたっぷり入っているので肌に負担をかけずにスキンケアしながらメイクが出来ます。とくに乾燥肌や敏感肌、肌荒れが気になる人でも安心して使えます。ポイントは、石鹸で簡単にメイクオフ出来ること。クレンジングでの肌への負担が減らせるのも、嬉しいですね。さらに、潤いが欲しいと思っている方にはエッセンスハーブバームクリームがおすすめです。朝晩の保湿ケアだけでなく、クリーミーファンデの下地としても使えます。

■こんな人におすすめ
□敏感肌・混合肌・乾燥肌
□ナチュラルに見せたい
□肌への負担をなくしたい
□長時間メイクをしている

5、その他のタイプの人気ファンデーション

ランコム

ブラン エクスペールクッションコンパクト 50
ランコム ブラン エクスペールクッションコンパクト 50
全5色 SPF50+・PA+++
6,500円(税抜)
公式サイト

2016年に発売してから、気注目度急上昇のクッションファンデーションです。クッションファンデーションの特徴は、リキッドの様なテクスチャーやカバー力がありながら、コンパクトの様に簡単に持ち運びが出来る便利さがある所。保湿成分をたっぷり含んでいるので、薄付きで自然で透明感のある肌に仕上がります。
UV エクスペール XL CCCを下地に使うことで、よりムラなく均一にメイクをすることが出来ます。また、肌荒れの原因となるブルーライトカット効果もあるのでオフィス仕事をしている人にはおすすめです。

■こんな人におすすめ
□普通肌
□透明感のある肌にしたい
□PCに向かうことが多い
□簡単にメイク直しがしたい

まとめ

いかがでしょうか。30代になるとそれぞれ肌にカバーしたい部分などが現れ、よりファンデーション自体が持つ力に着目するようになっていくのではないでしょうか。
30代女性が気になってくる、乾燥やシミ、しわといった部分にアプローチするファンデーションが人気のようです。今回紹介したファンデーションも、どれも保湿成分などが含まれ、肌への刺激を抑えながらも、しっかりと悩み部分をカバーしてくれる、そんなファンデーションばかりです。ぜひ参考に、自分にぴったりと合ったファンデーションをみつけてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

素肌が美しく見える!プロが教えるファンデーションの色選び

ファンデーション 色

自然で綺麗なメイクをしたい。そんな時、重要なのはファンデーションの色選び。
いざ選んだら、顔だけ浮いてしまった!・・・そんな経験はありませんか?
今回は自分の肌の色に合ったベストなファンデーションの色選びと、肌の色に合ったおすすめのファンデーションについてご紹介します。

1、メイクアップアーティストが教える色選びのコツ

今回はMiMCの専属メイクアップアーティストの中西貴也さんに、ファンデーションの色選びの時の注意点を聞いてみました!

肌とジャストの色を選ぶときは、目の下の三角ゾーンかデコルテと合わせる

首元やフェイスラインの色に合わせて色を選んでいた人も多いと思いますが、首元は顔の影になっているので、本来の地肌の色より少し暗く見えることがあります。
目の下の三角ゾーンとデコルテの肌の色に合わせることで地肌となじみ明るい印象の色を選ぶことが出来ます。

肌を明るく見せたい人はハイライトを活用

肌を明るい印象に見せたい人は、ファンデーションの色を明るくするのではなく、ポイントメイクとして、顔の中心にハイライトをいれるのがおすすめです。自然に明るい印象を与えてくれます。白いものを選んでしまうと、浮いてしまうことがあるので、ハイライトを選ぶときは、ピンク系やベージュ系を選ぶと良いでしょう。

色を見るときは必ず明るい場所で選ぶこと

光の色や角度によってもファンデーションの色の見え方は違ってきます。
ファンデーションを購入するときはなるべく明るい光で確認することが大切です。ベストは太陽光の自然光の下。また、時間が経つにつれて色や肌馴染みも変化します。時間があれば、蛍光灯やオレンジ色の光、太陽光など様々な光の下で確認し、少し様子を見てから購入すると失敗がありません。

2、肌の色別、ファンデーションの選び方のコツとは

肌の色で見る、ファンデーションのカラーチャート

カラーチャート

メーカーや商品によっても少々変わりますが、平均的なファンデーションのカラーチャートになります。実際の色味も商品によって変わってくるので、選ぶ時にはカウンターでタッチップをしてもらい、実際に付けてみると良いでしょう。

肌の色別おすすめのファンデーション

明るめの肌の方におすすめのファンデーション

シャネル

ヴィタルミエール ルース パウダー ファンデーション
1
全4色 10g
9,000円(税抜)
公式サイト

シャネルのファンデーションは色白肌御用達。かなり明るい色が用意されているので、色白肌で選べるファンデーションが少ない!といった方も安心して選ぶことができます。
本来の肌の透明感を崩さず、自然に仕上がるパウダーファンデーションがおすすめです。

暗めの肌の方におすすめのファンデーション

ベアミネラル

オリジナル ファンデーション
2
全12色 8g SPF15・PA++
3,800円(税抜)
公式サイト

様々な肌に合わせやすいようにカラーバリエーションが豪富です。ミネラル100%で肌への負担も少ないのが特徴。暗めのトーンも4種類のカラーから選べるので、やや赤みがある肌の人から、黄色味の肌の人まで合わせることが可能です。

中間色の肌の方におすすめのファンデーション

MiMC

ミネラルクリーミーファンデーション
3
全7色 10g SPF20 PA++
6,500円(税抜)
公式サイト

美容成分とミネラル100%で潤いたっぷりのクリームファンデーション。
ベージュ・ナチュラル系の色が多く、中間肌の方にとってはとくに選びやすいファンデーションです。明るめの色もあるので、中間色よりやや色白・・・という方にも。
ミネラルファンデーションなので肌にも優しいのが嬉しいですね。

黄色味がかった肌の方におすすめのファンデーション

アナスイ

ルース パウダー ファンデーション
4
全7色10g SPF20・PA++
4,800円(税抜)
公式サイト

ピンクベージュ、ライトピンクベージュ、ダークピンクベージュと、ピンクベージュ系が3色もあるパウダーファンデーション。ルースパウダーのようなナチュラルな仕上がりが特徴です。ケースもかわいいので、つい持ち歩きたくなっちゃいそう。化粧直しにはうってつけですね。

赤みがかった肌の方におすすめのファンデーション

カバーマーク

モイスチュア ヴェール クリーミィ リキッド
5
全8色 25g SPF38・PA+++
5,500円(税抜)
公式サイト

カバー力が高く、肌の赤みをしっかり隠してくれるリキッドファンデーション。
ベージュ・イエロー系の色味が多く、赤みをカバーしたい人にはぴったりです。
パールパウダーが配合されているため明るい仕上がりになります。赤みがひどい場合は、緑系の化粧下地で抑えてからファンデーションを重ねるのもありです。

肌を明るく見せたい方に、おすすめのプラス1アイテム

エトヴォス

ミネラルハイライトクリーム
6
4g
3,500円(税抜)
公式サイト

最近口コミサイトなどでも評価の声が上がっている、クリームタイプのハイライトです。下地、リキッドファンデーション、パウダー等、あらゆるベースの上からお使いいただけます。顔の内側を中心に軽くポンポンとなじませていくだけで、顔のツヤ感をアップさせ、普段のメイクを明るい仕上がりにしてくれます。天然ミネラル、植物由来のオイルやワックスと美容成分のみで作られているので、肌への刺激も少なく、これだけでしたら、石鹸で簡単に落とすこともできます。

まとめ

ファンデーションの色は、選ぶ時の注意点と肌の色をしっかりと知ることで、自分に合ったものを選ぶことが出来ます。
なかなか肌にあった色を見つけられない…と悩んでいた方は、是非この記ことを参考にファンデーションの色を選んで、今よりもっとメイクを楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

30代の悩み別!結果の出やすいファンデーションのランキング

ファンデーション ランキング 30代

30代になり、年を重ねていくと、肌も少しずつ変化していきます。筆者も20代前半のころは、ニキビなどの悩みは特になく肌トラブルをあまり感じずに過ごしていました。しかし29歳くらいのときにだんだんと、毛穴の開きが気になったり、肌が乾燥しやすくなったり、ニキビが出来やすくなったり、これまで使っていたファンデーションが合わなくなったのを感じました。ファンデーションをそろそろ変えてみようと考えている30代の方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは30代の肌事情と、30代の肌にあったファンデーションをランキングでご紹介したいと思います。

1、30代のお肌は不安定!これまでとは違うお肌の変化とは?

1-1、毛穴の開きや詰まりが気になる

毛穴の開きや詰まりの原因は様々ですが、大きな原因として乾燥からくるものがあります。
乾燥が原因で角質が厚くなり、毛穴の出口が角質で塞がれ詰まりやすくなってしまうのです。

1-2、肌が乾燥しがちになる

年を重ねるに従い、表皮の一番上にある角質層の水分量が年々減ってきます。20 代の頃には約65%ほどになります。角質層は外部から刺激を守り、内部の水分が蒸発しないように守るバリアとしての働きをしています。この角質の水分量が不足することによって乾燥しやすい肌となってしまうのです。これらの減少は30代のころから自覚する方が多いようです。

1-3、くすみやしわが気になる

30代になると、紫外線などによる肌へのダメージも受けやすく、また、ターンオーバーの速度も落ちるので、毎日少しずつ肌に蓄積され、シミやしわが出来やすくなります。まだ20代から同じ化粧品を使っている人は、それが知らないうちに肌に合わなくなってきている場合もあり、それを使い続けてしまうことで肌へ負担をかけてしまっています。スキンケアや化粧品の見直しなどがとても大切になるのです。

1-4、ターンオーバーの周期が減速する

ターンオーバーとは表皮が新しく生まれ変わることを言います。通常では28日の周期で新しい肌に生まれ変わりますが年を重ねると供に、ターンオーバーの速度はどんどん遅くなり30代から40代になるころは約40日ほどかかるといわれています。このターンオーバーの減速により、肌が荒れやすくなったり、お肌に様々な影響が出てきます。

2 30代の肌の悩み別、ファンデーションのランキング

30代になり様々な肌の問題で悩んでいる人も多いでしょう。ここでは悩み別に、おすすめのファンデーションのランキング1位を紹介したいと思います。

毛穴の開き・つまりが気になる人におすすめのファンデーション

1位:ディオール

ディオールスキン ヌード エアー フルイド
1
全4色 30ml SPF25・PA++
6,300円(税抜)
公式サイト

毛穴を塞ぐ原因となるタルクを使用していないので、肌への刺激も少ないです。揮発性オイルをたっぷりと配合しており、化粧水の様なテクスチャーで、肌馴染みもとても良いです。カバー力は上位2つに比べると少々落ちますが、肌トラブルが特にない方、ナチュラルメイクにしたい、肌に潤いが欲しいという方におすすめです。

乾燥・小じわが気になる人におすすめのファンデーション

1位:ランコム

ランコム タンミラク リキッド
2
全8色 30ml SPF15
6,000円(税抜)
公式サイト

薄付きだけど、しっかりとカバー力もありスキンケア効果が高いことで評判です。また32色のパールが入っていることで、艶やかな肌に見せてくれます。保湿効果が高いので乾燥しやすい肌の人におすすめです。全8色と、色も豊富なところがうれしいですね。

くすみやシミが気になる人におすすめのファンデーション

1位:イヴ・サンローラン・ボーテ

タンアンクルドポー
3
全7色 25ml SPF18・PA+++
6,600円(税抜)
公式サイト

美容や女性のライフスタイルを扱っている雑誌「美的」で行った美容のプロが選ぶ2015年ベストコスメのファンデーション部門で1位に選ばれました。リキッドファンデーション特有の塗りにくさを解消し、まるでプロにメイクしてもらったような均一な肌を演出できるのがこのタンアンクルドポー。さらっとしたつけ心地でありながら、カバー力はあり崩れにくいという評価。特にシミやくすみが気になる人や化粧が崩れやすく悩んでいる人におすすめのファンデーションです。

肌荒れが気になる人におすすめのファンデーション

1位:MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルリキッドリーファンデーション
ミネラルリキッドリーファンデーション MiMC エムアイエムシー ミネラルファンデ
全2色 13g SPF22・PA++
6,500円(税抜)
公式サイト
皮脂と水分のバランスを調整しみずみずしい潤いのある肌に導くミネラルリキッドファンデーション。厳選した植物美容液エキスが水分と皮脂のバランスを整え、透明感のあるツヤ肌に。ノンシリコン処方で石鹸でメイクオフが可能。

3、30代は結果が出やすい!これまで以上に毎日のスキンケアを

30代以降になると、毎日のスキンケアはとても重要な要素になります。そして頑張れば頑張った分だけ結果が出やすいのも30代。肌の老化は自然現象で仕方のないことですが、スキンケアの仕方で少しでも健康な状態に導く事が出来るのです。スキンケアで整った肌は、ファンデーションがキレイに映え、メイク崩れを抑えてくれます

3-1、肌老化のもとは紫外線!日焼け止めは必ず塗りましょう。

紫外線は日焼けやシミだけでなく、あらゆる肌トラブルのもとです。しわ・たるみや乾燥、肌荒れなどにもつながるため、夏以外でも必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

3-2、まずは乾燥対策を。毎日の潤いケアは化粧水から。

30代に多い肌悩みは、肌の水分不足“乾燥”が原因となっていることがほとんどです。まずはしっかり化粧水で角質層に水分を与え、肌の土台を整えてから、それぞれの悩みのケアに目をむけましょう。

3-3、クレンジングは上質なものを。

クレンジングは肌にとって一番の負担です。過度なクレンジングで肌に必要な皮脂を取り過ぎてしまうと、乾燥肌や敏感肌につながります。保湿力の高い上質なクレンジングを選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
年齢とともに、肌はだんだんと変化をしていきます。これまでに使っていたファンデーションが合わなくなるのも、この肌の変化による影響がとても大きいのです。30代以降に起こる肌の変化にあわせて、ファンデーションも見直していくこと、また毎日のスキンケアをこれまでより意識して強化していくことで、素肌が健やかに保たれ、メイク崩れなども防ぐことにつながります。年齢に合ったスキンケアや化粧品選びで、歳を重ねても輝くような肌を保っていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

悩み別でみる!40代の女性の為のファンデーションの選び方

40代 ファンデーション

40代の方でも外で仕事をしたり、子育てに奮闘する忙しい毎日を送っている人も多いと思います。そんな中、40代になり、20代、30代の頃にはなかった肌の変化を感じていませんか。肌の変化は30代の頃から徐々に自覚してく方が多いようですが、年齢とともにお肌も段々と老化を始めているのです。シミやたるみ、くすみなどで悩む40代の女性は多いはず。今回はそんな悩みを解消できるファンデーションを、悩み別に商品をセレクトしてみました。

1、40代の肌にはどんな変化があるの?

年齢とともに、お肌は徐々に衰えていきます。30代の頃から自覚する方が多いと言われていますが、主にターンオーバーの減速や皮脂量の低下、角質層の水分量の低下、エストロゲンの低下などがあげられます。それぞれが、乾燥やシミ、しわ、たるみなどを引き起こす原因となっているのです。

1-1シミ・くすみが出来やすい原因

1
角質層の水分量が低下することで、お肌が乾燥しやすくなります。肌は固くなりゴワゴワとした印象になり、紫外線などの外からのダメージも受けやすくなりシミになりやすくなります。

1-2しわ・たるみが出来やすい原因

23
皮脂量も、角質層の水分量と同様に30代後半から急激に減っていきます。皮脂量が減ってくることで、ハリがなくなりしわの原因に。エストロゲンは卵胞ホルモンという生理前後に分泌が高まるホルモンで、肌にみずみずしさやコラーゲンを増やす作用がります。この機能が低下することによって、肌が乾燥しやすくなり肌のたるみが生じてくるのです。

出典:素肌美人になるためのスキンケア基本事典/吉木 伸子 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4262164667

2、40代 悩み別3タイプのおすすめファンデーションを紹介

年齢を重ねることによるお肌の変化は、誰にでもあることです。そんな中、特に40代の悩みである「シミ・くすみ」「しわ・たるみ」そして、働いていて忙しい女性に「時短でもキレイに悩みをカバーしたい」そんな3タイプの悩み、それぞれに合ったファンデーションを紹介いたします。

2-1 シミ・くすみが気になる40代はツヤが出るタイプのファンデーションを

シミやくすみが気になる人には、ツヤのあるファンデーションを選ぶことがポイントです。

ランコム

タンミラク リキッド
4
全7色 30ml SPF15・PA++
6,000円(税抜)
公式サイト

肌の光を研究し、肌表面の光を表情豊かな肌色へ昇華させる技術が生かされています。
厚塗りに見えることが無く、スーッと肌になじみ、1枚ベールをまとったような肌に。
少量でも伸びがよいのでたっぷりと使えるのが嬉しい所。同じくランコムから発売されているUV エクスペールXL BBとの相性がよいうという声も多数あり、ファンデーションを塗る前の地肌にしっかりと潤いを与えることでさらに輝きが増すようです。

エスト

パウダーファンデーションシルキースムース
5
全6色 10g SPF25・PA++
レフィル5,500円(税抜)
専用コンパクト1,500円(税抜)
公式サイト

ほのかなツヤで明るく滑らかに肌をみせてくれるパウダーファンデーションです。
極小の<スキンシンクロパウダー>が肌に密着し均一に整え、カバー力もあるので、シミやそばかす、毛穴などの気になる部分をしっかりと隠します。汗や皮脂にも強く長時間付けていても崩れにくいという声が多く、カミツレエキス、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているのでお肌にとても優しいのです。

2-2、しわ・たるみが気になる40代はより保湿力の高いクリームタイプを

シミやしわの原因のひとつは乾燥によるもの。ファンデーションにもしっかりと保湿成分が含まれているものを選ぶとよいでしょう。

レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

クリーム ファンデーション
6
全3色 28g SPF20・PA++
5,200円(税抜)
公式サイト

美容成分や保湿成分を約60%配合し、まるでスキンケアクリームを塗るような感覚のファンデーションです。肌に溶け込むように伸びが良く、きめ細かくハリのある肌に仕上げます。ツヤを活かしたい場合はそのまま何もせず、マットめに仕上げたい場合はルースパウダーを兼用するとよいでしょう。

ルナソル

スキンモデリングウォータークリームファンデーション
7
全6色 30g SPF20・PA++
5,000円(税抜)
公式サイト

スキンケア成分を配合し、みずみずしい感触で軽やかにのび潤いが長時間持続します。軽いタッチでありながら、しっかりと気になる部分をカバーしてくれます。ルナソルは、パウダータイプのファンデーションも非常に人気のある商品です。長い時間メイクをしていても崩れにくいと評判のクリームファンデーションです。

2-3メイクに時間をかけたくない!時短ができるファンデーション

MiMC GRACE

リペア BB クリーム
8
30g SPF50+・PA+++
6,000円(税抜)
公式サイト

MiMCから45歳からのためのプレミアムブランドが登場しました。
肌全体のくすみやかさつきが気になる45歳からの肌のために開発されたBBクリームです。
極度の乾燥や肌全体の黄ぐすみ、ほてりからくるメイク崩れといった、肌の悩みもひと塗りでカバーし、ツヤと明るさを与えてくれます。テクニック不要で簡単に塗ることができ、メイクの時の時間も短縮。シリコーン、ポリマー不使用で、石けんで簡単にメイクオフが出来ます。時短でも、キレイなメイクがしたいという40代にはぴったりの商品です。

まとめ

肌は年齢と供に、水分量や皮脂が減少していきます。それが原因で、悩みも多くなるのが40代です。シミやくすみが気になる人はツヤのあるファンデーションを、しわやたるみが気になる人は、保湿力の高いファンデーションを選ぶことがポイントです。年を重ねても、誰もがお肌をキレイに見せたいと思うもの。その悩みにあわせてファンデーションを選ぶことでより、メイクを美しく見せてくれるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

MiMCのカバー力とは?3タイプのファンデーションを徹底解説

MiMC(エムエイエムシー) カバー力

すっかり定番となったミネラルファンデーションですが、肌にやさしく、使用感も心地いいものの、「カバー力が弱い」「メイクが崩れやすい」「時間とともにくすんでしまう」という声をよく聞きます。
そんなミネラルファンデーションにまつわる悩みを解決してくれるのが、MiMC(エムアイエムシー)。日本人女性のためにミネラルファンデーションを開発してきた国産ブランドのです。

1、MiMCのミネラルファンデーションの特徴は?

1-1、スキンケアミネラルがたっぷり配合!スキンケアしながらメイクが出来る

MiMCのミネラルファンデーションは、ミネラル100%、もしくはミネラルと植物美容液成分のみで作ったファンデーション。どのアイテムもミネラルの質にこだわり、界面活性剤や合成防腐剤、タール色素は使っていません。酸化亜鉛と言われるスキンケアミネラルがたっぷりと配合さています。酸化亜鉛は、亜鉛華軟膏と言われる傷口に塗るお薬の主成分にも使われており、メイクをしながらスキンケアが出来るのです。ミネラルファンデーションのカバー力と紫外線カット、肌への負担が少ないところはそのままに、植物美容液成分をプラスすることによって、誰にでも使いやすい形状で、 さらに、日中ファンデーションをつけている間中、ずっと積極的にスキンケアをすることが出来るというスグレモノ。気になるカバー力やメイク崩れ、くすみにも強いという特徴があります。

1-2クレンジング不要。石鹸で簡単にメイクオフ

MiMCから発売されている3タイプのファンデーションはすべてシリコーンやポリマーを使用していないので、石鹸で簡単にメイクを落とすことが出来ます。実はメイクを落とすときのクレンジングが、肌を痛めたり、必要な皮脂まで落としてしまうことで乾燥してしまうのです。クレンジングの負担を減らせることで、肌へのダメージを減らすことが出来るのです。

ミネラルファンデーションについての詳しい記事はこちら
ミネラルファンデーションの人気を徹底解析!商品から使い方・選び方まで紹介!

2、MiMCはなぜ、カバー力があるの?

意外に思うかもしれませんが、実はミネラルファンデーション自体は、カバー力が高いという事実があります。ミネラルファンデーションとは、その名の通り、天然鉱物を主な原材料したファンデーションのこと。これらは、ファンデーションをつくるうえで欠かせない、肌をカバーする成分そのもの。しかし、天然物であるがゆえ、肌への密着力が弱かったり、時間とともに色が変化したりという欠点があり、結果として、カバー力が弱いと思われがちなのです。
一般的なファンデーションは、テクスチャー、密着力、色変化防止などのために様々な成分を加えてカバー力を高めていますが、MiMCは天然鉱物と植物美容液成分だけで、肌に負担をかけることなくカバー力とくすみ感のない仕上がりを実現しています。その秘密は、ミネラルの質と独自の配合バランス。
くすみがなく、明度(白色度)が高く、不純物が混ざっていない高品質なミネラルを厳選して配合し、時間がたってもくすまず、密着度の高いミネラルファンデーションを作り上げています。

3、MiMCの3アイテムのカバー力を徹底比較!

3-1、MiMCのミネラルファンデーションは、3種類。

MiMCのファンデーションは、クリームタイプ、プレストタイプ、パウダータイプの3種類あります。下記の図はそれぞれの特徴を表した図になります。
1
出典:http://www.mimc.co.jp/about/mineral.php

カバー力や付け心地が変わってきます。それぞれ肌の状態や、悩み、好みの仕上がりに合わせて選びましょう。

3-2、3つのアイテムの仕上がりの差を、実際に比較してみました!

気になるのはやはり、実際に付けた時の見た目ですよね。今回は3つのタイプのファンデーションを、実際に使ってみて比較してみました!

<モニター肌質>
・Tゾーンはテカリやすく、頬は乾燥する混合肌
・吹き出物ができやすい
・普段あまりメイクをしっかりするのが好きじゃない
・スキンケアは化粧水だけのシンプルケア

ミネラルエッセンスモイスト SPF40 PA+++

ミネラルエッセンスモイスト

〈モニターの感想〉
何もつけていないかのように軽いがモイストパウダーよりは粉質がしっとり
馴染みのあるプレストパウダーなので簡単につけられる。のびも良いです。

透明感を重視する人や、つるんとしたナチュラルな質感が好みの方にぴったりの一品。ミネラルを美容液オイルで固めたBBクリームのようなファンデーションです。
素肌がトーンアップし、キレイになったような自然なカバー力を求める方におすすめです。

ミネラルモイストパウダーファンデーション SPF19 PA++

ミネラルモイストパウダーファンデーション

〈モニターの感想〉
何もつけていないかのように軽い。一度塗りだととてもナチュラルだが、
重ねづけするとしっかりカバーしてくれる。ポンポンをするすると伸ばすだけでいいので手軽です。

3つのファンデーションの中で、スキンケアミネラル“酸化亜鉛”が一番高配合。肌がゆらいでる方におすすめ。
上質なミネラル100%のファンデーション。シミや毛穴をきれいにカバーしつつ、ふんわりマシュマロ肌を手に入れたい方に。重ねることで、素肌感もきちんと感もコントロール自由自在。気になる部分はしっかりカバーします。

ミネラルクリーミーファンデーション SPF20 PA++

ミネラルクリーミーファンデーション

〈モニターの感想〉
真冬でも安心なしっとり濃厚なテクスチャーだが、肌への圧迫感は感じない。
指などで少し温めてから使用するとのびよくキレイに塗れました。

美容液にミネラルを溶かし込んで作った美肌ファンデーション。映画や舞台でも使われているほど汗や水にも強く、カバー力がありツヤ、保湿を一度に叶えます。しっとりツヤ肌を演出しながら、重さは一切なし。ニキビなどの大きなトラブルもしっかり隠れるカバー力を誇ります。とはいえ、厚塗り感はゼロ。

3タイプそれぞれでカバー力や見た目が変わってきますね!自分の悩みや肌の状態に合わせて、仕上がりの参考にしてみてください。

まとめ

厳選された高品質なミネラルを使用し、パフォーマンスの美しさと抜群のカバー力を誇るMiMCのミネラルファンデーション。
肌質や仕上がり、質感のお好みに合わせて3つのタイプの中から今の自分にベストなものを見つけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美しくなれるって本当?ミネラルファンデーションが肌に良い本当の理由

ミネラルファンデーション 成分

最近、人気急上昇中のミネラルファンデーション。肌に負担が少ないだけでなく、デイリーで使用すると美肌になれると言われているとか。そこで今回は、意外と知られていないミネラルファンデーションの美肌効果をMiMC専属メイクアップアーティストの中西貴也さんに教えていただきました。

ミネラルファンデーションの成分

まずは、ミネラルファンデーションの主な成分をまとめてみました。ミネラル成分の“ミネラル”とは、天然の鉱物のことを指します。コスメのミネラル成分は、以下の4種類で構成されています。

酸化亜鉛

医薬品としても用いられる成分。紫外線を散乱して日焼けを防ぐ効果があり、肌の炎症を抑え、肌を引き締める収れん作用があります。

酸化チタン

化粧品には欠かせない白色顔料。様々なメイク用品や日焼け止めにも使われています。紫外線カット効果に優れており、シミやシワのもとになる紫外線A派を反射し、日焼けを引き起こすB派を吸収する働きを持ちます。

マイカ

光沢を持った天然の岩鉱物。とても細かい粒子にすることができるので、ラメやパールのようなキラキラした質感を出せます。

酸化鉄

毒性がなく安全性が高い天然の顔料。
これらを組み合わせてファンデーションの色を調整します。

ミネラルファンデーションの種類

ミネラルファンデーションといっても、ミネラルだけで構成されているものと、合成物質が含まれているものが混在しています。目指したい肌の状態を考え、目的に合わせて選ぶようにしましょう。

ミネラル100パーセント

天然のミネラルだけを使用したミネラルファンデーション。トラブルが起きにくい優しい成分なので、肌がデリケートでゆらぎやすい方におすすめ。石けんだけで落とせます。

ミネラル+植物成分

植物成分が配合されているため、より保湿力と密着度がUP。冬の時期でも使いやすく乾燥が気になる肌質の方におすすめです。ミネラル100パーセント同様に、石けんでオフできます。

ミネラル+合成成分

合成ポリマーやシリコーン等が配合されているため、カバー力やキープ力は格段にUPしますが、通常のファンデーションと同様にクレンジングが必要なので注意しましょう。

ミネラルファンデーションのメリットとは?

皮膚には、皮脂や天然保湿因子(NMF)、セラミドを始めとする角質細胞間脂質など、自ら水分を保持し保湿をサポートする機能が備わっています。しかし、毎日の様々な物理的刺激で、必要なモイスト成分が失われ、乾燥が促進するといわれています。

ミネラル100パーセント、またはミネラル+植物成分のファンデーションには、一般的なファンデーションに使用されている合成ポリマーや界面活性剤、シリコーン等が配合されていません。そのため、石けんで簡単に落とせるので、強いクレンジング剤を使用せずに済み、洗顔によって過剰にモイスト成分を洗い流してしまったり、肌のバリア機能が弱められたりする恐れが少なくなります。

また、W洗顔が不要なことからも、肌への負担を大幅に軽減でき、肌本来の力を取り戻すことができるのです。

▼ミネラルファンデーションについての詳しい記事はこちらもご覧ください
ミネラルファンデーションが人気の理由!トライアルセットもご紹介

ミネラルファンデーションを使って肌本来の美しさを取り戻そう

ミネラルファンデーションは、肌に余分なものはつけないことがコンセプト。肌荒れが改善されなかったり、吹き出物に悩まされていたりする敏感肌体質の方こそ使ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る