コスメ

ニキビがある時に使えるファンデーションって?おすすめをご紹介!

ニキビがある時ってお化粧で隠れなかったり、普段使っているファンデーションだと悪化してしまったり・・・困りますよね。そんな、ニキビ肌で悩んでいる方に、おすすめのファンデーションをご紹介します。

目次

1、ニキビがある時のファンデーション選び、4つのポイント
2、ニキビがある時におすすめのミネラルファンデーション
3、ニキビはどう隠す?悪化させないニキビの隠し方
4、大人ニキビの原因は?ニキビの原因・ケア方法

1、ニキビがある時のファンデーション選び、4つのポイント

ニキビが出来てしまった時は、肌をケアしながらメイク出来ることが一番です。肌を休めることは大切ですが、何も塗らないでいると、紫外線に当たってしまい、ニキビが悪化したり、肌荒れやシミの原因になる事も。そんな時に使えるファンデーションは何がいいのでしょうか。選び方のポイントを紹介します。

1-1、油分の少ないパウダータイプを選ぶ!


ニキビの原因となるアクネ菌は、油を栄養として繁殖します。そのためリキッド系のファンデーションは油分が多く、ニキビ悪化の原因に。ニキビがある時におすすめなのは油分が少ないパウダーファンデーションです。また洗顔後、毛穴にメイクが残ってしまうと毛穴が詰まってこれもアクネ菌繁殖のもとになります。パウダーファンデーションの場合、リキッドファンデーションに比べてどうしても肌への密着性が劣りますが、そのぶんクレンジングもしやすく、毛穴残りの心配がないというメリットもあります。

1-2、ニキビの時はミネラルファンデーションを選ぶ!

ミネラルタイプのパウダーファンデーションであれば石鹸だけで落とすことができるものもります。

ミネラルファンデーションに使われる天然鉱物は安定した成分であることから、肌の上で化学反応を起こさないために肌に優しいと言われています。また、主成分である酸化亜鉛には消炎作用があるため、ニキビがある肌にもおすすめ。クレンジング不要で石鹸のみでメイクオフできるというのもおすすめポイントです(製品成分によって落とせないものもあり)。成分がミネラル100%のものは石鹸だけで落とすことができます。よって、クレンジングによる肌ダメージを抑えることができ、優しくさっぱり落とせるのもミネラルファンデーションの魅力です。

1-3、シンプルな処方のミネラルファンデーションを選ぶ!

ミネラルファンデーションの主な成分は、マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン(二酸化チタン)、酸化鉄。できるだけ天然の鉱物(ミネラル)を主成分としたシンプルな処方のファンデーションを選ぶように表示成分はしっかりと確認しましょう。

日本ではミネラルファンデーションに対する明確な定義が存在しておらず、ミネラル以外の成分にケミカルなものが含まれていたり、ミネラル成分が数パーセントしか配合されていなくてもミネラルファンデーションと名前がついているものもあるので注意が必要です。

ミネラルファンデーションについてもっと詳しく知りたい方はコチラの記事がおすすめ▼
2017年版!人気のミネラルファンデーションを徹底解析

1-4、下地などが不要、一つで完結できるタイプの物を選ぶ!

いつもなら下地をつけて、日焼け止めをつけてそれからファンデーションを・・・など、工程で色々な化粧品を重ねて厚塗りになりがちな方も多いのでは?厚塗りは皮膚が呼吸できず肌荒れを引き起こす原因になりかねません。ミネラルファンデーションの主成分であるミネラルには、キラキラとした成分であるマイカ、酸化亜鉛、酸化チタンといった紫外線防止効果のある白色の顔料、化粧品に色をつける酸化鉄といった成分があり、下地としての役割やUVカット効果を担ってくれます。ナチュラルな仕上がりでも気になるところはしっかりカバーしてくれる方が女性としては嬉しいところ。仕事で朝早く忙しい時に時短メイクにも使えて嬉しいですよね。

2、ニキビがある時におすすめのミネラルファンデーション

ニキビがある時でもお肌に負担をかけないおすすめのミネラルファンデーションを紹介します。できるだけ天然の鉱物(ミネラル)を主成分とした、シンプルな処方のミネラルフファンデーションを選んだ方が石鹸で落とせるので、肌に負担がかかりません。

MiMC

ミネラルモイストパウダーファンデーション

全4色 6g 
5,500円(税抜)
公式サイト

パウダのファンデーションの中で、もっともシンプルな処方となっています。ミネラル粒子が皮脂になじみやすい配合になっているため、皮脂の過剰分泌によってニキビができやすい方におすすめ。つけてから時間が経つほどに、テカりにくくツヤのある肌に導いてくれます。パフが容器に付いていて、顔の表面を滑らせるだけでベースメイクが完成するので、時短にも。

【全成分】
酸化亜鉛、カオリン 、(+/-)マイカ、酸化チタン、酸化鉄、グンジョウ

オンリーミネラル

薬用ホワイトニングファンデーションSPF50+

全2色 2.5g (約1.5~2ヶ月分)
SPF50+/PA+++
3,100円 (税抜)
公式サイト

石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料・色素、パラベン、シリコン、タルク、紫外線吸収剤、ナノ粒子不使用。
UVカット・ベースメイク・美白ケアがこれ1つで完了するファンデーション。SPF50+/PA+++で強い紫外線をしっかりブロックしてくれるにもかかわらず、石鹸オフ可能。薬用有効成分「リン酸L-アスコルビルマグネシウム」が肌表面の水分にとけ込み肌に浸透することで、新しいシミの発生も防いでくれます。

【全成分】
リン酸L-アスコルビルマグネシウム、酸化亜鉛、マイカ、窒化ホウ素、 酸化チタン、黄酸化鉄、ベンガラ、黒酸化鉄、無水ケイ酸、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、水素添加ホホバ油

レイチェル ワイン

ミネラルファンデーション

全12色 4.5g SPF27・PA+++ 
3,000円(税抜)
公式サイト

天然ミネラル100%のため油剤やシリコンなどを使っておらず、石鹸オフができて低刺激なファンデーション。日焼け止めや下地も不要です。粉はしっとりしていて、薄づきにもかかわらずカバー力があり、肌トラブルをナチュラルに隠してくれるのも嬉しいですね。ブラシが柔らかく、肌への刺激が少ないのもポイント。

【全成分】
マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Al

3、ニキビはどう隠す?悪化させないニキビの隠し方

3-1、ニキビが進行中で目立つ場合:ミネラルファンデを重ね着け

ニキビが出来たばかりで赤みがある場合は、なるべく刺激を与えないことが大切です。ミネラルファンデーションでベースを整えた後に、気になる個所に指でパウダーを優しく重ね着けするようにしましょう。

ニキビが圧迫されることなく、ある程度自然に馴染むので、肌が弱い人やニキビが繰り返し出来てしまう人にはおすすめです。

3-2、跡になっていて赤みがある場合:ミネラルタイプのコンシーラー

ニキビ跡や赤みがある場合など、ニキビが悪化する心配があまりないものは、ミネラルタイプのコンシーラーを使うとよいでしょう。ミネラルタイプなので、通常のコンシーラーよりは刺激が少なくカバー力も備わっています。

使用したコンシーラー
MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルパウダーコンシーラー

1色 0.8g
3,000(税抜)
公式サイト
厳選されたミネラルパウダーと植物エキス、植物オイルのみをブレンドしたシンプルな処方のパウダータイプのコンシーラーです。カバー力は高いが、刺激を抑え、潤いを与えながら肌を整えるスキンケア効果も。石鹸だけで落とすことが出来るので安心して使えます。

4、大人ニキビの原因は?ニキビの原因・ケア方法

ここではニキビの原因や日ごろから出来るケア方法をご紹介します。ニキビの適切なケア方法を知るには、まず原因を知ることが大切です。ニキビを作らないためには、どのようなことを実施すれば良いのでしょうか。

4-1、大人ニキビはターンオーバーの乱れに原因が

大人ニキビの原因に大きく関わってくるのがターンオーバー(肌の新陳代謝)。ターンオーバーとは肌の細胞が新しく生まれ、個人差はありますが約28日かけて角化、角質細胞となって垢としてはがれていく働きのこと。ターンオーバーが乱れることにより、本来皮膚から剥がれ落ちるはずの角質層が溜まって毛穴を塞いでしまい、大人ニキビができます。

4-2、ターンオーバーが乱れる大きな3つの原因

ストレス

ストレスがかかって男性ホルモンが分泌されることにより、皮脂の過剰分泌が発生。ホルモンバランスの乱れで自律神経の働きが低下し血行が悪くなることで、ターンオーバーの低下を引き起こします。

生活習慣の乱れ

以下のような生活習慣の乱れがターンオーバーの不調につながります。


・偏った食事による体内の栄養不足
・過剰な飲酒によって肌の代謝を促すビタミンBが不足
・喫煙により毛細血管が収縮したり、ビタミンC不足に陥りコラーゲンの生成が減る
・睡眠不足により自律神経の働きが低下し、血行不良になる

他にも便秘や過度なダイエットなどもよくありません。

過剰なクレンジング

皮脂膜は油分(皮脂)と汗(水分)で構成されています。クレンジングオイルに含まれる界面活性剤は洗浄力が強く、肌のバリア機能を持つ角質層を保護する「皮脂膜」を破壊してしまいます。過剰なクレンジングによって必要な油分(皮脂)も落としてしまうことで、肌の乾燥となり肌荒れを引き起こします。

4-3、大人ニキビのケア方法

食生活の改善

ニキビ予防のために有効な栄養素は、皮脂の分泌を抑える効果の高いビタミンB1とビタミンB2、そしてビタミンE。また食物繊維を多く取ることで便秘などの解消につながり、体内環境を整えてくれます。

規則正しい睡眠・睡眠の質の向上


質の良い睡眠を摂ることで肌はもちろん体にも良い影響があります。また美肌ホルモンは22時〜2時の間に分泌されますので、この時間に寝るのが理想です。

血行を良くする

肌の代謝が下がる原因のひとつに血流が関係しています。適度な運動やお風呂に入って体を温めるなど、体を冷やさないようにしましょう。

クレンジング不要のミネラルファンデーションを使う

過剰なクレンジングは肌に負担がかかります。クレンジング不要のミネラルファンデーションを使うことで、肌荒れの予防にもつながります。

日々使う化粧品を清潔に保つ

肌に直接つくパフやブラシが清潔でないと肌が雑菌の温床に。ニキビ菌の繁殖を促すことになってしまいます。抗菌コートのついたブラシやパフを使用する、定期的に洗うなどできるだけ清潔に保つことが大切です。

まとめ

クレンジング不要なミネラルファンデーションは肌荒れの予防になる上、肌をゴシゴシとしなくても優しくさっぱり落とせるのが魅力です。ニキビのできる原因やケア方法をしっかり対策し、綺麗な肌を目指していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

MiMCの人気NO1!クリーミーファンデーションを実際につかってみた

最近注目されているミネラルファンデーション、その中でも上質なミネラルだけで作られている国産のメーカー、MiMCが人気を集めています。
今回はMiMCの中でもっとも人気の“クリーミーファンデーション”を約2週間使ってみたレポートをご紹介します。

1、MiMCのクリーミーファンデーションについて

ミネラルクリーミーファンデーション
「肌を美しく見せるメイクアップ効果の高い濃縮美容液」という視点で開発されているほど“スキンケア”のことを考えられ、美容液成分とミネラルで100%作られているファンデーションです。濃縮美容液にナチュラルなミネラルパウダーを練り込んで、従来のミネラルファンデーションを進化させたものがこのMiMCクリーミーファンデーションです。美容液成分とミネラル100%なので、メイクをしながらもしっかりと保湿効果を維持してくれるので、まさにメイクをしながらもスキンケアができるファンデーションと言えるでしょう。

植物由来の美容成分

スクワラン、モモ葉エキス、ザクロ種子油、ハスエキス、カミツレ花エキス、プルケネチアボルビリス種子油、ミツロウ、カルナウバロウ、ホホバ種子油、野菜油、ヒマワリ種子油

みずみずしい肌を作るための成分が多く含まれています。
ハスエキスは、肌のキメを細かく整えて、潤いを与える効果、ザクロ種子油は、肌に潤いを与えて、肌荒れを防ぎます。カミツレ花エキスは、肌を健やかに保ち、キメを整える効果。野菜油は保湿に欠かせない脂肪酸がメッシュ構造で肌の構造に近いので、空気をしっかり通しながらも、保湿効果の高いオイルです。

このように、美容成分とミネラル100%で作られているため、強いクレンジングを使う必要はありません。石鹸だけでメイクオフできるのでその分、肌への負担を軽減させることが出来るのです。

2、2週間、クリーミーファンデーションを使ってみた

それでは実際にMiMCのクリーミーファンデーションを

モニター

Sさん。44歳、宝飾店で販売員として勤務。
最近は春の変わりやすい気候、職場の乾燥などにより肌のコンディションが低下中。
加えて加齢による小さなシミや毛穴の開き、くすみが最近気になり始めている。

Sさんのモニターの普段のメイク

普段は美容液入り日中用クリーム、ルースパウダーを利用。仕事をしているためメイク直しは必須。その際にパウダーファンデーションを重ねています。肌状態は普通肌だが目元に少し乾燥を感じる。メイク前のスキンケアは気を使っていて、しっかりと保湿をしたあと、下地、コンシーラー、日中用クリーム、ルースパウダーで仕上げています。仕上がりは悪くないが、職場がエアコンで乾燥する環境であり、少し肌にカサつきを感じることも。特に目元は年齢と乾燥による小じわのようなものが目立つのが悩みです。また小さなシミやくすみも年齢的に気になるところ。今使用中のアイテムは素肌っぽく仕上げるのにはよいが、長時間メイクをしている状態ではカバー力が不足しているため、メイク崩れしやすいのが悩み。また使うアイテムが多いのでもう少し時短になるようなものをと考え、MiMCクリーミーファンデーションを使うことにした。

ケースに本体とスポンジをセットした。黒のケースがスタイリッシュでお洒落です。
ケース

まずはメイクを始める前にスキンケアをしっかりと行います。私の場合、ベースとなる肌をしっかり整えることから始めるので特に念入りに。

ベースに使うのは、同じくMiMCから発売されているエッセンスハーブバームクリームhttp://store.mimc.co.jp/products/detail72.html
朝晩の保湿クリームとしてはもちろん、クリーミーファンデーションの下地にも推奨されています。

メイク前の素肌

1-メイク前_素顔

メイク前の肌は頬の毛穴と頬の薄いシミが目立つ。ここをカバーしたい。

クリームファンデーションは初めて使うので、少し指にとってみたらその伸びの良さにビックリ!リキッドファンデーションとは全く違う感覚にびっくりしながらもスポンジで適量を取り薄く伸ばしていきます。ミルフィーユ塗りと言われている重ね塗りをしても厚ぼったくならないのでこれはかなりいいかもしれません。明るめカラーのアイボリー101を使用したので、明るい印象。
2-メイク後

伸びがとにかく良く、塗ったあとは植物成分の効果かすごくしっとりしています。艶のある仕上がりになりました。潤いはあってもべったりした感触は無く、軽い付け心地です。

クリーミーファンデーションを付けてからの経過

昼は少し崩れていました。思い返してみたら朝のスキンケアで、最後のクリームの量が少し多かったかもしれません。Tゾーンは特に油分系は少ないほうがいいかもしれません。特に小鼻は浮いてしまい、元の肌の赤みが出てきてしまいました。小鼻対策は必要かもしれないと感じました。気になる目元は時間が経ってもあまり乾燥が気になりません。

夕方あたりの写真

3-メイク_日中
若干崩れてしまっているのはスキンケアのクリームが多めだったからかもしれません。

一日メイクをしてみて

夜メイクを落とすまでしっとりとした潤いはずっと続いていました。乾燥しないようにベースのスキンケアに気を遣っていることもあるが、落としたあとにも潤いが残り、洗顔後のツッパリ感もあまり感じられませんでした。カサつきも感じられません。強いクレンジングを使わずに石鹸でメイクオフできるもの、肌への負担が減るのでとても嬉しいです。

MiMCミネラルファンデーションはスキンケア効果もあるとのことなので、その効果がつけている間に十分発揮されているように感じました。美容液成分+ミネラルでメイクしながら肌のケアが出来るのは嬉しいですね。

気になる部分には指でクリームを塗ってみました

次の日、スキンケアのクリームは少なめにしてみる。そしてこのクリームファンデーションの伸びの良さを生かして、コンシーラー代わりに指先で取り、気になるシミや目の下のくすみなどに付けてみました。
4-手に取る
まず普通にスポンジでファンデーションを塗った後、指先で気になる部分に重ねづけ。特に頬のシミと小鼻の赤みが気になるので念入りに。トントンとなじませることにより、シミやくすみ、赤みがカバー出来る。コンシーラーとしても使える優れものです。わたしはこの使い方がとても気に入りました。ひとつのファンデーションで全体とスポットで使うことが出来るのは時短にもなり、パウダーファンデーションでは求められない使い勝手のよさを感じました。コンシーラー的な使い方もオススメです。全体を塗ったあと写真のように気になる部分になじませていきます。
4-肌に乗せる

気になる昼間の崩れはクリームを控えめにしたせいか、あまり崩れていなかったです。軽くオイルコントロールペーパーで油分をオフし、指先でファンデーションを付け直すと綺麗にメイク直しが出来た気がします。家の洗面台と会社とでは照明の違いがあるので若干明るく写っていますが、朝やったように指先でコンシーラー代わりに目元と頬のシミも重ねづけ。綺麗にカバーできています。

ベースメークのみの写真。つけたてなのでツヤ感が感じられます。
5-メイク後_部分的に重ねつけ

2週間使ってみて

特に敏感肌というわけではなく、約2週間使い続けて肌トラブルなどは無縁でした。年齢植物由来の成分、美容液効果や肌に優しいミネラルを使用したこのファンデーションはとにかく付け心地がいいです。カバー力があるのに重さ、閉塞感を感じることがありません。そして潤い、保湿力がとても高い。肌をケアしながらここまでの潤いとカバー力を兼ね備えたファンデーションはなかなかないように思えます。使った季節が春だったのですが、この保湿力なら乾燥が厳しい冬でもカサつくことがほとんどないように思えます。

まとめ

これまでクリームファンデーションは使ったことがなく、イメージ的にカバー力はあるものの「厚ぼったい」「塞がれた感じ」「重苦しい」といったマイナスイメージが先行し、躊躇していました。リキッドのほうが軽く、パウダーのほうが自然というイメージだったのが今回MiMCのクリームファンデーションで覆されました。カバー力はあるのに暑苦しくなく、スキンケア効果が高いというところがとても優秀でした。是非使い続けてみたいアイテムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る