知らないと損!ミネラルファンデーションは塗ったほうが肌にいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
★知らないと損!

ミネラルファンデーションってそもそも何?

「ミネラル」とは、古くから私たちの身の回りになるごく身近な天然の鉱物のことです。 ミネラルファンデーションとは、主にその鉱物を使ったファンデーションのこと。

天然鉱石のマイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄という4つのミネラルがミネラルファンデーションの主な原料です。

この4つの天然の鉱石が主に使われていて、界面活性剤や合成防腐剤、タール色素などが含まれていないファンデーションのことを、一般的には「ミネラルファンデーション」と呼んでいます。

ただ認証機関があるわけではないため、「ミネラルファンデーション」と表示しているファンデーションの中には、ファンデーションの全成分の一部にミネラルが使われているだけのものの場合もあります。

肌のことを考えてミネラルファンデーションを選ぶ時には、全成分を確認して選んでいただくことがおすすめです。

天然鉱石であるミネラルは、土が肌についたときのように肌にぴたっと密着しカバーする力がありますが、落とす時はクレンジング剤を使わず、石けんでするりと落とすことができます。

また、ミネラルの中には紫外線を反射するものがあるので、ミネラルファンデーションは多くの場合、紫外線カットにも優れています。

カバー力、紫外線カット力がありながら、肌への負担が少ない。これがミネラルファンデーションの一番の特長です。

ナチュラルにこだわったミネラルファンデーションに変えると 素肌がキレイになる5つの理由

1. 酸化亜鉛の配合量

肌荒れを防ぐスキンケアミネラル酸化亜鉛の質、種類、量にこだわって配合しています。

2.防腐剤、合成着色料、合成香料、界面活性剤なし

化粧品によく使われる便利な成分ですが、MiMCのファンデーションはこれらを使っていません。

3. 高い紫外線カット効果

紫外線反射剤ミネラル(酸化チタン、酸化亜鉛)は、UVA,UVBともに遮る効果が高いミネラルです。

お肌のことを考えるなら紫外線カットは断然ミネラル!

4.石けんで落とせる

パウダー、プレスト、クリーミーのどのタイプのファンデーションもシリコーンやポリマーを使用せず、石けんで落とせます。必要な皮脂まで洗い流してしまうことを防ぎ、肌にもともと備わっている美しくなるための肌バリア機能をONに。

5.一日中がスキンケアタイムに

メイクアップによる肌ダメージをスキンケアでカバーする毎日のサイクルから、メイクタイム=スキンケアタイムのハッピーサイクルに!

いろいろあるミネラルファンデーション。どうやって選べばいいの?

いろいろあるミネラルファンデーション。どうやって選べばいいの?とまよってしまうことも。
お肌のことを考えてミネラルファンデーションを選ぶ時は、まず「ミネラルファンデーション」の全成分を確認してミネラルが主な成分となっているか、肌にダメージを与えてしまうような成分は含まれていないか確認していただくことをおすすめいたします。

その上で、季節や肌状態によってスキンケアを変えるようにファンデーションも仕上がりの好みや肌状態に合わせて、ミネラルファンデーションを使っていくことで、メイクをしている時だけでなく、素のままでも美しい肌を目指しましょう。

ベースメイクである「ファンデーション」は毎日のメイクに欠かせないもの。

美しさをコントロールする一番のカギともいえます。ベースであるファンデーションを変えることで、洗顔も変えることもできます。
ミネラルファンデーションを取り入れることで、お肌にやさしいスタイルに変えていくことも可能になります。

ミネラルファンデーションバナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
MiMC監修
上質な植物成分と厳選ミネラルでつくる国産ナチュラルコスメブランド。 生命力あふれる天然植物の心地よい“香り”や“使用感”とメイクアップアーティストMICHIRU監修による、撮影対応の“美しい仕上がり”を両立。メイクをしている時間もスキンケアタイムにかえる新発想で、 女性のキレイを応援します。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>