メイク崩れに悩む方に!ぜひ試して欲しいミネラルファンデーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
★メイク崩れに悩む方に!

夏から秋にかけてのメイク悩みランキングNo.1!それは 「メイク崩れ」。朝のばっちりメイクも夕方になると崩れてファンデと皮脂が混ざってドロドロに。
1日キレイをキープしたくて、時間も手間もかけて崩れにくいメイクをしているつもりなのに過酷な夏の環境では、どうしてもメイクが崩れてしまい、鏡を見てビックリということも。キレイになるためのメイクが崩れてしまってはせっかくのメイクが逆効果に。

そんなお悩みには、ぜひ一度ミネラルファンデーションをためしてみて!

1.まず、夏のメイクはどうして崩れやすいの?

一般的なベースメイクで考えてみると。。。

通常ファンデーションには、ツルッとした仕上がりと伸びをよくして密着感を高めるために「ポリマー」という成分が配合されています。

ポリマーとはサランラップの原料にもなっている成分。つまり普段メイクをしている時のお肌は、お肌の上からラップを貼っているような状態です。

夏で汗ばんだお肌の水分は、メイクアップ料とお肌の間にたまり、その結果メイクはドロっと一気に崩れがちです。また、ピタっと密着感がある分、皮膚呼吸が妨げられるため、圧迫感や息苦しさを感じてしまう人も。

一方で、ミネラルファンデーションはポリマー成分は入っていないことがほとんど。肌には密着しているけれど、面でカバーしているのではなく、粒でカバーしているので、お肌の水分は空気中に通り抜けたり、お肌にたまったり自由自在。油分が多ければ外にだし、水分が少なければしっかりとだきかかえてお肌を潤します。

※ミネラルファンデーションと呼ばれるものでも、ポリマー成分が入っている場合もあるので全成分が見られるようなら確認していただくのがおすすめです。

2.メイク崩れにミネラルファンデーション。
でも、そもそもミネラルって何??

“人間の身体にとって欠かせないもの”
それがミネラルです。ミネラルウォーターの“ミネラル”と同義。

糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並ぶ五大栄養素の一つで、私たちが生きていくうえで非常に重要な栄養素のひとつです。

ミネラルと呼ばれているものには、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、セレン、クロム、硫黄、銅、コバルト、モリブデン、ヨウ素、マンガン、カリウム、ビタミンなどが含まれており、肌のみずみずしさやハリを保つための“必須栄養素”と言われています。

これらの“ミネラル”のうち肌を物理的にカバーするためのミネラルがミネラルファンデーションの“ミネラル”。一般的にミネラルファンデーションに使われるミネラルは、酸化亜鉛や酸化チタン、酸化鉄、雲母(ウンモ)と呼ばれるマイカなどの「鉱石」です。

余談になりますが、ダイヤモンドやウルトラマリンなどの馴染みの深い美しい輝きを放つ宝石も、鉱石の一種です。天然の鉱石を砕いてパウダー状にすることで、人口のプラスチック素材とは全く異なる上品な輝きカラーが生まれます。

▷ミネラルファンデーションによくつかわれているミネラル(鉱石)の種類と効果
※以下はすべて天然の鉱石です

「酸化亜鉛」・・・UV A波カット、肌ひきしめ、キメを整える、炎症をおさえる

「酸化チタン」・・・UV B波カット、カバー力

「酸化鉄」・・・カラー

「マイカ・シリカ」・・・ツヤ、透明感

「カオリン」・・・皮脂吸着

3. 本題:ミネラルファンデーションが夏のメイク崩れに強い理由

ポリマー成分を使わないために、ミネラルファンデーションは水分・油分の通気性が良く、つけ心地はとても軽やか。お顔が覆われている感がなくドロっと一気にはがれ落ちるということがありません。

だから、ささっと直すだけでお直しも簡単。この通気性が普通のファンデーションと大きくちがうところ。

そして通気性が高いことで、メイクが崩れにくく、万一崩れても全部が一気に崩れないため、崩れてもお直しが簡単なのです。

ミネラルファンデーション図

一度使うとヤミツキになるミネラルファンデーション。いろいろなメーカーからいろいろなタイプのものが出ていますので、成分や使い心地、崩れにくさを確認してお気に入りを見つけてください。

天然のものを使っているので同じ成分でも使い心地や仕上がり、崩れにくさもいろいろ。(※例えば、野菜にたとえるとすると、キュウリといっても、産地や育て方によって味も形も色も違うというような感じ。ミネラルは天然鉱石なので、産地や加工の仕方などによって違いがでてくるのです)

4.夏のメイク崩れを防ぐ肌づくりのポイントいろいろ

ミネラルファンデーション以外の夏のメイク崩れ対策をお教えします!

・メイクの仕上がりは、スキンケアで左右されます。どんなにミネラルファンデーションを使っても、スキンケアで肌がベトベトではメイクは崩れてしまいます。

朝は、ペタペタと肌に残るとろみのある化粧水ではなく、肌に吸い込まれていくような化粧水のほうがその後のメイク崩れを防ぐことができます。

・皮膚がうすく乾燥しやすいところは入念に、皮脂分泌が活発になりやすいTゾーンは軽くティッシュでおさえるなど、パーツ毎のお手入れをすると安心です。

・メイクする時もスキンケアと同じように、カバーするところと素肌を活かす部分をわけて、崩れの原因になる“厚塗り”を防ぐと、よりメイク崩れを防げます。

人の目がいきやすい目の下の三角ゾーンはコンシーラーを使い、そのほかは日焼けどめ効果のあるパウダーでうすく仕上げると、メイク崩れを防ぎながらもカバーしたいところはしっかりメイクすることができます。

夏の暑さで、汗や皮脂で崩れるかも…と思ってもやっぱり毎日欠かせないメイク。

天然ミネラルの化粧品は夏こそ本当におすすめです。メイクの崩れに悩んだときはぜひ一度試してみていただきたいです。

▼MiMCのメイク崩れ対策アイテム

MPFミネラルモイストパウダーファンデーション
AGSCナチュラルエイジングケアミネラルパウダーサンスクリーン
CCミネラルコンシーラー
OILミネラルオイルコントロール
PFビューティビオファイター ピュアフルーティー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
MiMC監修
上質な植物成分と厳選ミネラルでつくる国産ナチュラルコスメブランド。 生命力あふれる天然植物の心地よい“香り”や“使用感”とメイクアップアーティストMICHIRU監修による、撮影対応の“美しい仕上がり”を両立。メイクをしている時間もスキンケアタイムにかえる新発想で、 女性のキレイを応援します。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>