花粉症が引き起こす肌荒れ。メイク法やおすすめファンデーションを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

春になると暖かくなって気持ちが良いですが、それと同時に冬とは違うメイクトラブルにも悩まされます。花粉症やマスクなどの影響でメイクも崩れやすい状態に・・・。春、花粉症の時期のメイクはどのようなものが良いのでしょうか?

目次

  1. 春先に起こるメイクのトラブルは?
  2. 花粉症の季節にメイクが崩れやすくなる、メイクがのらない理由は?
  3. 花粉症の季節の肌荒れのメイク対策。みんなどうしてる?
  4. 花粉症で肌荒れが起きている時におすすめのメイク法
  5. マスクをしていてもメイクを崩れにくくする方法

1.春先に起こるメイクのトラブルは?

季節の変わり目でもある春。長い冬が終わって暖かくなってきたかと思いきや、肌は様々な危険にさらされています。

1-1.敏感肌やゆらぎ肌に陥りやすくなる

冬は乾燥する季節ですから、水分不足の肌細胞は少し弱り気味。春になると、弱った状態が回復しないまま花粉や紫外線という強敵がやってきたり、気温の変化などによって体が弱ることで肌の状態も不安定になり、敏感肌になりゆらぎがちに。肌トラブルが発生しやすくなり、敏感肌やゆらぎ肌に陥る要因になってしまうこともあります。

1-2.鼻周り・目元などの肌荒れしやすくなる

とくに注意したいのは皮膚の薄い鼻周りや目元です。ただでさえバリア機能が低下し、敏感になりがちな状態。花粉で目が痒いからと目をこする、鼻を噛むなどの刺激でさらなる肌荒れのもとになることもあります。

2.花粉症の季節にメイクが崩れやすくなる、メイクがのらない理由は?

ただでさえ春は肌細胞が弱ってバリア機能が低下している状態。花粉はアレルギー反応ですから、肌が炎症をおこしたり、乾燥肌のもとになってしまいます。肌の状態が不安定だと、それだけでメイクが乗りにくくなってしまいますよね。また、肌が乾燥を補おうと皮脂を過剰分泌してしまうことで、メイク崩れの原因にもなります。

花粉の時期になるとマスクをする機会が増えるため、マスクが直接肌に触れたり、マスクをしている部分が蒸れることでもメイク崩れは発生しやすくなります。汗などの影響でテカリやヨレが発生することもあいまって、メイクが乗らない、崩れやすいなどのトラブルにつながってしまうことも。

3.花粉症の季節の肌荒れのメイク対策。みんなどうしてる?

3-1.普段使っているメイクやスキンケアを見直す


実際に季節の変わり目などで「肌荒れ」と感じた女性の半数が「いつも使っているメイクやスキンケアを中止する」答えている(MIMC調べ)というアンケート結果があります。肌が敏感になっている時期、メイクやスキンケアも肌の状態にあわせて変えるのがベストですね。

また、肌荒れの時に変えるメイク用品については、ファンデーションが66%、化粧下地が54%という結果も。ファンデーションやメイク下地は肌に直接触れるものですから、できるだけ肌に優しく負担のかからないものを選ぶのがおすすめ。中でもいま人気のミネラルファンデーションは、石鹸オフできるものを選ぶと肌負担をかなり抑えることができ、敏感肌の人でも安心して使える優れものです。

4.花粉症で肌荒れが起きている時におすすめのメイク法

4-1.朝のメイクのポイント

朝のメイクは洗顔から始まっています。洗顔時には顔をごしごしこすらず、ぬるま湯で洗いましょう。そして、保湿はすみやかに十分行うこと。保湿をしっかりすると皮膚のバリア機能やターンオーバーを正常に保つことができます。

花粉症の時期のファンデーションの選び方

スキンケア用品はなるべくサラサラとしたテクスチャーのものを選びましょう。例えばリキッドファンデーションを使用する場合、保湿を考えるとどうしても固めの質感で仕上がりもしっとりとしたものを選んでしまいますが、これは花粉が付着する原因にもなってしまいます。同じようにファンデーションのテクスチャーもさらっとしたものを選び、塗るときは薄めにするのもポイントです。

「ミネラルファンデーション」がおすすめ

おすすめはパウダータイプやプレストタイプのミネラルファンデーション。肌に優しいミネラルファンデーションであれば、肌が敏感になりがちな春にも安心して使用することができます。油分が含まれておらず花粉が付着しにくいパウダータイプ、保湿もできるプレストタイプのミネラルファンデーションをご紹介します。

4-2.花粉症の時期におすすめのファンデーション紹介

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルエッセンス モイストEX 【春夏限定】

全2色 10g SPF50+・PA++++ 
6,500円(税抜)
公式サイト

■特徴

  • 季節の変わり目でお肌のゆらぎやすい春夏のために考えられた処方
  • 紫外線にも負けない高SPF値で、潤いながらもサラサラの仕上がりに
  • 軽い付け心地でありながらカバー力も◎

ヴァントルテ

ミネラルシルクプレストファンデーション

全3色 11g  SPF20・PA++
4,300円(税抜)
公式サイト

■特徴
・ヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、スクワランなど保湿成分が配合されており、乾燥を防いでくれる
・カバー力があるためテカリを抑えてくれる
・下地不要で時短メイクが可能

レイチェル ワイン

ミネラルファンデーション

全12色 4.5g SPF27・PA+++ 
3,000円(税抜)
公式サイト

■特徴

  • サラサラとしたつけ心地で軽い仕上がり
  • マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Alのみのシンプルな成分構成
  • 下地が不要で肌に直接つけることができる

5.マスクをしていてもメイクを崩れにくくする方法

三次元マスクのように立体的なものを選ぶと、マスクの摩擦を最小限に抑えられ、また通気性もよくなりますのでおすすめです。

おすすめのマスク

KOWA

三次元メイクがおちにくいマスク

全3色 3枚入り
450円(税抜)
公式サイト

■特徴
・内側がプロテクト加工されており、ファンデーションがつきにいくい
・口元の空間が広く、口紅がつきにくく、呼吸もしやすい
・空気中の微粒子(3μm)を98%カットしてくれる

5-2.ベースメイクの仕上げにフェイスパウダーを

ベースメイクの仕上げにフェイスパウダーを使うことで肌への密着性が上がるため、メイクのヨレなどを防いでくれます。フェイスパウダーを使う際は顔全体ではなく目元や鼻周りなどテカリやヨレが出やすい部分に軽くつけると効果的です。

おすすめのフェイスパウダー

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルパウダーヴェール

全2色 9g
4,200(税抜)
公式サイト

■特徴
・シルクよりもなめらかな100%ナチュラルミネラルパウダー
・素肌感がほどよく、上品に仕上がるハーフマットな仕上がり
・厳選したミネラルパウダー(シリカ)が、凹凸感をなめらかに整える

まとめ

季節の変わり目、花粉も飛び交う春ですが、暖かくなってきたことで色々なところに出かけたい!という希望も湧いてきますよね。そんなときブルーな気持ちにならないよう、ポイントを押さえて快適なメイクを施してくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.

佐藤 優月

ライター/化粧品会社10年間勤務。マーケティング業務に携わる。結婚後しばらくして、美容を専門にしたライターに転身。 月に1,2回はエステに通い、スキンケアやメイクについて知識を深めている。いくつになっても若くいたい、キレイでいたいをモットーに美意識を高めることが趣味。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*