1日中完璧メイクをキープできる方法を伝授!崩れないメイクをつくる化粧直しテク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
maini

朝、しっかりメイクをしたつもりでも、夕方になったらファンデがヨレて、目の下まで真っ黒……。パウダールームに駆け込んで直そうと試みたものの、仕上がりが美しくない! なんて経験がある方。それは、メイクの仕方や化粧直しの方法に問題があるのかもしれません。そこで今回は、悩める女子をレスキューする化粧直しの裏技を、MiMC専属メイクアップアーティストの中西貴也さんに教えて頂きました。

化粧崩れを防ぐには朝のメイク時間が勝負!

日中の大幅なメイクの崩れを防ぐためには、朝のスキンケアやベースメイクの作り方を見直す必要があります。肌の乾燥が気になるからといって、化粧水や乳液を必要以上に使用していませんか? 実は、それらを塗布する量が、メイク崩れを引き起こす原因となっているのです。

メイクを仕立てのような美しい状態を長時間キープするために、最も大切なポイントは、使用するアイテムの適量をきちんと守り、肌に馴染ませるステップを丁寧に行うこと。時間がないからといって、肌に馴染む前に急いで重ねると、表面に残った化粧品の油分がファンデーションと混ざり、ドロドロ肌の引き金となってしまいます。

また、下地やファンデーションも同様に塗り過ぎないように気をつけましょう。トラブルを隠そうとして、全体的に厚塗りをすると必ずヨレます。下地をしっかり塗ってベースメイクを入念に! と言われておりますが、たくさん塗ることを意味しているワケではありません。ベースメイクこそできる限り薄くすることを意識し、カバーしたいけどできない肌の悩みは、コンシーラーを上手に活用すると効果的です。

美しく仕上がる化粧直しテク

朝のスキンケアを正しく施しても、実際のところメイク崩れは避けらないのが厳しい現実……。そこで、パーツ別の化粧直しテクを伝授して頂きました。

ベースメイク編

崩れている部分に直接ファンデーションを塗布すると、見た目が汚くなってしまいます。ベースメイクを直す際は、しっかりとティッシュオフをし、余分な皮脂を抑えることが先決。もし、崩れがひどいと感じる場合は、ミスト化粧水や乳液をティッシュやコットンに含ませて、部分的に落としてください。

ティッシュオフが完了したら、毎日使っているお気に入りのファンデーションを塗り直したいところですが、お直しには、BBパウダーやプレストパウダーを使用すると美しく仕上がるそう。BBパウダーやプレストパウダーは、薄づきなので厚塗りにならず、化粧を直した後もキメ細やかな肌を保ってくれます。化粧直し用として、1つポーチに忍ばせておくと日中のメンテナンスも楽チン。

また、崩れ過ぎてファンデーションを落としてしまった部分をしっかりカバーしたい場合は、コンシーラーを持ち歩き、気になる部分にサッと走らせて馴染ませた後にパウダーを乗せると、美しいセカンドスキンを演出できます。

アイメイク編

まぶたは、とてもデリケートな場所なので、刺激を受けやすく乾燥しがち。パウダーファンデーションを乗せると、カサカサして老けた印象を与えてしまうので、目元専用のベースクリームを使用しましょう。目元専用のベースクリームは、アイメイクの仕上がりを良くするだけでなく、潤いを与えて外的ダメージから肌を守ってくれる効果があります。軽いテクスチャーで保湿力が高く、くすみなどの疲れた印象をナチュラルにカバーしてくれるタイプが理想的です。

また、パンダ目やダマの原因となるマスカラも大量に塗布しないことがポイント。ビューラーを使用して根元をしっかりカールした後に、マスカラを縦にスーッと伸ばすように乗せて、最後にまつ毛の根元にボリュームを重ねてください。ブラシをグッと押し当てて、ジグザグと横に動かし根元を重くすると、毛先が上を向いた美しいカールを持続することができます。

アイラインは、リキッドを使用すると崩れにくいそうですが、もし、ペンシルラインを使用している場合は、ラインの上からアイシャドウを重ねると、にじまずヨレにくくなります。

リップメイク編

口元は、特にメイクが落ちやすい場所ですが、工夫次第で美しさをキープすることは可能。ルージュを直接唇に当ててボテっと乗せるだけでは、すぐに落ちてしまいます。

面倒くさいからと言って使用してない方が多いかもしれませんが、リップメイクを崩れにくくするには、リップライナーが大活躍してくれます。

ルージュと同系色のリップライナーを選び、しっかりと輪郭を縁取り、塗りつぶしてからルージュやグロスを重ねると、格段に落ちにくくなります。

また、ルージュを塗ってティッシュで押さえた後、お手持ちのパウダーを、ブラシでトントンと軽く塗布してから、再度ルージュを重ねる”ミルフィーユ塗り”をすると、カラーが持続するプロ直伝の裏技も

正しい化粧直しテクを学べば、夕方のお疲れ顔とは無縁

いかがでしたでしょうか? 鏡を見てベースメイクのヨレやアイメイクのにじみを見つけると、とてもショックですよね。メイク崩れを最小限に抑えることはハードルが高いと思われがちですが、ちょっぴりひと手間加えてあげるだけで、改善が可能。スキンケアを入念に、そして厚塗りしないことに気をつけて丁寧に作り込めば、夕方以降のどんよりお疲れ顔から卒業できますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
MiMC監修
上質な植物成分と厳選ミネラルでつくる国産ナチュラルコスメブランド。 生命力あふれる天然植物の心地よい“香り”や“使用感”とメイクアップアーティストMICHIRU監修による、撮影対応の“美しい仕上がり”を両立。メイクをしている時間もスキンケアタイムにかえる新発想で、 女性のキレイを応援します。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>