リキッドファンデは乾燥知らず!ツヤ肌になれる塗り方と人気ランキングTOP5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ふだん何気なく使っているリキッドファンデの特長や使い方について、詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。実はリキッドファンデは、様々なメイクの仕上がりを表現できるとっても優秀なファンデーションなのです。塗り方のポイントをおさえるとメイク崩れもしにくく、とっても使い勝手のいいアイテムです。今回はそんなリキッドファンデについて、メリットや塗り方、人気商品までその魅力を詳しくお伝えいたします。

目次

1、ファンデーションの種類を特徴別に紹介
2、リキッドファンデを使うメリット
3、お手軽度別!リキッドファンデの3つ塗り方と色選び
4、リキッドファンを崩れにくくする仕上げ
5、リキッドファンの人気商品ランキングTOP5

1、ファンデーションの種類を特徴別に紹介

ファンデーションには様々なタイプがあります。まずはそれぞれの特徴やカバー力、仕上がりの違いをご紹介します

リキッドタイプ %e3%83%aa%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87

油性成分がリキッド(液体)状のファンデーションです。油分が入っているため伸びがよく、肌への密着度が高いのが特徴。カバー力と保湿力を兼ね備えた製品が多く、カバーをしながらも透明感のある肌づくりに向いています。

パウダータイプ %e3%83%91%e3%82%a6%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87

粉体原料が主体のファンデーション。マットな肌を演出したいときや、比較的低刺激のため敏感肌の人にも向いています。薄づきなのでリキッドタイプやクリームタイプよりもカバー力は少し低め。ファンデーションを塗った後にフェイスパウダーが必要ないため、時短メイクや化粧直しに便利です。

クリームタイプ %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87

油性成分がクリーム状のファンデーションで、固めのテクスチャーが特徴です。保湿力・カバー力においてリキッドよりも高いです。のびが良く、肌に密着して化粧持ちのよい肌に仕上げます。少しでも厚めに塗るとメイク感が強くなるので、ナチュラルに仕上げたい場合はできるだけ薄く塗りましょう。

ミネラルタイプ %e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87

ミネラル(天然鉱物)を主成分として作られたファンデーション。パウダータイプが主力ですが、リキッドやクリームタイプのミネラルファンデーションも販売されています。ケミカルな成分を使用していないため、敏感肌にも使えるファンデーションとして人気(ただし、ミネラルファンデーションと銘打ってはいるもののケミカルな成分が配合されている製品もあるので注意が必要)。

エマルジョンタイプ %e3%82%a8%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3

リキッドやクリームタイプのファンデーションを押し固めて作られたコンパクト状のファンデーションです。手軽に塗ることができ、肌への密着度や保湿力・カバー力も高いため、パウダーとリキッド、どちらのよいところも兼ね備えていると言えます。

2、リキッドファンデを使うメリット

%e3%83%aa%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%89_1

ナチュラルメイクからしっかりメイクまで対応!

薄く塗ればナチュラルメイクのベースに、少し重ねて塗ればしっかりメイクのベースに、と仕上がりを便利に使い分けることができるのがリキッドファンデの特長。また、塗り方や重ねるフェイスパウダーを変えることによって、ツヤのある肌からマットな肌の仕上がりまで幅広い表現をすることが可能になります。

密着度があり肌の乾燥を軽減させる!

油分が多く含まれるため、オイリー肌の人にはあまり向きませが、肌が乾燥する場合は、その油分によって外気による乾燥を防いでくれます。冬場の乾燥する季節や空調の効いた部屋に長時間いる人などにもおすすめです。

カバー力があり、シミやそばかすなど肌悩みを解消!

伸びが良く、肌に密着してカバーしてくれるため、そばかすやシミ、しわなど広範囲の肌悩みも自然に隠せます。

商品の選択肢、仕上がりの幅が広い!

もちろん、リキッドファンデにもデメリットはあります。油分が多いこと、肌への密着度が高いことから、洗浄力が強めのクレンジングが必要な特性上、肌に負担がかかりやすいのがデメリット。厚塗りになりやすく、崩れたときのメイク直しもパウダーと比べて手間になりがちです。
しかし、現在では肌にできるだけ負担をかけない成分で作られている商品やナチュラルで崩れにくさを重視した商品など多くの化粧品ブランドが趣向を凝らし、様々な商品があるので、自分のなりたい肌や、悩みにあわせてたくさんの選択肢の中から選ぶことができるのも、リキッドファンデのよい所。実は塗り方もとっても簡単で、ポイントをおさえれば自分の好みに合わせた仕上がりが演出でき、化粧崩れも防ぐことができるのです。

3、お手軽度別!リキッドファンデの3つ塗り方と色選び

リキッドファンデは、ナチュラルな仕上がりから、しっかりめの仕上げ、マットな仕上がりからツヤがある仕上がりまで幅広い表現力があることがわかりましたね。まず最初に塗り方は3パターンあります。今回は写真付きで解りやすく手順を紹介したいと思います。キレイに仕上げるためのポイントも押さえておきましょう!

化粧持ちを良くするために!ベースとなる土台作りの基本をおさらい

どのタイプのファンデーションを使うにしても共通のポイントになりますが、地肌の土台作りが大切です。地肌をしっかりと保湿して、整えることが重要になってきます。また、化粧下地を使うことでさらに化粧持ちを良くし、仕上がりをキレイに見せてくれます。

%e5%8c%96%e7%b2%a7%e6%b0%b4%e3%81%ae%e4%bb%98%e3%81%91%e6%96%b9
最初にきめの細かな泡で洗顔して汚れを落としておきましょう。
1、コットンにたっぷりの化粧水を染み込ませます。
2、顔の内側から外側に向かって頬の広い部分から、優しく馴染ませていきます。
3~4、鼻・顎と順番に馴染ませていきます
5、最後に首の下から上に向かって馴染ませます。

もちろんコットンを使わなくてもOK。その場合は化粧水を手に取った後、指の腹を使って肌を抑えるようにして全体に馴染ませていきましょう。

%e7%be%8e%e5%ae%b9%e6%b6%b2%e4%bb%98%e3%81%91%e6%96%b9
化粧水のあとは美容液を付けます。
美容液を手に取った後は指の腹を使うような感じで全体にやさしく馴染ませます。

%e4%b9%b3%e6%b6%b2%e3%81%ae%e4%bb%98%e3%81%91%e6%96%b9
1、10円玉ほどの大きさを手に乗せ、指で馴染ませながら少し温めます。
2、頬、おでこ、顎に乗せます。
3、指の腹を使い全体に馴染ませます。

リキッドファンデーションに適した下地の塗り方

%e4%b8%8b%e5%9c%b0%e3%81%ae%e5%a1%97%e3%82%8a%e6%96%b9

1、手の甲にパール粒くらいの量の下地を出します。
2、先に指先に馴染ませておきましょう。
3、両頬、額の顔の広いパーツから塗っていきます。顔の中央から外に向かって均等に伸ばしましょう。
4、目・口・鼻は特に丁寧に塗っていきましょう。新たに下地を付けたすより、手に残った下地を薄く付けていくイメージです。

付けすぎてしまうと崩れやすくなってしまいますので、「付けすぎないこと」に気を付けて塗っていきましょう。崩れやすいTゾーンや小鼻や目元はほんの少量で大丈夫です。

リキッドファンデと相性のよい化粧下地の商品

RMK

メイクアップベース
rmk-%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b9
30ml
3,500円(税抜)
公式サイト
さらっとした質感で、凹凸やムラを滑らかにカバーしてくれます。保湿効果があるのでメイク前の肌を整える効果も。

ルナソル

モデリングコントロールベース
%e3%83%ab%e3%83%8a%e3%82%bd%e3%83%ab
全3色 30mL SPF30・PA++
3,500円(税抜)
公式サイト
の色と質感をコントロールして、ファンデーションの仕上がりを引き出します。
伸びがよく、付け心地がとても軽い化粧下地です。

お手軽度別!リキッドファンデの塗り方3つ

リキッドファンデは、手で塗る方法と、スポンジで塗る方法、ブラシで塗る方法の主に3つあります。それぞれをわかりやすく写真付きでご紹介いたします。

今回3つの塗り方の説明すべてに、こちらのリキッドファンデを使用いたしました。

エクスボーテ

ビジョンファンデーション リキッド モイストタイプ
%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3-%e3%83%aa%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%89-%e3%83%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%bf%e3%82%a4
全5色 30g SPF24・PA++
6,000円(税抜)
公式サイト
1/30微粒子パウダーが毛穴やしわの凹凸にピタッと密着することで肌悩み厚塗りすることなく自然にカバーすることが出来ます。中身の52%が美容液で出来ているので保湿力に優れ、肌の潤いとメイクのもちをキープしてくれます。

手で塗る方法 %e3%81%8a%e6%89%8b%e8%bb%bd%e5%ba%a6%ef%bc%9a%e6%89%8b

仕上がり:毛穴をしっかりとカバーできる。
メリット:手の温度でメイクが馴染みやすいため、崩れにくくなる。コストがかからない。
デメリット:手が汚れる。
一番ポピュラーな塗り方。テクニックや道具がいらないのでお手軽です。ただし、手が汚れてしまうので「少し面倒かも…」という人は、次に紹介するスポンジかブラシを使う方法がおすすめ。

■使い方
%e6%8c%87%e3%81%ae%e5%a1%97%e3%82%8a%e6%96%b9
1、パール粒2個分程度の量を手の甲にとり、指で温めるように馴染ませます。
2、両頬、おでこ、顎の4カ所にファンデを置きます。
3、指の腹を使うイメージで、頬の中央部分にトントンと軽く叩きながら伸ばします。
4、頬の中央部分から外側に向け指の腹を使って滑らせるように伸ばします。
5、顎に乗せたファンデを指の腹を使って顎から左右に、口の周りに伸ばします。
6、指に残っているファンデを目尻から目頭側にトントンと軽く叩くように伸ばします。
7、おでこにのせたファンデを指の腹を使って下から上へ滑らせるように伸ばします。
8、両手を使って顔を包むように内側から外側に伸ばします。

スポンジで塗る方法 %e3%81%8a%e6%89%8b%e8%bb%bd%e5%ba%a6%ef%bc%9a%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%82%b8

仕上がり:均等でムラの無い肌に仕上げることができる。
メリット:手を汚さずにメイクができ、簡単に塗れる。
デメリット:こまめな洗浄でスポンジを清潔に保つ必要がある。
スポンジで塗ると簡単で手も汚れず、仕上がりもキレイになります。素手でメイクをしている方にとっては少し難しそうなイメージがあるかもしれませんが、高度なテクニックはまったく必要ありません。基本的には滑らせるよりもパッティングで肌に馴染ませるイメージでのせるとムラになりません。

■使い方
%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%81%ae%e5%a1%97%e3%82%8a%e6%96%b9
1、パール1粒くらいの手の甲に出し、スポンジを指で挟むように持ち、広い面でファンデを取ります。
2、頬の広い面にやさしく丁寧にパッティングするようにファンデを乗せていきます。
3、残ったファンデで、フェイスラインを滑らせるようにさっとひと塗りします。
※1~3をもう片方の頬にくりかえります。
4、スポンジに残ったファンデをおでこに軽くパッティングしながら付けていき、そのまま鼻すじをさっと滑らせるように塗ります。
5、口元、鼻の下などは軽くパッティングするように乗せていきます。
6、最後に小鼻の溝を、スポンジを2つ折りにしロール状にして、くるっと回すようにひと塗りすると、より肌への密着度が増し、化粧崩れが防げます。

もしもファンデを付けすぎてしまっても、スポンジで余分なファンデを取りながら付けることができるので失敗が少ないです。
また、使うスポンジは常にキレイな状態のものを使うことが理想です。出来れば使うごとに洗えればいいのですが、時間と手間がかかってしまうので、洗い替えのスポンジを用意するか、使い捨てのスポンジなどを使うととてもラクです。

ブラシで塗る方法 %e3%81%8a%e6%89%8b%e8%bb%bd%e5%ba%a6%ef%bc%9a%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7

仕上がり:ツヤ肌で、プロのような仕上がりに。
メリット:手が汚れず、毛穴も隠せる。
デメリット:慣れるまではテクニックが必要。道具などのコストがかかる。
ブラシでの塗布は、スポンジと同じく手が汚れません。薄くのばしやすく、指紋の後も付きにくく、ムラにもなりにくいです。肌に密着するため、ツヤツヤした仕上がりになります。コツをつかめばそこまで難しくありません。

■使い方
%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%81%ae%e5%a1%97%e3%82%8a%e6%96%b9
1、手の甲にファンデを出し、ブラシの片面だけに付けます。
2、ブラシにファンデーションを軽く取り、頬に広げます。
3、ファンデーションが付いていない面に裏返し、のせたファンデーションを滑らせるように放射状に広げます。まずは外側に伸ばし、次に内側へ。隙間なく塗るのがコツ。
4、ブラシを縦に持ち、ファンデが付いているほうで、顔の中心部分をたたくように馴染ませます。
5、おでこにファンデをのせ、頬と同様にファンデが付いていない面で放射状に伸ばします。
6、眉間から鼻筋、小鼻の周り、鼻の下、口元までのラインを滑らせるように塗っていきます。
7、仕上げにスポンジでパッティングするとよりいっそう滑らかで均一な仕上がりになります。

ブラシはできるだけ上質なものを使うと、ムラになりにくく、肌にも優しいです。
手の甲が汚れるのがどうしても嫌な場合は、プラスチックなどの容器などにファンデを出すとよいでしょう。

リキッドファンデの色の選び方。肌別のおすすめカラーは?

ファンデーション選びに大切なのは、自分の肌にあった色を選ぶことです。基本的には「イエローベース」か「ブルーベース」の2種類の肌のトーンがあります。下の図のチャック項目をみて、自分がどちらのトーンか確認してみましょう。

イエローベースの肌

%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%ad%e3%83%bc

ブルーベースの肌

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc

カラーチャートでみるファンデーションのカラー

色の名称はメーカーによっても少々変わってきます。下のチャートの色味を参考にしつつ、買う時に実際に肌に乗せてみたり、美容部員の人に相談するとより自分の肌に合ったファンデのカラーを見つけることができるでしょう。
%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88

4、リキッドファンデを崩れにくくする仕上げ

さらに、リキッドファンデを崩れにくくするために、フェイスパウダーの使用がおすすめです。仕上げにフェイスパウダーを使うことで余計な油分を吸着し、リキッドファンデの肌への密着度を高めてくれます。またフェイスパウダーにはくすみや毛穴を隠し、トーンアップをしてくれる効果もあります。

MiMCのミネラルパウダーヴェールを使って実演

今回はミネラルコスメブランドのMiMCのフェイスパウダーを使用して実演しました。スポンジで塗る方法を試した後と、そこにフェイスパウダーを乗せた仕上がりの違いを見てみましょう。

MiMC

ミネラルパウダーヴェール
%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%91%e3%82%a6%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%bc%e3%83%ab
全2色 9g
4,200(税抜)
公式サイト
ミネラルパウダーのみで作られているフェイスパウダー。テカリをおさえて、毛穴をカバー。先に塗ったファンデの特徴を損なわない、軽さと透明感を演出できます。

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a6%e3%83%80%e3%83%bc%e3%81%ae%e5%a1%97%e3%82%8a%e6%96%b9
1、パフに粉を付けたあとに、良くもみ込みパフに粉を馴染ませる。
2、顔の広い部分から全体に小さく円を書くようにすべらせます。

最後にフェイスブラシで余分な粉を落とすと、よりムラの無い仕上がりになります。

5、リキッドファンデの人気ランキングTOP5

1位 エスティ ローダー

ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ
%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3-%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc
全6色 30ml SPF10・PA++
6,000円(税抜)
公式サイト

使い勝手の良さ度 ★★★★★
・伸びがよくマットな仕上がり
・夏の汗、皮脂でも一日中崩れにくい
・シミやくすみ、赤み、ニキビといった肌トラブルを隠せる高いカバー力

2位 RMK

リクイドファンデーション
rmk-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3
全9色 30ml SPF14 PA++
4,300円(税抜)
公式サイト
使い勝手の良さ度 ★★★★
・ナチュラルで艶っぽい仕上がり
・乾燥しやすいかたにおすすめ
・シミやくすみが隠せる程度のカバー力

3位 マキアレイベル

薬用クリアエステヴェール
%e3%83%9e%e3%82%ad%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%ab
全5色 25ml/13ml SPF35・PA+++
25ml・4,216円(税抜き) 13ml・2,263円(税抜き)
公式サイト
使い勝手の良さ度 ★★★
・素肌に近い自然な仕上がり
・保湿力が高いので普通〜乾燥肌向き
・美容液成分の配合量が多い分カバー力は低め

4位 エレガンス

スティーミング スキン
%e3%82%a8%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%82%b9
全7色 30ml SPF23・PA++
公式サイト
6,000円(税抜)
使い勝手の良さ度 ★★★★
・みずみずしいツヤ肌に見せる
・保湿効果が高いので乾燥肌の人におすすめ
・小量でも伸びが良く、自然なカバー力

5位 ディオール

スキン ヌード エアー フルイド
%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab
全4色 30ml SPF25・PA++
6,300円(税抜)
公式サイト
使い勝手の良さ度 ★★★
・きめ細かくツヤ肌に見せる
・化粧水のようなテクスチャーでみずみずしいく、軽い付け心地
・ナチュラルなカバー力

まとめ

パウダーファンデと比べて、少し手間がかかりそうなイメージのリキッドファンデですが、実は塗り方はとっても簡単でポイントを抑えれば手軽に使いこなすことが可能です!また、ナチュラルメイクからしっかりメイクまで幅広い仕上がりにコントロールすることができるとっても優秀なアイテム。今回ご紹介した塗り方のポイントや色選び、おすすめ商品を参考にリキッドファンデでもっともっとメイクの幅を広げてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.

山口 聖子

Webディレクター / コンサルタント / マーケッター / ライター / 編集をフリーランスで行っている。女性向けのPR業務を2年を務めた経験から、女性の美容全体に関して興味を持つ。崩れにくい化粧を日々探求中。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*