これで安心!選ぶべき夏のファンデーションと使い方のコツを伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
main

紫外線による日焼けや、化粧崩れなど、肌トラブルが気になる夏。ファンデーション選びが一番難しいのがこの季節ですよね。
今回は夏の肌悩みを解消してくれる、夏におすすめのファンデーションをご紹介します。

1. 化粧崩れの原因?夏の肌はどんな状態か

夏の肌の状態が、化粧崩れの原因となっています。原因をしっかりと押さえ、トラブルを防いでくれるファンデーションを選びましょう。夏に起こりやすい肌トラブルと原因を紹介します。

(1)紫外線ダメージによる肌トラブル

夏の肌トラブルの大きな原因はなんといっても紫外線。紫外線は日焼けによるシミを誘発するだけでなく、コラーゲンを破壊して肌の新陳代謝を阻害したり、肌表面の角層の水分を奪い乾燥を招きます。

(2)汗や過剰な皮脂分泌のによる毛穴のつまり・肌荒れ

汗でファンデーションが流れてしまうほか、汗をかくと皮脂が同時に分泌されます。ファンデーションは油分によって落ちやすくなりますので、これも化粧崩れの原因に。また汗を拭かずに放置することでも肌荒れを引き起こします。これは肌は弱酸性であるものの汗はアルカリ性と性質が違うことで肌バランスが崩れ、雑菌が繁殖しやすい環境になるためです。

(3)エアコンによる乾燥

夏は湿度が高いから安心…と思いきや、エアコンなどの使用で室内の空気は実はとても乾燥しています。それにより、肌内部の水分は奪われ、表面は潤っているのに肌の内部は乾燥している、いわゆる“インナードライ”の状態になりやすいのが夏。汗をかいて、そのままエアコンを浴びることにより乾燥も加速します。

これらの原因をおさえて、対策できるファンデーションを選ぶことが、夏の化粧崩れを防ぐコツです。では、いったいどのようなファンデーションを選ぶべきなのか、次の章でご紹介します。

2.夏のファンデーション選び、3つのポイント

・UVカット効果のあるもの

紫外線からのダメージはシミ、肌の新陳代謝の阻害、乾燥を招くなど肌トラブルのもとがいっぱい。これらを防ぐために、UVカットの高いものは必須ポイントです。

・油分の少ないもの

汗や乾燥により皮脂の分泌により油分が多くなりがちな夏。ファンデーションは油分で落ちやすくなるので、ファンデーション自体に油分の少ないものを選びましょう。

・化粧直しがしやすいもの

夏の化粧崩れは防ぐこと自体が難しいものです。崩れることを前提に考え、崩れてしまっても塗り直しやすいものを選びましょう。

これらのポイントを押さえ、夏に使いやすいのが次のファンデーション!

3.夏におすすめファンデーション

ランコム
ブラン エクスペール クッションコンパクト 50

ランコム

全5色 30ml SPF50+・PA+++
6,000円(税抜)
公式サイト:http://www.lancome.jp/brand/
クッションにリキッドファンデーションが染み込んでいるクッションファンデーションは、カバー力や化粧の直しやすさから夏の強い味方!
ランコムのブラン エクスペール クッションコンパクト 50はUVカット効果が高く、夏にぴったりです。仕上がりはほどよくツヤがあり、薄づきでナチュラル。肌にのせると少しひんやりするのも夏には嬉しいつけ心地です。

RMK
UVリクイドファンデーション

RMK

全7色 30ml SPF50+・PA+++
4,500円(税抜)
公式サイト:http://www.rmkrmk.com/index.html
RMK UVリクイドファンデーションの良いところは、とにかく夏のファンデーションに対する悩みに徹底的に対策してくれているところ。UVカット効果が高いのはもちろん、テカリにくく、崩れにくく、エアコンなどによる乾燥も防いでくれます。
テクスチャーはみずみずしく、薄づきな仕上がり。厚ぼったくならないので、化粧直しもしやすいです。

コフレドール
ビューティオーラ パクトUV

コフレドール

全7色 SPF26・PA++
2,800円(税抜)
公式サイト:http://www.kanebo-cosmetics.jp/coffretdor/

マットな仕上がりのパウダーファンデーション。リキッドファンデーションと合わせて使用するのがおすすめ。透明感のある明るい仕上がりで、カバー力もあるため肌のくすみや毛穴をカバーしてくれるのが嬉しいです。肌への吸着力が高いのか、化粧崩れもあまり気になりません。

夏のファンデーションはUVカット効果やカバー力も大事ですが、崩れてしまったときの「直しやすさ」も重要なポイント!カバー力のあるクッションファンデーションやパウダーファンデーション、リキッドファンデーションでもさっぱりとしたテクスチャーのものがおすすめです。

4.夏場のメイク直しの2つのポイント

どんなに肌にあったファンデーションを選んでも、化粧崩れを完璧に防ぐことはできません。メイク直しをするときは、2つのポイントに気を付けてみましょう。

(1)気になる部分だけをカバー

肌荒れが気になる部分はカバーしようとして厚塗りになっていることが多く、崩れやすくなっています。まずは皮脂が出てベトついている肌をティッシュなどで軽くおさえます。その後、気になる部分や崩れているところのみをカバーするようにしましょう。

(2)パウダーで仕上げる

全体を直したい時はパウダーで。油分を吸着してくれる効果のあるルースパウダーを使って、さっぱり仕上げましょう。毛穴をナチュラルにカバーしてくれます。上記のとおり気になる部分をカバーした後、顔全体に薄く均一にのせることで、万が一またメイクが崩れてもヨレや毛穴落ちなどを防ぎ、綺麗な崩れ方に止めることができます。

まとめ

夏はどうしても化粧が崩れがち。完璧に化粧崩れを防ぐのではなく、化粧直しを視野に入れ、「汚い崩れ方」を防ぐ方向に注力し、綺麗なメイクを保つことを心がけましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.

ナツミ

化粧品会社・広報/ライター/ 化粧品の販売員を経て、現在は広報を担当。 現場で数多く聞いてきた女性の肌の悩みや、美容に関しての幅広い知識を活かした記事を中心に執筆。 趣味はホットヨガ。体の内側から綺麗を作る方法を色々と試している。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>