簡単でキレイ!ファンデーションをブラシで塗るのがおすすめな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
main

ファンデーションをつけたとき、どこかしっくりこないことはありませんか。粉っぽく浮いている、厚ぼったくなる、ムラがある、などといった経験が誰にもあると思います。
女性が求める『ナチュラルでツヤのある仕上がり』。
毛穴レス、ナチュラルな仕上がり、透明感、ヌーディーな質感、そしてツヤ。まるでプロのメイクアップアーティストのような美しい仕上がりを簡単に叶えてくれるのが、ファンデーションブラシです。これから初めてブラシを使う人にもわかりやすく、ファンデーションブラシについて種類や使い方を紹介したいと思います。

1、ファンデーションをブラシで塗るとよい、3つの理由とは

1-1誰でも簡単にムラのない美しい仕上がりに。

ファンデーションをブラシで塗る1番のメリットは、誰でも簡単にテクニックいらずでキレイにファンデーションをつけることが出来ることです。スポンジや指先だとファンデーションがヨレたりムラになってしまう方でも、ブラシにファンデーションをさっとなじませるだけで均一にファンデーションを塗ることができます。ブラシで磨きあげることで自然なツヤもでます。外出先や日中の化粧直しなど、時間をかけることなく出来るにもブラシは大活躍します。携帯用の小さなブラシをポーチに入れておけばお直しのときにも便利です。

1-2肌への負担が少なく、朝のむくみもすっきり!血行促進の効果も

ブラシを使うことにより、肌への摩擦が少ないため肌にかかる負担を減らすことが出来ます。朝はだれでも顔がむくみがちですが、ブラシを使ってメイクをすることで心地良い刺激による血行促進効果が得られ、フェイスラインがすっきりと血色のよい肌に仕上がることです。

1-3自然なツヤと毛穴レスな肌を両立

ファンデーションをブラシで塗ることで、余計なパウダーが肌につきすぎることなく、自然なツヤを簡単に作りだせます。更に、ブラシの毛先が自然に毛穴や凹凸をカバーし、毛穴レスなむき卵のようなつるんとした肌を演出します。均一に塗ることが出来るので、重ねて塗っても厚塗りに見えません。

シミやくまなど、気になるところとのカバーをするときは?

ファンデーションをブラシで塗ると、時短で、肌全体に均等にきれいに仕上げることができますが、シミなどのカバー力には少々欠けるところがデメリット。カバー力がもう少しほしいという人は、ファンデーションを少量指に取り、気になる部分に優しくポンポンと乗せていきましょう。

2、ブラシにはどんな種類があるの?

sab
100均で売っているお手軽なものから化粧品カウンターで売られているもの、メイクアップアーティストが愛用しているものなど様々です。素材によっては値段が大きく変わってくるので買う前にまずどんな種類があるのかチェックしてみましょう。

人工毛

主に石油系のプラスチック成分でできた毛を使用したブラシです。1,000円台の安価なものから、植物由来成分を使ったもの、リキッドファンデーション用のプロフェッショナル仕様まで様々です。ブラシのお手入れも天然毛と比較し簡単ではじめての方でも試しやすいです。

天然毛

動物の毛を仕様したブラシです。メイクブラシブランドの最高峰“熊野筆”に代表されるように高級なものが多い。毛先が細く、粉はけ・粉含みがいいのでプロのメイクアップアーティストにも愛用者が多いです。

3、肌質別でみる、おすすめのファンデーションブラシ

ブラシを選ぶときは、ファンデーションとの相性ももちろんですが、いちばん大切なことは、自分の肌にあったものを選ぶことです。様々なファンデーションが発売されていますが、肌質と一緒におすすめのファンデーションブラシを紹介します。

はじめての方におすすめのファンデーションブラシ

資生堂

ファンデーションブラシ 131
2
素材:人工毛
1,800円(税抜)
公式サイト

発売以来、爆発的に売れている名品です。どのタイプのファンデーションにも使用できます。メイクアップアーティストが監修をした斜めフラット面の効果により、ファンデーションの肌への広がりの良さがありながら、均一に密着させることができ、素肌っぽく仕上げることが可能です。

プチプラでお試ししてみたい方におすすめのファンデーションブラシ

コーセー

エスプリークファンデーションブラシ
3
素材:人工毛
1,200円(税抜)
公式サイト

こちらも肌触り、フィット感の良く使い勝手のよいブラシ。ファンデーションのタイプも選びません。筆が大きく断面が広いので塗りやすいです。天然毛の様な肌触りがあり、耐久性、吸収性に優れているブラシです。お値段も手頃なので初めて使う方にとてもおすすめです。

プロも愛用!本格派をお探しの方におすすめのファンデーションブラシ

竹宝堂

Z-9 パウダー
4
素材:灰リス100%
16,000円(税抜)
公式サイト

プロのメイクアップアーティストにも愛用者の多いメイクブラシの老舗“熊野筆”。天然毛の中でも最高峰と言われる灰リスの毛100%のファンデーションブラシです。少々お値段は他のものに比べて上がりますが、厳選された原毛を使用し、職人さんが、毛先をカットしない伝統の技法を用いて、一本一本丹念に作り上げています。灰リス100%ブラシの毛先は繊細でやわらかいため、粉状のフェイスパウダーやハウダーファンデーションをのせるのに適しています。粉含み・粉はけがよく、肌により均一にファンデーションを塗布できます。天然毛ならではの抜群の肌触りで敏感肌の方にもおすすめ。たっぷりの毛先にファンデーションを取って肌にのせると自然な仕上がりに。

3、ファンデーションブラシのお手入れ法

ファンデーションブラシを使ってメイクするときは清潔な状態にしておくことが大切です。汚れたまま使い続けてしまうと、ファンデーションや皮脂がブラシにこびりつき、刺激になったり、ニキビや肌荒れの原因となるのできちんとお手入れを心がけましょう。
ブラシの汚れが目立つ、粉含みが悪い、メーキャップの仕上がりが良くない、刺激があると感じたら、ブラシを洗うタイミングです。

3-1人工毛の場合

・毎日のお手入れ

使用後は必ずティッシュペーパーで余分なファンデーションを落としましょう。
普段は専用のケースなどに入れてポーチにしまいましょう

・ブラシのお手入れ

①ぬるま湯に、中性洗剤を数滴たらして軽く振るように洗います。その後、洗剤が完全になくなるまですすぎ洗いをしてください。
②軽く手で水気を絞り、きれいなタオルなどではさむようにトントンと押し当てて水気をとります。
③ブラシを横にして、風通しのよい日陰で十分に乾かします。そのときに、毛先がどこにも触れないように、柄の部分にタオルなどで厚みを作り、その上で乾かしましょう。

3-2、天然毛の場合

・毎日のお手入れ

①ブラシを使った後は、軽く手の甲で粉をはたき、汚れが気になる部分はティッシュなどで汚れをふき取りましょう。
また、こまめに普通~荒めのコームで、ブラシにクシかけをしましょう。穂先にクシをかけると中に入り込んだ化粧品や汚れをかき出すことができます。
その際、穂先の方から軽くクシを通し、徐々に根元の方からほぐしていきます。

・ブラシのお手入れ

①市販の固形石鹸やシャンプーをつかって洗います。
はじめに穂先に水分を含ませ、石鹸を軽くなでて、なじませます。その後ぬるま湯の中で穂先を優しくもみ洗いしましょう。
②水気を十分にとり、陰干しでよく乾かしましょう。

天然毛は人工毛に比べて乾きづらく、中の毛が痛みやすいので、出来るだけ水洗いは避けたほうがよいでしょう。毎日、使い終わった後にしっかりとケアすることで常に清潔さが保てます。

まとめ

これからファンデーションブラシの購入を考えている方にお役に立てたでしょうか。ブラシのメリットはテクニックいらずで、簡単に均等にキレイにファンデーションを塗ることが出来ることです。この機会にぜひ、ブラシにチャレンジし、メイク力をアップさせましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.

佐藤 優月

ライター/化粧品会社10年間勤務。マーケティング業務に携わる。結婚後しばらくして、美容を専門にしたライターに転身。 月に1,2回はエステに通い、スキンケアやメイクについて知識を深めている。いくつになっても若くいたい、キレイでいたいをモットーに美意識を高めることが趣味。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>