マットな仕上がりを長時間キープできる?シャネルのファンデーションを使ってみた結果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
top

ブランドの代名詞とされるシャネルですが、そのブランド展開は、ファッション、時計、香水、化粧品など様々。特に化粧品はカラーバリエーションが多く、海外ブランドの為ファンデーションは肌が白い人でも色味が合わせやすいと評判です。今回はそんなシャネルのファンデーションを色白のモニターさんが実際に使ったレポートを紹介します。

1.シャネルのパウダーファンデーションを実際に使ってみた

シャネル

ペルフェクシオン ルミエール エクストレム コンパクト

2シャネル

全6色 12g SPF25・PA+++
7,000円(税抜)
公式サイト

モニタープロフィール

31歳 服飾デザイナー
20代後半頃から、乾燥しやすく毛穴も目立つように。色が白い為、シミや赤みが目立ちやすいのが悩み。フリーランスで仕事をしているため、睡眠時間が少なく、多忙でスキンケアをしっかり出来ないことも多く、肌荒れや乾燥しやすい。

普段のスキンケア
遅くまで仕事をしていると、疲れてしまいスキンケアがなかなかしっかり出来ないのが現状ですが、洗顔後には化粧水をつけ、時間がある時にはパックをして肌に水分を与えるようにしています。それでも、しっかりとスキンケアが出来ていないので肌の乾燥がなかなか治まりません…。

普段のメイク
あまりスキンケアが出来ず、肌も乾燥しているので美容液成分がたっぷり入ったタイプのリキッドファンデーションを使うようにしています。その上からルースパウダーで仕上げをしています。かなりテクスチャーが軽めのものを使っているので薄めに付けて、メイク崩れをしないように心がけている。

シャネルの色は色白の肌にも合わせやすいという評判もあり、ずっと気になっていました。肌が乾燥気味なのでパウダーが自分に合うか少し心配ではあります。特に頬の上の方が乾燥しやすいので化粧水をよく肌に馴染ませて、肌を整えてからファンデーションを使うことに。

テクスチャー

3パウダー

パウダーのテクスチャーはサラサラしているというよりも、どちらかと言うとややしっとり目な印象がありました。乾燥肌の私にはとても良さそうな印象です。色は少し濃いめに見えるので付けた時に浮いてしまわないかが心配です。

素肌とメイク直後の比較

4比較

下地を付けて全体に付属のパフで伸ばしていきます。ツヤ感はなくとてもマットでしっかりと色がつく感じです。つける前は色が濃く見えたけど肌に乗せるとちゃんと肌に馴染みました。薄づきで毛穴や赤みが自然に隠れました。顎や元々ピンポイントで乾燥していた所はちょっとカサつきが目立ってしまう。気になるクマの所と、鼻と頬骨の所を重ね付けしました。

使い心地はサラサラとしていてとても軽い!厚塗り感はなくナチュナルな仕上がりなのに、気になっていた毛穴がキレイに隠れたのは嬉しいです。

メイクをしてから5時間後

5.10時間後

ファンデーションを付けてから5時間経過した写真です。鼻部分の化粧崩れは少ないですが、目元の際のシワにファンデーションが溜まるような感じでヨレてしまいました。あとはいつも乾燥しやすい頬骨あたりがカサカサと浮いてしまった気がします。これまで使ったファンデーションよりはとても持ちが良く、ヨレたり浮いてしまったけれど汚い崩れ方ではなかったと思います。

使ってみて

使い続けても特に肌荒れなどのトラブルはなかったが、乾燥している部分はとても崩れやすかったので乾燥肌には向いていないのかもしれません。しかし、軽い付け心地で自然に毛穴をカバーできて、マットな仕上がりはとても好みでした。乾燥している部分はもっとしっかりと保湿してから使用した方が良いと思いました。

まとめ

仕上がりは、ツヤ感はあまりなく、とてもマットな仕上がり。軽い付け心地で毛穴や赤みを自然にカバーすることが出来ます。しかし乾燥肌の場合や乾燥しやすい部分はヨレたり浮いたりしてしまったようです。どちらかと言えば、普通肌~オイリー肌や混合肌の人に向いているファンデーションになるのではないでしょうか。また、肌質にあったファンデーションを選ぶ事も大切ですが、それをきちんと活かすための肌つくりも大切です。化粧崩れで悩んでいる人は、是非もう一度スキンケアを見直してみると、良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.

TAMAKO

美容ライター/ 大学卒業後、海外留学、化粧品会社の勤務を経てライターに。 ビューティー、ヘルスケア、インナーケアなどの記事を中心に手掛ける。伝統的な美容法から最新情報までをこまめにリサーチ。 まずは自分自身で試してみて、実感したことを発信するのをモットーとしている。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>