話題のミネラルファンデーション ベアミネラルの使い心地は?実際に使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
main

30代を過ぎると、肌が乾燥しがちになったり、メイクをしてから時間がたつと鼻やおでこがテカってきたり、これまであまり気にならなかった肌悩みが増えてきたと感じる人も多いのでは?そんな中注目されるのがミネラルファンデーションです。天然の成分から作られているミネラルファンデーションは、肌への負担を晴らすことが出来ます。今回は数あるミネラルコスメブランドからベアミネラルのファンデーションについて、実際に使ってみた感想を交えてお伝えします。

1、ミネラルコスメブランド ベアミネラルとは?

ベアミネラルは、1970年代にエッセンシャルオイルなど自然派コスメを扱う店舗をサンフランシスコにオープンし“健康を維持するために欠かせないミネラルは、健やかな肌を保つためにも必要”という信念の元1976年、厳選された5種類の鉱石のミネラルだけで健やかな美しい肌へ導く、革新的なファンデーションを完成させました。現在ではミネラルファンデーションを中心に厳選されたミネラルを様々なメイク製品に生かして販売しています。日本では2004年の発売開始以来、人気の高いミネラルトータルビューティーブランドです

オンラインストア・直営店・セレクトショップで購入可能!

ベアミネラルの製品はオフィシャルのオンラインショップや店舗でも買うことが出来ます。購入方法を紹介します。

・ベアミネラルオンラインショップ
http://www.bareminerals.jp/onlineshop/
定番のファンデーションから、下地やブラシなどがセットになったオンライン限定のお得なセットの販売もしています。定期コースで買うとベアミネラルクラブメンバーの入会費・年会費が無料になり、お得な特典もあるようです。

・直営店・セレクトショップ
http://www.bareminerals.jp/about/shop/
全国で約23店舗ほどのベアミネラルカウンターがあります。ベアミネラルのビューティーアドバイザーが肌の悩みや製品について親切に教えてくれます。
セレクトショップでの取り扱いもあるので、実際に手に取って購入を考えている人はサイトをチェックしてみてください。

ベアミネラルのミネラルファンデーションは全部で5種

ベアミネラルからは5種類のファンデーションが出ています。

オリジナルファンデーションマットファンデーションのルースタイプ、プレストタイプのレディ ファンデーション、リキッドタイプのベアファンデーション
ジェルクリームタイプのCR ティンテッド ジェル クリーム
いずれも厳選された自然界のミネラルを使用した肌にやさしいファンデーションです。

ベアミネラルオリジナルファンデーションとは?

含まれている5つのミネラルの効果
オリジナルファンデーションは厳選された5種類の鉱石(ミネラル)だけで作られています。添加物が一切入っていないので肌への負担がとても少ないのです。

・マイカ
シルクのようなつやとなめらかさを与える効果があります

・酸化チタン
紫外線防止効果

・酸化亜鉛
肌を守りなめらかにする効果

・酸化鉄
カラーを作り出す

・オキシ塩化ビスマス
クリーミーな質感とカバー力

これらのミネラルをバランスよく配合することで、ミネラルだけでファンデーションとして執拗な機能を実現しているのです。

強いクレンジングは不要。石鹸で簡単にメイクオフ出来る

天然成分だけで作られているので、ベアミネラルのファンデーションの場合はクレンジングが不要です。肌への負担が大きいと言われているクレンジングを無くすことで、乾燥や肌荒れを防いでくれます。

初めての方にもおすすめのトライアルキット

今までミネラルファンデーションを使ったことがない人や、新しい商品を試すのはちょっと不安…と思っている方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのがベアミネラルのトライアルキットです。実際に届いた商品でご紹介いたします。

ベアミネラル
ファンデーショントライアルキット

1
■内容
・オリジナル ファンデーション 約3週間分(0.75g)
・ベビーブラシ
・専用下地7日分パック

こちらに特典でスキンケアのアンプルが3点ついていました。
初回購入限定 1,834円(税抜)

トライアルキット購入サイト

2

3週間分なので、手のひらにのる小ぶりなサイズです。想像していたよりも少し小ぶりな印象でしたがポーチなどにもさっと入れられて、持ち歩きにも良いかもしれません。

2、実際にベアミネラルを3週間使ってみた

ではベアミネラルを使い続けてみるとお肌はどう変化するでしょうか。今回は実際に使って検証をしてみました

モニターのプロフィール

32歳 乾燥肌
アパレルの生産管理業務を行っている。仕事では室内の空調の効いた部屋にいることが多い。日ごろからスキンケアには気を使っているつもりだが、30代を過ぎてから肌荒れやニキビがなかなか治らなくなったり、夕方頃の肌のテカリなどが気になっている。

普段のベースメイク
普段メイクの時はまず、スキンケアから始めます。化粧水、乳液、を良く肌に馴染ませてから、日焼け止め、化粧下地。カバー力が欲しい為、普段はリキッドファンデーションを使い、最後にルースパウダーで仕上げています。

ベアミネラルのオリジナルファンデーションの場合
化粧水、乳液、サンプルで付いてきた化粧下地(プライムタイム)、パウダーファンデーション(オリジナル)の順で使っていきます。

(1)化粧下地 プライムタイムをつける

3
化粧下地は透明。出した感じはジェルでしたが、肌に付けて伸ばした瞬間からサラサラになるのでびっくりました。毛穴埋めてツルんと仕上げてくれます。今まで使ったことが無いくらい、予想以上にサラサラの質感です。透明なのでカバー力はありません。

(2)オリジナル ファンデーションをつける

キャップに少し出し、ブラシでクルクルトントンと馴染ませてから肌へ。出した感じは普通のパウダーと変わり無い印象です。

4
毛の詰まったブラシは適度に粉を含んでくれて、パウダー初心者の私でもとても使い易いです。

メイク前とメイク後の比較

5メイク
下地がサラサラなので、肌に乗せた時にファンデーションが溜まる事無く均一にのる感じ。全体にのせてから、赤みやすくみが気になる所は重ね付けしました。クルクルッとブラシでのせるだけだからとっても簡単。粉っぽくなる事も無く、とても軽くてサラサラの仕上がりになりました。カバー力も、普段のリキッドファンデーションには劣るものの、自然な仕上がりになったと思います。

気になる化粧のもちは?

昼までは化粧崩れは気にならなかったので何もしていません。夕方前に少々テカリがニキなったので化粧直し。ブラシに少しだけパウダーを含ませ鼻と頬をサッとひと塗り。テカリも消え、粉っぽさもなく馴染みます。何度重ねても大丈夫なのは嬉しいです。

石鹸だけでメイクオフが出来る

6洗顔後

洗顔後の肌。夜はアイメイクだけをポイントメイク落としでオフして、あとは洗顔のみ。拭いた時にタオルにファンデーションが移らなかったのでちゃんと落ちてると思います。
つっぱった感じも、化粧残りも感じることはなかったです。クレンジングを使わなくて良いのは時短にもなるし、肌への負担が減らせてとてもうれしいです。

日中の紫外線対策

外に出るため、紫外線対策として普段使用している日焼け止めを使いその上から、化粧下地、パウダーファンデーションを使いました

7メイク後
パウダーファンデーションはSPF15.PA++なので室内にいることが多い時には日焼け止め無しでも大丈夫かとは思いますが、外に出る際は少々心配なので日焼け止めが必要かと思いました。保湿力の高い日焼け止めをつけても、化粧下地がサラサラにしてくれるので、ファンデーションをのせても変わりなく仕上げてくれました。
同じくベアミネラルから出ている、イルミネーティング ホワイト ディフェンス SPF40・PA+++<薬用日中用美白美容液>が気になります。

肌に馴染みとても軽い付け心地が良い

ベアミネラルを使ってみて、はじめはカバー力なども心配でしたが、なによりも日中の肌表面のサラサラが長続きするところが気に入りました。時間が経つとより肌に馴染んでくる様に感じます。いつもはリキッドなので鼻はテカリが気になり、夜には重く早く落としたい!と思いますがミネラルファンデーションは夜まで素肌の様な軽さです。1週間使ってみても、肌荒れを起こすことは一切ありませんでした。

まとめ

普段はカバー力重視でファンデーションを選んでいたけど、ベアミネラルを使うことによって、肌を休ませている、ということを実感しました。室内の活動が多い時や肌に負担をかけすぎた時、ちょっとした外出の時などシーンに合わせて使い分けたいと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.

TAMAKO

美容ライター/ 大学卒業後、海外留学、化粧品会社の勤務を経てライターに。 ビューティー、ヘルスケア、インナーケアなどの記事を中心に手掛ける。伝統的な美容法から最新情報までをこまめにリサーチ。 まずは自分自身で試してみて、実感したことを発信するのをモットーとしている。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>