艶肌でキレイに魅せる!ファンデーションの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
main

30代になり、シミやくすみ、乾燥が気になりだしたという人も多いのではないでしょうか?シミやくすみはファンデーションを重ねて隠そうとすると、厚塗りに見えてしまったり、時間がたつとメイクが崩れてしまいます。シミやくすみをカバーするためには、ファンデーションで艶肌を作ってあげると良いでしょう。今回は、30代からの肌悩みにあわせた艶肌の作りかたを紹介します。

1、乾燥やくすみ、ファンデーションのノリが悪くなる理由

30代の主な肌トラブルは「乾燥、くすみ、しみ、しわ、たるみ」などです。
筆者も20代の頃には肌悩みは無かったのですが、30歳になったころに乾燥が気になるようになり、メイクのノリも以前に比べてあまり良くないと感じました。ファンデーションのノリが悪くなるのは、30代からの肌の変化にあります。

新陳代謝の衰え

20代のときと違い、30代になると徐々に肌の水分が失われ、新陳代謝も衰えていくために乾燥が進み、血行も悪くなります。くすみの原因は血行不良によるものです。ファンデーションのノリの悪さはたるみや乾燥によるところが大きな原因です。

30代からの角質層の水分量の変化

乾燥が進むとシミやたるみなどの、全ての肌トラブルに直結してしまいます。これではいくら性能の良いファンデーションを使っても、ノリが悪くなるのも仕方ありません。

皮脂量の低下

30代からの皮脂量の変化

皮脂量は30歳をピークに段々と分泌量が減っていきます。皮脂は肌の水分の蒸発を防いだり、外部からの刺激を守る「肌のバリア機能」と呼ばれています。皮脂の分泌が少なくなることによって、このバリア機能が失われ、紫外線の影響などを受けやすく、それらが乾燥や、シミ、しわの原因に。また、肌内部の水分が少なく、潤いやハリのない肌になってしまうのです。

2、艶肌を作り出すために大切な事は素肌づくり

何よりも、肌コンディション作りが大切になってきます。スキンケアを丁寧に行ってこそ作られる艶肌。艶肌を作り出すためのポイントを紹介します。

丁寧なクレンジングとスキンケア

まずは丁寧なクレンジングと洗顔を心がけましょう。クレンジングは一番刺激の少ないクリームタイプのもがオススメです。洗顔はたっぷりの泡で肌を包み込むように優しく洗います。ゴシゴシ洗うのは肌を傷つけるので厳禁です。洗顔後、清潔なタオルで優しく水分を拭き取ったあと、化粧水をつけます。このとき出来ればコットンを使うのがおすすめです。そのあと、乳液、クリームをつけて水分を逃さないようにします。ただし油分の多いものをたくさんつけてしまうとファンデーションがヨレてしまう原因になるので、規定量を守りながら、少ししっとりする程度につけましょう。

血行を促すためのマッサージ

シミやたるみなどは、毎日のマッサージで血行を促進させましょう。マッサージクリームを使って顔全体を優しく撫でるようにマッサージします。特に目の周りは力を入れないように。目の下の皮膚はとても薄いので、力をいれるとかえって肌を痛めてしまいます。
また、

角質ケア

はがすタイプのパックもオススメです。古い角質を取り除き、ターンオーバーを促す効果があるので、是非毎日のマッサージと週1,2回のパックを実践してみましょう。
スキンケアを徹底することが艶肌つくりへの第一歩です。

3、 艶肌に見せるファンデーションの使い方とおすすめのファンデーション

スキンケアをきちんと行ったあとは、艶肌に見せるファンデーションのつけ方です。
リキッドファンデーションかクリームファンデーションを使用するのがおすすめです。

ファンデーションはとにかく薄くつける!

まず大切なことは、ファンデーションを厚塗りしないことです。気になる部分をカバーをしようとしたり、艶っぽく見せるためについたくさんの量を出してつけてしまいがちですが、これは逆効果です。薄くつけることを心がけましょう。

リキッドファンデーションを使う時のコツ

リキッドファンデーションは肌への密着度が高いので、保湿効果も期待できます。手の甲に適量を出します。こうすることにより、体温でファンデーションの馴染みがよくなります。それから両頬、額、鼻、顎の5ヵ所に置き、スポンジか指、ブラシで塗っていきます。オススメはブラシを使った塗り方です。ブラシを使うと簡単で綺麗な艶肌を作れます。

ブラシの使いかたはこちらの記事で紹介しています。
>簡単でキレイ!ファンデーションをブラシで塗るのがおすすめな理由

クリームファンデーションを使う時のコツ

クリームファンデーションはリキッドファンデーションに比べて固めのテクスチャーで、よりカバー力と保湿力が高いと言えます。油分が多く配合されているものが多いので、特に乾燥肌に適しています。ただし付け過ぎは厚塗りに見えてしまうだけでなく、ニキビなどの肌トラブルの原因にもなりますので、物足りないかな?と思うくらいの量を薄く塗っていくことがコツです。塗り方はリキッドファンデーションと同じです。

4、艶肌を作れる!オススメのファンデーション

ルナソル

スキンモデリングリクイドフィニッシュ

ルナソル スキンモデリングリクイドフィニッシュ
全6色 25ml SPF20・PA++
5,000円(税抜)
公式サイト

パウダータイプも人気のルナソル。薄付きながらも、保湿効果が高い為肌に吸い付くように密着。しみやくすみをカバーし、肌の色を整えながら、艶肌を演出してくれます。潤いが長時間続くので、メイク崩れしにくいです。

RMK

UVリクイドファンデーション
UVリクイドファンデーション
全7色 30ml SPF50+・PA+++
4,500円(税抜)
公式サイト

ナチュラルな仕上がりになる事で、どの年代にも人気の高いRMKのファンデーション。UVリクイドファンデーションは2016年に発売されたばかりの新作ですが、潤い、ツヤ感を求めるなら、RMKのファンデーションの中ならNo,1の商品です。高い紫外線カット効果がありつつも、RMKならではの薄付き感、潤いがしっかりとあるので、長時間付けていても崩れません。

カバーマーク

 
フローレス フィット
フローレス フィット
全8色 SPF35・PA+++
7,000円(税抜)
公式サイト

ひと塗りでシミなど気になる部分をカバーし、艶やかな肌を作り出してくれます。「ツヤ・質感・みずみずしさ」を再現してくれる優秀クリームファンデーション。

5、艶肌を作り上げてくれる、プラスアイテム

仕上げはキメ細かいフェイスパウダーで、さらに艶肌をアップ!

最後にフェイスパウダーをつけて、余分な粉をはたき落とすことで、艶肌が完成します。パウダーは粒子が細かいものを選ぶようにしましょう。

コスメデコルテ

AQ MW フェイスパウダー

コスメデコルテ AQ MW フェイスパウダー

全5色 20g
5,000円(税抜)
公式サイト
コスメデコルテAQMWのパウダーはとても粒子が細かく、保湿効果の高いアミノ酸をコーティングしているのでしっとりすべすべの肌を完成させてくれます。
オーガニックシルクパウダーを美容成分でコーティングしているので、肌にもやさしいフェイスパウダーです。

シャネル

 
プードゥル ユニヴェルセル リーブル
プードゥル ユニヴェルセル リーブル
全3色 30g 
6,000円(税抜)
公式サイト

空気のように軽い仕上がりで、肌にふんわりとフィットしてくれます。肌の色むらをふわりとなくし、ナチュラルで明るい印象の透明感のあるセミマットな仕上がりです。シミやソバカス、シワも目立たたなくし、肌が透き通ったヴェールをまとったような美しい質感が生まれます。

コントロールカラー・コンシーラーで肌の色を整える

ファンデーションをつける前に、肌色を均一にし、色ムラをなくすためにコントロールベースカラーを使ってみましょう。くすみを隠し、肌の明るさを整えてくれます。またコンシーラーを使うことで気になるシミやくすみを隠してくれます。指先で馴染ませると、ファンデーションとの境目が気にならなくなります。

コンシーラーの使いかたはこちらの記事で紹介しています。
>隠したい場所別!プロが教えるコンシーラーの使い方

まとめ

いかがでしたか?30代は肌の状態に変化が起こり始める頃。それに比例するようにファンデーションのノリも変わってきます。スキンケアをしっかり行いながら、自分にあったファンデーションを選んで艶肌をつくりあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>