プロのメイクアップアーティストがアドバイス!崩れないファンデーションのためのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
main

朝にはバッチリだったのに、夕方にはファンデーションが崩れてヨレヨレ、ムラや毛穴落ちが目立って、かえって見苦しくなってしまっている…。とにかく憂鬱になりますよね。
朝の塗りたての時の状態を保って、一日中キレイな状態をキープするにはどうしたらいいのでしょう?そのためのコツをプロのメイクアップアーティストに教えてもらいました!

1、なぜ、ファンデーションが崩れるの?

そもそも、どうして時間とともにファンデーションが崩れてしまうのでしょう?原因は大きく4つあります。「乾燥」「過剰な油分」「汗」「スキンケアのつけすぎ」です。一つひとつ見ていきましょう。

乾燥

まず、最初の原因が肌の乾燥です。乾燥している肌にパウダータイプなど密着力の弱いファンデーションをつけると、肌になじまず、メイク浮きが起こります。ファンデーションが肌にきちんとのっていないため、簡単に崩れてしまうのです。毎日のスキンケアで肌をしっかり保湿すること、また乾燥した肌には保湿力の高いファンデーションを使うようにしましょう。

過剰な油分

ふたつめの原因は過剰な油分です。皮脂がしっかり出ている肌に、リキッドファンデーションやクリームファンデーションなど、油分が多いファンデーションを重ねてしまうとメイクが崩れやすくなります。過剰な油分には注意しましょう。

続いての原因は、汗。汗でメイクが流れやすくなります。こればかりは抑えるわけにはいきませんが、汗がにじんだらこまめに拭いて。その際、ゴシゴシと拭くのではなく、ティッシュなどで肌をやさしく押さえるようにしましょう。

スキンケアのつけすぎ

メイクアップアーティストが実際にお客様をカウンセリングしていて、一メイク崩れの一番の原因と感じているのが、スキンケアのつけすぎです。「乾燥が気になるから」「多く使う方が、効果が高そうだから」と化粧水やクリームをたっぷりつける方がいますが、スキンケア成分が肌に浸透するのは0.01mm~0.03mmと言われる角質層だけ。スキンケアアイテムを規定量以上つけても、すべて肌に入り込むわけではないため、肌の表面に残ってファンデーションが崩れる原因となってしまいます。Tゾーンや小鼻など、もともと皮脂がでやすい部分へのスキンケアはごく少量、もしくはつけないくらいでも大丈夫です。過ぎたるは及ばざるがごとし。スキンケアに頼りすぎるのではなく、自らが備えている皮脂という天然の良質なクリームを活用して、キレイなメイクをキープしましょう。

2.崩れないための上手な塗り方

崩れてしまう原因を知ったら、今度はファンデーション選び。崩れないためのファンデーションは、肌質によって異なります。その前に、どんな肌質にも共通する基本のコツを押さえましょう。

ファンデーションをつけすぎない

ファンデーションを全体的に厚塗りしてしまうと、どうしても崩れやすくなります。全体はできるだけ薄く仕上げ、カバーしたいところだけ重ねるようにします。

下地、ファンデーションは同じブランドに

下地を使う場合は、下地とファンデーションのメーカーをできるだけ揃えるようにしましょう。それぞれ補い合い、良さを引き出すよう設計されているので、セットで使うとより効果がアップします。

崩れないための上手なファンデーション選び

・乾燥肌・混合肌

前述のとおり、乾燥している肌にパウダータイプなど密着力の弱いファンデーションをつけると肌になじみません。乾燥肌、乾燥ベースの混合肌の方は、リキッドやクリームタイプのファンデーションを使用しましょう。

塗り方のコツ

つや肌ブームや乾燥悩みなどで、リキッドやクリームタイプのファンデーションを使用する場合、フェイスパウダーを使わない、使うとしてもごく少量、という方が増えています。実はこれこそ崩れのモト。フェイスパウダーを重ねることで、ファンデーションが肌に密着して崩れにくくなるので、使用するようにしてみて。付け方のポイントは、パウダーをたっぷりつけて、余分な粉をしっかりはらうこと。ぜひお試しください。

おすすめのファンデーション

MiMC

ミネラルクリーミーファンデーション
ミネラルクリーミーファンデーション
7色 6g SPF20・PA++
6,500円(税抜)
公式サイト

保湿力抜群のクリームファンデーション。「肌に負担がない」にとどまらず「肌にプラス」を追求しているブランドです。しっとりしていながら軽いのが魅力。仕上げのパウダーもぜひ同ブランドで。

オイリー肌

オイリー肌の人は、パウダータイプを使いましょう。皮脂が出ているところに、油分を多く含むリキッドやクリームタイプのファンデーションを重ねることで、メイクが崩れやすくなってしまいます。

塗り方のコツ

保湿をしっかり行った後、ファンデーションの前に余分な油分をティッシュオフしましょう。その後ファンデーションをできるだけ薄く付けてください。

おすすめ商品

エトヴォス

タイムレスミネラルファンデーション
タイムレスミネラルファンデーション
6色 10g SPF26・PA++
4,600円(税抜)
公式サイト 

パフでさっとひと塗りするだけでしっかり肌に密着し、崩れにくいファンデーション。高いカバー力が特徴的です。肌にやさしく、石鹸だけでオフできます。

まとめ

崩れないファンデーションのためには、まずしっかり保湿。でも、過剰な量は使わず、余分な油分はファンデーション前にティッシュオフしましょう。そして、乾燥肌ならリキッドもしくはクリームファンデーションを、オイリー肌はパウダーファンデーションを使用しましょう。塗るときのコツは、とにかく薄く。これらのルールをきちんと抑えれば、だいぶ崩れにくくなるはず。プロの技をぜひお試しください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.

山口 聖子

Webディレクター / コンサルタント / マーケッター / ライター / 編集をフリーランスで行っている。女性向けのPR業務を2年を務めた経験から、女性の美容全体に関して興味を持つ。崩れにくい化粧を日々探求中。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>