写真付きで徹底紹介!ミネラルファンデーションの使い方のコツとオススメ商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ミネラルから作られ、お肌に優しい「ミネラルファンデーション」。アメリカの医療現場で生まれて人気となった「ミネラルファンデーション」は、現在、日本でもお肌に負担をかけないファンデーションとして注目され、さまざまな商品が販売されています。今回はそんな「ミネラルファンデーション」の基礎と、使い方のコツについてご紹介します。

目次:

1、ミネラルファンデーションについて
2、ミネラルファンデーションの種類
3、もっとキレイにミネラルファンデーションを使うコツ
4、ミネラルファンデーションの使い方
5、ミネラルファンデーション おすすめ商品

1、ミネラルファンデーションについて

ミネラルファンデーションの主成分である「ミネラル」とは天然の鉱物のこと。「ミネラルファンデーション」に使われる代表的な成分は以下の通りです。

1. マイカ
火成岩や変成岩などに産生する鉱物。キラキラとした輝きが特徴的で、ファンデーションだけではなく、アイシャドウなど幅広い製品に使用されています。

2. 酸化亜鉛
白色の顔料で、火傷などの治療に使われる亜鉛華軟膏の主成分。抗炎症効果や肌のひきしめ効果があるため、医薬品から化粧品まで幅広く使用されています。高い紫外線防止効果から紫外線防止剤としても配合されることが多いです。

3. 酸化チタン(二酸化チタン)
白色の顔料。肌への密着性が高くカバー力が高いためファンデーションに多く使用されています。紫外線を反射する効果があるので紫外線防止剤としての役割を持っています。

4. 酸化鉄
化粧品に色をつける成分として伝統的に使われてきた代表的な顔料です。鉄を熱処理によって変色させて安定させた成分です。

ミネラルファンデーションを選ぶ時のコツ

「ミネラルファンデーション」は、実はすべてがミネラル100%というわけではありません。
「ミネラルファンデーション」を作ったDIANE RANGERは合成着色料フリー、タルクフリー、賦形剤フリー、鉱物油フリー、合成香料フリーあることという5点を満たすものをミネラルコスメと定義していますが、現在日本では、ミネラルファンデーションの定義が存在していません。

もちろんミネラルが入っていなければ「ミネラルファンデーション」と銘打つことはできませんが、ミネラル以外にケミカルな成分が含まれているものや、ミネラル成分がほんの数パーセントしか配合されていないものでも「ミネラルファンデーション」と謳うことができるのです。
商品によって大きな品質差があるなか、より肌によいものを選ぶのであれば、「石けんで落とせるかどうか」を基準にしましょう。

2、ミネラルファンデーションの種類

今回は国産のメーカーで、特に品質の良い成分を使っているミネラルコスメブランドのMiMCから発売されている3タイプのファンデーションを例に、タイプ別のファンデーションの使い方を見てみましょう。

2-1、パウダータイプのミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションの中でも主流といえるパウダータイプのファンデーション。乾燥肌、混合肌、脂性肌の人まで使用することができます。ミネラル100%で肌に負担がかからないものは、お肌に直接つけても大丈夫。パウダータイプ+ミネラルファンデーションということでカバー力はそこまで高くはなく、自然でナチュラルな仕上がりです。お肌に優しいメイクを続けていれば、素肌からキレイになります。

エトヴォス

ディアミネラルファンデーション

全5色 5.5g SPF25・PA++
3,000円(税抜)
公式サイト
美容皮膚科でも使用されているミネラルファンデーションです。マイカ、シリカ、酸化亜鉛、ステアリン酸、酸化チタン、水酸化Al、酸化鉄のシンプルな構成。ブラシが柔らかく低刺激のため、乾燥肌・混合肌・脂性肌の人まで幅広く使えます。

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルモイストパウダーファンデーション

全4色 6g SPF19・PA++
5,500円(税抜)
公式サイト
こちらはとくに敏感肌の人におすすめのミネラルファンデーション。MiMC(エムアイエムシー)のファンデーションの中で一番シンプルな処方で作られています。肌の回復力を助けるためのファンデーションで、妊娠中の方にも人気。ブラシを使わずに、ケースについたパフでポンポンとするだけで簡単にメイクが出来ます。

2-2、リキッドタイプのミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションの中でも石けんオフができるリキッドタイプは少し貴重です。石けんオフできるリキッドミネラルファンデーションの場合、植物由来の保湿オイルや美容液で伸ばされていることが多いです。そのため、カバー力としてはパウダータイプよりもありますが通常のファンデーションほどは期待できません。ただ保湿に適しているため、混合肌や乾燥肌の人におすすめです。

VIRCHE ヴァーチェ

ミネラルリキッドファンデーション

全2色 30g  SPF23・PA++ 
4,200円(税抜)
公式サイト
美容液成分が81.6%含まれており、セラミドやヒアルロン酸、アロエベラなど植物エキスを配合したエイジングケアファンデです。化粧下地不要で、お肌に直接つけることができます。

2-3、プレストタイプのミネラルファンデーション

植物由来の保湿オイルでプレスされている製品も多く、乾燥しがちな肌の人にもおすすめなのがプレストタイプのミネラルファンデーション。カバー力はそこそこなものの、化粧直しが手軽にできるので、気になったらすぐ直すこともできます。

ヴァントルテ

ミネラルシルクプレストファンデーション

全3色 11g  SPF20・PA++
4,300円(税抜)
公式サイト
ヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、スクワランなどの保湿成分を配合し、しっとりしながらもつけ心地の軽いミネラルファンデーション。ふんわりマットな仕上がりになります。

2-4、クリームタイプのミネラルファンデーション

クリームタイプはその形状の性質上、パウダーに比べてカバー力があります。また通常のファンデーションと同じく、クリームタイプのため乾燥肌の人におすすめです。

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルクリーミーファンデーション

全6色 10g SPF20 PA++ 
6,500円(税抜)
公式サイト
植物美容液バームにミネラルパウダーを溶け込ませたファンデーションです。ミネラルの質が高く、クリームタイプなので乾燥肌の人でも安心して使用できます。ツヤのある仕上がりでカバー力も高いです。

3、もっとキレイにミネラルファンデーションを使うコツ

いくら「お肌に優しい」からといって基礎の保湿を怠っては、素肌をキレイにすることはできません。また保湿をすることで化粧の持ちがよくなり、通常のファンデーションに比べてカバー力が少ないミネラルファンデーションの場合でも安心してメイクをすることができます。

3-1、ミネラルファンデーションを使う前にはしっかりと保湿をする

保湿をするときは肌表面ではなく、その下の角質層まで保湿成分が行き渡るように意識することが大事。手のひらをこするなど温めてからスキンケア用品を手に取り、肌になじませるように、手のひら全体で優しくプレスしましょう。コットンは肌に刺激を与えてしまうことがあるので、通常のスキンケアは手のひらで行うほうがよいです。

3-2、パウダータイプの下地が相性◎

また、メイクをする際にはしっかりと肌表面が乾いてから。肌表面に保湿成分が残っているとファンデーションと混じってしまい、崩れや毛穴浮きの要因にもなってしまいます。

下地としておすすめなのはパウダータイプ。ベタつかず、肌をしっとりと守ってくれる製品をご紹介します。

MiMC(エムアイエムシー)

モイスチュアシルク

8g 
5,200円(税抜)
公式サイト
天然シルク100%から出来たスキンケアパウダー。化粧下地としても使えます。18種類のアミノ酸を含みお肌とほぼ同じ成分でできています。パウダーですが乳液のように使用することができ、肌の水分と油分のバランスを整えてくれます。スキンケアパウダーなので、お肌が弱い人でも安心して使えます。

エトヴォス

エンリッチシルキープライマー

5g
2,500円(税抜)
公式サイト
ミネラルファンデーション専用の下地として作られたパウダー。さらさらとした仕上がりのため、とくに混合肌・脂性肌の人が使いやすいでしょう。カバー力はありませんが、ミネラルファンデーションとセットで使うことでカバー力アップ+化粧持ち効果も期待できます。

4、ミネラルファンデーションの使い方

4-1、パウダータイプの使い方

今回はエトヴォスのお試しセットを使って、紹介します。
ブラシ、下地、ミネラルパウダーと、スキンケアのサンプルがセットになっていて、初めて使う人にもおすすめのセットです。

エトヴォス

ミネラルファンデーション スターターキット

セット内容:
・ マットスムースミネラルファンデーション
・ ナイトミネラルファンデーション
・ フェイスカブキブラシ
・ エンリッチシルキープライマー
1,800円(税抜)
公式サイト
ファンデーションはそれぞれ2週間分。2000円相当のブラシがついて1,800円とおトクなセット。

パウダーを塗る時のポイント

① フェイスラインや崩れやすいTゾーンは薄めに塗る。
② 毛穴やクマが気になる場合は重ね着けすることでカバーしながらも自然な仕上げりに

下地スキンケアの後、肌をしっかりと乾かす


スキンケアのあと、表面が湿った状態で付けてしまうと化粧崩れやムラになる原因となります。ナイトミネラルファンデーションを米粒大ほどブラシに含ませて、肌の表面がサラサラになるまで少しずつ塗っていきましょう。

量は【米粒大くらい】


パウダーを、フタの上に米粒大ほど出します

ブラシに均一に馴染ませる


ブラシに均一に馴染ませたら、フタの上でブラシをトントンとたたいて余分な粉を落とします。

内側から外へつけていく


内側から外へ向かって、ブラシをくるくる回しながら付けていきます。
下地に使った【ナイトミネラルファンデーション】は仕上げのパウダーとしても使えます。

4-2、クリームタイプの使い方

MiMC(エムアイエムシー)で人気のミネラルクリーミーファンデーションを使った動画をご紹介します。

使い方

付属のスポンジもしくは指で少量取って、頬やおでこなどの広い部分から順番に薄く伸ばしてなじませます。シミやくすみなどの気になる部分がある場合でも、厚く塗りすぎないように注意しましょう。気になる部分は部分的に指で重ねて付けていただくと、よれにくくメイクの持ちが良くなります。

ポイント

くすみなどを隠したい!という気持ちでついつい厚く塗りがちですが、気になる部分はピンポイントで、重ね付けするとキレイに仕上がります。口周りや目元の乾燥しやすくしわになりやすい所は特に、薄く塗るようにしましょう。

5、ミネラルファンデーション おすすめ商品

5-1、パウダータイプのおすすめのミネラルファンデーション

ヴァントルテ

ミネラルシルクパウダーファンデーション

全6色 6g SPF20 PA++ 
3,300円(税抜)
公式サイト
パウダータイプのミネラルファンデーションはブラシでつけるものも多いですが、こちらは肌触りのよいパフがセットになっているため、ブラシによる刺激が気になる人におすすめ。ナノ粒子、タルク、パラベン、防腐剤、紫外線吸収剤、界面活性剤、アルコール、オイル、シリコン、香料不使用です。

オンリーミネラル

ファンデーション

全18色 10g  SPF17・PA++
3,800円(税抜)
公式サイト
オンリーミネラルのなかでも長く愛されている定番のミネラルファンデーション。ミネラル100%の成分はマイカ、酸化チタン、酸化鉄、酸化亜鉛のみとシンプルな構成ですが、カバー力もそれなりにあるのが特長。オイルフリーでなおかつ乾燥しづらいため、顔がテカリにくいです。

5-2、リキッドタイプのおすすめのミネラルファンデーション

エトヴォス

ミネラルリキッドファンデーション

全2色 30g  SPF18・PA++
4,200円(税抜)
公式サイト
肌のバリア機能を整えるヒト型セラミド、アミノ酸を配合。一日中潤いをキープし、メイクを取った後でも肌疲れを残しません。自然なハリヤツヤのある仕上がり。石けんだけでメイクオフできるので、肌への負担も軽減できます。

ヴァントルテ

美容液ミネラルリキッドファンデーション

全4色 35g SPF25・PA++
3,800円(税抜)
公式サイト
「ミネラル」と「美容液」から作られたリキッドファンデーションです。石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など肌に負担のかかる成分使用していません。美容成分80%以上配合で、スキンケア効果がメイクをしている間でも持続します。石けんだけでメイクオフが可能。ツヤがありながらもナチュラルな仕上がり。

5-3、プレストタイプのおすすめのミネラルファンデーション

トゥヴェール

ミネラルパウダリーファンデーション

全6色 12g SPF30 PA++
2,648円(税抜)
公式サイト
こちらは下地不要で使えるプレストタイプのミネラルファンデーションです。17種類の美容成分が配合されていて、保湿効果も高いのが特長。純粋なカバー力としてはあまり高くありませんが、微粒子パウダーによるトーンアップ効果が期待できるので、それによって肌のくすみなどが隠せる場合も。

MiMC(エムアイアムシー)

ミネラルエッセンスモイスト

全3色 10g  SPF40・PA+++
5,500円(税抜)
公式サイト
エイジングケア美容液、メイクアップベース、ファンデーション、フィニッシュパウダー、UVカットの機能がひとつになったBBミネラルファンデーション。カバー力があり時短メイクにも。100%植物美容成分とミネラルパウダー処方で敏感肌の人でも使えます。コンパクトタイプなので、メイク直しも簡単にできる手軽さと肌への優しさを兼ね備えています。

5-4、クリームタイプのおすすめのミネラルファンデーション

MiMC(エムアイエムシー)

ミネラルクリーミーファンデーション

全6色 10g SPF20 PA++ 
6,500円(税抜)
公式サイト
植物美容液バームにミネラルパウダーを溶け込ませたファンデーション。ミネラルの質が高く、クリームタイプなので乾燥肌の人にもおすすめ。ミネラルファンデーションの中でもカバー力が高く人気の商品です。

エトヴォス

クリーミィタップミネラルファンデーション

全3色 7g SPF25 PA++
専用パフ付 5,500円(税抜)
公式サイト
カバー力があるのに厚塗り感がない素肌のような仕上がり。シリコン・紫外線吸収剤・石油系合成界面活性剤・ナノ粒子・タルク・合成香料不使用。美容液成分70%以上を配合なのでハリやツヤを与えてながらメイクが出来ます。

まとめ

パウダータイプから始まった「ミネラルファンデーション」ですが、現在では リキッド、クリーム、プレスト、BBなど様々な種類が作られており、使い方の幅も広がっています。ぜひ自分の肌質や活用シーンに合わせて最適なものを選んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*