30代の大人可愛いはこうつくる!ナチュラルに美しく見せるメイクテク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
12-2

30代になっても20代と同じメイクを続けている方が多いのでは? しかし若い頃のメイクを変わらず続けていると、逆に老け顔に見えて損している可能性が大! 30代には30代だからこそ、美しく見せるメイクの仕方があるんです! そこで今回は、昔よりも断然若々しく見えるメイクテクをMiMC専属メイクアップアーティストの中西貴也さんに教えていただきました。

30代の肌事情

肌のターニングポイントでもあり、様々なエイジングサインが現れ始める30代の肌。「20代の頃と何となく違う……」と悩む声をよく耳にします。

元気な時は、肌にハリがあるし透明感もある。でも、ちょっと無理をすると、どんよりくすんで、法令線がくっきり刻まれたり、ひどくカサカサしてシワが増えたり、若い頃とは明らかに違う衰えが気になりだす年齢です。

それもそのはず、30代の肌は、20代の頃と比べて皮脂分泌が低下するため、乾燥が深刻化! 代謝が落ちてターンオーバーが遅くなり肌トラブルが目立ちやすくなります。また、重力に負けて全てのラインが下降するので、パンと張った若々しさが失われがちです。

そんな時は、ついあせってあれこれとしたくなりますが、まず最初に見直すべきは、スキンケアとメイクアップ方法。30代だからこそ気をつけるべきポイントをおさらいしましょう。

30代からの大人可愛いメイクとは?

20代の頃から同じメイクを続けている方は、30代になると、知らず知らずのうちに「ひと塗り」をプラスして全てのパーツが濃くなる傾向があるそう。まずは、厚塗りして隠したい気持ちを脇に置くことが大切です!

ひたすら重ねて誤魔化すのではなく、ご自身の素肌やチャームポイントを最大限に活かす、「引き算メイク」に挑戦してみてください。

厚塗りをするとボテっと粉っぽくなって、老けた印象を与えてしまうので、ファンデーションは薄めに塗布し、ハイライトやコンシーラーを上手に使って光を味方につけるベース作りを意識することがポイントです。

また、30代に突入したら、スキンケアアイテムを一段進化させたものに変えて、メイクアップアイテムも今よりさらに保湿力の高いものをプラスしましょう。それだけでも水をたたえたような色っぽいツヤ肌を実現することができます。

デイリーケアで肌をしっかりと潤わせたら、ツヤを重視したベース作り。これが30代メイクのマスト条件ですよ!

プロのテクニックを伝授

そこで、プロが教える30代メイクのティップスをまとめてみました!

メイク前にたっぷり保湿

前途した通り、保湿力の高いスキンケアとメイクアップアイテムを使用してツヤ感のあるベースメイクを施します。
メイクの前の充分な保湿は、ツヤ肌を作るだけでなく化粧崩れの防止にも。ひとつひとつのアイテムをしっかりと肌に入れ込んでから下地を乗せましょう。

マット感よりツヤ感で潤いを演出

ファンデーションは、マットなテクスチャーのものではなく、ぷるんと潤いがある下地やファンデーションを使用すること。
また、ハイライトクリームを使用してナチュラルなツヤ感を出すと、見違えるように美しく仕上がるので是非トライしてみてください。ハイライトは、額から鼻筋、頬骨の上、顎先など、光を集めたい部分に乗せていきます。

チークはパウダーよりクリームで保湿

チークはパウダータイプではなくクリームタイプを選ぶことで、乾燥せず内側から滲むような明るさを出すことができます。

“ちょっとテク”は上向きのライン

ベースの次に気をつけるべきポイントは、ライン。アイラインも目尻をツンと上向きに、チークも少し高い位置に置き、口元のハイライトも口角が上がるように書き足してください。

これらは全て、塗りすぎないように! 素肌を活かしたナチュラルなメイクを心がけることで若々しい印象を保てます。

30代にふさわしいナチュラルなメイクでツヤ肌美人を目指そう

30代は可愛らしさと女性の色気の両方を、最大限に楽しめる一番素敵な年頃でもあります。20代のキュートなメイクを卒業して、自分らしさを活かしたナチュラルなメイクをしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
MiMC監修
上質な植物成分と厳選ミネラルでつくる国産ナチュラルコスメブランド。 生命力あふれる天然植物の心地よい“香り”や“使用感”とメイクアップアーティストMICHIRU監修による、撮影対応の“美しい仕上がり”を両立。メイクをしている時間もスキンケアタイムにかえる新発想で、 女性のキレイを応援します。

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。

 コメントはこちらからどうぞ

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>